2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本と国際連盟と人種差別撤廃条約(part31スレ)
- 2010/06/26(Sat) -
360 :日出づる処の名無し:04/08/21 15:46 ID:FFtYLfAW
ちょっと古い話になるが、パリ講和会議にて日本が
人種差別撤廃条約を出して採決をとったのだが、
土壇場で雨大統領ウイルソンの汚いルール変更で
この条約が可決されることはなかった。
(多数決だったのが、多数決で負けると全員の賛成が取れていないから
と否決されたんだっけ?)

これなんか白人の立場が悪くなるとルールを捻じ曲げる、
の最も分かりやすい陰謀の証左だよな。
「陰謀」という言葉が好きでない人がいるなら、「嫌がらせ」とでも言っておこうか。

361 :日出づる処の名無し:04/08/21 15:50 ID:b43wMlvG
>>360
当時の国際連盟は可決には全会一致

365 :日出づる処の名無し:04/08/21 15:58 ID:FFtYLfAW
>>361
そうだったようだね。失礼。
それまでの2回の票決は全会一致の規則は適用されていなかったのに、
この条約だけ適用された、ということだね。
この例は人種差別の根深さの証左にはなっても、
ルールの改悪という証左にはならないようだ。

■6.葬られた賛成決議■
日本全権団の要求により投票が行われ、
日本案は16票中11票の圧倒的賛成を得た。

しかし、議長席のウィルソンは、
全会一致の賛成が得られなかったので採択されない、と宣言して、
参加者を驚かせた。
それまでの2回の票決は全会一致の規則は適用されていなかったのに、
とフランスの代表団は抗議を行った。

しかしウィルソンは、「われわれの一部にとってはあまりにも障害があるので、
規約にそれを挿入する事はできない」、と言った。
そして急いで次の議題に進もうとしたが、
牧野男爵はそれをさえぎって、
大いに遺憾であるが、この会議で過半数の賛成票があったことを
議事録に明確に記述するよう要求した。[p144]

367 :日出づる処の名無し:04/08/21 16:10 ID:LA1SFQJR
>>361
そんな話初めてきいた。

俺の記憶では多数決で負けた議長のウイルソンが
自国の国民からの突き上げを恐れて
「全会一致じゃないから決議は無効」という
ムチャクチャ後だし&前例のない理由を出して反故にしたんだと思っていたが。

よければ当時の可決が全て「全会一致」であったという
ソースを出してくれんかね?
常識で考えてもそんなことはありえんと思うけど(w

371 :日出づる処の名無し:04/08/21 16:39 ID:z6Xf98iy
ウイルソンの話もなあ・・・・・
単に全会一致でなくても採択は出来るが、
全会一致でないものには拒否権があるっていうだけだし。
ある意味当り前なのに。

377 :日出づる処の名無し:04/08/21 16:51 ID:b43wMlvG
>>367
国際連盟は原則として全会一致という無茶苦茶な方法とってたんだよ
当時、アフリカやアジアの国々独立しておらず、意思統一が
比較的容易というのもあったんだろうがね。

国際連盟 全会一致でグッグってみ、腐るほどヒットするから
しかし知らない奴いるとはねぇ
ゆとり教育の弊害か?中学生の知識だと思うが

385 :日出づる処の名無し:04/08/21 17:37 ID:LA1SFQJR
>>377
例えばこういうのがひっかかってきたけど?
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/gaiko/gaiko.htm
>その時、議長ウイルソンの口から、思いもよらぬ言葉が飛び出した。
>「日本の提案は、成立しなかった。
>全会一致の賛成が得られなかったので、採決されない」と。
>会議は騒然となった。
>「これまでは、すべて多数決だったのに、なぜ、今回に限って全会一致を
>必要とするのか」と言う牧野の抗議に対し、
>ウイルソンは平然と答えた。「このような重要な問題は、
>全会一致でなければならない」。間発をいれず、ウイルソンは、否決を宣言した。
>牧野は、「日本案に対し、過半数の賛成票があったことを、
>議事録に記述するよう希望する」。
>これが、ウイルソンに対する牧野の精一杯の抗議だった。

まあ、こんな素敵な国際連盟を脱退した日本はアフォとしか言いようがないな。
どんなムチャクチャやっても
自分が反対票を投じていれば決議されることはないんだもん(w
拒否権を持っているのに自らそれを捨てたわけか。
日本の外務省ってのは昔っからアフォの巣窟だったんだなと
君の発言で教えられたよ(w

386 :日出づる処の名無し:04/08/21 17:41 ID:q8+el90y
一番 (#゜д゜)ハァ?なのはそのアメリカが国際連盟に参加しなかったことだ。
参加しないのなら口出すんじゃねぇよ、アメ公!

