2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
柿と俳句(part5スレ)
- 2009/02/01(Sun) -
13 :1:02/11/21 02:55 ID:9KXwWYo7
【柿】廃虚の街に甘い果実熟す 「日本リンゴ」が人気-ヘルツェゴビナ

ここの932で紹介されたサイト

http://www.arif-fruits.com/kaki1.htm
(パキスタンの果樹企業のサイト)なんか見ると"KAKI"で通じる地域も
西ヨーロッパはじめ多いみたいです。
229によると、パキスタンにはやはり日本から種が持ち込まれた模様です。
117によると、ブルガリアではライスカ・ヤーブルカ(天国の林檎)と呼ばれてるそうです。
通読すると、日本原産の果物と言っても間違いは無いのかな?
(※管理人注:柿の原産地は中国)

ジャポニスム・スレで既出と思いますが、ボスニアでは内戦時にも
俳句を作っていた人々がいたそうで、俳句や柿がこの地域に持ち込まれ、
親しまれているとは、あの句を詠んだ正岡子規が知ったら
愉快に思うのではないでしょうか。

16 :日出づる処の名無し:02/11/21 11:28 ID:vnnguhEn
昨日の夜、柿食ってるときに
「柿って英語でなんていうのかなぁ、
原産国ってどこかなぁ」なんて考えてました。

14 :日出づる処の名無し:02/11/21 04:49 ID:mpmdffZr
>>1
スレ立て乙
( =・ω・)つ且~~~チャデモノメ

日本原産といえば梨もけっこうな人気だったらしいな。
今ではどこでも売っているらしいが。
(※管理人注:梨も中国原産説がある)

22 :日出づる処の名無し:02/11/22 03:32 ID:OkiBl9Nu
確かに日本の果物は異常に旨い。
はっきり言って、みずみずしさも甘さも異常。
外人が食えば、牛肉同様、まずその異常な旨さに呆れるという。
次に値段を知って2度びっくり。
で、最後に作り方や手間の掛け方を知って、納得するらしい。

俺個人としては、逆にもう少し野趣に溢れてた方が良いとは思うのだが。
甘過ぎるし、値段は高いし、まるで高級菓子を食べてるような気になる。w

21 :日出づる処の名無し:02/11/22 02:01 ID:Jc6jJWtX
洋なしは洋なしでうまいが、日本の梨はみずみずしさが格別。
でも痛みやすいから世界に拡散しにくいだろうなあ。

23 : :02/11/22 05:09 ID:RqKJ+v8f
洋梨のほうが痛みやすくない?バナナみたいな感じで。

25 :日出づる処の名無し:02/11/22 06:50 ID:mCKl21wh
というより安価なものはいくらでも輸入できますからね。
国産としては高級品種を育てるか、
大規模農業に適さないものに掛けるしかないわけで・・・

26 :日出づる処の名無し:02/11/22 06:56 ID:Pcz9M/Uc
日本の梨はオーストラリアで人気あるらしいよ

27 :日出づる処の名無し:02/11/22 08:46 ID:X0QcHsjg
台湾でもよく食後に食べられると聞いたよ>梨
テレビで日本の梨がどこに行くのかっていう取材をしてた。

28 :日出づる処の名無し:02/11/22 13:24 ID:CN9rRJS5
そういえば、来日海外有名人が
日本の果物は美味しい!と発言してるの良く聞くな。
スパイダーマンの主役も、同じ様な事言ってた。

あと、食品サンプルもお土産品として隠れた人気らしいね。
マニアの監督も居るとか

29 :日出づる処の名無し:02/11/22 21:50 ID:Xy+qXVwv
>>28
あれって外国にはないの?

39 :日出づる処の名無し:02/11/23 02:03 ID:CKEIRC4w
>>29
とりあえず、アメリカにはない。

41 :日出づる処の名無し:02/11/23 03:12 ID:u7CFK4fX
>>39
昔は、食品サンプルで外人驚かすTV番組ありますたなぁ・・・・
海外のレストラン専用に作って実際外において通行人を驚かすとかね

31 :日出づる処の名無し:02/11/22 23:40 ID:E0Oult7S
漏れの大学の庭にビワの木があって、毎年実をたくさんつける。
学校の関係者が取るのは自由だし、
実際に取って食べた事もあるが、果樹園ではないので
まあまあ甘いくらいで実も小さめ。売っている奴には負ける。

