2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
探偵十戒と擬態語(part25スレ)
- 2010/02/11(Thu) -
491 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:38 ID:mXQ7zL1g
サマワにはためく鯉のぼり
「子供の健やかな成長願う」
(※リンク先消滅)

493 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:46 ID:niYgIzIw
>>491
なんかメザシみたいでいやん

494 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:48 ID:wggVneAc
>>491
「鯉のぼり」って「竜のように立派になぁれ」って意味だよね。
竜ってあちらでは悪の権化じゃなかったけ?

495 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:52 ID:mXQ7zL1g
>>494
こまかいこというな

496 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:58 ID:pnffCOpR
「鯉の滝登り」って言うぐらい、鯉は丈夫で逞しいから、
その鯉にあやかって丈夫に育て、って事だと思ってたが。

497 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:00 ID:h2U3g+S6
>>496
滝登った後、天に飛翔して竜になります。

507 :日出づる処の名無し:04/05/07 00:26 ID:Wyxq46ne
そういや現在中国では龍年ないんだよな。
空想の動物だからというんで十二支からはずれた。
日本は律儀に昔のまま。
ネコなんかいれてやったら2ch的には喜ばれると思うんだが。(w

508 :日出づる処の名無し:04/05/07 00:51 ID:5USRln/+
>>507
ネズミに騙されて十二支から漏れたんだっけ?>ネコ

509 :日出づる処の名無し:04/05/07 01:14 ID:Lx1CJZ/s
>507
知らなかった
代わりは何?

510 :  :04/05/07 01:19 ID:39Hym9RD
>>509
>代わりは
パンダじゃねえか。

511 :日出づる処の名無し:04/05/07 02:16 ID:xCwGFxr5
>>510
最近発見された珍獣じゃ竜も浮かばれねーな(w

512 :日出づる処の名無し:04/05/07 02:58 ID:ILKOG/GK
パンダといえば上野にいる一頭以外は、全部リースなんだよね。
阪神大震災復興記念の為に送られたパンダにまで、年間一頭に付き
一億の金とってさ…。何の為の復興記念だよって思う。

513 :日出づる処の名無し:04/05/07 05:37 ID:7/UoJgAg
>>507
> 空想の動物だからというんで十二支からはずれた。
なんというか、本当なら味も素っ気もない薄っぺらな論理っていうやつに
寒寒しい思いがするよ。
この調子で中国は国政を決めていくのかな。

実利的ではあるが、情緒の欠片もない政治。正直恐ろしいね。

516 :日出づる処の名無し:04/05/07 11:12 ID:BGS54gco
パンダ(゚⊿゚)イラネ

586 :日出づる処の名無し:04/05/08 21:54 ID:1eMjn3rT
>>508
神様に新年の挨拶に行く日を忘れたから、ネズミに聞いたら嘘を教えられた。
だから、今でもネコはネズミを恨んでいるって話だね。

あの話では、ネズミはひどい奴なんだよね。
ウシが、自分はノロいからって前日の夜中に出発したんだけど、
その背中にちゃっかり乗っかって楽して、ゴール直前に飛び降りて一等になった。
だから、ネズミ、ウシ・・・って順位になったってね。

ちなみに、イタチの所には十二支選定レースの連絡が来なかったので、
神様に抗議したら、毎月の最初の日をイタチの日「つイタチ」にしてくれたそうな。

602 :日出づる処の名無し:04/05/09 00:46 ID:VET112YS
>>586
そうそう、そんな話だった。
まんが日本昔話では、13着で惜しくも干支になれなかったのが
カエルで、猫はカエルよりも遅かったと思う。

523 :日出づる処の名無し:04/05/07 21:50 ID:3tuoqI7j
>494
竜が悪の象徴なのはキリスト教じゃなかったっけ?
エデンの園でイブをそそのかして
知恵の実を食わせた蛇と同属の扱いだったはず。
古代エジプトの神話でも、セトという蛇の姿をした邪神が登場するけど
イスラムの伝承では竜が登場する話は知らない。

