2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
戦後処理の是非(part36スレ)
- 2010/09/27(Mon) -
604 :日出づる処の名無し:04/12/03 20:31:24 ID:7LjCHHJH
みんなR25って読んでる?
あれってこのスレ向きの話がけっこう載ってるよね。

605 :日出づる処の名無し:04/12/03 23:47:33 ID:NRlw2WeL
>>604
キチガイ愛国ネットR25ですか?

606 :日出づる処の名無し:04/12/04 00:06:46 ID:sPPbuZn7
>>605
なんだよそれは…駅によく置いてあるR25だyp
今週号に日本の蘇らせたのは「摺り合わせ型」技術ってあったよ。
高度な技術だから他国には真似できないと。
しかしこれ、フリーマガジンなのに豪華だねー

607 :日出づる処の名無し:04/12/04 00:11:41 ID:WbByeg9u
>>606
関西だから入手不可能です。
>摺り合わせ型技術/クレーム対応力/週末断食/ホラー/野外炊具1号
>日本の製造業復活の鍵/正しく謝る/週末だけで凄い効果/
>日本のホラー米でヒットの理由/歓迎される兵器?

良かったらこの辺詳しく教えてください。

608 :日出づる処の名無し:04/12/04 00:33:39 ID:yauYFt1v
最近のリクルートは狂ってるよ。
R25では、SODのがなりを人生相談に起用
アントレなんて、 がなりが表紙
そんなSODが今度発売するのがこれ、
(※リンク先消滅)

611 :日出づる処の名無し:04/12/04 00:58:16 ID:sPPbuZn7
>>607
ほとんどじゃん!とりあえず摺り合わせ型技術の記事、少しはしょった。

日本のモノ作りを蘇らせた「摺り合わせ型」技術とは?

ほんの数年前まで日本のモノづくりは衰退がささやかれていた。
台湾や韓国、中など新興国の登場で優位性が揺らぎ、市場が奪われていた。
なぜ今復活なのか。
「キーワードは”すり合わせ型”技術の優位性。東京大学の藤本隆宏教授によれば、
モノづくりの技術体型には”摺り合わせ型”技術と”組み合わせ型”技術があるといわれてる。
後者の代表例がパソコンCPUやハードディスクなど、主要な部品が一種のモジュールになっていて、
それを組み立てて作っていけばいい、一種のプラモデルのようなもの」
組み立てるだけなので高度な技術は必要なく、結果的に安価な労働力を持つ国が優位に立つ。
「対して”摺り合わせ型”技術の典型は自動車。自動車も色々なユニットから作られているが
性能のいい自動車づくりのポイントは、
凄まじい数の部品をどれだけ高度に組み立てていくかという生産技術。
簡単に組み立てておしまいではなく、しかもこの部分は企業内のブラックボックス」

薄型テレビなどのデジタル家電も日本独自の”摺り合わせ型”技術がちりばめられ
他国が簡単には真似できない高度な生産技術があるからこそ、
高い付加価値を持つ製品を生みだし高収益にもつながっている。
「日本が世界で勝負するとき、必要になるのは付加価値。
”摺り合わせ型”技術をいかに守り、育てていくかが重要。

>>608
リクルートは前からちょっとおかしくなかった?
と言っても、この冊子も電車の中での読み捨てだしなぁ…

613 :日出づる処の名無し:04/12/04 01:39:51 ID:DSEsr6g7
>>607
てゆーか、全国配送してくれるんじゃん。
そんなに読みたいなら取り寄せれば?

609 :日出づる処の名無し:04/12/04 00:45:05 ID:hWoN0TZ9
愛国ネットR25
このスレにぴったりというから。

615 :日出づる処の名無し:04/12/04 07:00:06 ID:Bj1eC279
http://www.aikoku.net/
>
> 「戦争を決めた少数の犯人は万死に値するが、残った幾百万人の犠牲心は、
> 時代が何う(どう)変わろうとも、不滅の尊い記録として永久に民族史の上に
> 染められるべきである。連合艦隊とその人々。連合艦隊は再び還らないが、
> 日本と日本人は残った。問題は、その日本人が『還らぬ人々』の愛国心と
> 犠牲心とを記憶して、よく己の戒めとするか何うかに懸かる。」
> -伊藤正徳著・連合艦隊の最後-

「戦争を決めた少数の犯人は万死に値する」は引っ掛かるな。
戦って活路を見出すか、戦わずしてジリ貧で国が破産し、米国に屈従し、
精神的に亡国となるかの選択しか無く、賭けに敗れたのだと思うが。