という訳で取る人はほとんどおらず、鳥がついばむくらいだった。

ところが去年あたりから取る連中が出てきた。
中東系とおぼしき留学生で、男女数人で楽しそうに取っていく。
今年も取っていた。

異国の留学生活で、生活費を節約している事もあるんだろうけど、
香具師らの祖国では果樹は貴重なんだろうなあ、と思った。

ここまで書いて思い出したが、近くの農家はたわわに実った柿を取らず、
今や腐った様なのが多数ぶらさがってる。
渋柿なのかもしれないが、微妙に勿体ないような贅沢なような。。。

35 :日出づる処の名無し:02/11/23 01:52 ID:JCNMaDW+
日本の農家の人がリンゴを輸出しようとしたら、輸出先の人にこれは甘すぎるし
大きすぎるからだめだ、と言われて、悩んだ末に試しに日本で規格外になってしまう
未熟で小さいリンゴを輸出してみたら「やればできるじゃないか!」と絶賛されたと
どこかで読んだ。

**********

55 :唐突ですが:02/11/23 15:30 ID:WpKCF4vn
昔、雑誌で読んだんだけど、ある評論家が(名前を思い出せない)
「近代日本の百年をひと言で言うと何ですか」って聞かれて
「二勝一敗です」
なんか目からウロコが落ちたような気がしたことを思い出した。

56 :日出づる処の名無し:02/11/23 19:58 ID:tXyVCz0E
>>55
わはははは!!!
それ面白いな

57 :日出づる処の名無し:02/11/23 20:15 ID:hkm0lbJM
>>55
名前失念が残念。

80 :日出づる処の名無し:02/11/25 21:02 ID:o2//6nhL
>>55
二勝の相手が、中国、ロシア、
一敗の相手がアメリカ、イギリスですからね、、、。
トルコから東の国の若者は、歴史でこの事実を習うと、もの凄い国という印象を持つそうですよ。
一敗だって、真珠湾とマレー沖で英米艦隊を壊滅させてますから。

**********

72 :日出づる処の名無し:02/11/25 14:38 ID:1mkTMSHK
本日22:00
ETV2002「HAIKU・奥の細道をゆく」 海外の俳人たちが芭蕉の心を探る

85 :日出づる処の名無し:02/11/25 22:15 ID:XwvT8Gvf
おー、おれも見てるよ。海外だと、五・七・五とか季語の規制がないんだってね・・
てっきり、むりにでも日本語でやるのかと思ったけど・・

89 :日出づる処の名無し:02/11/25 23:18 ID:tBkv8HsE
>>72
見たけど・・・あれは俳句じゃなくて川柳だよね(w
情緒もクソもあったもんじゃない(w
ただ思い浮かんだ言葉をタラタラ述べているだけ(w
芭蕉が聞いたら愕然とするだろうね(w

90 :日出づる処の名無し:02/11/25 23:22 ID:oFtYo463
NHKの俳句のあれ、
最後にアメリカ人が言ってたことが印象的だった。
日本人は俳句が国際化していることをもっと知るべきとかそういうの。
もっともこのスレはそういう事を勉強するスレだけどね。

ただあれを見て思ったことは、俳句の起源はウ(以下略)
と言い出しかねないということだ。

92 :日出づる処の名無し:02/11/25 23:42 ID:m+PwW9LW
>>89
漏れも見た。
あの番組の作りでは、芭蕉の名句と比較してしまう。
見劣りするのは仕方が無いというか、ある意味当然と言うか。

所で外国の俳人たちは、芭蕉隠密説とか知ってるのだろうか。
忍者と俳句という取り合わせも、何だかである。

95 :日出づる処の名無し:02/11/26 00:00 ID:mruKCob9
>>90
こういう定型詩は日本の和歌とか俳句だけでなく、
大昔には世界のいろいろな国々にもそれと似たようなものがありました。
韓国にも定型詩歌があります。

その中でも一番有名なのが時調(シジョ)です。
これは、今から約600年余前、
すなわち韓国の英語名であるKOREAという名前が世界に知られるきっかけになった
高麗時代から朝鮮時代にかけて相当流行っていた詩歌なのです。

