2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本語論文の弱点(part25スレ)
- 2010/02/14(Sun) -
722 :日出づる処の名無し:04/05/11 09:51 ID:GXaKf5Wk
特級ホテルから姿消す韓国料理レストラン

>特級ホテルが韓国料理レストランをなくす理由は収益性の問題だ。
> ホテル業界のある関係者は「韓国料理レストランの売り上げは
>中華料理や日本料理のレストランと比べて30%の水準にしかならない」とし、
>「ホテルのレストランを利用する 国内外の顧客が
>西欧料理や中華、日本料理を好むので仕方ない」と話した。

725 :日出づる処の名無し:04/05/11 10:02 ID:vRgsxKTL
>>722
自尊心に深刻なダメージ....(w

727 :日出づる処の名無し:04/05/11 10:32 ID:i517hINQ
>>722
「韓国内」のホテルなのが痛いね。
旅行にきてその地元料理否定されてしまったら悲しい、

728 :日出づる処の名無し:04/05/11 11:08 ID:HVt+L8UL
韓国内だからじゃねーの?
別にホテルで韓国料理ださなくても外にでれば腐るほど韓国料理店があるわけ
だからわざわざホテル内に韓国料理店置く必要もないっしょ。

729 :日出づる処の名無し:04/05/11 11:15 ID:jbLxrjyt
>>728
要するに料理人の有名人・カリスマてのがいないんじゃないの?
日本だと、老舗のどこそこみたいなのがホテルに出店するじゃん。
フードコーディネーターとかもいないのかな?

730 :日出づる処の名無し:04/05/11 11:21 ID:DFWS7g07
>686
独自のものを作ろうとしても
かの国の独自文化には中国がいちいちいちゃもんつけてくる。
モンゴル、中国、日本がたまに侵略しに来る。
かの国の人自身、強国の影響がなくなると
歴史建造物を過去の隷属の遺物だとしては破壊する。
悲惨といえば悲惨だな。
そして南北が分断し政治経済ともに天国と地獄ほどの差に...

732 :日出づる処の名無し:04/05/11 11:33 ID:i517hINQ
>>728
で、わざわざホテル内では中華や日本料理食うわけだ。なんか変じゃね?

733 :長門:04/05/11 11:58 ID:klKwNoeo
>>728
ようするにね、韓国人自体も朝鮮料理は低級だと思ってるんですよ
少なくとも高級ホテルにはそぐわないと思ってる

734 :日出づる処の名無し:04/05/11 12:03 ID:2NfudXhG
ホテルでマジェマジェ、ガツガツやられたら堪らない

736 :日出づる処の名無し:04/05/11 12:57 ID:n3DobAKS
>>734
でもキムチは別なんじゃなかった?

737 :日出づる処の名無し:04/05/11 13:03 ID:h1P/fqA6
>734
朝鮮にも王宮料理みたいなのがあるんでしょ、確か。
それメインに出せばいいんじゃないの。
金属のボールでぐっちゃぐっちゃ掻きまわすようなのは
高級ホテルにはそぐわないよね。

739 :長門:04/05/11 13:08 ID:klKwNoeo
>>737
宮廷料理はあるんだけど、韓国人自体が評価しとらん(w
なんかのお祭りとかの時しか食べないのが現状
日本の御節みたいな感じになっちゃってる

740 :日出づる処の名無し:04/05/11 14:03 ID:rnkaOjJU
まあ、日本では
日本料理=職人技を楽しむ
であって、そもそも家庭料理を指さないからな

752 :日出づる処の名無し:04/05/11 15:59 ID:c9/MKEO9
韓国国内で人気の韓国料理屋を口説いて、
ホテルに出店してもらったらいいんじゃないの?
日本でもデパートとかがよくやってるじゃない。
そしたら人気出ると思うけど。
あと、ターゲットを国内の人にするか、外国人観光客にするか、
はっきりしたらいいと思う。
観光客狙いなら、日本以外の先進国の人は大抵からすぎるのが苦手なので、
すこしやわらげるとか、味を調整した方がいいと思う。
なんてここに書いてもしかたないけど。

758 :長門:04/05/11 16:33 ID:klKwNoeo
>>752
韓国の街中で流行ってる料理屋ってさ、屋台料理や家庭料理の延長線上なわけ
そんなもんを高級ホテルに出展させられんでしょ?
日本にたとえるならさ、肉じゃがやコロッケが有名な小料理屋とか、
串カツ屋を高級ホテルに出店させるようなもん

もっとも最近はニューウェーブの韓国料理ってのもあるんだけど、
それも若者向きの料理だからねえ
ホテルには向かない
ようは高級な料理がないってこと(w

759 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:45 ID:27qR5kRa
手頃の旅館なんかで、懐石料理と言うんだろうか、
練り物とか、見た目は綺麗なのだが
とにかく甘い。砂糖の味ばかりが残る。
あれがいわゆるの日本の伝統料理と言われるモンでしょうか?
個人の味覚の問題かもしれんが、
一般的な日本料理の煮物、煮付け、肉じゃが、すき焼きなんかの
甘じょっぱいのが苦手。ビールとか酒飲みながらだとまあ美味しく感じるんだけど。
でもあの砂糖の甘さだけが残るのが、本当に美味いのだろうかと疑問なんだが…

761 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:49 ID:vRgsxKTL
>>759
一度ちゃんとした割烹料理屋へ行ってみることをお勧めする。
旅館の飯なんてピンキリだろう。

763 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:53 ID:c9/MKEO9
>>754
地方にもよるんじゃないのかな?
東北や北海道の方はあんまり砂糖つかわないよ。
うちの家庭料理も煮物は砂糖いれないでしょうゆと出汁だけ、
入れるとしたらせいぜいみりんとかだ。

766 :759:04/05/11 17:29 ID:27qR5kRa
>>761
正直安心しました。ただ金も無いし、機会も当分なさそうですけどねw
>>763
自分も、自分で料理作る時は殆ど砂糖は使わないですね。

ただ、どうしても外に出ると、
例えば弁当、惣菜とかの酢豚やミートボールとか
とにかく甘くないですか?防腐効果の為かもしれませんが。
一般的な日本人の味覚ってこう言うのが好きなのかな~って。
例えばうなぎのタレとか、伝統的な味付けも甘辛いのが多いから
日本人は甘辛いのが昔から好きだったのかな~と。

769 :日出づる処の名無し:04/05/11 18:21 ID:X0WeZkKQ
で、長門の88師匠、朝鮮宮廷料理というのは、炒め物抜きの
中華料理キムチ付でよかったんでしたっけ?