387 :日出づる処の名無し:04/08/21 17:43 ID:qYU/+fY+
まぁ、アメリカはジャイアンだからな。

388 :日出づる処の名無し:04/08/21 17:44 ID:57WdbiBK
>>どんなムチャクチャやっても自分が反対票を投じていれば
>>決議されることはないんだもん(w
あなたは幸せな人ですね

389 :日出づる処の名無し:04/08/21 17:45 ID:LA1SFQJR
>>377
お前が受けた教育では人種差別撤廃法案が
国際連盟の議題に乗ったと習ったのか?

ゆとり教育(俺は受けてないが)批判とやらも結構だが、

>1919年4月11日、国際連盟の規約を決する最終会議が開かれた。
上記の人種差別撤廃法案での「全会一致」が問題となった会議がなんで

>1919年6月28日、パリ郊外のベルサイユ宮殿で、26カ国が講和条約に調印。
>国際連盟は、国際条約の第1条において、設置を宣言される。

で設置された国連の原則に拘泥されるのか理解できんのだが?
おまえが受けた教育とやらではこの辺時空をさかのぼって教えられているのか?

【参考hp】
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/gaiko/gaiko.htm

632 :日出づる処の名無し:04/08/25 03:33 ID:E02KyOEk
>>377
亀レスですまんが、俺は理系で世界史は
中学で習ったっきりなんだけど。

>俺の記憶では多数決で負けた議長のウイルソンが
>自国の国民からの突き上げを恐れて「全会一致じゃないから
>決議は無効」というムチャクチャ後だし&前例のない理由を
>出して反故にしたんだと思っていたが。

に対するレスが

>国際連盟は原則として全会一致という無茶苦茶な方法とってたんだよ

ということはアメリカが国連に参加していたということなんだろうけど、
俺の記憶では国際連盟にはアメリカは参加しておらず、
それが失敗の原因みたいなことを教わった記憶がある。

>しかし知らない奴いるとはねぇ
>ゆとり教育の弊害か?中学生の知識だと思うが

ここまで自信満々に言っているということはきっと間違いがないと思うんだけど、
アメリカは国連には参加していなかったけど
会議の議長を勤めることはあったということなのかな?
それとも俺の記憶違いでアメリカは国際連盟に参加していたの?

詳しい方の解説お願い。

633 :日出づる処の名無し:04/08/25 05:28 ID:GctsZ/8c
360でパリ講和会議の話が書かれている

1919(大正8)年1月18日~5月
第1次世界大戦後の講和会議戦勝国27ヵ国が参加して
パリ市内の外務省で行われた

国際連盟は世界平和の確保を主な目的として1920年設立。
設立を提唱したのはアメリカ合衆国大統領のウィルソンであるが、
議会の反対(モンロー主義)があり米国自身は国際連盟には参加していない。

634 : :04/08/25 06:06 ID:GctsZ/8c
日本代表団は、原案ではとうてい採択の見込みはないとして、
「人種」という言葉を削除して、
「国家平等の原則と国民の公正な処遇」の支持を求める修正案を作成した。
この提案に関する最終決定は、4月11日の国際連盟委員会において、
ワシントンから戻ったウィルソン大統領を議長として行われた。

日本代表は、今回文言を緩和した修正案は、
国民の平等と各人の公正な待遇の原則を正式に確認する以外の事を
求めてはいないとし、移民制限の問題とは関係のない事を表明した。

そしてこの原則を拒否することは、
「連盟加盟国の平等が認められないこと」を示すと主張した。
「問題提起は見事に行われ、満場の支持を得たように思われた」
とアメリカ代表の一人は記録している。
その他の参加者も、「説得力があり」「威厳に富み」「賞賛に値し」などと記している。