213 :日出づる処の名無し:02/12/05 20:05 ID:cn33AvCh
俳句が漢詩の影響を大なり小なり受けているわけだが、
中国では日本から俳句を逆輸入して漢俳というものがあるらしい。
ソースはディスカバリーチャンネルだったか、ヒストリーチャンネルだったか…、
ちょっと定かではない、スマソ。

215 :日出づる処の名無し:02/12/05 20:43 ID:8BNhCyBr
>>213
漏れも見た。
ヒストリーチャンネルだったと思う。

218 :日出づる処の名無し:02/12/05 23:54 ID:HIfpuBgI
>>213
日本語のできる中国人で俳句を作った人もけっこういるのでは。
永井荷風の「日和下駄」に、羅臥雲という人が日本から帰国するときにつくった
「行春(ゆくはる)の富士も拝まんわかれかな」
という句が出てる。
いい句なのかどうかは判断できないけど。

219 :日出づる処の名無し:02/12/06 02:21 ID:r2sg8MVI
>漢俳
知らんかった・・・
検索してみたら、本当に五・七・五だ!?
(字面だけ・発音は不明)

例えば、こんなの。
風雨幾星霜
筍書ー成林賞竹窗
欣然共舉觴

解説ページ(※リンク元消滅)によると、
どうやらここ二十年程で出てきた新しい漢詩というか中国詩の形式のようです。
>平仄不論,季語也不強求
というのが如何にも折衷というか、
しかし五・七・五まで試みているというのは、正直衝撃的ですた。

**********

179 :日出づる処の名無し:02/12/03 17:58 ID:oMa5vx/5
いわゆるウヨの人とか昔の日本文化を見直そうって人達は
儒教的な家父長制とかの精神も取り戻すべきって考えてるのかな?

あと共産主義ってどちらかと言うと私より公って感じなのに
何で日本のサヨはやたら個人主義ばかり唱えてたんだろう?
なんか矛盾してる

180 :日出づる処の名無し:02/12/03 18:44 ID:jpaMiJpG
でも、日本はもともと女性が結構強かったりしたよね?
日本の神話では、主神は女(アマテラス)だし
昭和の頃は、女は男の一歩後ろを行くとかいう風潮だったけど、
それは北米の思想が入ってきたからだし。
男尊女卑はもともとキリスト教の思想だし。

181 :靴屋 ◆g5C.kUTuyA :02/12/03 18:49 ID:DZ9gcGW9
>>180
どっちでも有りなんじゃない?
「かかあ天下」も有れば「亭主関白」って言葉もある。
主導権を握ってる方が、相手を導くって感じでさ。

182 :日出づる処の名無し:02/12/03 19:15 ID:j8y3i0kq
どっちも認めちゃう寛容さ
なあなあとも言う

184 :日出づる処の名無し:02/12/03 20:28 ID:+8tYosn1
「原始、女性は太陽であった」だっけ? すごい言葉だよな…。
日本には、縄文の、というかアジア農耕時代以前の古代の思想がそのまま
残ってるんじゃないかという気がする。
平塚らいてうは日本人の深層意識を託宣した一種の巫女さんなんじゃないかねえ。
でもこの言葉、
「今、女性は月である。他に依って生き、
他の光りによって輝く、病人のような蒼白い顔の月である」
と続くんだよな……、うーむ、今でも意味深い言葉だ…。

185 :日出づる処の名無し:02/12/03 21:57 ID:zkMSd8G+
基本的に母系社会だと思うな。>日本
女は家を守っていろ、というよりもむしろ
男は外で戦って来い、みたいな。

そういえば、カァちゃんが財布握ってる国って少ないのかな。
よく、外国女性がソレ羨ましがるってエピソード聞くけど。

194 :日出づる処の名無し:02/12/05 00:00 ID:cUB2WgDS
>>185
かあちゃんが財布を握ったのは、3億円事件が起きた以降のことだよ。
このあと給料が銀行振り込みが急増し、夫が先に自分の小遣いをすきなだけ取ってから、
残りを生活費として妻に渡すというのが急速に消えた。

195 : :02/12/05 03:26 ID:VaCEgTzL
欧米ではその生活費すら渡して貰えないんだろう。
月単位で渡されるんじゃなくて何かを買う時
夫にいちいち貰うと聞いたけど。

196 :日出づる処の名無し:02/12/05 03:43 ID:Mo/6IbYr
>>194
>夫が先に自分の小遣いをすきなだけ取ってから、
>残りを生活費として妻に渡すというのが急速に消えた。
これは収入の大半を嫁さんに握られてるってことだよな(w