770 :長門:04/05/11 18:32 ID:klKwNoeo
>>759
そもそも、料理ってのは酒とともに味わうのが基本なわけです
日本酒とあわせるのであれば、辛口の食べ物のほうがいいんだけどね
ビールとあわせるなら多少甘めのほうがよい
まあケースバイケースなんでそれほど単純ではないんですけど

773 :長門:04/05/11 19:23 ID:klKwNoeo
>>769
うん 中華から炒め物と揚げ物を抜いたもの

774 :日出づる処の名無し:04/05/11 19:41 ID:n1v0P/VP
中華から炒め物と揚げ物を抜いたら何が残るんだろ・・・

775 :長門:04/05/11 19:47 ID:klKwNoeo
>>774
鍋物・煮物・蒸し物・焼き物・和え物・漬物・膾など
まあ炒め物は中華の華なんだけどね
華ようするに華がない中華(w

776 :日出づる処の名無し:04/05/11 19:47 ID:OJgRO7L2
いや、炒め物と揚げ物が多いことは否定しないが、中華料理の技法は多いよ。
鍋料理もあるし、燻製もあるし、炙ったり蒸したりとかなり多様。

中国人がびっくりするほど中国製品を信用してないのは事実だけどね。
ある意味中国人を一番信用してないのは台湾人と中国人自身。

777 :日出づる処の名無し:04/05/11 19:51 ID:p/xbUblO
中華の基本は火力

778 :日出づる処の名無し:04/05/11 19:55 ID:B8App3AM
>>777
ほんとそう思う。
家庭では炒め物は難しい。
とくに硬さの違う食材のそれぞれの火の通し方は神。

779 :長門:04/05/11 20:09 ID:klKwNoeo
>>778
下ゆでをちゃんとやれば、家庭でもちゃんとした炒め物は出来るよ
または炒めるっていうより揚げるっていう感じにかるかね
素材を別々に下ゆでするか揚げるかして、最後にあわせるの
そうするとちゃんとした炒め物になる

787 :日出づる処の名無し:04/05/11 21:30 ID:r8y8JF7R
中華から炒め物と揚げ物を抜いたら…
肉まんとかシュウマイとか水餃子とか鱶鰭?

817 :日出づる処の名無し:04/05/12 01:25 ID:vXv8fXcg
>>766
お惣菜とかお弁当のおかずは甘いもの多いね。
保存料が使えないかわりに砂糖を使ってるのではないかと思われる。
食べ物系の板でも以前話題になってた。

***********

741 :日出づる処の名無し:04/05/11 14:51 ID:+J2oGh15
中国:世界漢方薬市場の販売シェアはわずか1割
発信:2004/05/02(日) 13:42:00

漢方薬販売の世界市場で、中国製のシェアは10%程度であることが
調査によって明らかになった。30日付で中国新聞社が伝えた。
残りの9割は、日本製で占められている。
日本製の漢方薬は原料の多くを中国からの輸入に頼っている。
しかし、世界市場では漢方薬のブランドとして日本製が圧倒的な信頼を得ている。
中国側は、この調査に対して天然薬品や健康食品などで、
国際市場に統一した基準がないことを指摘。
中国は、補助食品などの品名で漢方薬を多数輸出しているという。
しかし、日本では中国製のダイエット食品の服用で死亡した事例が出るなど、
世界市場では中国製の漢方薬に対する不信感が根強いことも確かだ。
(編集担当:吉田雅史)

漢方の起源は中国だが、それに西洋医学の裏付けを与え、
数多の臨床試験で信頼性のあるものにしたのは日本。

742 :日出づる処の名無し:04/05/11 14:59 ID:vRgsxKTL
起源云々の神学論争がいかに下らないかということを思い知らされるな。

743 :日出づる処の名無し:04/05/11 15:06 ID:/BQUQZOW
>>742
起源論、初めてそれがいかに誕生したか
文化論、それがいかに文化的に根付いたか
実用論、それはいかに実用性が高いか
商業論、それがいかに商業的成功を意味するか
これらは別個の物なのに、混同する人が多い。

744 :棄て:04/05/11 15:15 ID:Yt6/51LC
>>741
> 漢方の起源は中国だが、それに西洋医学の裏付けを与え、数多の臨床試験で
「漢方」の起源は、日本だよ。
蘭方にたいしての言葉。
そもそも、中国が本場だとしたら、「漢方」って言う方がどうかしているだろ。
現在ある、漢方薬のほとんどは日本のレシピです。

746 :棄て:04/05/11 15:23 ID:Yt6/51LC
補足というか、言葉が足りないというか。、
いささか強弁だったので。
http://www.e-kampo.com/ekampo/trial/html/top/about_kampo.html
を、ご紹介して退散します(汗。

745 :長門:04/05/11 15:18 ID:klKwNoeo
漢方は本当は韓方
もちろん起源は韓国
なんていう電波を飛ばすテスト

747 :日出づる処の名無し:04/05/11 15:29 ID:E0wiDvMS
>>745
ふつうに主張してそうだ…

749 :日出づる処の名無し:04/05/11 15:35 ID:VtSS3ynZ
>>746
へぇ、支那から取り入れた医学という意味で「漢方」だったのか。
知らなかった。

