2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
邦画の行く末【前編】(part33スレ)
- 2010/08/01(Sun) -
729 :日出づる処の名無し:04/10/01 02:00:49 ID:P528+W0k
「感染」「予言」ハリウッドでリメーク

日本初のホラー映画専門レーベル「J-HORRORシアター」の
第1弾の2作品、「感染」(落合正幸監督)と「予言」(鶴田法男監督)
がハリウッドでリメークされることが29日、分かった。トム・ハンクス(48)
ジョニー・デップ(41)といったハリウッド大物俳優の起用が検討されているという。
公開前(10月2日)に海外でリメークが決まるのは異例。
(※リンク先消滅)

731 :日出づる処の名無し:04/10/01 02:58:15 ID:7INn8lMe
>>729
もう次から次からって感じだねハリウッド。
向こうにも需要があるのか、これから作ろうとしているのか。

732 :日出づる処の名無し:04/10/01 03:02:30 ID:M49OF906
何かハリウッドが更に安っぽく見えて来た

733 :日出づる処の名無し:04/10/01 03:16:55 ID:8Hrk83mb
ハリウッドがよかったのはモータルコンバットまで。と思っている奴は俺くらいかも。
ストリートファイターはひどかったな。と無理矢理日本に絡める。

734 :日出づる処の名無し:04/10/01 03:26:59 ID:2vPWGNh/
>>732
逆にハリウッド映画をアニメ化するくらいの度量が日本にも欲しいな。
はっきり言ってハリウッド映画は世界中の娯楽を飲み込む
モンスターみたいな感じ。
文化も音楽も伝統も流行も全部飲み込む。
つまり、全てを飲み込む事で娯楽のトップに居続けてる。
日本も「萌え」などと紙芝居を大量生産してる場合じゃない。

735 :日出づる処の名無し:04/10/01 03:33:34 ID:nP4BDQdD
いらねーよ。
映像化されてないSF小説をアニメ可するのはいいが。

736 :日出づる処の名無し:04/10/01 04:01:24 ID:ha0TIbZy
ああ、映画の話ですか・・・・・あっそう・・・・
黒澤を越すサムライの映画を作ればいいだろうに。
それすら出来ないわけだわ、ハリウッド映画をアニメで
と言うアホな意見は韓国のパクリ漫画と一緒ですわ、
トンチャモンとかテコンVとかキャプテン翼の韓国番とかね。

これだけ漫画と言う良いお手本があるのに逆にハリウッドに
パクられ続けるアホ邦画界、それはネタ・世界観・コマ割り
全部掠め取られとるわい。
いい加減日本は気付けよ。
これは政府の規制や映画界の世代交代が進まない事によるもの。

737 :日出づる処の名無し:04/10/01 04:06:54 ID:M49OF906
今の邦画って世界一つまらんよね
まぁB級映画として嘲笑しながら見るには丁度いいけど
笑いのネタにもなるし

738 :日出づる処の名無し:04/10/01 04:08:48 ID:2vPWGNh/
>>735
で、そのアニメをハリウッドが実写化するんだろ?w

740 :日出づる処の名無し:04/10/01 04:22:27 ID:2vPWGNh/
>>736
何だか高度な知能を要するレスですな。w
・(邦画界は)黒澤を越すサムライの映画を作れば良い
→簡単に言いますね。貴方、どこの天才ですか?
・ハリウッド映画をアニメにするのは韓国のパクリと一緒
→まぁ、これは冗談と言うか何と言うか…。
・漫画は(邦画界にとって)良いお手本だ
→ソースの『予言』の原作はご存知?
・ハリウッドにパクられるのはアホ
→おいおい、商品を売るなと?
・原因は政府の規制と邦画界の上の世代
→はいはい、団塊のせいですね。で、規制はした方が良いの?

741 :日出づる処の名無し:04/10/01 04:41:35 ID:ha0TIbZy
>>740
>簡単に言いますね。貴方、どこの天才ですか?
黒澤については古臭いし様式美にこだわりすぎだろう。
俺が天才か?と言う問いはアホゆえか?