フランス代表のレオン・ブルジョワ上院議員は
「正義という論争の余地のない原則」を具現するこの案を拒否することは
不可能であろうと主張し、さらに中国、ギリシア、チェコスロバキアの代表が
強力な賛成演説を行った。

635 : :04/08/25 06:07 ID:GctsZ/8c
■6.葬られた賛成決議■
日本全権団の要求により投票が行われ、
日本案は16票中11票の圧倒的賛成を得た。

しかし、議長席のウィルソンは、
全会一致の賛成が得られなかったので採択されない、と宣言して、
参加者を驚かせた。
それまでの2回の票決は全会一致の規則は適用されていなかったのに、
とフランスの代表団は抗議を行った。

しかしウィルソンは、「われわれの一部にとってはあまりにも障害があるので、
規約にそれを挿入する事はできない」、と言った。
そして急いで次の議題に進もうとしたが、
牧野男爵はそれをさえぎって、大いに遺憾であるが、
この会議で過半数の賛成票があったことを議事録に明確に記述するよう要求した。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html

636 :日出づる処の名無し:04/08/25 07:17 ID:/xGGytQX
>>377
今日からお前のあだ名は「ゆとり教育」なw

643 :日出づる処の名無し:04/08/25 13:02 ID:4tb6TESd
ウィルソン大統領は米南部の差別州の反発をおそれて
採択しないと屁理屈をこねたわけだ。

648 :日出づる処の名無し:04/08/25 20:18 ID:J4P+LzIj
>>643
でも、アメリカは参加してないんだよね。

649 :日出づる処の名無し:04/08/25 20:29 ID:TQsTAWFg
>>635
日本、超カコイイ!!
ぜひ歴史教科書に載せろ!

650 :日出づる処の名無し:04/08/25 21:33 ID:HOE40X19
日本の歴史なんて描き様によってはいくらでもカッコよくなるでしょ。
事実をあたりまえに列記するだけで、自国の歩みに惚れぼれしてしまうだろう。
封建社会、江戸大衆文化、明治維新、日露戦争、アジア植民地の独立、戦後復興、
これらの本当に意味することが正しく教えられてはいない。

651 :日出づる処の名無し:04/08/25 21:56 ID:hjBj6i0q
>>650
WGIP

マスコミの工作

極東三馬鹿便乗

歴史の真の見直しが必要だな。

652 :日出づる処の名無し:04/08/25 21:56 ID:EH17IvM8
俺は歴史が好きだったから、サヨク教師の教える自虐史観に違和感を覚えたな。

653 :日出づる処の名無し:04/08/25 23:20 ID:7itRm6Dw
人類補完計画ならぬ日本史補完計画か
ふふふ

654 :日出づる処の名無し:04/08/26 00:32 ID:qVTEm/UC
>>652
君が何歳かは知らんが、30歳以上の人間は皆洗脳受けてる。
で、小林ショックで洗脳が解けた。
そもそも「サヨク」なんて発想がそもそも小林ショック以降じゃね?
江戸暗黒史観の洗脳については、石川英輔の著作で洗脳が解けた。

原因はいろいろあると思うけど、結局は世代間断絶が問題。
上の世代から、下の世代への歴史や知識や情報の伝達が
スムーズに行われなかった。
「団塊」とか「左翼」がよく槍玉に上がるけど、俺はいわゆる戦争体験世代が
黙して語らなかった事が一番の原因だと考えてる。
戦争を戦った世代に激しく感謝しつつも、その後ダンマリを決め込み、
下の世代と断絶した責任はデカいと思う。

657 :日出づる処の名無し:04/08/26 00:51 ID:4cDZYs+F
俺は厨房の時「中国の旅」の洗礼を受けてしまってたからな。
今思うと真面目に見てるふりして実は「恐いもの見たさ」なだけだったんだわアレ。
中国人がどんな殺され方をしたとか、ゾクゾクしながら
読んで自虐心を育んでた。小林には洗脳を解いてくれた事だけは感謝している。

658 :日出づる処の名無し:04/08/26 01:00 ID:ltOGHLXi
>>654
なんかスゲー違和感を感じるなあ。考えが観念的に過ぎないか?
小学館文庫の『わが子に、孫に伝えたい昭和体験』上下巻を薦める。

660 :日出づる処の名無し:04/08/26 01:22 ID:SOeGxZbR
>>654
WGIPをなめすぎ。
終戦直後は正論言った人たちはみな見せしめに殺された。
その後もだまらないと社会的に抹殺だったし。