750 :長門:04/05/11 15:36 ID:klKwNoeo
まあ普通に考えれば、漢方の起源は中国だろうなあ
体系化したのは日本だけどね
ようするに、産みの親は中国で育ての親が日本

753 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:04 ID:r5D56kUe
漢方って中国では一時期廃れてしまったが、
日本発で世界的に評価が高まったのを見て自国の文化を再発見して
再生させたって話をテレビで見た記憶があるようなないような。

755 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:06 ID:5znDgrZ0
>>753
で、痩せる漢方とか毒薬にまで行っちゃったわけか。

756 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:07 ID:DFWS7g07
いいんじゃないの科学的の証明しないと
西洋人は納得しないから。
また、証明されないとその後の漢方の進化もないだろ。

757 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:14 ID:c9/MKEO9
>>746
>中医学の薬は陰陽五行説などのより複雑な理論を加味して
>生薬を中心に据えた方法をとります。
>日本漢方は新しい処方を作りづらい欠点があり、
>中医学には生薬構成の変化に伴い効果が不確定となる面が生じる欠点をもち、
>理論が複雑になればなるほど何段階にも亘る帰納法を使わざるを得なくなり、
>真理から遠ざかる欠点が危惧されます。

なるほど。過去の人体実験で効果が確認されているのは日本の漢方で、
中国医薬は陰陽五行説とかあやしい理屈をこねまわしてるので、
実証的な根拠があるわけじゃないんだな。気をつけよう。
おもしろいね。このホームページ。

760 :棄て:04/05/11 16:46 ID:Yt6/51LC
>>757
> 中国医薬は陰陽五行説とかあやしい理屈をこねまわしてるので、
> 実証的な根拠があるわけじゃないんだな。気をつけよう。
> おもしろいね。このホームページ。

そこまで汲んでいただければ、紹介した甲斐もあるって事で。
いわゆる、漢方→本場中国→中国盲信って流れが、
あるところに異を感じておりますので。
(スレ違いになりますけどね)

762 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:53 ID:HVt+L8UL
台湾や香港からの観光客が大量に医薬品買って帰るのって
何でなんだろうか?漢方薬ってたいしたことないのか?
逆に日本人が向こうに行ったとき漢方薬大量に買ってくるのも不思議。
お互いに何か幻想を抱いてるのだろうか?

764 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:57 ID:c9/MKEO9
>>757
香港や台湾の人は、いかに中国製が信用ならないか知っているわけ。
だから日本製を買って帰る(正しい)
日本人は漢方のふるさと中国製なら日本よりすごいだろうとおもっているわけ。
だから香港や台湾で買って帰る(正しく無い)

768 :日出づる処の名無し:04/05/11 18:07 ID:H/eatZ0C
日本と中国では用量は数倍レベルで違います。
日本人はちゃんと日本人向けに改良され続けてきた漢方薬を使うべきですね。
中国から輸入して人死んだりしてるのも極端に用量が違うせいもあります。
漢方薬ってけっこう即効性が高いですから、ほんとに危ないですよ。

現在中国で体系付けされている中医なるものは第二次世界大戦後、
国家事業としてとりまとめ作られたものなので、
システムとしての信頼性は低いですから。

771 :日出づる処の名無し:04/05/11 18:48 ID:6PNS33bZ
漢方は用法間違うと危険だよ
なんか漢方は植物とかから抽出するから自然食品的な
安全があると勘違いしている人多いけど
植物性っつーのはトリカブトの毒殺やキョウチクトウの中毒死をみても
決して人間に優しいモノばかりでもないしね

772 :日出づる処の名無し:04/05/11 19:09 ID:sp3tid0r
(08/01)山梨でダイエット食品服用の男性死亡
(※リンク先消滅)
未承認の医薬品成分で食欲抑制の働きがあるフェンフルラミンが
最大で0.2%検出された。

中国製は漢方と偽って、化学成分を添加している物が多々あるのが問題。
下剤成分の薬品の入った痩身茶とかあった。
台湾、香港には日本製の薬の現地生産品は沢山ある。
だが、それと同じくらい偽物(大陸産)も多いので、
本物は日本に行って買った方が確実。

794 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:51 ID:NAPKS8Gl
江沢民も持病の心臓病に日本製の薬愛用してるというからね。

796 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:20 ID:WjBN9q2/
最近よく中国人が薬局から漢方の毛生え薬万引きして逮捕されてるんだけど。
自分が見た記事だけでも5回はくだらない。
日本の毛生え薬って、向こうでは人気があるのかな。

797 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:22 ID:m99jwxPd
>>796
何年も前に中国の毛生え薬が話題(101かなんか、そんな感じの名前)になったけどなー。

799 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:29 ID:+J2oGh15
>>794
中国製の薬飲んだら死んでくれるかもしれないのに…

800 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:33 ID:tE50TKG5
日本製紙ナプキンの質が良い、と欧米で言われていると聞いたのだが、
御存知の方居ますか?
ググっても出てこなくて…

803 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:59 ID:xfY9iaFu
>>800
それは殿方にはわかりにくいと思いますが、生理用ナプキンだと思われます。w
ソースはやふー掲示板の海外>北米>女性用生活相談みたいなトピだったような。

805 :日出づる処の名無し:04/05/12 00:11 ID:c8dfg81t
ソースは無いが昔から有名
海外旅行では必ず持っていくよ、予定がなくてもね
外国製は絶対使えない!袋開けると自動的に開くんだよ
ボン!ってね。しかも厚さ1.5センチ
おむつだよおむつw
海外はタンポン主流だから発達しなかったんだよね~
日本製最高!!