190 :日出づる処の名無し:02/12/04 18:53 ID:GuAPtxwp
>>180
日本って不思議と、社会的に弱い人たちが神格化されてるっていうか、
そういう人たちに対する信仰がなぜかあるよね。
女性は、社会的には上位に立っていたわけじゃないけど、主神は女性
だったりとか、エタヒニンとかも、河原者とか言ってさげずまれてきたけど
逆に穢れを癒すものとかいう信仰があるし。

197 :日出づる処の名無し:02/12/05 04:20 ID:UVy8j7RV
>>190
ちゅうか、「弱者萌え」的なトコロが遺伝子に組み込まれているような(w
昔からお稚児さん(チビッコ)とか好きだよね。今で言うとショタ?
力の無さそうなモノほど祭り上げられやすいよね。

…天皇が政治的に無力で(あらねばならんという感覚が)あるのも
そこら辺に付随するものなのか知らん。ピュアであれ、みたいな。

198 :日出づる処の名無し:02/12/05 07:59 ID:OMMY8XEg
女性の念の力、直感力(霊感?)なんかが結構恐れられていたのかも?
卑弥呼をはじめとする巫女の力とか

日本の宗教は自然や未知なるものを恐れ、崇め奉るものだから
子を産む女性の「生物としての原始性」や
「本能的に感じ取る力」がもてはやされていたのかも

199 :日出づる処の名無し:02/12/05 09:15 ID:KVFN+iuA
てか、単に人口に占める男女比が一番の問題だろ。
生物学的にも、比率の低い方が優勢になる。
江戸時代や昭和(戦争前後を除く)・平成など、世の中が平和だと女性優位。

天皇とか卑弥呼とかエタとか、何言ってるの?w

200 :日出づる処の名無し:02/12/05 09:21 ID:4LrVtJPd
>>199
むしろ君が何を言っているのか問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。
>生物学的にも、比率の低い方が優勢になる。
って言いたいだけちゃうんかと。

202 : :02/12/05 10:40 ID:m80VqfEM
生物学的にメスが強いことは正しいと思う。
屁理屈つけて男がのさばってるのがキリストイスラムユダヤ教圏ってかんじ。

203 :日出づる処の名無し:02/12/05 10:56 ID:3i6SQZ58
>>202
一神教は父権文化だからね。
もっとも、理屈では芯まで騙しきれずに、マリア信仰なんか
派生しちゃってるみたいだけど。(カソリックとか)
この記事のURL | ジャポニスム | CM(57) | TB(0) | ▲ top
<<日本刀を斬る(part5スレ) | メイン | 不完全至上主義(part4スレ)>>
コメント
-  -
宗教上の問題は別としても、生理中や妊娠中や出産直後は公務が難しいと思うが、女系男性天皇と女性天皇は別問題だな
2009/02/09 15:14  | URL | 空気黄泉力0 #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
宗教的な性の区別を、単純に性差別という現代の理念で決め付けるべきではないかと。
単純に性の住み分けというか、逆がそうであるように、女にしか出来ない神事や女しか立ち入れない神域とかも存在するわけで、どちらか片方だけ取り上げるのはそれこそフェアじゃないと思う。何でも同じにすることが【平等】ではないと思うし。
何にせよ、積み重ねてきた伝統を自分たちの代で勝手に変えたくはないなと思う。私たちが作ったものじゃないんだから。

あと、遺伝子云々は別としても、女系天皇になると『王朝』が変わるという点は重要じゃないかと個人的には考えてる。
英国でも、エリザベス二世が崩御されたら実質ウィンザー朝は終わるわけでしょ? 日本は今まで王朝交代を(建前では)したことがなく、連綿と続いてきてるわけで。
2009/02/09 14:10  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
女性ですが、やはり天皇は男性のほうがよろしいかと。
平安時代からもうすでに生理期の女性の参内は禁止されてましたし、そういうものなのでしょう。
複雑な歴史を背景に長い時間を掛けて形造られて来た伝統・文化・宗教に対して現状の一点だけに重きを置いた短絡的な思考で考えるべきではないと思います。
2009/02/06 14:38  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
女性天皇の夫は
日本一のマスオさんになる
という話を聞いたことがある。
2009/02/06 09:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
無論、死は三不浄の中でもっとも穢れとされる黒不浄ですからね。
生理の血の流れを死を連想させるとして忌み事としたのは想像付きます。
問題は妊娠…白不浄の方で、生を内包した状態も忌んだ事でしょうか?
これは、産道を黄泉の道に繋がるものとして忌んだという説を読んだのですが、今一つ弱いような?
何となく、
「生まれ生まれて生の初めに冥く、死に死に死んで死の終わりに暗し」を思いだしますが。
2009/02/05 01:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ひとつ言える事は、女性天皇が即位したとしても、一般女性に得があるわけじゃない、という事。
男性天皇では一般女性が損、という事もないはず。