東洋の龍は川とか雨とか
水の象徴なんですよといえば、
中東でも喜ばれるかもしれない。

525 :日出づる処の名無し:04/05/07 22:15 ID:6Jf/rHWd
竜はね、西洋のでは翼がある。
連中が、支那の竜は翼がないのにどうして飛べるんだ、
と言っているのを何度か目にした。
日本は支那の竜に馴染んできたから、ウルトラマンが
翼なしで空を飛んでも違和感をもたないけれど、
白人たちは疑問を持つようで、翼なしで云々、とやはり言っている。
スーパーマンはマントの力で飛んでいるから理屈が通っているんだそうだ。

526 :日出づる処の名無し:04/05/07 22:35 ID:FdDGPF81
>>525
>スーパーマンはマントの力で飛んでいるから理屈が通っているんだそうだ。
ええっ?!
マ、マントのおかげだったのか?!
なんかいきなりヘタレオヤジに見えてきた。
(いや、あのカッコの事は置いとくとして)

527 :日出づる処の名無し:04/05/07 22:50 ID:Y076Enh9
そういえばアメ人がウルトラマンを見て
あの宇宙人は裸なのか? 服を着てるのか?
といったとか。

539 :日出づる処の名無し:04/05/08 01:12 ID:ek27b3Nr
>>525
だったらDBとかも相当違和感あったのかな?
悟空達は翼もないのに飛んでるもんな。

542 :日出づる処の名無し:04/05/08 03:03 ID:c1/5X918
>>539

眼鏡かけただけで
スーパーマンがクラークケントであることを見破れなくなる連中にしては
妙なところで理屈を求めるもんだな。

日本人は顔を丸ごと覆面している月光仮面の正体を
見破っていたぞ(w

543 :日出づる処の名無し:04/05/08 03:34 ID:vBeG66dl
>>542
ワロタ

544 :日出づる処の名無し:04/05/08 03:39 ID:Y84DTbvX
>>542
セーラームーンとかプリキュアとかは顔丸出しでもばれない訳だが。
人間の認識能力を低下させる精神的なジャマーが働いてるのかもしれんが。

545 :日出づる処の名無し:04/05/08 03:43 ID:c1/5X918
>>544
こういうところにも戦後教育の弊害が・・・・
と石原閣下なら言ってくれるだろう。

546 :日出づる処の名無し:04/05/08 04:19 ID:wMwqXgT9
ドラゴンボールなんてよく理解できたな。西洋人は。
気で空を飛ぶ、なんて分かるのか?

547 :日出づる処の名無し:04/05/08 04:28 ID:6CIcrr4C
理力とかあるし、レンズの力とかもあるし。

551 :日出づる処の名無し:04/05/08 05:57 ID:a+LUMxNK
●アメリカンヒーローが正義の味方として強いのは、

【1、宇宙人だった。】
【2、放射能に犯されてミュータントになった。】
【3、財団の科学力】

552 :日出づる処の名無し:04/05/08 08:36 ID:wMwqXgT9
正義のヒーローはなんで正体を隠して戦うのだろうね。
たんにドラマチックだからというわけでもないだろうし。
そんなに強い戦士がいるならみんなで祝ってやればいいのに。
普通5人のカラフルな格好した戦士がロボットまで持ち込んで
派手に戦ったらニュースになるだろ。
ああいう番組には警察も軍隊も出てこないんだよな。
役に立たないもんと教え込みたいのか。テレビ朝日は。

**********

546 :日出づる処の名無し:04/05/08 04:19 ID:wMwqXgT9
ドラゴンボールなんてよく理解できたな。西洋人は。
気で空を飛ぶ、なんて分かるのか?

548 :日出づる処の名無し:04/05/08 04:33 ID:c1/5X918
>>546
連中は中国とか日本とかインドに過剰な
期待を持っていますから。

すごい理不尽な設定でも「東洋人ならできるかも知れん」と
漠然と思っているみたいです。

という俺も「中国の奥地で住民の平均身長3mの村が発見された」という
ニュースを見ても「中国ならいるかも知れん」と納得するようなくちなんですが(w

550 :日出づる処の名無し:04/05/08 05:17 ID:JxJM0ySC
そういえば、ノックスの探偵小説十戒の一つに
「中国人を出してはイケナイ」というのがあったっけ。

