2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
取り込み、発展させる文化(part35スレ)
- 2010/08/31(Tue) -
113 :日出づる処の名無し:04/11/02 22:30:06 ID:Y44Mzl7V
「武士道の国から来た自衛隊 イラク人道復興支援の真実」
産経新聞イラク取材班 産経新聞社 1500円

という本を買って読んでみました。
マスコミが普段、伝えない
自衛隊のイラク人道復興支援の様子が
分かって面白かったです。

印象的だった女性自衛隊員のセリフを以下に。

『わたしが彼女たち(イラク人)に伝えてきたのは
「あなたたちが自助努力せずに、ただ、口を開けているだけでは、
私たちは絶対に支援できないよ」ということでした。』

『30年近く続いたサダム・フセインの独裁政権下で、
トップダウンで来るものしか受け入れてこなかったからで、
その弊害がきわめて深刻な症状を呈しているのです』

イラク人達はフセインの独裁政権のおかげで、
何でもくれ、くれ、という態度をとっていたということでしょうか。
日本の支援はイラク人達に努力して、
何とか独り立ちして欲しいという姿勢なのかもしれません。

114 :日出づる処の名無し:04/11/02 22:30:27 ID:Y44Mzl7V
他国軍では、雇用者、被雇用者の区別を明確にしているそうです。
軍人が銃を持って、イラク人の働きぶりを見張っているのです。
悪くいえば、看守が囚人を監視するようなものかもしれません。

しかし、自衛隊の場合は、イラク人と一緒に、
汗まみれ、埃まみれになり、働いたそうです。
他国軍では、雇われたイラク人が時間になると、
仕事が途中でも帰ってしまうとか。
自衛隊に雇われたイラク人達は、暗くなるまで仕事をしていたので、
他国軍の軍人達が驚いたそうです。
個人的な感想ですが、かつての日本の台湾統治を連想しました。

本の最後に「表面的に自衛隊に感謝の意を示しているのは八割」
「しかし、本心から感謝してくれているのは五割だろう」とあります。
五割ものイラク人が不満を持っているのは、やはり、
イラク人の「くれ、くれ」的な態度が影響しているのでしょうか。
でも、長期的な視点で見れば、トップダウンの支援よりも
自ら努力して国を支えて欲しいという自衛隊の支援の方が、
イラク人のためになるような気がしますし、
後の歴史で高い評価を受けるような予感がします。

以上、長文すみませんでした。
他にもいろいろ興味深い話があります。買って読んでみてはいかがでしょう?

118 :日出づる処の名無し:04/11/02 23:30:01 ID:n8lfEGCH
>「くれ、くれ」的な態度
イラクに限らず、発展途上国には、少なからずこういう部分はある。
経済大国・日本に対する過剰な幻想も「不満」の原因だろうな。

119 :日出づる処の名無し:04/11/02 23:31:16 ID:5jw79M4V
努力もせん奴らに、ほいほい物資与えてたまるか

122 :日出づる処の名無し:04/11/02 23:44:53 ID:CRrdX/G/
日本人も自国の政府に「なんでもやってくれ、くれ」なとこがあるな。

123 :日出づる処の名無し:04/11/02 23:55:13 ID:q9TntWhp
ギブミーチョッコレート

126 :日出づる処の名無し:04/11/03 00:09:11 ID:Ts5jvKcY
>>122
まあそう言いたくなる気持ちもわかりますけど、
イラクは食料も配給だったから、ほんとに生活の全てが
政府任せだったわけで。

いまの日本とは比べようもないのでは。

133 :日出づる処の名無し:04/11/03 02:35:30 ID:MKOfI8xr
>>114
似たような(?)話を一つ
日本人とトルコ人が力をあわせた話

こういった、共に汗をかく、かこうとする振る舞いは結構好かれている模様


134 :日出づる処の名無し:04/11/03 03:07:07 ID:86M/yxp3
>イラク人達はフセインの独裁政権のおかげで、
>何でもくれ、くれ、という態度をとっていたということでしょうか。
モノや金ではなく彼らはさんざん仕事を要求しているが。
イスラム圏というか発展途上国にしては、かなり労働意欲が
高いとだろう。自分で一から商売を起こしたりするのは苦手みたいだけど、
その辺は結構日本人と共通しているものがあると思う。

135 :日出づる処の名無し:04/11/03 06:18:28 ID:SdVjl9kX
一日あたり何億円もの税金による費用をかけてイラクに駐留していながら、
現地の人達から「期待はずれ」といわれ、
かつ今回のように拉致された日本人が出ても何もできず、
あまつさえ遺体となってからも危険だからと遺体収容も米軍に代行してもらう
自衛隊という組織は何のために存在しているのか?