>まぁ、これは冗談と言うか何と言うか…。
ハリウッド映画の焼き直しをアニメに持ってきてどうするの?
例えばマトリックスのアニメ版作るのか?

>ソースの『予言』の原作はご存知?
予言はつのだじろう・・・・・・ ・・・・ ・・・・
何が言いたいの?ご存知ですか?ハイ知ってます→終わり。

>ハリウッドにネタをパクられるについて
リメイクは別に決まってるだろうが!お前あほか!?
アホなのですかあー!??????

>原因は政府の規制と邦画界の上の世代
ああ、もうあかんわ、お前ケツの穴にコカイン突っ込んでんのか?
シンナー吸いながらw
規制外して映画撮りやすい環境作れと言うの。
いちいち説明せなあかんのか?んー?どないか言うたれよ。

760 :日出づる処の名無し:04/10/01 13:09:53 ID:9jKuIh9N
>>741
> 例えばマトリックスのアニメ版作るのか?
既にあるじゃん。

742 :日出づる処の名無し:04/10/01 04:58:49 ID:ha0TIbZy
とにかく、もう今の邦画というのは最悪だと思ってる。
はっきり言って最近のはあまり見てないよ、
そこで見もせず言うなと言うヤツが居るだろうが
これもアホ、見る前から駄目だと大半が思ってるじゃないか?
「あの邦画は見るべきだよ、お前見る目がないねえ」とでも
言いたいのか?確かにそこまで言うなら観ときゃよかったと
思うものもあるが、じゃあ何故みんな洋画観る?

これ以上言わすなよ。
俺もなあ、邦画の未来に期待してんだよ、侍の映画作るなら
もう黒澤を越さなきゃならないんだよ、影武者は良かったが
あれ以上のものは無理なのか?

黒澤を越してこそ新しいモンが生まれると思うんよ。
(この黒澤云々が気に入らない人が大勢なんだろう)

743 :日出づる処の名無し:04/10/01 05:18:22 ID:ha0TIbZy
まずサムライというものをNHKの大河ドラマには期待しない。
あれも諸悪の根源、けど「その時歴史が動いた」の再現映像は良く出来ている、
制作チームが違うからなのか大河ドラマの制作人は最悪だよ、武蔵でよく分かった。

毎日放送も良い、歴史観で危ういものがあるが映像技術や
異文化を客観的に伝えてる方でないかい?
技術オンリーならNHKの歴史場面を再現するチームか
毎日放送の技術陣が優秀だと思うがどう?
そもそもここの人等はそんな事興味無いだろうな・・・・・

745 :日出づる処の名無し:04/10/01 05:41:25 ID:XmxTHIhY
>>743
どうでも良いけど。
それ、関西圏以外の人にはわけわからんぞ。

746 :日出づる処の名無し:04/10/01 05:42:53 ID:ha0TIbZy
>>745
何故?

747 :日出づる処の名無し:04/10/01 05:44:00 ID:XmxTHIhY
>>746
毎日放送

748 :日出づる処の名無し:04/10/01 05:46:57 ID:ha0TIbZy
「そのとき歴史が動いた」は全国で放送しとるよな?
毎日放送は良く古代文明から考古学・世界史なんかに明るいかな
と思ってるのだけど?
世界不思議発見・世界遺産なんかイイじゃない。

749 :日出づる処の名無し:04/10/01 05:54:28 ID:ha0TIbZy
>>747
ちなみに毎日放送は毎日新聞系列で
筑紫哲也がやってるあの局です。
筑紫はたしかに?な感じだが歴史なんかの番組での再現映像は良くない?