553 :日出づる処の名無し:04/05/08 08:41 ID:wQAlxBkq
>550
なんで?
ついでに十戒全部おしえてケロ。
なんか面白そう。

555 :QA:04/05/08 09:40 ID:bNVS4vYm
>>553
ググってみました。
(1)犯人は小説の初めから登場している人物でなくてはならない。
又、読者が疑うことの出来ないような人物が犯人であってはならない。
(例、物語の記述者が犯人)
(2)探偵方法に超自然力を用いてはならない。(例、神託、読心術など)
(3)秘密の通路や秘密室を用いてはいけない。
(4)科学上未確定の毒物や、
非常にむずかしい科学的説明を要する毒物を使ってはいけない。
(5)中華人を登場せしめてはいけない。
(西洋人には中華人は何となく超自然、超合理な感じを与えるからであろう)
(6)偶然の発見や探偵の直感によって事件を解決してはいけない。
(7)探偵自身が犯人であってはならない。
(8)読者の知らない手がかりによって解決してはいけない。
(9)ワトスン役は彼自身の判断を全部読者に知らせるべきである。
又、ワトスン役は一般読者よりごく僅か智力のにぶい人物がよろしい。
(10)双生児や変装による二人一役は、予め読者に双生児の存在を知らせ、
又は変装者が役者などの前歴を持っていることを知らせた上でなくては、
用いてはならない。
とのこと。

557 :日出づる処の名無し:04/05/08 09:56 ID:aTloDlQV
>>555
へえーおもしろい。
でも(5)の説明きいても何故だめなのかわからん。
身元不明の仙人のような存在感で作品の日常性から浮くってこと?

558 :棄て:04/05/08 10:20 ID:T1A7ZqlR
「中国三千年」とかで、事件を解決してはいかんってこと。
ま、フーマンチューとか、怪しい中国人探偵なんてのもいたからね。
(ちょっとうろ覚え)

ちなみに、スレらしいこともいえば。
SFでは、ウィンダムの古典名作「海竜めざめる」(星新一訳)で、最後の最後に
日本人科学者
が、出てきてなんとかしちゃいます。
ま、こんな裏技みたいなことを探偵小説でやるな、ってことですね。

559 :日出づる処の名無し:04/05/08 10:26 ID:v4fzGpzd
チャーリー・チャンね>中国人探偵
困った時の日本人、はSFの鉄則ですね

561 :日出づる処の名無し:04/05/08 10:47 ID:MAVU6G7h
アメリカのSF作家デビッド・ブリンが
いずれ中国人が国からあふれ出し
アメリカに大量流入するのではという脅威から
書いたという小説があるとか

562 :日出づる処の名無し:04/05/08 10:52 ID:9Q1w0V2P
昔よんだけど、チャーリー・チャンの助手がちょっとドジで
愛嬌のある日本人だったような。(ウロ
ちなみに英米の推理小説読んでいると、しばしば日本人が出てくる。
脇役なことが多いのだけど好意的な描写が多いね。
つうか悪い描写だったの読んだことがない。

564 :日出づる処の名無し:04/05/08 12:50 ID:uPIQ3Z3i
えーと、タイトルど忘れ、ブルースウィリスが彗星を爆破しに行く話、
どうやって宇宙に行って飛んでくる彗星に軟着陸するかってときに
劇中でTVニュースが「ロシア、日本、フランス」の協力を得て、
っつーのを聞いて、あぁ、忘れられてなかったな、と思ったよ(w

566 :日出づる処の名無し:04/05/08 14:57 ID:RT0ZStu3
>558
SFといえば、「コンタクト」でも日本が重要な役割を果たしている。
ハイテクなイメージがあるから、SFに日本は欠かせないのかも。
変り種では、宇宙船のコンピュータが故障して
地球へ帰還するための進路計算ができないという危機を、
日系人パイロットがそろばんで計算して解決なんて小説もあった。

>562
探偵小説の元祖たるシャーロックホームズが
日本の武術に精通していたことも一因かもね。
宿敵モリアーティ教授をバリツ(ドイルが柔術と馬術を混同したらしい)
で投げ飛ばしたことは有名な話。

567 :日出づる処の名無し:04/05/08 15:37 ID:X4lcN/rV
>>566
明治期に日本からブラジルに柔術が渡ってるんですが、
ブラジルではそういう何でもあり的な戦いのことを
「バーリトゥード」というんだそうで、この音が「バリツ」と
英語で表記されたんじゃないかなぁ。
ドイルがもしブラジルにゆかりのある人物などを経由して
柔術の知識を持ったのならば、その名前を混同した可能性はあると思うのです。