807 :日出づる処の名無し:04/05/12 00:25 ID:PCjf4s0w
漢方薬局で働いている人間にとっては
複雑な気持ちになる話題が繰り広げられておりますな。
ま、日本で今やってる「漢方」の処方は
日本人に合わせて作ってあるから。
風土とか体質とか日本と中国では違うしね。

まあ中国の漢方は中国人には良く効くんでないのかな?多分。
もちろん質が悪いのとかは別ね。
ああいうお国柄だからなにするか分からんけど。
胡散臭いダイエット薬とかは下剤とか入れてたりするから体を壊すわけだ。
まあ大を出しゃあ何キロかは減るから、効いてるような気になるわけだな。
また、漢方薬は個人の症状や体質で処方が違うので、
合わない薬を使えばそりゃあ副作用も出る。
医者が病名だけで体質見ないで漢方出すから、
合わないで副作用が出たりするわけです。

ちなみに陰陽五行説は未だに俺も納得しきれないけど、
昔店に居た中国人が「あれは哲学なんだ」と言ってた。
訳分からなくて当然か・・・・・・

で。
今中国のお偉いさんっつうか政府の人(?)が
日本に来て薬を買い捲ってるらしい。
サーズ対策で。
ツ○ラの漢方とか抗生物質とか買いまくりらしい。
日本のほうが質がいいのかもしれませんな。
まああくまで噂なんだけど・・・・
長文スマソです

808 :日出づる処の名無し:04/05/12 00:37 ID:dF3WEg1X
>>803、805
それはここの過去スレで読んだので知ってます
確か景山民夫のエッセイで読んだんですよ
だからそっちのナプキンじゃないと思うんです
わざわざレス戴いたのに、すいません言葉足らずで

そっちのナプキンはタマーに彼女に買いに行かせられるので
恥ずかしい思いをしてますw

810 :日出づる処の名無し:04/05/12 00:44 ID:BqMYrQWg
あのねえ、かんけいないけど、
ミスドのナプキン広げて顔にあてると、
そんじょそこらの油とり紙より油とれるよ!
あぶらぎっしゅなおやじと自覚のある人は
一瞬でさらっとした顔に戻れるのでおすすめ。
でもあんまり堂々とやらないでね。

812 :日出づる処の名無し:04/05/12 00:55 ID:aAy79PRT
>803
生理ナプキンじゃなくて、本当に紙ナプキンのほう。
食堂なんかにある奴ね。これの発祥日本なので、日本のが最高とされてるの。
ソース失念。スマソ

816 :日出づる処の名無し:04/05/12 01:08 ID:hCNXQlnU
>807
>まあ中国の漢方は中国人には良く効くんでないのかな?多分。
知り合いのビジネスマンがその辺を中国人に聞いたことがあるんだけど
やっぱり日本製の方が効果があるらしい。
だから、日本に来ると漢方薬を買い込むのだそうだ。
中国人は現実主義者だから、彼らがそう評価してるなら
間違いないと思うよ。

837 :日出づる処の名無し:04/05/12 09:37 ID:/gGP3DBc
漢方の話を蒸し返しますが…
俺、軽い喘息持ちなんだけど、病院で出される薬はそんなに効かないのに
薬局で市販されてる漢方は効果てきめんで驚いたことがある。
息苦しくなって薬を服用すると、
30分くらいで胸がすーっと軽くなって寝つきやすくなる。
漢方なんて即効性がなく健康食品みたいなものだと思いこんでたから、
本当にびっくり。

是非、西洋の方にも試していただきたいものです――
と無理にこのスレに合わせてみましたw

************

849 :日出づる処の名無し:04/05/12 20:31 ID:0h2s55Zg
報ステで、日本のリンゴが大人気、ってやるらしいね。
日本は農家まで、職人つうかオタクだね。
無論、高品質にしないと、安さでは勝てっこないからではあるけど。
江戸時代からずっと、こんな感じなんだろうな。
そもそも、東北が米どころになることからして。

850 :日出づる処の名無し:04/05/12 21:05 ID:eVZG5j9y
りんご一つ一つに紙袋かけるなんて日本人くらいじゃねーの?

855 :日出づる処の名無し:04/05/13 00:03 ID:m1VXJVcV
>>849
日本のいちごとかも中国では飛ぶように売れるらしいね。
なんか高級なイメージがあって、どんなに高くてもかえってそれが
向こうの金持ちをそそるらしい。

857 :日出づる処の名無し:04/05/13 01:02 ID:AKenf4Uu
しかし日本の高級品が中国で売れる時代になったとはね

858 :日出づる処の名無し:04/05/13 01:06 ID:XfWtJS5W
中国国内の金持ちは成金のイメージがある。

859 :日出づる処の名無し:04/05/13 01:10 ID:m1VXJVcV
>>858
伝統的な金持ちは中国には存在できなかったので
(文化大革命があったし)
それで正しいです。
香港の財閥系以外は全部成金です。

860 :日出づる処の名無し:04/05/13 01:20 ID:rPx6KWzg
>>858
金遣い荒いらしいね。
日本にきたら最新のプラズマとか液晶テレビをポンと買ったり、
自宅に最新型ウォッシュレットを導入したり。

861 :日出づる処の名無し:04/05/13 01:40 ID:z4iuzeXy
>860
でも水不足が深刻らしいし、
ウォッシュレットどうするんだろ?
水がとまったら大変だよね。
金持ちは自家水道とか作るのかしらん?