750 :日出づる処の名無し:04/10/01 05:58:00 ID:XmxTHIhY
>>748
毎日放送はあくまでもTBS傘下の関西地方局のひとつであって、
幾ら毎日放送が良作を作ろうが、
いちいち番組最後の局名テロップを気にする人でもないと、ピンとはこないと思うよ。

751 :日出づる処の名無し:04/10/01 06:11:01 ID:ha0TIbZy
>>750
どゆ事?
TBSは確かになんか変だがNHKの大河ドラマよりは
サムライのカッコよさを再現映像で伝えてると思う。

問題は邦画です、最近「雨上がる」と「座頭市」しか時代系でみれるものが無かった、
ちょい前では御法度も良い映画だった、
御法度はホモの要素があったけど剣を持つ場面では素晴らしかった。
ストーリーも面白いな、あまり褒めるとホモ好きか?
と疑われそうだけど・・・・映画館で見たら迫る迫力がある

755 :日出づる処の名無し:04/10/01 07:51:48 ID:gnOxGDlS
黒澤って映画の発展への功績そのものが偉大なんでしょ
このスレ風に言えば、
小津・成瀬・溝口も含めて映画界にも確実にジャポニスムはあった。
越えるとか越えないとかそういう存在じゃないと思うんだけどなぁ

あと邦画のいわゆる大作物が酷いのは分かるけど(ホワイトアウトとかw)
文化、言語、人口を考えると市場規模が違いすぎる・・・
実際、ハリウッド以上にインド映画や中国映画には活気があるし。
石原知事がロケの規制を緩めたり、
若い監督には資金援助したり結構頑張ってると思うよ。
最近キャシャーンとかハニーとかハットリ君とかのリメイク物が
元気なのもいい傾向かと思われ

個人的には、カウリスマキとかヴェンダースみたいに
地に足ついた映画が作られてれば問題ないと思う。
興行成績やオスカー像だけが映画の価値を決めるわけではあるまい。

756 :市民派護憲先生 ◆NZvCY2jLVs :04/10/01 08:13:03 ID:BIsiKL6B
黒澤より小津だと思いますよ。

757 :日出づる処の名無し:04/10/01 08:35:35 ID:ayP0KOvH
>756
…おまえが小津を語るのか…orz

759 :日出づる処の名無し:04/10/01 12:41:48 ID:Q3Le4lgl
>>729
黒澤の「生きる」もトム・ハンクスでリメイクするらしいね。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_09/g2004091301.html

761 :日出づる処の名無し:04/10/01 13:18:54 ID:4K+n5m+D
日本映画の事を思うとつらいな~
でも映画がその国民の反映とするなら、
今の日本人が、映画化するような陰影がない、
のっぺりしたつまらない人生を送ってるって事かな。
でもそれが幸せかも。

763 :日出づる処の名無し:04/10/01 14:55:25 ID:zDxZqeWv
>>761
日本の映画がハリウッドに比べて地味なのは予算の桁が違うからだもんなー。
アクション系を現在の予算額の10倍でやったらもっと派手にはなるだろうし。
今の日本人の映画鑑賞者(映画ファンとまでは行かない人)がハリウッド系を好むのも
演出の派手さがポイントの一つだからな。
もっとも、予算を10倍にしたら今度は日本映画の良さが失われそうな気もするが。

764 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:04:20 ID:246WqCER
なぜ予算を10倍にできないんだろう。
アニメもそうだが、なぜだ。

765 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:11:51 ID:JBF3jVWM
>>764
当たるかどうか判らないものに対して、そんな大金掛けるバカはいない
・・・とか考えてるんじゃないか?>スポンサー

766 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:13:10 ID:FockOtzO
予算に十をかけても、収益に十がかからないからだろ

767 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:21:49 ID:zU5ee/VV
映画館に足を運ぶ人が、日本は絶対的に少ないと思うよ。
人気作なら昔はそれこそ長蛇の列をなしていたけれど
今ではそんな列をみかけたことがない。
ひとえにテレビ・DVD・ネットの普及による物なのかもしれないけど。
つか、映画のチケットが高すぎ。館内の食い物も高杉。
正直、日本の低予算映画を1800円も出して見ようという気がおきない。