もちろん、男性天皇で一般男性が得してきた、という事もありません。


・・・もし差を挙げるとすれば、現状、一般男性が皇族になる可能性は無いけど、一般女性が皇族になる可能性はある(嫁入りで)、という事くらいかな。

皇室は、女性のみに門戸を開いているわけ。
2009/02/04 23:13  | URL | Sky. #KnHW2vQ.[ 編集] |  ▲ top

-  -
女性の天皇に関しては、なんか嫁入りがあるからって聞いた事がある
じゃあ婿入りはどうなんだって思うけど・・・
神道関係で男の人のほうが都合がいいって言うのなら、個人的にはそっちのほうが納得できる
中にはそんな非科学的なと思う人も居るかもしれないけど、初詣とか願掛けとかやって、どっかでなんとな~く神を信仰してる日本人は、納得するような気もする
2009/02/04 22:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
神道は(いけにえを要求する宗教と違って)死を連想させる血は縁起悪いとされ、それが生理を不浄視するのにつながった、とどこかで読んだ。
ちなみにおいらは女系容認派
2009/02/04 18:03  | URL | 空気黄泉力0 #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
朝日新聞の汚いのは、そういう神道の部分を無視して、天皇継承問題を単なる男女差別に貶めている事。
もし女系天皇が誕生した日には、「伝統も血統も失った天皇家に存続する価値はない!」とか言い出す事だろう。
ここを読んでいる方には、問題点をきちんと理解しておいて欲しい。
2009/02/04 12:53  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
遺伝子の話はともかく、神事を司る天皇家なら、赤不浄(生理)、白不浄(妊娠)の時に神域に立ち入れない女性が天皇になるのは不利益だった筈。
生理を穢れとされて怒るのはわかるけど、あくまでも神道にのっとった考え方だと思う。
2009/02/04 12:34  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
女性が天皇になるのを認めると今まで降嫁した内親王様方の扱いはどうなるのかという問題もあるし、
今はちゃんと親王様いるんだから女性天皇の話は出るとしても50年後ぐらいだよ。
個人的には某妃の職務怠慢を見てると
とても愛子様に皇位を継いでほしいとは思わない。
2009/02/04 12:19  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
女性天皇は歴代で何人かいますよね?
ただ、その女性天皇の子でも、その種が元天皇の直系か傍系の男子の子でないと、天皇にはなれない。
だから、愛子さまが天皇になっても、その子供が天皇家意外の男性の子であれば天皇の資格はない。
よって、その場合、秋篠宮の末子が次期天皇を継承する。
これが男系と言う事ですよね?
朝日新聞とかは、故意に混同してますが、素で混同されてる方がいるようなので一応…
2009/02/04 12:09  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
男系で来たのには、大した意味はないと思うんですよ。
初めにそう決めただけであって。
横断歩道の白いとこだけ踏むのと同じ。


ただ、神話の時代からルールを変えずに100代以上続いてきたのだから凄い。
そしてまだ続けられる。

世界のどこを探しても、他の国にはそんな長い王家(皇室)はないです。
ローマ教皇はもう少し歴史が長いけど、一族ではないし。

問答無用で「日本は半端じゃない」と思わせる説得力があります。


女性差別といえばそうかもしれないけど、蔑視してるとかではないのです。
「変わらない事」に意味がある、というだけ。

宝塚歌劇団に男の役者がいないのと同じようなもんだから、わかってほしいな。
2009/02/04 11:57  | URL | Sky. #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
まあいつか女性天皇が誕生した暁には!
綺麗な着物いっぱい着てほしいな~w
能天気でごめんw