576 :日出づる処の名無し:04/05/08 18:04 ID:DCEMuzg6
バック・トゥ・ザ・フューチャーも日本ネタ多かったな
50年代のアメリカでは「何だ、日本車かよ」な扱いだけど
80年代の現代っ子の憧れの車として登場するのは日本車。

BTTF2でも2020年(だっけ?)のマーティの上司は日本人。

577 :日出づる処の名無し:04/05/08 18:57 ID:1MgU8SwB
>(2)探偵方法に超自然力を用いてはならない。(例、神託、読心術など)
サイコメトラーEIJIとかは成立しないってことか

579 :日出づる処の名無し:04/05/08 19:11 ID:WPwNn7aD
>>577
胸キュンデカも追加

649 :日出づる処の名無し:04/05/09 12:45 ID:tOaUnPm6
日本人の出てくるSFと言えば、ドイツのペリーローダンシリーズを忘れてはなるまい。
原爆のせいで広島や長崎に大量のミュータントが出現するんだが、
人名がタコ・カクタとかイシ・マツとか変で笑えた。

**********

630 :日出づる処の名無し:04/05/09 07:01 ID:/CG4UY0y
フィンランドでこの春、奇妙なテレビ番組が始まりました。
その名も「ノリコ・ショウ」。
日本人のスター・インタビュアーがヘルシンキのホテルで、
フィンランドの有名人達にインタビューするという一見シンプルな番組。
ところが実は、日本人のインタビュアーというのは、
かつら、めがね、でっ歯をつけて変身したフィンランド人女優。
つたない英語でのインタビューで相手を困らせ、
最後のタネあかしで大笑いするバラエティー番組です。
最近は海外の人気番組を自国版として作るのが流行しており、
この番組もヨーロッパで人気で、
ハンガリーでは元ニュースキャスターが変装した「ミツコ」が、
つたないハンガリー語でのインタビューで大笑いさせていたようです。

631 :日出づる処の名無し:04/05/09 07:09 ID:i3xSVEeW
大して問題を感じない。日本もこれぐらいのことをやってもいいさ。
その前に飯でも食ってこよう。

632 :日出づる処の名無し:04/05/09 07:38 ID:mZbqAQ/q
ミツコの方だったか
番組みた人がカキコしてて
首にキムチぶらさげてたシーンとかあったらしい。w

633 :日出づる処の名無し:04/05/09 07:58 ID:adTv0TOU
キムチをぶらさげるってどういう状態なんだ?

634 :日出づる処の名無し:04/05/09 08:05 ID:YeNbvh6C
キムチ(の入った容器)てこと。
何語かは忘れたがキムチて書かれてあったらしい。。

635 :日出づる処の名無し:04/05/09 08:14 ID:uT8i//YC
まあ、お笑いの基本は差別だし。

そういや、昔、アフリカのブッシュマンを日本に連れてきて
電話とかエスカレーターを見せて驚かせるという番組があったが
それも批判されて中止になったとか。
日本に留学してるアフリカ人の
「ブッシュマンはアフリカでも奥地にすんでいる特別な人たち。
アフリカだってちゃんと都市もあるし、普通のところも紹介してほしい」
というコメントが載っていた

636 :日出づる処の名無し:04/05/09 08:16 ID:PjoF9bcK
ネタだろ。
本当だったにしろ、フィンランドの人が
それがキムチだと分かるわけねーじゃん。知ってるはずないんだから。

637 :日出づる処の名無し:04/05/09 08:23 ID:YeNbvh6C
>>635
ブッシュマンはハリウッド映画にもなったよね。
>>636
フィンランドじゃなくてハンガリーの方だったと思う。
ネタだといいよね。自分棚にあげて日本馬鹿にできなくなるから。
あと欧米では「キムチブレス」って蔑称もあるそうだよ。

638 :日出づる処の名無し:04/05/09 09:07 ID:fOjqDuwq
「北欧は弱い者イジメが好き」という意見を、あらゆる滞在者日記で読んできた。
だが北欧人自体も弱い者なので、こちらが机を叩いて怒るとすぐに謝るそうだ。