768 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:23:17 ID:246WqCER
アメリカの映画館はモット安いよな。
ってことは日本の映画館が、業界の足引っ張ってるのか

769 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:34:23 ID:qqn2KEiH
日本は役者にカリスマ性がない。
すぐバラエティーに出たり、CMに出たり、
「親しみやすさ」みたいなもので売ってしまうから、
映画もなんだかドラマみたいに見える。
役者が露出し過ぎで日常に入り込み過ぎ、
「いつもと違う別空間」を味わう為に邦画を見に行く気がしない。

あと照明がテレビドラマっぽい。
女優の顔をまんべんなく光り当てて撮るから、リアリティーがない。

770 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:35:05 ID:M49OF906
予算費やしたところで、邦画にハリウッド並の迫力と自然さを出すことが出来るのかね?
画面が派手なだけで、見ていてサブイボ出るような恥ずかしい映画しか想像出来ない
どーせ出演するのは糞アイドル俳優だらけだろうし

771 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:40:02 ID:eAtT103z
>>769
> 役者が露出し過ぎで日常に入り込み過ぎ、
これ、あると思う。
「隣のあんちゃん&ねーちゃん的役者」が大杉。

772 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:42:40 ID:M49OF906
浅野が重用されるのも当然だね
TVと映画はちゃんと住み分けさせろって

773 :日出づる処の名無し:04/10/01 15:50:00 ID:zU5ee/VV
その人が出ると画面が引き締まる、華やかになるって人が日本には少ないよね。
顔が濃かったりケバかったりすればいいってもんじゃないが
配役も役者個人の人気に頼るのは萎えるよ。

個人的に海外映画の吹き替えだけは日本も誇っていいと思うw
若山弦蔵萌え

774 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:03:34 ID:JBF3jVWM
>>769
確かにね。
今の日本で「映画でしか見られない俳優」なんて、
無名俳優でもなければ、ほとんど居ない。
「映画を見ることで得られる希少価値」というのかな、
それが無いから誰も(というのは御幣があるが)見に行かない。
だって、TVつければタダで見られるもの。

775 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:16:17 ID:dcCqxuYP
私生活を全く見せないって言う点では田村正和なんかも凄いんだけど、
映画のみって事になると高倉健になっちゃうんだよなぁ

寺島進も最近はCM出てるし・・・
やっぱ東映が世界に誇る平成の活劇王、哀川翔しかいないのか?

776 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:23:20 ID:pTs+rLMP
>>775
アイカワショウ月9にでてたじゃん。。
平成の活劇王は竹内力ですが、何か?

777 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:26:57 ID:XkNzElsP
>>774
日本では映画という文化が消滅したんでしょ。
もしくは初期の段階で取り込みに失敗した、というか。
もっとも、この場合、ハリウッド流の映画文化、という意味だけどね。
邦画界って、最近のNPBと似た印象を受けるよ。

まぁ、俳優にしてみたら、年に2回程度映画に出て、
使いきれないような金を稼ぐ事より、テレビに出て皆でワイワイやって
楽しく芸能生活を送る方が全然楽しそうだけどね。

ちなみに個人的には最低でも年に100本以上は見てるし、
当然、邦画もかなりの割合を占める。(封切は月2~3本ってトコかな)
俳優とかテレビの問題よりも、単に「ハリウッド流」の映画の楽しみ方が
日本人には合わなかったんじゃね?
観客の問題でしょ。

778 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:29:55 ID:GbX9m+Mk
まず邦画ださいという認識があると思われ

779 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:32:41 ID:qqn2KEiH
>>777
ハリウッド作品は大当たりしてるが・・。
>まぁ、俳優にしてみたら、年に2回程度映画に出て、
>使いきれないような金を稼ぐ事より、テレビに出て皆でワイワイやって
>楽しく芸能生活を送る方が全然楽しそうだけどね。
↑これがハリウッド流ってこと?

