2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本の果実【前編】(part30スレ)
- 2010/05/24(Mon) -
172 :日出づる処の名無し:04/08/09 08:20 ID:FFGDIUEp
話は変わるが、同性愛に対して寛大なのも日本の特徴か?

173 :日出づる処の名無し:04/08/09 08:23 ID:dyZ6tmfy
ただ単にキリスト教じゃないってだけの話じゃないの?
日本のっていうか、キリスト教国の特徴として同性愛に厳しいのでは

174 :日出づる処の名無し:04/08/09 08:26 ID:ehTogD/n
>172
そうね。
江戸時代には男色茶屋なるものもあったと言われるし。
明治以降、文明開化ともにタブーになっていったんじゃないかな?
それとも戦後かな?。
夜這いもそうだな。

175 :日出づる処の名無し:04/08/09 08:30 ID:Wb8kqiDg
>>174
武田信玄が恋人(男)に書いた浮気の詫び状が残っているらしい。
鑑定団で見た。

176 :日出づる処の名無し:04/08/09 09:13 ID:fYlCIGp7
まぁ陰間茶屋の客は坊さんが多かったみたいだけどな。

177 :日出づる処の名無し:04/08/09 14:31 ID:QrEDp9W9
武士の男色ってのは古代ギリシアの男色と近いものなんだろうか?

190 :日出づる処の名無し:04/08/09 21:13 ID:15ohIyYC
>173
同意。ローマ帝国の頃は同性愛を好意的に見ていたふしもあるし。
女と愛し合える男 →普通の男
男とも愛し合える男→男の中の男
やっぱキリスト教が元凶だろうな。

194 :日出づる処の名無し:04/08/09 23:11 ID:NIAZegBl
>190
俺が聞いた話だと、
異性への愛→動物的な本能、汚らわしい肉欲
同性への愛→人間にだけ許された、精神的で高尚な愛
とも思っていたラスィ

195 :日出づる処の名無し:04/08/09 23:14 ID:W/koyfe+
↑俺もそう聞いた

201 :日出づる処の名無し:04/08/10 02:43 ID:sYvquRgx
>>194
だから、「思っていた人もいた」って事だろ?

178 :日出づる処の名無し:04/08/09 14:40 ID:B1yDk/yN
男色は戦国時代まではごく当たり前の行為。
江戸時代になってからは少なくはなったが
偏見で見られることもなかったらしい。
おれにはさっぱり理解できない。

179 :日出づる処の名無し:04/08/09 14:44 ID:FgeMLOtf
江戸時代はエロ時代ですよ?後ろも野菜も縄も全てノーマルな時代ですよ?

180 :日出づる処の名無し:04/08/09 15:14 ID:nU4pDPT/
タコもドジョウもノーマルですよ。

181 :日出づる処の名無し:04/08/09 15:18 ID:OKW2bp5f
同性愛はわからんが、所謂「猥談」は、結構おおっぴらだったらすぃ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/430949532X

182 :日出づる処の名無し:04/08/09 15:31 ID:Wb8kqiDg
江戸時代、春画は大名が家臣にお年玉としてくれたこともある。

183 :日出づる処の名無し:04/08/09 15:52 ID:LJRi1hm2
あんまりそういう好みを把握されていてもいやだな

185 :日出づる処の名無し:04/08/09 16:39 ID:5NFXDfqZ
そういやフタナリすら江戸期には春画に登場してるし。
妖怪(人外)と交わる話もあるし現代のエロの基本はほとんど
揃ってたんでないかい?