後世の我々には、戦争も亡国も巧く回避する方法や、戦っても巧く負ける方法が
幾つか言えるだろう。が、それは後世だからこそ言える机上の空論である。

戦わずしてジリ貧で屈従し、精神的に亡国となった場合・・・
人も死ななかっただろうけど、そう、フィリピンみたいな立場になってたろうよ。
周りは全部植民地。もしかしたら日本も植民地に逆戻りで、華僑が白人様のお代官で、
天皇陛下がペコペコしてたかも知れない・・・いやだぞ。

スレ違いスマソ。

660 :日出づる処の名無し:04/12/05 14:15:40 ID:QBXPKfct
> 「戦争を決めた少数の犯人は万死に値する」は引っ掛かるな。
> 戦って活路を見出すか、戦わずしてジリ貧で国が破産し、米国に屈従し、
> 精神的に亡国となるかの選択しか無く、賭けに敗れたのだと思うが。

事の善悪はともかく賭けを決断した以上その責任を負うのは当然でしょう
「ならほかにどうすれば良かったのか」と問われて答えられる訳でもないが
それが人の上に立つことを選んだ人間の責務というものです

指導者は本人の意思はどうあれ結果に責任を負うものです。
ただし「犯人」という表現が間違っていることについては大いに賛成します

661 :日出づる処の名無し:04/12/05 15:19:14 ID:wY80gZVT
敗戦になるような戦争を決断した人間は責任を追うべきだろうな。
ただ単に戦争を決断したから責任を負えってのもちょっと違うかと・・・。

662 :日出づる処の名無し:04/12/05 15:25:09 ID:XWdDJSLv
>>660
その戦争を決めた少数の犯人って陸軍を批判しているんじゃ…
結局、陸軍が大陸に進出しなければ日米開戦も違っていただろうに。

もっとも、石油やアカの防波堤のためには満州は生命線だったから、
大陸から完全に手を引くというのは無理だろうけど。

664 :日出づる処の名無し:04/12/05 16:31:05 ID:NSFCdZaH
A級戦犯と呼ばれる人たちに罪が有るとするならば、戦争に負けた事の責任で有り、
日本人に対する罪くらいだな。

665 :日出づる処の名無し:04/12/05 17:37:49 ID:L5D+7ZDd
そういう意味では昭和帝も退位するのが自然な流れだったんだけどねぇ。
菅じゃないけど、改元するのは大体こういうときだし。
まぁ一世一元はこのときは法制化されてたわけじゃないから改元だけでも出来たんだが。
敗戦時・再独立時の二回、退位の機会はあったのに
高松宮が登極する可能性の無かった再独立時にためらったのは何故だろう。

666 :日出づる処の名無し:04/12/05 18:29:49 ID:z+jB5ka2
そんなの戦争しなかった方がマシだったかなんて、誰にも分からんかったからだろう。

667 :日出づる処の名無し:04/12/05 18:37:34 ID:rlLDQyWv
>>665
終戦時に退位してたら日本国中ただですまなかったと思われ。
天皇の首がアメリカにすげかえられた、なんてことになりゃ・・・・
そういう意味ではアメリカのやり方は賢明だったと思われる。

668 :日出づる処の名無し:04/12/05 18:57:43 ID:L5D+7ZDd
>>667
終戦時は国民世論からしてそうだし、
退位するにしても高松宮の事が頭にあった事は
(回想録か何かでも)読み取れるんだが、
再独立時は事情が違うと思うんだわ。

国民と共に苦難を…、というのも説得力あるけど
新生日本を新元号でというのも自然だし、
昭和帝もそう考えておられたようなんだが、
このとき退位しなかった理由というのがよく分からない、という文意です。

669 :(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :04/12/05 19:15:25 ID:i6a5xlEd
昭和天皇が退位できなかったのは、冷戦の影響。
サンフランシスコ講和条約の締結直後は、社会党や共産党の力が強く、
選挙で与野党が逆転すると、革新政府が誕生する可能性もあった。
保守層の動揺を抑えるために、退位できなかった。

670 :日出づる処の名無し:04/12/05 19:22:05 ID:L5D+7ZDd
>>669
つまり、保守合同で55年体制が構築される一連の流れと連動していたんですか。

671 :615:04/12/05 19:30:31 ID:1Y4ktDAV
>660
万死には値しないでしょ。一死を以って償えば充分以上です。
日本の将来を想い悩んだ人間として記録したいです。