あれ?まつりごとてどんな衣装なんだろ
2009/02/04 06:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
女性天皇と女系天皇は違うから。
女性天皇は誕生しうるよ。たぶん知っていらっしゃるとは思いますが、一応…。

少々気になったのでコメントしました。


2009/02/04 05:31  | URL | #uec8AvJg[ 編集] |  ▲ top

-  -
遺伝子の話を持ち出すのは確かに訳分かんないし穢れとか言われて自分も女としてムカつくけどちょっと落ち着けって。
個人的には女性差別とか持ち出すのもどうかと思うし。
何というか天皇以外でもそういう俗っぽい(?)考えは伝統に持ち込んでほしくないなぁ。
折角千年以上男系で続いてきたんだから、このまま記録延ばして欲しいよww
それにうろ覚えだけど、聖徳太子とかの時代、母方の家の位で子供の地位も決めてたんじゃ無かったっけか。
だから男女の優劣的な意味合いはそんなに無いと思うけど。

まとまりのない文でごめん。言ってることが間違ってたら更にごめん。
2009/02/04 04:09  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
むしろ先進国なのに女性天皇を認めないことの方が、他国になめられると思うんだけどな。

「血の穢れ」と言われると、女としてはちょっとムカつくけど、まぁ天皇家って神道の宗家(なんていったらいい…?)であることを考えると、そういう昔の考え方をまるっきり無視するわけにもいかないのかもねぇ。
でも、単純に女性天皇を認めないのは、女性差別とあとは皇室にかかる金が増えるからだと思うけどね。


Y染色体の遺伝がどうとか、あんなバカげたこと真面目に語るやつって一体何なのwwそんなの男以外は天皇にしたくない故の屁理屈にしか聞こえない。
遺伝子の話を持ち出すなら、Y染色体ってヒトをオス化するスイッチみたいなもので、遺伝情報はX染色体より少ないんじゃなかったっけ?天皇家の形質をより確実に次世代に伝えたいなら、女性を天皇に据えるべきだって考えもできるんじゃないかと思うけど。
ま、その辺は素人だからよくわからんけど、後継者選びについて遺伝子の話を持ち出すのはあまりにもバカバカしいし、それ自体が凄く差別的だからやめた方がいいと思う。
2009/02/04 02:34  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
天皇の男系信奉には、遺伝子のYが男子にしか遺伝しないのにあるんじゃなかったっけ?
Xとミトコンドリアは母方の血統を確認する事しか出来ないから。
まあ、遺伝子の解明は最近の話だから、過去にはまた違った理由だったんだろうけど。
国の鎮守の要としての天皇が血の穢れを持っているのは困るという所なんだろうかなと愚考。
2009/02/04 00:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんとなーく
女性天皇反対の理由が分かった気がするわ
・他国に舐められない
・処女信仰への派生の危険
あたりか
国家かかあ天下に反発する人も多いだろうし
なんて思ったよ
2009/02/03 21:42  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
西原さんの書籍名を教えてくれた方、ありがとうございました。無事、買えましたw
2009/02/03 19:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本に来ると柿も甘くなるのか。

なんつって。
中国では、どういう使い方をするんでしょうね。
干し柿?
2009/02/03 17:59  | URL | Sky. #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
梨も昔は洋梨はバタリーペアー、日本の梨はサンドぺアーと言って砂みたいな食感だと敬遠されてた。今は甘くなってそんなこともないみたいだが。

水分量がハンパないので新鮮な水が手に入りにくい地域で重宝されてると聞いたな。
2009/02/03 09:38  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
アメリカ人とかは、柿が好きではない人が割といるみたいだね。ヌルっとした食感がダメみたい。日本人でも、女性でそういう(ナメコとかメカブとかも嫌いな)人に良くみかけるよ。
2009/02/03 06:03  | URL |    #Ock1GnUU[ 編集] |  ▲ top

-  -
>柿の原産地
YES。中国から入ってきた渋柿が、日本で突然変異して甘柿が出来た。
最初に出来たのが奈良県御所市の辺りなので、昔は「御所柿」が有名だった・・・と、奈良の地方情報誌に書いてあった。
2009/02/03 01:01  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
それにしても最初のリンク先の記事の、

>「内戦前に日本の種を庭に植えたら、今たくさん実るんだよ」。終戦後に植えた若い木にも
>実り始めているという。
>
>桃栗三年柿八年。内戦が始まって10年、終わって7年。