186 :日出づる処の名無し:04/08/09 18:05 ID:OFRXgBnA
>>182
歌麿の美人画、写楽の役者絵、北斎の「富嶽三十六景」、
広重の「東海道五十三次」等は浮世絵ではあるが、
錦絵と言えない作品だという。

でも春画はお上(幕府)から取り締まりを受けた。
エロだけでなく、浮世絵とか錦絵の派手な色使いも御法度。
幕府公認本では、7~8度摺位で職人はお茶をにごしていたが、
秘密出版の最たるエロい春本ともなると、
当時世界最高多色刷印刷技術の粋を極めてた。
何しろ非合法で、金に糸目をつけず、
職人が可能な限りの手間と時間と遊び心をを費やした。
50度摺、60度摺りは余裕。
シリーズ本の全部をコンプすると表紙に1つの錦絵が出てくる、
1ページ内に様々からくり絵を仕掛ける等、おまいらここまでやるのかという位。
すげえよ、エロパワーw。(エロ本だけが凝っていたわけでないけど)
例えば国貞画の『吾妻源氏』などは贅を尽くした作りで、
全体に金銀摺を配した極彩色、笄や黒繻子の帯にはニカワをかけ、
絞りの襦袢や人の肌に空摺やキメダシといった方法で凸凹をつけるなど、
おそらく五十度くらい、それ以上に色版を重ねた最高の彫摺の作品だったりする。
あまりにも凝っていて現代でも彫摺の復元は難しいらすい。
(ちなみに北斎とか写楽とかは彫摺数が少なく現代でも彫摺の復元は可能だとか)

ただ、普通の浮世絵展では決して展示されず、
浮世絵研究家や江戸文学研究者の中にも重要視しない人が多いとか。

ただ、凄く職人魂を感じるし、ある意味同人誌の起源ともいえる春画だけど、
全然萌えないのよ。_| ̄|○コレガジェネレーションギャップトイウモノナノカ…

187 :日出づる処の名無し:04/08/09 18:22 ID:Wb8kqiDg
>>186
こういう話を聞くと日本人は昔っからおたく・・・
普通の浮世絵展で展示したらやっぱり猥褻物陳列とか
言うので展示会中止になっちゃうんじゃないのかな。
研究家が重要視しないというのは恥ずかしくて
表立って春画研究してるとは言えないだけじゃない(^_^)

188 :日出づる処の名無し:04/08/09 18:35 ID:ehTogD/n
絵師はともかく
彫り師、擦り師とお互い技を競い合ったいたとも言われているね。
毎年(?)新しい技術を披露しないといけないくらいだったとか。

189 :日出づる処の名無し:04/08/09 19:37 ID:XxL0CNUw
>シリーズ本の全部をコンプすると表紙に1つの錦絵が出てくる、
コレクションのカードが、9枚一組で絵が完成するって方式は
江戸時代からあったのか。すげぇな。

193 :日出づる処の名無し:04/08/09 22:29 ID:VE5bcxh7
>>187
源氏物語のエロパロ本『偐紫田舎源氏』
(源氏物語を足利時代に変えて、足利光氏を主人公とし、
幕府の大奥をモデルにしたと噂がたった)なんかは
大奥の腐女子に大ヒットしたらしいねw
ちなみに『偐紫田舎源氏』は14年にわたって38編まで続刊。
あと、エロパロ?なんかだと、
中国の有名な怪談本『剪燈(せんとう)新話』の書名をもじって
『銭湯新話』と題して入浴に関する風俗本がある。
表紙もぬか袋をデザイン化して巧みに凝ってて、
本を開くと、口絵に光明皇后が千人の垢をかかれたという故事が描いてある。
その絵がなぜか開く仕掛けで、
上半分を上へ、下半分を左右へ開くと女湯の絵になるw

幕末に黒船に乗って日本を訪れた外人たちは、
世界水準を遙かに超える驚異的な多色摺印刷技術に青い目を見張り、
表本・裏本(非公刊本)を問わず浮世絵版画を争って買い求めたというw

196 :日出づる処の名無し:04/08/09 23:23 ID:5NFXDfqZ
女水滸伝てエロじゃなかったの?