万死に値するってのは、相当な蔑みと憎しみを感じる言葉だ。
俺はそんなこととても思えない。

>精神的に亡国となるかの選択しか無く、賭けに敗れたのだと思うが。

また、こう書いたけど賭けに敗れたか本当は判らん。
無条件降伏は誤算だったろうけど、無抵抗で植民地化し、天皇を失い、
赤化、民族分断、内戦とかなったら、もっと不幸だ。

672 :615:04/12/05 19:37:35 ID:1Y4ktDAV
欧米は弱い相手にはトコトン強く出る民族です
(てゆうか、それは欧米には限らない)。
ジリ貧で言うなりになってたら、天皇廃絶もあったでしょう。
僕は特に天皇家を信奉してませんが、天皇制は重石であり、
これある限り、赤化や民族分断、内戦は起き得ないと思います

欧州の植民地を引っ掻き回し、米国を苦しめたことは、
「こいつらを本気で怒らせるとヤバイ」という認識につながり、
日本の財産になってると思うのですが。

673 :日出づる処の名無し:04/12/05 20:14:37 ID:QBXPKfct
>万死には値しないでしょ。一死を以って償えば充分以上です。

そうですね、確かにその無用に憎しみに満ちた表現はふさわしく無いですね
単純に責任者として裁かれればそれで十分です。

その手の表現はいかれた人間がが自分の過激な行動を正当化するために
よく使用されるものですし、まっとうな人間の使うものではないでしょう
失礼しました

674 :日出づる処の名無し:04/12/05 21:29:42 ID:9bbfhCZS
>>672
そうだね。
死や敗北を恐れずに抵抗する者がいないと搾取は小さくならないし。
日本に限らず。

675 :日出づる処の名無し:04/12/05 22:10:58 ID:L9yU4FcJ
最近、つくづく、天皇制って凄いと思うんですよ。
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html

特に権力のバックアップ機能。

大災害で日本の政治的な中枢が壊滅しても、そこは日本。
地方自治体レベルで秩序を維持していくでしょうけど
(外国なら即座に暴動が発生しかねない)、2ヶ月もそのままだったら、
だんだん乱れて来るでしょう。

しかし、天皇陛下が「皆さん、どうか冷静に、協力しあって、復興に努めて下さい」などと、
誰でも言える内容でも、放送などで一言語りかければ、
1年とか、次の政治中枢を復活させるまで
充分、秩序が維持できてしまうと思います。

精神的な拠り所があって団結できる国民って幸せです。
そういうものを革命やスキャンダルで損なうのは大損です。
イラクなんかはそれが無いから苦労している訳で
(何故イスラム教は拠り所にならないのかな?)、
彼等も不幸だし、日本占領の成功体験で勘違いしてしまった米軍も不幸です。

後、余談だけど・・・

敗戦時も、日本人は米軍に腹が立っても我慢して冷静に振舞い、
復興に努めることが出来ました。「映像の世紀」で見たのだけど、
田んぼの畦道で、米軍に背中を向けて直立不動で立つ日本兵の
姿勢が美しかった。秩序のために自分の悔しさを我慢しつつも、
心の中までは服従しまいとする立派な姿勢でした。

676 :日出づる処の名無し:04/12/05 22:16:50 ID:rbcj2gol
>欧米は弱い相手にはトコトン強く出る民族です

というより、抵抗しない相手に対しては、というべきだろう。
反論しなければ反論できないと見なされ、馬鹿にされる。
相手が弱いと大きく出るのは朝鮮人ね。

677 :日出づる処の名無し:04/12/05 22:41:30 ID:gtRjruEC
日本が抵抗しなかったら、白人は自分たち以外を人間とも看做さないままだったかもしれないよ。

678 :日出づる処の名無し:04/12/05 22:45:50 ID:NSFCdZaH
アメリカの日本占領の成功って何だろね、民主主義を教えてやったとでも思ってるのだろうか。

679 :日出づる処の名無し:04/12/05 22:53:42 ID:6BMdSqui
>>678
アメリカはむかつくけど魅力的な要素は多分にあったし今もあるでしょ。
あの無駄に豪華なライフスタイルが一時日本人の憧れになったのも確か。

680 :日出づる処の名無し:04/12/05 23:16:43 ID:L9yU4FcJ
真珠湾の時にパーティやってた在米大使館の害務省の馬鹿どもは万死に値する。