663 :日出づる処の名無し:04/08/26 01:27 ID:TMzhWVMg
>>654
確かに黙して語らず、という人は多かったようだが…
戦後、50年からの間、WGIPの影響によって、その世代以前の日本人は
完全に悪者にされてしまっていたこともあるし、それ以後の世代は
彼等が声を発しても耳を傾けなかったのではないか。

事実、このスレにいる人たちにしろ、ここ数年のよしりんやWC、
拉致問題の表面化を経てこのような問題意識を持ちえた場合が多いのだと思うし、
そういう意味で「語らなかった人」や「団塊」などのせいにしていては
いかんと思うのだ。

665 :日出づる処の名無し:04/08/26 01:42 ID:qVTEm/UC
>>663
同意。
ま、どうせ俺らも下の世代に袋叩きに合うんだけどね。w
「少子化世代」とか、「独身世代」とか言われる予感。

668 :日出づる処の名無し:04/08/26 02:29 ID:PzGXTvel
世界史で欧米列強の帝国主義や三角貿易などをしっかり学ぶと
どんなに自虐史観を植付けられてもちょっと待てよとなるよ。
小学校の授業でその当りの世界史を徹底的に学ばせればよい。
日本史を変えられないならせめてね。

677 :日出づる処の名無し:04/08/26 09:05 ID:9cY3RONQ
話題としてはもう流れてるんだけど、
どーしても言っときたいんで言わせて。

>戦争体験世代が黙して語らなかった事が一番の原因
基本的にはハゲドウなんだけど、
その世代の父に育てられた身としては
個人の感情としてしゃべることすらできない辛さを味わったんだと思ってるよ。
戦後すぐからずっとメディアから否定されてた”戦争”と
自分が受け止めてた”戦争”には落差があって
その風潮のなかで自分にとっての”戦争”を子供に語ることの是非が判断できなかったそうな。
ま、私の父は自分が学の無い人間だと思ってるので
自分がめったなこと言って子供がこの先生きていきにくくなったら
申し訳ないと考えたみたいだけども。

678 :日出づる処の名無し:04/08/26 09:17 ID:hArrslfG
>>663
>彼等が声を発しても耳を傾けなかったのではないか。
それはある。「軍国主義の亡霊どもがなんか吼えてるよ」ぐらいの
感覚でいたのではないか。
あと、マスコミが常に左翼の味方だったのも大きいだろう。
場合によっては戦中世代自らが「自分は内心日本は負けると分かっていた。
馬鹿な戦争をしたものだ」と言ってたケースも少なくない。

716 :日出づる処の名無し:04/08/26 20:34 ID:fFyKD3An
進駐軍はけっこう恐かったんだよ。
下手なこと言うと、
危険人物とみなされて、
ある日家に何人かの人間がGHQからやってきて、
静かに連れていかれ、帰ってこない、なんてことがあったんだ。
だからみんななんにも言わなかった。言えなかった。
(祖父から聞いた話。)
戦後、米軍が引き上げた後も、
今度は日教組というヒステリックな連中が
日本軍を悪魔のように子供達に教えたので、
いくら家庭で本当のことを教えようとしても、
すっかり洗脳された幼い子供達は、そんなこと聞きやしない。
そんな時代だった。
日本は、しばらくの間、剣道も禁止されてたし、
飛行機の製造も禁止されていて、ゼロ戦を作るほどの技術力は
飛行機では継承されることが無かった。
(そのかわり新幹線にその技術が発揮されたけど)
この記事のURL | ジャポニスム | CM(18) | TB(0) | ▲ top
<<コピーは繰り返す(part31スレ) | メイン | 漢字の意義(part31スレ)>>
コメント
-  -
>君が何歳かは知らんが、30歳以上の人間は皆洗脳受けてる。 で、小林ショックで洗脳が解けた。