これだけ大規模災害が増えてくると、やはり現行の自衛隊は
明確に災害救助と復興支援のプロ組織(サンダーバードのような
国際救助組織が理想か?)と現在の国内防衛のための自衛隊組織に二分割し、
更に自衛隊の中にカウンターテロリズムのための専門チームを設けて、
用途に応じて使い分けるのが国民感情としても憲法との整合性からもいいのではないか?

今のように軍隊「的」なものが人道復興支援に行くから誰からも
理解、感謝されず命だけが危険にさらされることになる。

現在の中途半端な組織が中途半端に駐留期間を延長したところで
何の役にたち、誰に感謝されるのか?
http://k-tajima.net/cgi-bin/nblog/menu/2004_11.htm

136 :日出づる処の名無し:04/11/03 06:23:06 ID:ZkDzYM4X
>>135
漏れは、危険なことに対するプロとしての自衛隊の存在に
とても感謝しているが何か?

マスゴミはもっと自衛隊の活躍を報道するべき。
まるで新潟で自衛隊がなにもしていないかのようだ。
自衛隊が画面に映らないように必死こいて編集してるらしいじゃないか。
やることがセコイんだよ。自衛隊が災害救助して何が悪いんだよ。

137 :日出づる処の名無し:04/11/03 06:39:18 ID:9bhAiDG0
>>136
そんな正論が通じる相手なら朝っぱらからお馬鹿なサイト貼ったりしないと思う。
マスコミがせこくて糞なのには同意。

143 :日出づる処の名無し:04/11/03 09:55:46 ID:FQMjG6HL
>>118
卵が先なのか、ニワトリが先なのか。
結局、国民の気質がくれくれでなかった国が先進国になってたんじゃないかなあ。

明治維新、敗戦後、日本は決して”何かくれ”とは言わなかったとオモ。

147 :日出づる処の名無し:04/11/03 11:08:08 ID:B1VEiki7
>114
> 他国軍では、雇用者、被雇用者の区別を明確にしているそうです。
> 軍人が銃を持って、イラク人の働きぶりを見張っているのです。
> 悪くいえば、看守が囚人を監視するようなものかもしれません。
> しかし、自衛隊の場合は、イラク人と一緒に、
> 汗まみれ、埃まみれになり、働いたそうです。
> 他国軍では、雇われたイラク人が時間になると、
> 仕事が途中でも帰ってしまうとか。
> 自衛隊に雇われたイラク人達は、暗くなるまで仕事をしていたので、
> 他国軍の軍人達が驚いたそうです。
これは凄いね。誰が考えたのか。或いは、(多分)何も考えず、
自然に日本人の物事のやり方や考え方を持ち込んだのか。
イラクの人たちに知らず知らず日本流を植えつけている訳で、
保守的なイラク人にとっては、もしかしたら、自衛隊は最大の脅威だろう。

でも、それは、イラクの人達が豊かになる上で不可欠な考え方であり、
それを伝えられるのが日本の自衛隊だけだとすると、
自衛隊が駐留するのは意味がある。本当の国際貢献だと思う。

151 :日出づる処の名無し:04/11/03 12:07:43 ID:2Xdbh3wg
>>136
新潟に住んでるが自衛隊毎日がんばってるよ、自衛隊のヘリもよく見たし・・・。

***********

180 :日出づる処の名無し:04/11/03 18:26:19 ID:iZvL0jN8
ぜんぜん関係無いが、日本の特徴に他国の優れたモノを取り込み、
さらに昇華、発展させるってのがあると思うのだが。
これは文化的な面にも当てはまるのか?
そうだとしたらこの特徴というか文化が日本独自の文化の発展の妨げになっているのかも。

183 :日出づる処の名無し:04/11/03 19:10:01 ID:bwaTX/9y
>>180
日本史で国風文化習っただろ?