199 :日出づる処の名無し:04/08/10 00:15 ID:ZH6RlatW
>>193
こうやって日本の文化は発展してきたのかと思うと…
日本に生まれて良かったよ。

202 :日出づる処の名無し:04/08/10 03:03 ID:2kC1fUTa
>>174
「坊ちゃん」に陰間茶屋がどうの、とかなかったっけ?
>>186
それ、単なるエロ同人と変わらんじゃんw
今で言うとフルカラー上製本箔押し装丁って感じ?
>>194
異性愛だとどうしても生殖って言う本能が絡んじゃうからね。>肉欲扱い

**********

234 :転載:04/08/10 22:14 ID:/WqiEDf/
こっちむきかなと、勝手に転載。

629 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:04/08/10(火) 21:49 ID:raEA6ysM
激しくアニメに関係ない話だが、洋梨しか食ったことの無い欧州の奴らに
和梨を食わせたら皆さんナシだと言っても最初は信用しなかったぞ。
で、「日本人はこんな美味いもの毎日食ってるのか!」(秋だけです)
「輸出したら絶対売れる!」(こんな傷みやすい果物どう品質管理するのだ)と
日本農業の国際競争力について考えさせられたことがありました

235 :日出づる処の名無し:04/08/10 22:18 ID:pGygFJq8
梨は輸出してるでしょ?
でも値段が高いせいか圧力かかってるのか、大きく普及してるふうではないね。

236 :日出づる処の名無し:04/08/10 22:22 ID:H6GahD2m
>>234
確かにこっち向きなんでこっちにレス。
過去ログか別スレかにあったけど、
台湾とかじゃすでに日本の梨、桃は高級果物として人気とか。
確かに幸水(IMEで変換できねえぞゴルァ!)、豊水、白鳳の美味さは半端じゃない。
個人的には長十郎が好きだが。
後、以外に隠れた味として日本の栗、無花果は結構美味いと思う。
大ぶりで味も濃いし。
海外って日本では珍しい果物は美味いんだけど、
日本にもある果物の場合、味が(´・ω・`)ショボーンてことが結構ある。
特にアメリカのリンゴやばい、宇宙やばい。

237 :日出づる処の名無し:04/08/10 22:24 ID:PLxr41A0
>>236
香港くらいまでは、日本の果物や野菜は輸出してるようですね。
金持ち相手の商売なんでしょうけど

238 :日出づる処の名無し:04/08/10 22:30 ID:q7fdUToX
柿ってのは海外ではどうなんだろうねえ。
これも、硬いの柔らかいの、甘いの渋めのとなかなか日本産は種類が豊富だが。
輸出すりゃ結構いけそうな気もする(割と安いし)。

239 :日出づる処の名無し:04/08/10 22:31 ID:7uELDSky
二十世紀梨の発祥地がすぐ近くにあるが、豊水好きな俺。

240 :日出づる処の名無し:04/08/10 22:39 ID:pGygFJq8
>>238
柿はそれこそジャポニズムでそのまま「KAKI」で通じるとか?
カーリー西條は好物らしく料理番組でも使ってた。

241 :日出づる処の名無し:04/08/10 22:48 ID:BkYk+uut
>234
確か和梨は欧州にも輸出していたはず。
超高級品扱いらしい。
昔は和梨の食感を嫌って、「サンド・ペア」と
呼んで馬鹿にしていたくせに、いつの間に輸入し始めたのだろう?

242 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:02 ID:qFF4AphX
農産物輸出状況。
http://www.jimin.jp/jimin/closeup/2145/closeup.html
http://www.jimin.jp/jimin/closeup/2145/01.html
中国、台湾に豚の皮を輸出してるってのは、思わずなるほど。
日本人はあんま食わんしね。

243 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:13 ID:t23GI1+C
桃なんて最近、全然食べてないよ。いつ見ても高いんだもん。
安いヤツは見るからに堅そうだし。

244 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:16 ID:0GoluOVg
へたな安い桃食べるより、桃缶喰う方が良いな

245 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:17 ID:JnaOQbwb
魚肉ソーセージって、外国人には結構評判いいのかな?
輸出品目に結構はいってるし。

246 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:31 ID:pGygFJq8
>>243
スーパーの見きり品の腐りかけた桃、意外とお勧め。
棄てる部分はあるけど甘くて美味しい。
>>244
禿同w でも白桃の缶詰って中国産が多いんだよねー_| ̄|○