862 :日出づる処の名無し:04/05/13 01:56 ID:0QYMfj3/
>>860
中国は今バブルだからね。
そろそろ終るから、巻き上げれるうちに巻上げとケー

863 :日出づる処の名無し:04/05/13 02:03 ID:2wc+CdnG
プラグとか変圧器とか買っていかないと無駄になりそうな気がするんだけど。
その辺ちゃんと解って買ってるのかなぁ…

864 :日出づる処の名無し:04/05/13 02:07 ID:eptAhgVY
中国人に言いたい
砂漠を今すぐセメントで固めてくれ。
都市が埋まる事も、黄砂で目が痛くなる事も無くなる。
きっと川だって綺麗に澄み渡るよ。
駐輪場にしたら交通問題も即解消さ。
一石四鳥だ。

865 :日出づる処の名無し:04/05/13 02:27 ID:JCQ7IYKb
>>864
セメントで固めるには広すぎる。

870 :日出づる処の名無し:04/05/13 04:17 ID:IbtN7KKx
日本のアワビは大昔から高級品で売られているよ。

878 :日出づる処の名無し:04/05/13 07:13 ID:7H0RoxnW
>>858
成金のイメージも何も成金そのものですがな。
金持ちとインテリは全員殺したから。

880 :日出づる処の名無し:04/05/13 09:03 ID:BrmiGGn0
>>879
中国西部に植林の話?
それって、確か元々世界的な気候の変動で雨量が少なくなった
地域に只木を植えるだけ植えてしまって、結果的に貴重な地下水脈を
枯らしてしまってるとかなんとか

881 :日出づる処の名無し:04/05/13 11:16 ID:+cZYAFAj
水が無いのなら、海からパイプラインで引けばいいのに。

882 :日出づる処の名無し:04/05/13 11:34 ID:KFy0eUmb
>>864
牧草まきゃいいと思うんだが・・・・単純すぎるか。
(以前は草原だったんだろうし、勝手に増えるし、砂も押さえられると思うんだが)

883 :日出づる処の名無し:04/05/13 12:01 ID:2wc+CdnG
紙オムツの中身を埋めた農業プラント計画ってどうなったんだろう

884 :日出づる処の名無し:04/05/13 12:18 ID:j+BF22+p
降雨の季節変動が大きくて、植林と土壌改良することで
土地の保水能力を向上させるのが目的。
落ち葉の集積と植生による土砂の流出の減少で、土壌侵食が抑えられる。

地下水脈に関してはよくわからないけど、雨期に植生があることで
地下への水の流入は年間で平準化されて、結果的に良好なのでは?
地中海気候の植物のように夏の乾季に葉を落す植物がいいよな気がする

889 :日出づる処の名無し:04/05/13 13:30 ID:M66goimw
小学生の頃見たTVで、日本に来た中国人のボンボン達が
使い捨てカメラを買おうとしている場面
「これ買おうか?」
「1000円?安いね」
という会話があった
当時の俺の小遣いがその程度で、
子供にはとても安いなんて呼べる値段ではないはずだが
中国の物価は日本の1/10と聞いていたから
なんて貧富の差が激しいのだろうと思った

***********

868 :日出づる処の名無し:04/05/13 04:10 ID:IbtN7KKx
よく日本人は外国語を話せないと言うが、
発展途上国は文字を書けなくても数カ国語話す方がふつうじゃん。

だいたい、そんな数カ国語も話す必要ないし。
祖先が日本を統一して、安定政権を築き、
白人の侵略を防いだからだよ。
インド人なんかインド語より英語がぺらぺらじゃん。

871 :日出づる処の名無し:04/05/13 05:02 ID:JDau9MK7
>>868
そだね。
日本は必ずしも英語身につけなくても、暮らせるってことだよ。
高等教育も日本語で間に合ってるし。

873 :日出づる処の名無し:04/05/13 06:18 ID:EqL/IE8J
だからって勉強しとけよ>英語
少なくとも自国の歴史や文化のメモくらい作っとけ。
(ペラペラしゃべれなくていいから、いいた意見は書けること)

日本語を普及させてたいなら、
日本の大学の世界的権威を高めなければだめ。
それに負けてしまってるんだから、覚悟決めなきゃ。

879 :日出づる処の名無し:04/05/13 08:41 ID:garUG6cg
>>868
何度も出ているテーマだけど、
母国語で例えば物理・科学(医学・工学・化学)や
哲学・政治に関して語れる国って、じつは世界では少数派なのよ。
ちょっとした文献を調べようとしただけで、母国語では無い言葉の書物を
漁らないといけないというのは、日本では考えづらい事態かもしれないけど、
世界ではこれは普通のこと。
それもこれも、日本では明治時代に苦心して英語から漢語を造語してくれた
福沢諭吉センセイその他大勢の方々の努力があってこそなんだけどね。

886 :日出づる処の名無し:04/05/13 13:04 ID:z4iuzeXy
>879
中国や朝鮮から留学などでわたってきた人たちは、
日本で西欧の本をよみあさったって言うしね。
本国では取り込めない知識を詰め込んだという。
とにかくその国の人がこんな本まで…というような本まで訳されてるらしい。
本国にはもうない本とか。世界の図書館日本。

887 :日出づる処の名無し:04/05/13 13:16 ID:qLrdjUj4
>>886
サムスンの会長も、彼は早稲田出身なんだが、日本に来る度に
大量のビジネス書を買って帰ったとか。

888 :日出づる処の名無し:04/05/13 13:28 ID:e5DV44ym
世界中の本が読みたければ
日本語憶えて、神保町へいけ!