184 :180:04/11/03 19:55:17 ID:iZvL0jN8
いや、習ったことは習ったが…。
この考え、正直に言うとマスコミの韓流マンセーはこういうことなのか?
って思ったからなんだよな…。
いや、スレ汚しスマソ

185 :日出づる処の名無し:04/11/03 20:18:10 ID:08RW7qyW
>>180
> ぜんぜん関係無いが、日本の特徴に他国の優れたモノを取り込み、
> さらに昇華、発展させるってのがあると思うのだが。
> これは文化的な面にも当てはまるのか?
勿論、当てはまる。仏教から禅とか。
それにしても、昔から事例に事欠かない訳で、
こんなハッキリした特徴というか、反則みたいに有利な
必殺技を持ってる民族なんて他に居ないよな・・・
英国が外交や組織運営に秀でるといっても、
近代限定という気がするし、飽くまで一部の人間の能力だし。

俺は、この特徴が血にあるのか社会にあるのか気になる。

米国の日系3世が同様の能力を持ってるか否か。
逆に、他国の両親の下に生まれ、日本社会で育った子供が
この能力を持ってるか否か。
 
186 :日出づる処の名無し:04/11/03 21:01:07 ID:vKnST2Iy
俺は社会と自然環境だと思うな。
いや根拠はないが。

187 :日出づる処の名無し:04/11/03 21:09:23 ID:MtY4b9j9
>米国の日系3世が同様の能力を持ってるか否か。
米国の日系人はサンプルとしては不適当かもしれない。
国家から自分のルーツを否定されるという圧力が
歴史的経緯にあったわけだし。
むしろブラジルとかの方がサンプルになりうると思う。

188 :日出づる処の名無し:04/11/03 21:31:31 ID:Wj76ybe7
赤ちゃんの精神の発展段階と対比はできないだろうか。
赤ちゃんを甘えさせると自立の妨げになるという議論が昔あったが、
実際は甘えさせたほうが、自己の存在に
しっかりとした確信を持つことが出来、むしろ自立するための括弧とした基盤となる。
日本人も有史以前から続く日本人や日本文化の出自に疑問をもたないからこそ、
他の文化や技術を取り込むことに不安を抱かない

189 :日出づる処の名無し:04/11/03 22:27:33 ID:pG7d++xB
アメリカなんか、生まれて数ヶ月で寝るときに
赤ん坊を別の部屋に寝かすそうだな。
自立心を育てるとかいう目的で

ポリネシアのほうなんか逆に2歳くらいまで
おっぱい上げてべたべたなところがあるとか。

190 :日出づる処の名無し:04/11/03 22:36:28 ID:OlqWPb8Z
てゆうか、人じゃなくて書物の形で入って来たから
しがらみなく、取捨選択できたんだろうけど。

268 :日出づる処の名無し:04/11/06 01:15:44 ID:5cTfi0m4
>>185
実は欧州とかも似たようなもんなんですよ。
文化文明ってのは伝播しながら要所要所で昇華、発展していくもんなんだと思います。
日本が、ただ伝える、伝わる、だけじゃなくてそれを発展させてきたことはすばらしいですね。

191 :日出づる処の名無し:04/11/03 23:43:40 ID:5UIG1OuW
それと関係して、というか
子供の時にはちゃんと子供としての経験地を積ませとかないと
ロリコンとかマイケル・ジャクソンみたいな事になりかねない
という事を親は理解しておいて欲しい。手遅れになる前に。

192 :日出づる処の名無し:04/11/03 23:58:32 ID:sTBXMFw3
サイレント・ベビーが増えてきてるというしな。
子育てをする能力が欠けている人間が増えてんのかな。

193 :日出づる処の名無し:04/11/04 00:02:44 ID:dLxCkdJ2
後天的、とくに宗教が大きい気がする。
その宗教も、地震や台風の多い環境の影響が大きいと思うが。

194 :日出づる処の名無し:04/11/04 00:21:31 ID:a5wyYju3
>>192
ゲーム脳が親やってるから。
出生率も低いし、生まれてきても元気が無い。
大崩壊が起きる予感。