780 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:39:18 ID:UT7zvOx2
年に映画はけっこう観てると思うけど邦画の割合は少ないかな。
映画館では観ないけど釣りバカ日誌が好きだ…
大作邦画と銘打つものより、テレビの2時間ドラマの方が秀作も多いんじゃないかなあ。
今日もやるみたいだけど、金田一耕助シリーズはテレビで観てこそおもしろい。
金田一シリーズは子どもの頃から大好きだ。
日本映画なら、毒々しい色彩にじっとり湿って陰惨陰鬱な映画がいい。
深田恭子より岸田今日子

781 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:41:29 ID:XkNzElsP
>>779
>年に2回程度映画に出て、 使いきれないような金を稼ぐ事
↑これハリウッド流。
>テレビに出て皆でワイワイやって 楽しく芸能生活を送る
↑これ日本流。

あと、単に大当りしてるとか客が入るとかじゃなくて、
映画界全体を金を出す人たちが舞台裏まで楽しむ、という意味。
アカデミー賞とかラズベリー賞とかもその一つ。
国民皆で映画文化を支えてるような感じというか。

「○○の新作が気になる」みたいな期待もさ。
そういう感覚があるのって、今じゃ北野武作品と一部アニメ作品くらいじゃね?

782 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:49:29 ID:B6hIKMwa
>>773特に女優ね。
二十歳を越えていて大人の雰囲気を持っているものがまずいない。
だから大人のドラマが演じられない。
日本のドラマも映画も、
10代の子供にしか受け入れられないような脚本しか書いていない。
もっとこう大人の鑑賞に堪えうる濃厚で深い世界を持った物はないんだろうか。

夏目雅子を20代で失ったのは痛いなー。
彼女が生きていたら、日本の女優ももう少し違う形になっていたのかもしれないのに。

783 :日出づる処の名無し:04/10/01 16:56:11 ID:XkNzElsP
>>782
夏目も良いけど、俺は薬師丸ひろ子が…。
角川映画ってブルドーザーみたいな感じでガ~ッと
邦画界を更しちゃったけど、その後新たに何かを建設する事がなかった。
あの後、いろんな企業が投資して、マーケットが確立。
で、そこへ新たな才能が出てきてたら、今の邦画界は違ってたろうな。

785 :日出づる処の名無し:04/10/01 17:02:49 ID:qqn2KEiH
>>781
日本はアメリカ程、資産家が金を持ってるわけじゃないからね。
昔で言う財閥はなくなっちゃった。
社長と一般社員の収入の差が、少ないでしょ?
だから、芸術の世界での良質のパトロンがいない。

ハリウッド風にしたいなら、社会全体を変えるしかない。
別にハリウッドが目標とも思えないけど。

てか、ハリウッド程金かけて映画撮る方が異常なんじゃないの?
世界のどこにもないでしょ?そんな映画界。
日本はむしろヨーロッパ系を目指す方が、社会としては理屈に合うんじゃない?

786 :日出づる処の名無し:04/10/01 17:10:49 ID:ARtJqL0a
ハリウッドのやり方って、100億かけても101億収入があればOKってやつだから、
純粋に売上げ主義だもんな。なんか俺らの身の丈には合わないなぁ。

787 :日出づる処の名無し:04/10/01 17:16:21 ID:U7gq4Ma6
>>785
うん、確かにハリウッドが目標とは思えない。
でも、ハリウッドって、独立系の才能でさえ飲み込むんだよ。
ハリウッド映画の全てが「タイタニック」な訳じゃないし。
日本アニメだろうと、フランス映画だろうと全部飲み込んじゃう。

>日本はむしろヨーロッパ系を目指す方が、社会としては理屈に合うんじゃない?
そうだけど、実際、君が映画に関わる人だったらどうよ。
1億円でヒーヒー言いながら作るのと、10億円以上で作るの。
どっちを選ぶかは一目瞭然。
昔から才能は金のある所に集まるように出来てる。
才能ある奴だったら、普通はマターリやるより世界制覇を目指すでしょ。w
北野武は誘いを断ったらしいけど、例外だよね。