と外人の大学教授が言ってたね
ソース失念

890 :日出づる処の名無し:04/05/13 13:44 ID:kWunKa7v
私は高校の頃古代中国史マニアで、大学はいったら中国いきたい、と
夢見てたんだが、実は中国の文献は日本国内の方が充実してると知ったので
結局大学在学中一度も逝かなかったよ。

日本に文化がありつづければ、
外国人の方が勝手に日本語覚えてくれるのだから、
日本政府は外国語教育を充実させるより文化保護・支援をするべきだと思うね。
紹介は大事だから、語学が不必要だと言うつもりもないけど。
真のグローバリゼーションとはそういうことじゃなかろか。
日本人は過度の自省と自虐史観のおかげですぐ自分の良さを忘れるからな。
と、以前紹介したフランス人留学生をみて思ったのだった。

891 :日出づる処の名無し:04/05/13 14:00 ID:uNY0LdDi
>>879
日常会話なんて日本にいる方が多い、日本人としか仕事しない人には
正直後回しでもいいと思う。
その辺の会話本一冊やって自分の趣味等の会話に必要なものを事前に作っておいて、
あとは実践のみ。
一番必要なのは日本人ができると思いこんでいる読んで/書くこと。
自分の仕事/専攻学問の資料は読める/調べられるようにしておく。
(スピード勝負だから翻訳をまってられない)

しゃべらナイトみたいなのは偏差値40くらいのにまかせて息抜き程度に。
英語のニュースや興味あるものを英語で読んで、
それに対する「自分の」意見を英語でまとめる。
この練習が一番大事。
最初は英借文になるかもしれないけど、英語的思考を学ぶのも悪くない。
敵を倒すならまず知らなきゃいけないことが多い。

>>890
だから学問(大学/院)が世界レベルにならなきゃいけない。
今の東大どうよ。今の学生勉強してる?
勉強って資格試験じゃなく本を読む/自分で分析し「書いて」、
「直される」/突っ込まれること。(2chレベルじゃなくアカデミックにね(w )
少なくとも働いたり学んだりを繰り返すアメリカの生涯学習は見習うべきだと思う。

日本語を国連公用語にしてもらうか、過去の栄光や他人の成功にすがるのではなく、
今後も多くの優秀な人を輩出しなければダメ。

892 :日出づる処の名無し:04/05/13 14:08 ID:fTdJ5EZl
バクダット(イラク)はかつて、世界の知識を集約する世界一の書籍街だった。
交易ルートの開拓と、交通網の発達(それと十字軍)で勢いはヨーロッパに。
現在はその残滓すら、見るべくも無い。

日本は海に守られていた。
幼児期からの英語教育、
漢字教育の簡略化の加速、
文化のデジタル化(データベース化)、
結構危ういと思うんだが。

893 :日出づる処の名無し:04/05/13 14:57 ID:RMJMuJdh
>>891
どうも発言の趣旨がよく理解できんのだが、
学問の発達と日本語の普及はそう関係は無いと思うぞ。

他の分野はよく知らんが科学系で言えば「英語」の独壇場。
いわゆる国際語である仏語、露語、中語でも出る幕はほとんどない。

894 :日出づる処の名無し:04/05/13 15:14 ID:2wc+CdnG
>>893
基礎から専門用語まで日本語化する事により
間口が広がる有利さを言ってるのだと思ふ

国によっちゃ英語が出来ないと日本の小学生レベルの学習出来ないところが有る
日本だと日本語のみで高度な専門学習が出来るから
つう事を言いたいんじゃないかな
世界レベルでの論文発表とかは英語出来ないと駄目だけどね

895 :日出づる処の名無し:04/05/13 15:24 ID:8ph3Jq4t
>>891
学生なんて坪内逍遙の時代から勉強しないって言われてたな。

896 :日出づる処の名無し:04/05/13 15:26 ID:RMJMuJdh
>>894
それとも違うような気がしますが・・・・

確かに明治期に比べれば専門用語が訳されずに
そのまま英語を取り入れていますね。

しかし当時とは社会環境が違いますから、
一概にそれが悪いともいえないような気もしますが。

897 :日出づる処の名無し:04/05/13 15:27 ID:uNY0LdDi
>>893
優秀な留学生がこの国にきて学びたいと思わせる最先端の学問を学べるか。
アメリカに負けないだけの実力をもった日本語を話す教授陣。
翻訳されるのを待ってられないくらい、いかにいい論文/本を書くかだと思う。
だからそれだけ魅力的な研究/思考を育てる場が大学/院だと思ってそう書いた。
物作りにしろ(「かいぜん」は有名だけど)、経済でもいいけどね。

もちろん世界の学問の権威/機関が「英語」を採用してる今、
巻き返しは難しいというより不可能だが。
だから英語をやらないと言ってる人達も危機感もって
少しは英語をやってほしいと思ったわけ。
流暢に喋る必要まったくないけど(国連なんか訛だらけ)、
最低限自分のいいたいことを言える/書けるようにしてほしい。
もちろん英語だけやって中身がすっからかんな人にならないことが最重要。

898 :日出づる処の名無し:04/05/13 15:31 ID:RMJMuJdh
>>895
「最近の若いもんは・・・・」という発言はピラミッドを作った
エジプト時代から変わらんらしいぞ。
ピラミッドの中の落書きだかなんかにそう書かれているらしい(W

冗談はともかく、明治時代の大学と今の大学は違うからねぇ。
大学の教員で大学生が専門教育を受けているという認識を
持っている人はいない(いても少数)だと思いますよ。
せいぜい「専門教育を受けるための基礎的教育を受けたレベル」という
認識なんじゃないかな?
昔の大学生って今の「大学院」と同じ位置付けなんじゃないかな?

うちの指導教官なんて学生が「私の専門は・・・」と発言すると
苦笑しながら「君達のは専門ではなくて専攻というんだ」と
訂正していたもの。

900 :日出づる処の名無し:04/05/13 15:53 ID:RMJMuJdh
>>897
日本は更に努力すべきという点には同意です。
ただ英語教育に関しての見解については私とは異なりますね。
個人的な意見で言えば日本人全員が「英語に堪能」である必要は
ないと考えます。必要な人は誰に言われなくても勉強します。
現在の日本の英語教育の問題点はちょっと横において、
私は英語よりも国語教育、イデオロギーを配した歴史教育、及び
基本的な数学教育を重視すべきだと思うのですが。

901 :日出づる処の名無し:04/05/13 16:11 ID:si0GJhuK
>>900
必要な人が困ってるから問題になってるんだよ。
いくら勉強してもネイティブにはなれないし、
海外の学会誌に論文を投稿しても文法を理由に跳ねられて、
おまけに審査委員に内容パクられたりして大変なんだよ。

904 :日出づる処の名無し:04/05/13 16:21 ID:8ph3Jq4t
>>901
なんだかよくわからんが、日本の大学ってそんなに悲惨か?