247 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:32 ID:9nsIzbxL
過去にはこんな話もありましたね。
【柿】 廃虚の街に甘い果実熟す 「日本リンゴ」が人気-ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦で最激戦地となり、
中心部がいまだ廃虚のまま残されているヘルツェゴビナの中心都市
モスタルの市場に、赤っぽく熟した柿が並び始めた。
地元セルボ・クロアチア語での呼称は「日本リンゴ」。食卓で人気の果物だという。

旧市街モスレム人地区の青空市で、柿を並べていた農家のお姉さんが
「あんたの国の味だよ。懐かしいだろ」とひとつくれた。
とろりとした舌触りと甘さは日本の柿と同じ。
「内戦前に日本の種を庭に植えたら、今たくさん実るんだよ」。
終戦後に植えた若い木にも実り始めているという。

248 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:34 ID:pGygFJq8
>>245
魚肉ソーセージってカニかまぼこも含んでるのかな?欧州で人気らしいし。

249 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:36 ID:LrwZ8far
>>242
ホタテが大人気だな。あれは輸出に向いてる。
1週間ぐらいは水無しでも生きてるもんな。

250 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:39 ID:aeEfrJ2s
>>238
以前朝日で、東欧(セルビアorクロアチアあたり)で柿が現地語で
たしか日本林檎という名前で栽培され普及しつつあるという記事を読みましたよ

251 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:52 ID:/MdduZEV
>>247
桃栗三年柿八年。
もうそんなに経つんだ・・・>ユーゴ内戦~いちおう終戦。

252 :日出づる処の名無し:04/08/10 23:54 ID:BkYk+uut
>安いヤツは見るからに堅そうだし。
モモの産地で育った者としては、
新鮮で固めの桃の美味しさが理解されていないのがつらい。
柔らかくなった桃は味に渋みが混ざってくるから
実はベストな状態ではないんだよ。

253 :日出づる処の名無し:04/08/11 00:12 ID:yfNVLDp+
>>244
最近の桃缶はヤバイ気がするぞ。
なんか食べた後・・・

254 :日出づる処の名無し:04/08/11 00:40 ID:zU2tZneW
【農産】20世紀ナシが初めて中国へ輸出【08/10】

255 :日出づる処の名無し:04/08/11 00:56 ID:qNze5Yv7
マンゴーも国産(宮崎、沖縄あたり)のうまさはハンパじゃない。
でも1個1000円超えてたりするOTL
>>247
渋柿できなくてよかったね。

256 :日出づる処の名無し:04/08/11 00:58 ID:8ysLoEhl
>>247
柿ってそのままほったらかしで育てると渋柿になるから
幹がある程度育ったところでばっさり幹から上を切って
他の柿の枝を接ぎ木してやらないと甘柿は育たないって聞いたけど

257 :日出づる処の名無し:04/08/11 01:00 ID:Hj//mByc
>256
渋柿のヘタを切り取って、ボスニアの地酒に漬けて逆さに保存して
3日もすれば甘柿に・・・なるのかな?

258 :日出づる処の名無し:04/08/11 01:13 ID:GpvHK6p5
甘柿も良いが、渋柿→干し柿というコンボも捨てがたい。

259 :日出づる処の名無し:04/08/11 01:26 ID:3iUURO8V
賈逵はぱっと見渋柿か甘がきか分からないから
子供の頃帰り道で人んちの柿とって食べたら渋柿だった。
渋柿は食べた後のあの感覚は食べてみないと分からない。

…俺は柿は木によって違うと聞いたぞ。
渋柿も実は甘柿になる要素があったのか・・・
知らんかった

260 :日出づる処の名無し:04/08/11 01:28 ID:SI8ubH0A
干し柿はあんま食い過ぎるとお腹こわすぞ

261 :日出づる処の名無し:04/08/11 01:32 ID:KuFPS6Fw
>258
美味しんぼにあった「ねっとりしたクリーム状の干し柿」
なるものを一度食ってみたいものだ。

262 :日出づる処の名無し:04/08/11 01:47 ID:91mjDQG6
>>259
昔ウチにあった柿の木はロシアンルーレットかます
素敵なコンチクショウでした。