自分はよしりんの影響で左翼脳が治った訳じゃあ無いがな
歴史が好きな連中なら高校出る前後には勝者の欺瞞に気がついてる奴が少なからず居たと思うよ

ただそこから右翼をこじらせてしまって左翼とは違う方向のドツボにはまった連中も多いけど
2010/06/28 17:05  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>それはおまえが~
一応断っておくと違うな。
ウリは優秀で有能ニダ、なんていうつもりも無いけどね。
まあ安っちー煽りは別にして、最後の文には同意できる。
そいつに関してはまた別にして、そのご立派な持論を社会や歴史に適用出来ないのかね、という人は結構居るからね。
結局人間そういうものなんだろうけど。
個人的にはむしろ、よく自我が崩壊しないなあ、、と感心すらしている。
2010/06/28 07:21  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
魔女狩りに並ぶ人類史の汚点、奴隷貿易

ttp://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_n.html

ってページ。
2010/06/28 05:52  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>最近はゆとりが多いとか嘆いている馬鹿が。
それは、お前が批判されているんじゃないか?

ゆとり教育の上の世代が社会主義マンセー教育を、
受け入れていたら、社会党が社民党に名前を変えて、
元社民党議員が、民主党に逃げ込んでいるか?

歴史の事実を知っているのと、仕事が出来るは違うから。
2010/06/28 02:26  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
上でもチラリと出てるけどゆとりとかは好きじゃないな
ゆとりの上の世代だって社会主義マンセー、平和憲法万歳な教育を受けていたし。
進めた連中には心底反吐が出るけどな。

周りに居ないか? うちの周りには居るんだよ
今だに連中の出鱈目を根拠なく信じている癖して
最近はゆとりが多いとか嘆いている馬鹿が。
2010/06/28 01:57  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>正しいとか正しくないとか意味ないでしょう。
でも、素朴に”正しさ”を信じる人が大勢いて、その為に、法律ができたり、巨大なお金が動いたり、命をかけたり、奪われたりする人がいるんだから、重要視すべき問題だよ。
2010/06/27 17:06  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
”終戦条約を結んだあとも、52年4月まで、日本は実質上アメリカのコントロール下にあった。その間アメリカは日本のテレビやラジオ等のメディアを通して日本人に影響力を及ぼし、アメリカ文化を礼賛するよう、情報工作を行ってきた”「中国動漫新人類」より。
この辺の事情については、上記著書によれば、(自分は読んでないけど)「日本テレビとCIA」有馬 哲夫 (著) に詳しいらしいです。 
2010/06/27 16:57  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 当時の外務省は、アメリカとの戦争突入を徹底的に避けていて、開戦した場合も早期に和平で集結させる動きをしてたんだよ。

 当時も今も官僚は政治の道具なんだよ。政治家が示したビジョンを具体化する為の組織なのよ。

 政治家が馬鹿な民衆の耳のいいこと言わないと落選して、馬鹿な事言った政治家はそれを実行すべく正常な判断も無いまま愚行へ走る・・・
 今現在の国内政治情勢とどこが違うんでしょうね?
2010/06/27 16:24  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>この戦争自体~

ちゃんと、軍部では、疑似内閣を作ったり、何度となくシミュレーションをして、
「アメリカには勝てない」
と、結論してる。

それでも、石油の輸入に頼りきった状態の日本は、戦争に突き進むしか無かった。
山本五十六も、
「最初の真珠湾奇襲で、アメリカの空母を全て潰し、アメリカ本土に一撃を加え、早期講話に持ち込む以外は無い」
と早期の決着しか、勝利は望めないとしていた。

山本五十六が、アメリカへの戦線布告が、ちゃんとなされたかどうかを真珠湾直前まで気にしていたのは、それが無ければ日本の大義名分を傷つける事を心配したからだと思われる。

実際、真珠湾により、日本は卑怯者の烙印を押された。
日本を戦争せざるおえない状況に追い込んだ、アメリカの卑怯なやり方は、殆ど口に登る事もない。
2010/06/27 15:54  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
世界大恐慌のあとに資本主義オワタ米英の時代オワタとみんな真面目に思ったんだよ(大恐慌の影響少ない→ソビエト、一番最初に景気回復→ナチスドイツ)

日本軍の間違いって「敵を倒すことしか学ばなかった人間が(日本の)軍隊の価値観や論理や思考以外を無意味と決め付けた」ことだと思う
2010/06/27 10:04  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>人種差別撤廃提案と国際連盟での一方的拒否