>論文内容の分野別でみると、各大学の特徴が表れており、
>材料科学では東北大が、物理では東大がそれぞれ国内、世界ともにトップだった。
>化学でも国内1位の京大が世界2位、国内2位の東大が世界3位と健闘していた。
(※リンク先消滅)

902 :日出づる処の名無し:04/05/13 16:13 ID:5TT+7WK7
>>901
ソースは?

906 :日出づる処の名無し:04/05/13 16:29 ID:si0GJhuK
>>902
大学の先生に聞いてみ。遺伝子研究とか巨額の金が絡む研究だと
えげつない話は山ほどあるから。

907 :日出づる処の名無し:04/05/13 16:35 ID:8ph3Jq4t
>>906
だからソースだしなって。
だせないなら多少フィクション交えて一つくらい実例を話してみ。

908 :日出づる処の名無し:04/05/13 16:39 ID:si0GJhuK
>>907
題名はあやしいけど有名な科学者なんでご心配なく。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334973167/qid=1084433805/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/249-8160927-5077166
たしか論文投稿にまつわるえぐい話が載ってたと思ふ。

910 :日出づる処の名無し:04/05/13 16:50 ID:8ph3Jq4t
>>907
リンク先間違ってないか?

恋愛遺伝子―運命の赤い糸を科学する
山元 大輔 (著)

本当にこれでいいの?

911 :日出づる処の名無し:04/05/13 16:56 ID:si0GJhuK
>>910
残念ながら間違ってない、、
ショウジョウバエのホモ遺伝子を発見した人なんだけどね。

912 :日出づる処の名無し:04/05/13 17:02 ID:8ph3Jq4t
>>911
・・・・・
なんじゃそりゃー!(w
日本人はこれだから・・・

でも目次みても皆目検討がつかんし、俺はそういう趣味はないので
内容かいつまんで紹介してたもれ。

913 :日出づる処の名無し:04/05/13 17:02 ID:si0GJhuK
>>910
世界的な業績を上げた人は大抵論文審査で苦労してるから
著書に恨み言を書くことはままあるのよ。

914 :棄て:04/05/13 17:03 ID:GF+0h8il
>>910
> 恋愛遺伝子―運命の赤い糸を科学する
> 山元 大輔 (著)
ぷっぷっ。マジだったりして。

915 :日出づる処の名無し:04/05/13 17:10 ID:si0GJhuK
>>912
詳しくは覚えてないけどホモ遺伝子発見の論文を発表するときに、
ライバル一派が審査委員を務めるアメリカの論文誌は避けてフランスの
学会誌を選んだからうまくいったとかなんとか書いてたと思ふ。

他にも論文投稿にまつわる英語の苦労話が書かれた本があったけど
忘れてしもた。英語の論文の書き方についての本だったかな~。

917 :日出づる処の名無し:04/05/13 17:42 ID:VdHuUeQE
いやネイティヴ程の英語力がないからというのは口実的なことで、
レフェリーに競争相手の息がかかっていて受理を遅らされた
というのが本質じゃないの?

競争相手が大物で、発見がデカイとそんなこと時々あるみたい。
もちろんこれは日本人というのは関係ない。

918 :日出づる処の名無し:04/05/13 19:30 ID:ReLRrL7z
まあ日本の研究者が虐げられているのはありそうだな。
アドレナリンとエピネフリンの例とかな。
あれは確か、
日本の研究者がアドレナリンを発見し命名したのに、
日本人が虐げられていたから
わざわざあっちのお偉いさんたちは国際正式名称を「エピネフリン」にしたんだよな。
アドレナリンていうのは日本だけだ。
発見したのは日本人なのに。
まあ大学の教授は「だから日本だけでもアドレナリンといわねばならない」
って言ってたけどな。
そんな扱いらしいよ日本の研究者。 今はどうか知らんけど・・・

925 :日出づる処の名無し:04/05/13 20:57 ID:7H0RoxnW
>>918
そういえばアナフィラキシーショック対応薬も
一般的にはエピネフリンで通ってるな。

アドレナリン希釈液なのに。

924 :日出づる処の名無し:04/05/13 20:55 ID:7H0RoxnW
>>901
日本は猿扱いされて論文も剽窃されまくりだからな。
だからしっかりした教授は論文を必ず英語で書かせる。
そうしないと無視されて盗まれるから。
こんなことは俺の知る限りでも20年前から常識。

927 :日出づる処の名無し:04/05/13 21:02 ID:6gige/SM
学術論文で英語が必要なら、いい翻訳ソフトができたら解決だろ。
英語学習はおおむね今のままでいいよ。

928 :日出づる処の名無し:04/05/13 21:06 ID:EqL/IE8J
専門用語がどんどん生まれるから無理。
EXCITE翻訳してみろ。分からないなら英→日で。
あまりにもひどい訳になる。少なくとも後十数年はかかる。

英語学習は時間的に大幅に増やす必要ないけど、
やり方は変えるべき。和→日をもっと増やさないと。

930 :日出づる処の名無し:04/05/13 21:20 ID:U2/Vk6kv
>>924
日本国内で学会立ち上げればいいんですよ。
論文は英語と日本語両方で発表して。
勿論積極的に世界に発信していかないと一人よがりになっちゃうけど。

931 :日出づる処の名無し:04/05/13 21:27 ID:6gige/SM
>>928
研究者が翻訳に煩わされるのは、はっきり言って時間の無駄。
翻訳家に任せるのが理想だが、翻訳ソフトがもっとよくなれば自然と解決する。
あと10年位かな。
専門用語は専門家化が辞書に追加すればよいだけだから、簡単な話だ。