甘いと思ったら半分渋柿だった時は怒る気も無くした…
まあ二年目からは全部干し柿になったが、面白かった。

263 :日出づる処の名無し:04/08/11 01:52 ID:Q3dI7qNc
>>241
> 昔は和梨の食感を嫌って、「サンド・ペア」と
あのザリザリした感じのことか、もしや?
でも洋ナシ嫌いの自分からすると、
洋ナシはあのヌルヌルモッチャリした感じがダメだ…。

桃は岡山の白桃美味しいらしいね。食べたことないけど。
でも今年は暑かったせいか、何処の桃でも美味しかったな。

264 :日出づる処の名無し:04/08/11 03:34 ID:ap6uS69h
小学生の時、学校の琵琶、無花果、桑などをみんな勝手に食ってたな。
俺は桑の実は食ってないけど、先生の車の屋根がびしょびしょになって怒られたようだ。
琵琶がいいな、やっぱ。

この記事のURL | ジャポニスム | CM(27) | TB(0) | ▲ top
<<日本の果実【後編】(part30スレ) | メイン | 遠近法の東西差異(part30スレ)>>
コメント
-  -
生だったら林檎は梨の足元にも及ばんだろ…
林檎の加工品は美味いな
2010/06/13 06:53  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
梨に石細胞と呼ばれるものが本当にあって
それがジャリジャリ感らしい
だから梨は糞なんだよ
俺はリンゴ派だ
2010/06/01 10:45  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
枇杷です><
2010/05/30 23:51  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦国武将の衆道に関して言えば
死がすぐ近くにある修羅の世界を知ってると女は信用出来ないんだって
これは男尊女卑って訳じゃなくて経験則だそうだ
だからヤクザにホモが多い
2010/05/29 01:39  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
学校の桑の実くったなぁw
クラスで飼ってた蚕にやる葉っぱを取りに行く度に皆で実取ってた
2010/05/27 23:24  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
横からだが歌舞音曲とか全て、『生の快楽』なんじゃなかったかな。もちろん食も。
2010/05/27 13:16  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
> つか日本の仏教って快楽を肯定してるんだよなあ

密教の歓喜天とか、肉食妻帯OKの浄土真宗とか?
禅宗とかもあるから、日本仏教全体に一般化するのはどうかと思うが、チベット仏教やイスラム・キリスト教に比べたら、肯定的な傾向はあるかもね。
2010/05/27 09:33  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>無花果の汁をイボに
それはタンパク質分解酵素で溶かされてるぞ。
2010/05/26 11:18  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
つか日本の仏教って快楽を肯定してるんだよなあ
2010/05/25 23:58  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
子供の頃に聞いたんで、記憶が曖昧なんだけど、
無花果の幹から出る白い汁をイボにつけると治るらしい
2010/05/25 19:55  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
お坊さんは戒律で女人に触れられないからって
男色が一般化したらしいけど
それって本末転倒なのでは…?とは
思ったなぁ。
2010/05/25 14:25  | URL | #CtWoh.26[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>春画
江戸時代に花嫁になる娘に母親がこっそりと渡す、花嫁道具の一つみたいな記述がどこかにあった気がする。

>>恋人同士の部隊
『恋人に無様な姿は見せられない』とかで、みんな張り切るからすごい強かったんだってね。

男色の話は、……日本の場合は、源平合戦あたりの時代までさかのぼれるらしい。ちなみに場所は、『お寺』。
寺のお稚児さんは、坊さんの相手をしていたとか……。
戦国時代では、女性を戦場に連れていくことが出来ないから、と言うことで、男性が対象になったとか。
安土桃山時代では、それがすでに『武士の嗜み』となっていたものだから、庶民出の豊臣秀吉は、寝所に来た美男子にとても面食らったという話もある。
2010/05/25 13:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
こういう努力を重ねて品種改良してきた種を無断で盗んで販売しちゃってる国があるんだよな。
豪と韓国。
日本ももう少し法整備やらしないと農家の自衛じゃムリがありすぎるw
2010/05/25 12:11  | URL |            #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
瑞々しい梨のうまさを否定するものではないが、
やはり「果物」というからには酸味があって欲しい
ものよ。みかんとかりんごとかあのあたり。
「甘酸っぱい」って食感に触れなくなって久しい。
2010/05/25 06:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
和梨は最初「サンド・ベア」っつって海外の人に嫌われたんだけど、
日本の農家の人が頑張って品種改良に努めて、ザリザリした食感を控えめに、甘みがより強いものにしてったんだよ。
それで受け入れられるようになった。
2010/05/25 01:29  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
果物が甘くて美味いって当たり前だろと思ってしまうな
感謝しよう
子供の頃の思い出は柿より枇杷かな