このニュースから、もう4年と少し……時の流れというやつを考えさせられるなあ
2009/02/03 00:44  | URL | #cgf6TkE.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>953様 
横入り失礼します。
西原さんの本は「できるかな クアトロ」(扶桑社)という本です。とても面白いので、おすすめです^^
2009/02/02 23:47  | URL | IPX #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
あれ?柿の原産地は中国だけど、甘柿の原産地は日本じゃなかったっけ?
確か日本で突然変異を起こした物を固定した物だったかと。
2009/02/02 23:47  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>…天皇が政治的に無力で(あらねばならんという感覚が)あるのも
>そこら辺に付随するものなのか知らん。ピュアであれ、みたいな。

そういえば高原英理が同じ様なことを言っていたな
中心には常に無力な無垢をおかずにおけぬ国とかなんとか
2009/02/02 22:42  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
『二勝一敗』ってのは、日下公人さんか渡部昇一さんの本で読んだ。本人が言ったのかは忘れたけど。
2009/02/02 21:57  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
男が狩りで得たモノを、女が調理する・・・という原始的な考えをすると、男が金を稼ぎ女が管理して使う、というのは解る気がする。

狩猟民族だった地域では今は廃れていて、農耕民族の日本でそれが今も残っているのは面白い。
2009/02/02 20:13  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
サイバラさんのインド話、教えてちゃんで申し訳ないが書籍タイトルを教えて頂きとうございます。
2009/02/02 19:37  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
柿の木一本でもいろんな逸話があるよな

柿の木オンリーの妖怪もいるし
2009/02/02 17:47  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
母ちゃんがサイフを握るというのは、実は非常に理にかなっている。
男に金や食料を渡すと自分個人のために使ってしまいがちだが、女に渡すと家族全員に行き渡るのだとか。
グラミン銀行もこれで成功している。
2009/02/02 17:35  | URL | #oh4NkpYI[ 編集] |  ▲ top

-  -
柿の木について一言。
柿の木は折れやすく、また生命力のある木です。
太い枝でもバキッと逝きます。泥棒するときは枝に登らないようにw
2009/02/02 13:14  | URL | 田舎者 #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
江戸の農家だったうちじゃ通り沿いに植えてある柿の実はてっぺんと一番下の枝は残しておく
てっぺんは鳥のために一番下は飢えた旅人のためにあるんだぜ
だから柿もいでく奴がいても気にしないが皮と種を吐き捨てて行く奴は蚊に刺されて死ねばいいと思ってる
2009/02/02 09:57  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>日本って不思議と、社会的に弱い人たちが神格化されてるっていうか、

西原理恵子のインド紀行の話だったと思うけどインドでも
メチャクチャ差別受けているオカマの集団みたいなのが
罪を払う踊りか何かの時だけ神の化身みたいに
なるってのがあったな
んでその集団が捨て子をメチャクチャ可愛がって
育ててるのみて西原理恵子が
「なんだ、やっぱり神様じゃん」って言ってるのが
印象的だった
2009/02/02 09:33  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
柿は全部取ると来年実をつけないので半分残しておく
2009/02/02 06:52  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
柿は全部とっちゃ駄目って言うね。
烏用においておくのだそうだ。
単に、優しいなってその話を聞いていた小学生の俺でしたが、カラスが他を荒らさないように、って理由だったんですかねー。
2009/02/02 05:21  | URL |   #JQCnHemI[ 編集] |  ▲ top

-  -
結論:かあちゃんに勝てるわけないだろ!

さて、柿=パーシモンだっけな。
魔法使いのじじいとかがもってる杖がパーシモンだった気がする。
(東アジア原産・・・なんで西洋のじじいがもってんだろう・・・)
かなり硬いんだそうです。
2009/02/02 05:14  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>日本って不思議と、社会的に弱い人たちが神格化されてるっていうか、
そういう人たちに対する信仰がなぜかあるよね

神に近い存在というのが、そもそも差別(というと言い方悪いけどね)されやすい
自分と違う恐るべき力を持ってるから、
自分たちと違うものとして差別するか、
神聖であるものとして受け入れるか
そのどちらかなんだという話を聞いたことがある
2009/02/02 05:09  | URL |    #JQCnHemI[ 編集] |  ▲ top