789 :日出づる処の名無し:04/10/01 17:35:48 ID:qqn2KEiH
>>787
いやだから・・・。
10億くらいなら日本だってかけられるけど、ハリウッドは規模が違うでしょ?
ハリウッドが全てを飲み込むんなら、日本の映画界との比較自体が無意味なわけで。
日本にはそんな化け物みたいな映画界、作る力もないしその気もないでしょ。
初期の売り込みとか、もうそんな次元の話じゃなくなってくるよ。

今、スレの議題になってるのは「日本の事情の中での映画界を考える」であって、
ないものねだりして、
ハリウッドってすげー(すごいのはわかってる)ってんじゃないわけだから。
あと、
>国民皆で映画文化を支えてるような感じというか。
これ・・あんまりアメリカ人のイメージにないな。
金持ってる人間が、一般人を踊らせてる様にしか見えない。

792 :日出づる処の名無し:04/10/01 17:49:31 ID:7Blpvcyq
まぁ、邦画の場合アメリカだと出せないのは…
サイコ系のホラーかな?近年のリングとか呪怨とか
そういう、地味ーにひたひたと近づかれて
肩に㌧ってそういう描写は逆に日本版の作り方のほうが
しっくりくる感じがする。
もしくはマターリしたような話w

826 : :04/10/02 01:09:05 ID:apNAy9i9
>>792
同意。
でも日本のホラーが楽しめるのは
しっとりとした日本独特の話がこわーいってのに加えて、
ホラーなら高い映像技術がいらないからだと思う。

793 :日出づる処の名無し:04/10/01 17:49:49 ID:q7d4e8hg
日本人の生活の中から、情緒、風情、という言葉が消えているように思う。
ちょっと危機感を感じる。よく言われる町並みにしてもそうだけど、
映画などの製作にもそういう所が影響している気がする。考えすぎ?

797 :日出づる処の名無し:04/10/01 20:15:34 ID:Ta/Fcllx
年間映画制作本数 (ScreenDigest調べ)
1位はインド、1200本(人口10億で映画がテレビ代わりだからこれは別格)
2位はアメリカ、543本。
では、3位は?
日本の293本。(4位はフランス200本)

映画制作費では
1位アメリカ 146.61億ドル
2位は日本、12.92億ドル
3位はイギリスで8.52億ドルだが製作本数は10位内に入ってない。
ちなみに韓国は1.34億ドルで9位。製作本数は10位圏外。

数字だけ見れば、日本はアメリカに次ぐ映画大国

799 :日出づる処の名無し:04/10/01 20:31:45 ID:VpD0fkvo
>>797
なるほど。数字で見るとわかりやすいね。
結局日本映画がどうのこうのはアメリカ映画との比較ってことか。

800 :日出づる処の名無し:04/10/01 20:32:13 ID:yUf56lrV
>>797
「踊る大走査線2」は200億円突破でしたっけ?
「千と千尋」などのアニメの大作も沢山有りますしね。

個人的には「日本沈没」とか「復活の日」とかの小松左京原作のSF映画が好きだ。
あと、バブルならではだなぁと思う「ガンヘッド」とか。
あんなの最近じゃ造らないだろうなぁと。あと「ゼイラム」とか。
「時を駆ける少女」辺りのノスタルジックSF
とかも日本情緒に富んでいていい。
・・などと言い出すと限が無いのでこの辺で。

802 :日出づる処の名無し:04/10/01 20:43:42 ID:uJo6EuMg
>>797
それってピンク映画の本数も含まれてるのかな。

803 :日出づる処の名無し:04/10/01 20:55:48 ID:GyLaz5/7
日本映画、1年300本って作りすぎじゃないか。
もっと本数絞って、人材や予算を集中したほうがいいんじゃないの

808 :日出づる処の名無し:04/10/01 22:17:07 ID:pTs+rLMP
>>803
別に国策で作ってるわけではないから。
作りたい人(会社)が勝手に作ってるだけだから。