くり〇むれもんすら、今観たら萎えるものは多い
江戸時代なら当然だとおもう
でも古いアニメにも感心するところがあるし
2010/05/25 00:15  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>特にアメリカのリンゴやばい、宇宙やばい。

海外のリンゴの酸味が強いのは生で食べるよりも調理して食べる事が多いからです。
あの酸味でアップルパイなどのお菓子を作るとちょうどいいみたい。
2010/05/24 23:06  | URL | #O3NYc0SA[ 編集] |  ▲ top

-  -
同性愛ネタで一つ。
古代ギリシャのテーバイと言うポリスには、神聖隊と言う同性愛者だけを集めた部隊がありました。文字通り「一心同体」の彼らは精強で知られ、スパルタを打ち破る原動力の一つとなったそうで……
2010/05/24 22:16  | URL | #CGSys/Bo[ 編集] |  ▲ top

-  -
>255 :マンゴーも国産(宮崎、沖縄あたり)のうまさはハンパじゃない。

安く食べたいんだったら、沖縄の民宿でマンゴー農家が経営してる民宿を利用するのがベスト。
毎日、サービスで自家製マンゴーが食卓に出る。
2010/05/24 22:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>243

収穫期に産地をドライブなされたし。
俺は、山梨に行って沿道沿いに出てる農家の出店で桃、プラムを買う。
が、過熟した桃は傷み物として跳ねてあるのを見付けると、頼み込んでそれも全部買うが、実はこっちが本来の目的。
安いは極甘だはで、この跳ねた物こそ本物で流通してる物と甘さが段違い。
2010/05/24 22:11  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>242,中国、台湾に豚の皮を輸出してるってのは、思わずなるほど。
日本人はあんま食わんしね。

おい!だから日本では流通してねえのかよぉ!
俺は、大好物だったのに、畜生(泣
2010/05/24 22:03  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
渋柿は熟すと甘くなり、甘柿よりも濃厚で美味い。
これマメ知識な。
甘柿に軽く砂糖振って、イースト振り掛けて数日放置すると、あら不思議・・・、理科のアルコール作る実験だからな?食うなよ?
2010/05/24 21:54  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
スペインのアルハンブラ宮殿にあるヘネラリフェの中庭(だったかな?)には、柿が植わってたよ
2010/05/24 19:54  | URL | ななし #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
うまくて安い果物が食べたかったら
どうぞどうぞ田舎へ
柿も梨も桃もりんごもうまい我が故郷もおすすめですぞw
2010/05/24 19:35  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ビデオデッキが普及したのはエロビデオを観たいお兄ちゃんやお父さんが買ったから。
インターネットが普及したのも、海外の無修正サイトが見たいという情熱で金と知識を工面した男たちのお陰。
だから春画が技術の普及と発展に寄与したのもよくわかる。

でももし自分ちや田舎に古い土蔵なんかがあって、
そこにご先祖秘蔵の技術の粋を凝らしたすんごい豪華装丁本や絵が見つかっても、
描かれてるのがエロだったらご先祖の名誉のために公表しづらいだろうと思う。
2010/05/24 18:50  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
エチレンガス
2010/05/24 18:37  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
渋柿もりんごと一緒に袋に入れておくとりんごから出る
何とか言うガスで甘くなるとか
他の果物も早く熟するって
2010/05/24 18:09  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/181-55cd28c5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。