-  -
柿を取らないのは鳥用のやつじゃないかな
何年か鳥用に木一本分残しておくと鳥が覚えて他の木をつつかなくなるって聞いた様な・・・
ただ単に鳥にもおすそ分け、とかだったかもしれん
2009/02/02 04:58  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
※940
そのルールがあるおかげでmidiを日本語文章(音階)で書ける
ツールなんかもあるよ
二ポン語は音楽ね
2009/02/02 02:41  | URL | #dwVTuGt2[ 編集] |  ▲ top

-  -
※932
「伸ばし棒(ー)ってどれだけ伸ばせばいいんだよ!?」
って中国人が言ってたのをどっかで見た事がある。

日本語で言う一音は言語学的には「一拍」と言うのが正しいらしいね。
英語や中国語にはこの拍の概念が無いとも聞いた。
外国人が日本語をメトロノームやらマシンガンに例えるのもこれが理由らしい。
常に一定のリズムを保って喋ってるとの事。


あと、こまめに注を付けてる管理人、マジ乙。
2009/02/02 02:12  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
キリスト教も厳密な一神教じゃないって話を聞いたことがあるな。
キリストのみならずマリア、聖者、聖遺物など信仰対象を
広げてるのは多神教じゃないかって。
2009/02/02 00:46  | URL | #SFo5/nok[ 編集] |  ▲ top

-  -
昔、地元の農家が梨を米国に輸出してみようという試みがあった。テレビのニュースにもなった。検査に継ぐ検査。もうほとんど嫌がらせとしか思えないソレに、終わった後の農家の人が「こんなに時間がかかったら、中身はもう終わり。二度とやらない」と憤慨していた。まあ、丹精して育てた梨がぼそぼそになってしまったら、そうとしか言いようがないよなあ・・・と思った。
2009/02/02 00:06  | URL |     #UwJ9cKX2[ 編集] |  ▲ top

-  -
欧米のレディー・ファーストは元々、危険かもしれない場所に女を先にやって確かめるためのものだったと聞いたことがあります。
そうすると逆に日本の三歩下がって影を踏まず、というのも女は安全が確認できてから、ということになるんでしょうか。
2009/02/01 23:57  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
二勝一敗って、単に日清・日露・太平洋と取ることもできるが
明治維新・太平洋・戦後復興と取ることもできるよな
2009/02/01 22:28  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>180
>昭和の頃は、女は男の一歩後ろを行くとかいう風潮だったけど、
>それは北米の思想が入ってきたからだし。

とりあえずこいつが歴史を全く知らない事はよく分かった
2009/02/01 21:52  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
元々農村部は母系社会だからなぁ。女の方が立場上。
男の立場が上なのは武士だけだったのが、武士が台頭し出してからひっくり返ってしまった。
でも多分、日本人の根本にはまだ母系社会だった頃が残ってるんじゃないか?
2009/02/01 21:51  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
共産党は個人主義なんじゃなくて、ただのわがままだからね。
2009/02/01 21:24  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
漢字1文字で'xiao'と読む、それが中国の人にとっては1音なんじゃないかな。
日本語の母音・子音という数え方はあてはまらないと思う。
2009/02/01 21:08  | URL |   #vfO2W9N2[ 編集] |  ▲ top

-  -
HistoryChannelのトンでも歴史を真に受けるのは
大層危険です(笑
あれは歴史番組ではなく、単なるバラエティーなのです
2009/02/01 20:36  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
家庭に入らない女は屑
2009/02/01 19:59  | URL |     #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
母音とは言わないだろ
xiaoなんて発音があるんだし
2009/02/01 18:34  | URL | a #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本で、男性が強くなったのなんて最近だしなぁ。
確か、平安期なんて次期天皇は女性の家でしか育てられなかったとか。
2009/02/01 18:26  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
そういえば、日本の農家の人が金も時間もかけて一生懸命品種改良したイチゴを韓国人がロイヤルティも払わず勝手に作り、それをまたずうずうしくも輸出までしようとしているって話、どうなったんだろ
2009/02/01 18:26  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんか懐かしい2chの流れで微笑ましいw

>>213
>検索してみたら、本当に五・七・五だ!?
>(字面だけ・発音は不明)
中国の漢字の発音は原則、漢字1つに母音(a,i,u,e,o)1つらしいので発音も5.7.5のはず
2009/02/01 17:17  | URL | #LkZag.iM[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/21-21c6c3cc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。