奴等さえまともに仕事してたら、米国の「余計な」敵意は買わなかった訳で、
しゅーんとさせられたかも知れんのに、
卑怯ってことで、復讐心に燃えさせてしまったからなあ・・・

これで条件降伏の道が絶たれたかも知れんのだ。

>676
そうですね。欧米人には、弱くても抵抗する気概があることを
見せることが大事。そうして初めて、先方はまともに話す気になる。
薩英戦争なんかそうだね。必ずしも、強いと思わせる必要は無い。

681 :日出づる処の名無し:04/12/05 23:24:16 ID:L9yU4FcJ
>678
米国の統治能力が高いのではなく、日本人の被統治能力が高かったのだが、
勘違いしたんでしょうね。被統治能力って情けない言葉に聞こえるかも知れないが、
繁栄の鍵になる能力だと思うなぁ。

米国人は人が良い割に他民族の感情に鈍感で統治能力は低い。
統治能力が高いのは、英国人だろうね。冷血だけど。

683 :日出づる処の名無し:04/12/05 23:36:52 ID:Sw0DFdUN
戦後の民族自立・有色人種差別の撤廃の方向は、
日本が現実的なインパクトを与えたからこそあった、ということだね。

685 :日出づる処の名無し:04/12/06 00:06:13 ID:7gwZf34P
昭和帝が終戦後退位できなかったのは、
憲法に退位の規定がなかったからとか聞いたような。
しかし、一度は戦に負けたとはいえ、在位中に
ここまで国を復活、繁栄させた皇帝は歴史上にも稀有だよね。

686 :日出づる処の名無し:04/12/06 00:08:11 ID:zNmNmQA4
>>683
人が人種を差別したくなる瞬間てどんな時か、だよな。
例えばアフリカ大陸はあれだけ巨大な土地と人の数があって、
どれだけ欧米に対抗したのかと。結集して戦えば相当な抵抗ができただろう。

でも黙って奴隷になった。経過はともかく、結果的にはそうなった。
おそらく欧米人は黄色人種もそうなると思ったのだろうし、実際大方はそうなった。
少しは期待した中国でさえ惨めな結果だった。
自分達に匹敵、あるいはそれ以上にも成り得ると認識させたのは日本人くらいだろう。
(軍事的にはモンゴルがあるけど、果たして文化的にも匹敵しうると思ったかは疑問)

687 :日出づる処の名無し:04/12/06 00:22:12 ID:n9ReeDS9
奴隷はそもそも、人間ですらないかんね。
差別とはちょっと違うわな~。

でも、人間が人種差別する理由は
「お も し ろ い か ら」
これだけだね。
チョソ差別も、チャイ差別も、部落差別も、職業差別も、
差別ってのは、基本的に楽しいもんなんだよ

711 :日出づる処の名無し:04/12/06 08:58:37 ID:EGHNwDsH
軍事板だと「満州権益をいくらかアメリカに譲れば正面衝突にはならない
可能性もあったのにそれを試さなかったのは阿呆」という見解らしいが。
いや、正しいかどうかは知らないけどね。

712 :日出づる処の名無し:04/12/06 09:01:49 ID:NBqkUy9Q
>>680
外務省の失態はともかく、多分どんなに美しく潔く宣戦布告しても
アメリカはもっと別のネタを探して日本叩きをしたであろうことが推測されるので、

>奴等さえまともに仕事してたら、米国の「余計な」敵意は
買わなかった訳で、しゅーんとさせられたかも知れんのに、
卑怯ってことで、復讐心に燃えさせてしまったからなあ・・・

こんなことにはなってないと思われる。
宣戦布告の件があろうとなかろうと、
日本人=黄色人種=イエローモンキーに攻撃されたという屈辱だけで
彼らの復讐心を奮い立たせたと思うよ。
そもそも宣戦布告しても
米が「宣戦布告なんかされてない!」と公言されていた可能性だってあるしね。

713 :日出づる処の名無し:04/12/06 09:35:05 ID:pvGhnUH4
妄想気味なifストーリーだな。。。
外務省の失態と言ってるが、そんな単純じゃないよ。
そういうありえない連携ミスが起こること自体、何の事前情報も外務省に行ってないってこと。
軍部と外務省の決定的な溝というか、もうその段階から、
軍部先行・政官後追いの状況だったことをあらわすエピソードって気がする。

714 :日出づる処の名無し:04/12/06 10:03:37 ID:siy5iu7J
単純なミスだろ。
宣戦布告は内閣からだし。
軍部と溝があろうが関係ない。