195 :日出づる処の名無し:04/11/04 00:35:06 ID:vbgCdq5q
ある民族は、どの国でも
あまり変わらないので、血の影響が大きいかと。

197 :炉利太郎:04/11/04 00:38:47 ID:SJ25nQ8C
>191
おい、失礼な奴だな!
俺の両親は、俺をちゃんと子供として
大切に甘やかしてくれたぞ。

200 :日出づる処の名無し:04/11/04 02:01:29 ID:uBZ+kZOj
>>194
じゃ釣られるか。ゲーム脳は電波。と学会にさんざん馬鹿にされてるw

202 :日出づる処の名無し:04/11/04 05:23:50 ID:ZDqWn4ZY
子供は、睡眠時間が短いと、発情期がはやくくるそうだ

204 :日出づる処の名無し:04/11/04 09:17:08 ID:zR4P8nGZ
>>200
と学会かw
それはさておき、ゲーム脳に関しては、主張者の脳波計の扱いが適当すぎる、
ってな脳神経系の医者(?)の指摘があったな。

205 :日出づる処の名無し:04/11/04 10:14:15 ID:jtBx6Us8
最近、「ケータイ脳」とか言い出したんだってな。

206 :日出づる処の名無し:04/11/04 10:17:49 ID:3n9fzeXH
自分の理解できないものに「○○脳」と銘打って批判してるだけじゃないの?

207 :日出づる処の名無し:04/11/04 10:56:29 ID:hPzBiNNO
>>206
> 自分の理解できないものに「○○脳」と銘打って批判してるだけじゃないの?
みもふたもないが、あたり。

209 :日出づる処の名無し:04/11/04 11:20:32 ID:5nsAIrPs
まぁ自分が理解出来ない事を、言葉の概念が有るだけで理解してる気になってる人も居るし。

211 :日出づる処の名無し:04/11/04 12:34:17 ID:Ooa3iTAI
と学会と言えば、「トンデモ本の世界R」の冒頭で
小林よしのりの「戦争論」をケチョンケチョンにけなしてるね

212 :日出づる処の名無し:04/11/04 12:55:33 ID:dnzLTZX0
「と」は会長の山本弘がサヨってるんで、ウヨサヨ話だとサヨに日和ります。
南京大虐殺肯定論者だし。
それ以外の考え方や話は論理だっていて面白いと思うんだけどね。

214 :日出づる処の名無し:04/11/04 13:08:35 ID:3n9fzeXH
>>211
ツッコミどころも多いからな、あの本。

215 :日出づる処の名無し:04/11/04 15:35:12 ID:M1RRxV6e
>>212
「と学会」は会長の山本弘だけがサヨ。とりまきの三大幹部は全員ウヨだよ。
唐沢俊一は『わしズム』に書いたこともあるし
志水一夫は南京大虐殺と田中議定書が捏造であることを海外に知らせる運動やってたし
原田実は反天皇捏造歴史書である「東日流外三郡誌」の偽書説を主張したり
北朝鮮のデタラメ考古学を批判したりしてた。

216 :日出づる処の名無し:04/11/04 16:43:16 ID:v/qpPCdR
>>211-212
自分たちにも「信仰」があったんじゃ、他人を「とんでも」扱いしてはいけないな>と学界

217 :日出づる処の名無し:04/11/04 17:04:17 ID:7uVCtz+L
本宮ひろ志先生の『国が燃える』南京事件捏造問題を考察してみるHP
AND
と学会会長『山本弘』先生のトンデモ歴史観をウォッチングするHP
http://www.geocities.jp/nankin1937jp/

山本弘トンデモ資料展

おまけ
http://homepage3.nifty.com/hirorin/index.htm
この記事のURL | ジャポニスム | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<中国の手法【前編】(part35スレ) | メイン | ロシアからイギリスまで(part35スレ)>>
コメント
-  -
良い事言うなあ

2010/10/03 19:14  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
じゃあ日本は鎖国でいいです

結局こういう結論になるな。日本はそれでもやってけてたから。
日本古来の士農工商とかも、分業の意味合いが大きかった。
侍はいい暮らしが出来たけど、それも命をかけての
責任の大きい合戦等の仕事があるし、教育や鍛錬も厳しい。

既得権益サイクルにしろ過剰な左翼的活動による社会保障の
増大にしろ、努力をする人間が減った社会は必ず没落すると思うよ。

日本はWW2で、それまで奴隷根性の染み付いた地域の精神を覆して
欧米の植民地体制を大きく変えた訳だけど、今の日本社会は
徐々にそういった上下分離体制になっていると思う。

自分たちの納めた税金が他国に流れて怒るのは当然だろう。
それと植民地搾取とかの話を一緒くたにするのは話が崩壊している。
むしろ今、日本が植民地にされようとしているって所じゃないか?