 この絡みを知っているか知ってないかでこの後の日本のとる行動への見方が全く変わる事件だと思うんだけど教わらないんだよな~。
 扱ってる本もあるんだけど日本寄りも反日もやたらとバイアスがかかってて本質や背景が見極めれないし、本によって言ってることも事実関係も全然違う。
 
 加盟国の平等を否決するってことは要は平等と平和を目指す国連の題目は一部人種国家のためだけであってそれ以外はそのための犠牲だというのをより積極的に黙認したってことだし、議題の内容によって決議の方法も結果も変える、しかも後付でOKなんて条約や話し合いの否定そのもの。
 権利は嘘で義務しかないなら支配されているのと変わらない。

 俺達の言うことは絶対だ、おまえの意見は知ったことじゃない、逆らうなら悪だ、退治するためには何をしても正義で許される。
 そうやって 奴隷狩り、植民地にお墨付きを与えてきたカトリックの宗教権威を法や思想に置き換えただけ、それを進歩的で平和的だと思い込める分、より危険になってる。
 言葉と契約での交渉に意味が無くなれば残る手段を執らざるを得ないと解りきったことだろうに。

 歴史の一大分岐点といえることだけにもっと知られて議論されるべき。
2010/06/27 06:34  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>アジアは仲良く平和

東アジアは仲良く引きこもりじゃなかったっけ?
2010/06/27 05:53  | URL | #CGSys/Bo[ 編集] |  ▲ top

-  -
>石川英輔

明治政府もディスってるが、戦後のソ連共産主義マンセーにもものすごい批判と嫌味だらけ。著書1冊につき3箇所くらいは出てくるw
フランス革命も、実はひどい大虐殺だったんだぜと熱弁してる。
つまり「嘘のイメージを広めやがって」ってとこに反発心が集中してるっぽい。

なので「江戸時代は欧州の戦乱を他所にアジアは仲良く平和だったのに、明治になっていきなり侵略に乗りだした」ってな主張もしてるが、「その史観、別の側面からはこう見えるんだぜ」って意見を受け入れる度量が今もまだあれば、また変わるかもしれない。


世代間の情報断絶は、外からの情報が増えたせいが一番大きいと思う。
それに、自分や同世代が皆体験した事って、当たり前すぎて、わざわざ語るきっかけがない。
今だって、「自分が小中学校で教わったこと」は、日本中どこでもどの世代でも同じだと思ってる、というか違うなんて発想が無かったって人、多いんじゃない?

よく日教組の話題になると「うちの学校ではこうだった、どこの学校もそうだと思ってた」「2chで初めてそんな事教える先生が存在してると知った」ってレスが必ず幾つもつくじゃない。
2010/06/27 02:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
(アメリカ側が正しい、日本は間違ってる)という主張が在ったとしたら、GHQや日教組は喜んで宣伝しただろうけど、実際には無かったんだろうね。
米国に都合の悪い戦前の文献は全て廃棄命令の対象になり、国会図書館や個人の蔵書に残存するのみ。今では、朝鮮人民主党のおかげで国会図書館も危うくなった。
2010/06/27 01:17  | URL | ウルグアイも腹具合もたいしたことはない #3eQvvr92[ 編集] |  ▲ top

-  -
石川英輔はやたら江戸時代を持ち上げて明治政府をディスってるんだけど
明治政府なくして独立した日本なんて存在しないって言う当たり前のことが分ってない
あげくに現代より江戸時代のほうが良かったとか平然と書くから
歴史学者じゃなくて大江健三郎とかと同じ空想小説家の大家と思った方がいいかもしれん。
2010/06/27 00:02  | URL |   #XaFeZ25U[ 編集] |  ▲ top

-  -
↓ 勉強してみてください
 戦争前後の出版物、もしくは当時の記事そのものが載ってる資料を使ってね

 他人に聞くんじゃ無くてなるべく多くの文献を見て自身で判断すること
2010/06/26 23:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
正しいとか正しくないとか意味ないでしょう。
国益になるか、ならないかだけ。
2010/06/26 23:17  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
素朴な疑問なんだが、「アメリカに勝てるわけがない」って理由で反対だった人は少なからずいるようだけど、「この戦争自体間違ってる(アメリカ側が正しい、日本は間違ってる)」って理由で反対だった人はいないのか?

いや、自分が勉強不足で知らないだけかもしれないけど。
2010/06/26 20:05  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/192-8ba89c25
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。