715 :日出づる処の名無し:04/12/06 10:14:07 ID:QPZ6joBa
イギリスには最後まで宣戦布告してない。プリンス・オブ・ウェールズ沈めたのに。
外務省の失態だったとかいってる奴はアメリカの宣伝に乗せられすぎ。
宣戦布告しなかったことがそんなに卑怯なわけではない。アメリカだってベトナムではしてない。
あくまで反日気運を高めるためのストーリーでしかなかったものを日本が気にする必要はない。
イラク戦争のときの「大量破壊兵器」と同じね。

717 :日出づる処の名無し:04/12/06 10:21:04 ID:NBqkUy9Q
>>713
妄想?う~ん。確かにそういう部分は否定しないけどw
でも、
当時の米国及び白人の意識を考えれば日本人に攻撃されたという屈辱はかなりのものがある。
それを米国は絶対に利用したと思うね。現に利用してたし。
それに日本政府は遅れたけど確かに宣戦布告をした。
でも米国はあえてそれを公表せずに「だまし討ちのジャップ」と米国の反日感情を煽ってた。
そういう事実も考えれば、日本の宣戦布告を隠した可能性も否定できない。
ってか、戦争なんて何でもありだからね。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<原爆の投下とは何だったのか【前編】(part36スレ) | メイン | イラクと報道(part36スレ)>>
コメント
-  -
>宣戦布告してないから「戦争」じゃなかった。

だったら真珠湾攻撃も同じように言えないのかなぁ。

「宣戦布告してないのに攻撃してきた卑怯だ!」
「交渉してる裏で戦争の準備してたなんて卑怯だ!」
というのがアメリカの主張だったんだから。

宣戦布告なしで戦ってるのは同じだし、戦争の準備どころか攻撃されてるわけだし。

自国の領土内か、そうでないかの違いなのかな?


あと、ハル・ノートが最後通牒にあたるから、それが宣戦布告と見ることも出来る、という説もありますね。

日本の一時間遅れの宣戦布告も、実際には開戦についての記述がなくて宣戦布告にもなってなかったとか。

結局宣戦布告ってなんなのか良く分からない。
2010/09/29 10:24  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>日本と中国は当時既に戦闘状態にあって~

日本と中国は戦闘状態だったけどお互いに宣戦布告をしていなかったから厳密な意味では「日中戦争」ではなかったんです。

中国側は宣戦布告をすると中立を守らなきゃいけなくなるドイツや英米からの支援を受けられなくなるし、日本もアメリカから石油や鉄材などの資源の輸出を停められる恐れがあるから宣戦布告をしなかった。

この時期の大陸方面での軍事衝突が「○○事変」「○○事件」という名前で戦史に残っているのは宣戦布告をしていないからです。

対して、太平洋戦争はキチンとした宣戦布告をしているので、「○○海戦」「○○作戦」「○○の戦い」などの通常の戦争で使われる用語が使われています。
2010/09/28 11:21  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
アメリカとの戦争から何も学ばない民主党。

相手の不当な要求に屈するという事は日本を植民地や自治区にしてって言っているようなもの。
2010/09/28 00:38  | URL | #O3NYc0SA[ 編集] |  ▲ top

-  -
フライングタイガース部隊のことですね。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

そういえば、ドイツも軍事顧問団まで派遣して蒋介石を支援してましたね。
中国では、米独は友軍だったのか。
2010/09/28 00:36  | URL | #ssipyxQM[ 編集] |  ▲ top

-  -
満州をアメリカと共同統治って案もあったんだけどねえ

あと日本の戦後処置はWWⅠのドイツとほぼ逆をやってみた(皇帝温存・賠償軽め)という話
アメリカとしては日本に第二のヒトラーが現れて対米復讐戦争を煽るというのが最悪のシナリオだったらしいし
2010/09/27 22:14  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
宣戦布告についてなんだけど……

日本と中国は当時既に戦闘状態にあって、アメリカは中国相手に武器を輸出していたから、国際法的にはアメリカは日本に宣戦布告しているのと同じだった、というのをどこかで見たことがあったような気がするんだけど……。

ネットで探しても見つからないし、記憶違いでぜんぜんそんな事実はないのかな……?
2010/09/27 22:05  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
6年前のスレのはずなのに…内容がタイムリー…だと?
2010/09/27 20:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
お人好し外交では国が生き残れないなんて歴史を見れば誰でもわかるのに、それがわからない民主党の不思議。
特にルーピーとかもうね
2010/09/27 18:22  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/223-5cd0f203
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。