812 :日出づる処の名無し:04/10/01 22:59:16 ID:Sio1KSyf
>>797
> 数字だけ見れば、日本はアメリカに次ぐ映画大国
数字って、すごいな。
イメージとここまで違うかと、びっくりした。

813 :日出づる処の名無し:04/10/01 23:10:18 ID:PVCKFUpn
:::::::::::/           ヽ::::::::::::
:::::::::::|  ば  じ  き  i::::::::::::
:::::::::::.ゝ か   つ   み  ノ:::::::::::
:::::::::::/  だ  に  は イ:::::::::::::
:::::  |  な。       ゙i  ::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ      _,,...-
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、      ∠_:::::::::
/. ` ' ● ' ニ 、     ,-、ヽ|:::::::::
ニ __l___ノ     |・ | |, -、:: >797
/ ̄ _  | i     ゚r ー'  6 |::
|( ̄`'  )/ / ,..    i     '-
`ー---―' / '(__ )   ヽ 、
====( i)==::::/      ,/ニニニ
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;;


814 :日出づる処の名無し:04/10/01 23:11:02 ID:U7gq4Ma6
>>812
制作と配給は全然意味が違ってたりして。w
配給されないと、俺らの目には触れない訳だし。

798 :日出づる処の名無し:04/10/01 20:28:01 ID:akWNgS2m
時代劇「大奥」の映画版なんてダメかな
「大奥」なら絵的にはえるし
徳川家茂と皇女和宮の二人を主人公にして見たらどうだろうか
・政略結婚
・次第に芽生える信頼感そして恋
・時代の荒波が二人を襲う
話的にうけると思うんだが
(※管理人注・・・大奥映画版は2006年公開済。および新作2010年10月公開予定
  ↑読者の方から『2006年公開の大奥と2010年公開予定の大奥は違うものですよ。
2010年のはマンガが原作で将軍が女性というちょっと変わった設定のもの。』
とのご指摘をいただきました。ありがとうございます)

804 :日出づる処の名無し:04/10/01 21:21:57 ID:HVTN1DcH
十ニ国記、好きなんだけど映画化できないかな。
アニメは海外でも放送してるらしいんだけど、翻訳がたいへんそう。
漢字を理解しない人々は用語の意味がわからないんじゃないかと・・・

806 :日出づる処の名無し:04/10/01 21:24:01 ID:5k+qnkOE
>>804
あれって「国号と国氏が同じ読みだけど漢字が違う」っていうのは
日本語でしか表現不可能な気がする。
英語はもちろん、中国語訳しても伝えようが無い・・・。

805 :日出づる処の名無し:04/10/01 21:22:19 ID:I/spXofi
隣の芝は青く見えるっていうでしょ。
日本映画だって、イギリスあたりでかなり興行成績がいいってテレビで言ってたよ。
日本人は日本映画がつまらないと思ってるってイギリス人に聞いたら、
「信じられない」って言ってた。

807 :日出づる処の名無し:04/10/01 21:30:10 ID:O8aC8uZi
>>805
フランスで三池の牛頭が
イギリスでワンダフルライフが
バトルロワイアルは世界的に
評判と言うのは聞いた。

810 :日出づる処の名無し:04/10/01 22:50:17 ID:yhSKQPZ+
>>807
>バトルロワイアルは世界的に
>評判と言うのは聞いた。
いいのかな、それで世界いいのか。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(19) | TB(0) | ▲ top
<<邦画の行く末【後編】(part33スレ) | メイン | ウイスキー片手にジャポニウム(part33スレ)>>
コメント
-  -
>>映画なんて、仮に名作をポンポン作ったところで人種と言語の壁に阻まれて終わりだもの

日本がそういう不利な面は否めない。
2010/08/05 14:58  | URL | w #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本はゲームと漫画だけに全力を注いでればいい
映画なんて、仮に名作をポンポン作ったところで人種と言語の壁に阻まれて終わりだもの
2010/08/04 15:59  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>数字だけ見れば、日本はアメリカに次ぐ映画大国

アメリカの半分強の本数に、アメリカの十分の一以下の制作費。
となれば、一本あたりの制作費は五分の一にも満たない。

…ってツッコミが無いのは何故だ
2010/08/04 07:07  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「その時歴史が動いた」の再現映像って大河の使いまわしにエフェクトかけただけだった気が……違ったっけ?