中朝鮮の息のかかった政治家が、日本国民の教育や
インフラ整備を削り、税金をそれらの国に流し、
さらに重税を課そうとしている。

苦労して働いて収める税金の使い道がそれで、さらに
情報遮断や操作によってそれらの事は巧みに隠され、
義務を遂行するために苦しい生活を強いられる人ほど
それらの情報から遠ざけられている。
これが搾取体制でなくて何なの?

そして無労貴族の生活保護世帯の増加と過剰な保障内容。
日本の未来が心配だなぁ。
2010/09/07 06:20  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
どうでもいいけど、
>究極至高の名無し
これって「究極至高のコピペ」ってブログの名無し名じゃないの?
間違ってコピペかなんかしちゃっただけでしょ。
こういう攻撃はかっこ悪いよ。

※1の言う事はそんな間違ってるとは思わない。
地球というパイの大きさは限られてるんだから、
誰かが美味しい思いをする為には誰かがひもじい思いをするんだよ。
『植民地支配美味しいです』の何が悪いの?
自分達だけ美味しい思いをするのが悪だというなら、
まずPC売って回線切ってその金を募金でもしたら?
しないでしょ?
口先だけの綺麗事ばっかり言って、
民主政権が他国に税金ばら撒いたら怒るクセにw
そういう奴よりは「日本が豊かである為には他国には貧しくあて貰わないと困る」
とハッキリ言う奴の方がよっぽど信頼できるわ。
2010/09/06 00:53  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>191
子供の時にはちゃんと子供としての経験地を積ませとかないと ロリコンとかマイケル・ジャクソンみたいな事になりかねない という事を親は理解しておいて欲しい。手遅れになる前に。

具体的事例として、宇宙鳩がそうではないかと推測してるww
2010/09/03 04:34  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
わたしは、日本人の妙な平等感というのか情報や知識や経験をお互いに並列化しようとする所が好きだ。外国人相手には短所となって問題となるかもしれないがそういう日本人の特性がこの国際化の時代にあまり失われないでいて欲しいと思う。
2010/09/03 02:08  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
千年先のことを考えると、全体を底上げしちゃった方がお得だったりする。
2010/09/02 19:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>仕事のやり方を教えてしまうと、結局搾取出来なくなる(=自分達のパイが小さくなる)んだよね

それでもこの国にやり方の方が好きです
2010/09/02 02:39  | URL | #0MXaS1o.[ 編集] |  ▲ top

-  -
中国のレッサーパンダと交換で教えた眼鏡フレームの話と、ただの『復興支援』と同じレベルで話すのは、おかしくないか?

>>究極至高の名無し
『植民地支配美味しいです』ってか?
流石、痛いコテハンつけるだけあるね。
2010/09/01 21:44  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
国家間の復興支援と企業の浅はかな情報提供は同一視すべきではないと思う。
2010/09/01 18:13  | URL | 77C #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
イラクの話にしろ、>>133のトルコの話にしろ、
一見いい話に見えるんだけど、こうやって他国の人間に単純労働をさせるんじゃなく、
仕事のやり方を教えてしまうと、結局搾取出来なくなる(=自分達のパイが小さくなる)んだよね。
日本がずっと繰り返してる失敗だ。
どこだっけかの眼鏡フレームで圧倒的なシェアを誇ってた市が
中国にやり方を教えてあげたら、数年後に安い中国産フレームが大量輸入されて
ボロボロになった話あったでしょ。それと同じでぶっちゃけ正しいやり方とは思わない。
逆に欧米連中は植民地政策慣れしてるというか、
美味しい所は渡さない上手いやり方をやってるよ。

2010/09/01 14:18  | URL | 究極至高の名無し #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/214-523f6dd3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。