934 :日出づる処の名無し:04/05/13 21:54 ID:dkRNiefH
翻訳ソフトが登場して10年以上経つけど、
未だに"It kicks my ass" をマトモに訳せるソフトが皆無に近いもんなぁ。

938 :日出づる処の名無し:04/05/14 01:11 ID:2aEcgNG7
英語の専門用語がそのまま正しく定着してくれるのならいいんだけど、
残念ながら誤用が広まる危険性が高い。ビジネス用語なんて酷いもんだ。
典型的なのが、
restructure(再構築)→リストラに省略→解雇のことを指すようになる
組織再編を指す言葉がいつの間にやら解雇の意味で使われるようになった。
同様にreset(再起動)を消去の意味で使う輩もいる。

無知ならば啓蒙すればよいが、誤った知識を取り除くのは
用意ではない。手間はかかるけど翻訳した方が
確実だと思うよ。。

940 :日出づる処の名無し:04/05/14 02:25 ID:EA1Obdd8
確かに英語重要だよな。科学(社会科学も含めて)の分野だと
論文は圧倒的に英語が多いし。理解するのに訳す手間ってのはなかなか無駄すぎる。
翻訳ソフトを開発するのもいいし、漢語みたいに読み下せると楽になるかもしれないけど。

今はスピード勝負で直接原文で読めないときついものがあるから大変。
俺は学部のあいだにもっと英語やっとくべきだったと後悔しているところ。

943 :日出づる処の名無し:04/05/14 03:21 ID:QR3O3tUv
俺の野望は
「この分野の研究をするなら、この論文を読まなきゃ話にならない」
と言うくらいの論文を、英訳なしで日本語のみで書くこと。

そのために現在、英語の原著論文読み漁ってるわけだが。
ちっくしょう、飴公どもめ。おまえらも和英辞書片手に論文嫁や。

944 :日出づる処の名無し:04/05/14 03:24 ID:8GhSpNqb
>>943
多分誰にも知られず埋もれると思う。

いや、君の業績を低くみているのではなくて、
英語で書かないと海外に知られないので
発表しなかったのと同じことになると思う。

世界初のビタミンの発見者が鈴木梅太郎とは
知られていない理由と同じだよ。
ノーベル賞級の発見ですら英語で発表しなかったために
業績を欧米人にカッさらわれた。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<イラクの戦後処理(part26スレ) | メイン | 探偵十戒と擬態語(part25スレ)>>
コメント
-  -
そもそも非白人差別ってのが昔は特にひどかっただろうしな。今の実情は知らんが。
そして英語で論文書くのは非常にめんどくさい。あんなもんに時間と労力をとられるのが非常にもったいない。
2010/02/27 08:28  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本人含め、英語圏以外の人間は生まれながらにしてハンデを背負っているようなものなんだよな
完全な英語翻訳機が作られたら英語圏の人間の競争力なんて一気に底辺レベルに落ちそう
2010/02/25 04:35  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
学生の時、卒論を英語で書かされたのを思い出しましたわ。

理由はスレ中で語られてるのと同じく、私の専門分野の最初の発見者が日本語で論文発表したために、海外勢に手柄を掻っ攫われたから・・・。
2010/02/21 17:54  | URL | #OQy7UPBQ[ 編集] |  ▲ top

-  -
一般的に売っているかどうかを基準にするのではなく
医者が治療に必要と判断したかどうかで保険適応は
決まるべきだろ
医療保険ってのは医者の医療行為にかかる費用を負担するわけだから

個人が勝手に買うのは無論適応外でいい
2010/02/18 15:40  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
実際の現場は知らないけどどっかの教授先生がいってたのは、英語の論文をまとめるのに大変な労力がかかって研究時間を削られるのが困るとのこと。
しかも研究自体が熾烈な競争で、論文をまとめるのに手間取っていると発表が遅れて手柄を取り損ねるそうだ。
ちなみにその先生は最新の研究が韓国人と同時になり、共同で発表したそうだ。

絶対あの先生のところにスパイがいると思う。
2010/02/17 15:42  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦前とかならともかく、現代の日本の研究者で、英語が壁になって論文を書けないなんて人、本当に居るんかね?
特に理学・工学の論文は、専門用語の羅列だし修飾的表現は要らんし、一般の「英語教育で身につく英語」とは別物なんだが。
2010/02/16 07:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
中国にある古い書物は代々書き加えられたものがあるんで原文がわからなくなったりしてるとか(宋代の注釈が後のひとが間違えて混じらせたりとか)
2010/02/15 20:47  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
本文読んだら、実は今の英語教育は間違っていないんじゃいかと思うが。
会話力よりも読解、記述を重点的に教えるという意味で。
2010/02/15 18:53  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
事業仕分けは、「普通に薬店で買える薬まで保険適用にする意味無くね?」って話で、漢方薬全般を保険適用外にする話じゃないよ。

それはともかく、代替医療の研究とやらで、漢方の有効性を科学的に研究する予算をつける方針らしい。
漢方の中にも効くのと効かないのがあるだろうから、それを確認するのは有意義だろう。
ただ、ホメオパシーや催眠療法みたいなトンデモと同じ枠なのがアレだが。
2010/02/15 06:40  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>中国:世界漢方薬市場の販売シェアはわずか1割

だからこそ事業仕分けで漢方医療を保健適用外にして業者を潰させて、その人材やノウハウ、中国にある工場なんかを買収して取り込もうとしてるわけですね。
2010/02/15 00:57  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
745の話、ここ一、二年のうちに韓国の新聞で読んだ覚えがあるぞ。
2010/02/14 19:14  | URL | #CGSys/Bo[ 編集] |  ▲ top

-  -
安価にハラを満たすためのものしか知らないのがばれちゃったね、ID:27qR5kRa・・・
2010/02/14 17:59  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/148-9e5ab6c6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。