邦画は結構頑張ってるよ。あかんのはテレビ局が作らせてる自称大作のヤツ。
2010/08/03 21:33  | URL | 名無し隊員さん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
邦画がつまらないのは、アクションが下手杉!
撃たれる役者がギャーァ、ギャーァわめくだけで、全然緊迫感醸成されない映画ばっか!誰が見るよ!
映画監督もこんなシーンを撮って、何も違和感感じない爬虫類脳みたいな奴ばかりww
2010/08/03 14:59  | URL | w #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>810 いいのかな、それで世界いいのか。

秀逸な突っ込み!  気持ちはよーく分かるw
2010/08/03 14:51  | URL | w #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
つかアメリカのテレビって基本的にあんまり面白くない(面白いのが少ない)から映画みるんじゃね
2010/08/03 11:15  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>いいのかな、それで世界いいのか。
バイオレンスものは受けるだろ…
何言ってんだこいつ
2010/08/02 20:14  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

- 違和感? -
残念ながら、ハリウッドのリメーク物は、面白いのがあります。
結局、キャラクターを大事にしているんだと思います。
昨日、SALTを見ましたが、あんなどうにもならないさ作品でも、ヒョットしてPART2と言う感じで繋げてます。
ダメ元なんですね
最近のプレデターズもそうでしたね!
2010/08/02 20:06  | URL | QQQQ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ホワイトアウトはその次の番組と併せて
「日本製アクション映画は海外輸出できるか」
っていう実験的な取組みもあったんじゃなかったっけ?
肝心の第二弾に客が入らなかったんで続かなかったんだよね
ビジネスで成功例をつくるのって、得手不得手もあるけど大変だよね
2010/08/02 19:42  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
邦画に行く才能がマンガに集まったって言う説は説得力がある。邦画衰退どうもありがとう、っておもう。
2010/08/02 19:33  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本以外全部沈没は面白かった
2010/08/02 11:58  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/02 11:00  | | #[ 編集] |  ▲ top

-  -
邦画を腐らせてるのは、TVドラマのスピンオフと安易な漫画実写化とタレント(俳優ではない)依存。異論は認めない。
2010/08/02 07:13  | URL | #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
質において MBS>>>>>超次元断層>>>>TBS なんて常識だと思ってた

資金力は完全に負けてるけどw
2010/08/02 01:23  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
大河とかを映画リメイク出来ないのかな?
個人的に葵徳川の関ヶ原を大規模で見たいんだが・・・
けど国営放送だし・・・
2010/08/01 21:32  | URL | #JXoSs/ZU[ 編集] |  ▲ top

-  -
映画制作費の部分は嘘だな
一本あたりの制作費だと日本はインドと同程度

日本には個人映画レベルの費用で作ってるプロが無数にいるからな
ぶっちゃけ有名監督やボンボン監督以外は大学の映画サークルのがまだたくさん金使えるよ
2010/08/01 20:35  | URL | あ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
たしかXーMENのウルバリンが日本でアニメ化されるとか聞いたような。
まぁ元はアメコミですが、映画のヒットがあっての流れなので、ハリウッド→日本アニメの流れに含めて良いかと。
2010/08/01 19:12  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
足らぬ足らぬは知恵が足らぬ

いや、マジな話、ハリウッドに任せると、
日本と中国の書き分けが出来ないから。

脚本がいなければ脚本家を育てるのが先だし、
いい俳優がいなければそういう俳優を(ry
金がないのなら舞台からやり直すのが先。
2010/08/01 18:14  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/204-bc1b8d3a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。