639 :日出づる処の名無し:04/05/09 09:08 ID:sS64ZFYo
ブッシュマン関係は昔かなり騙されたよなー
映画に出てくる本人を連れてきて色々な日本の文明を見せる番組だったけど
あの人実は俳優さんで、大学まで出てる人だってw
考えてみりゃそうだわな。現地の人を直接使うわけが無いし。
川口博探検隊並に騙されたよ。

640 :日出づる処の名無し:04/05/09 09:10 ID:sS64ZFYo
ミツコ関係はどうみてもネタだからな。笑ってスルーしていいと思う。
ひょうきん族でさんまがつけ鼻してニセ外人の牧師やってるようなもんだ。

641 :日出づる処の名無し:04/05/09 10:12 ID:4MC2wF8Y
つうか、ネタにされる様なTVクルーとかインタビュアーなんぞも問題有ると思うがね
正直アイツ等軒並みアホに見える
アホを演じてるだけかも知れんがね

642 :日出づる処の名無し:04/05/09 10:28 ID:P61NGCvY
世界まる見えだったかな。何処かヨーロッパの国で、
日本かぶれの女性が、日本料理を紹介する番組が取り上げられて、
その無茶苦茶な内容をなんとなく覚えている。

なんだかよく分からないスライス機械を取り出して、
「日本では、これを一家庭に一台必ず持っています!」
と言うのだけは鮮明に記憶している。
みんなは知ってるかな?

647 :日出づる処の名無し:04/05/09 11:10 ID:/JFgj1pP
>>642
覚えてるw
他には「日本人は生が好きなのでレンコンはすぐに取り出します」とか…

658 :日出づる処の名無し:04/05/09 17:40 ID:KZOuLs/H
>>642
その番組あまりのデタラメっぷりにめちゃワラタ。
天ぷらの衣にビールぶっ掛けたりしてたな。

665 :日出づる処の名無し:04/05/09 18:58 ID:WE3oMxTg
>>652
よくよく考えたら日本人も結構外国人に対してどえらい描写してるよね。
マンガ、アニメとかで。

フランス人はキザで、イタリア人はナンパ野郎だし。
中国人は何でもかんでも4000年の歴史。
インド人はカレー(w
白人はみんなおメメキラキラ。
・・・人のこといえん。

676 :日出づる処の名無し:04/05/09 22:54 ID:riY/Amb+
>>642
そのじゃがいもスライス機、
「料理の鉄人アメリカSP」で坂井シェフが
アメリカの料理大学で特別授業をした時に登場してた。
「みんな、こんな機械知ってる?」と
坂井シェフも誇らしげに紹介。
こんなところから誤解が広がるのだろう。

世界まる見えの方、スライス機はともかく
味噌汁をだしをとらずお湯で味噌をといただけで
作ってたのがいたい。
(最近の日本人もそう思ってる奴多そうだが)

677 :日出づる処の名無し:04/05/09 22:58 ID:ro4dwhWp
>>676
きっと出汁入りの味噌だったんだよ。

**********

698 :日出づる処の名無し:04/05/11 00:48 ID:12jANnKt
さっき「爆笑問題のススメ」で擬音語やら擬態語やらの話をしていたが、
いくらかの擬音擬態語はそのままローマ字で海外に輸出されているらしい。

日本は形容詞(だったか)が少ない代わりに、
擬音擬態語がやたら多いという話をどこかで見たことがある。
これは、虫の音や川のせせらぎを言語脳で聞くことと関係あるんだっけ?
言語の「音」そのものも、感性に直接うったえる部分もあり、
脳への影響もあり、結構重要なんだな。

699 :日出づる処の名無し:04/05/11 00:56 ID:bd8xWFw0
おばあさんたちが話すのを横で聞いてると
全部擬態語と擬音語で会話が成り立ってることあるもんな。

700 : ◆I8NA0FaViA :04/05/11 01:00 ID:llIYXKUB
>>698
>いくらかの擬音擬態語はそのままローマ字で海外に輸出されているらしい。
ジャンプ・マガジン系の漫画でよく見られる、無意味な擬音というか
擬態語である「ゴゴゴ」とか「ドドド」ってのは、どう訳してるの?

虫のさえずりなどは、日本人は左脳(言語脳)で
西洋人は右脳(感情脳)で聞くらしい。
これは、日本語が「母音+子音」という音節が単位の言語であることと
関連があると言われている。

701 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:15 ID:HVt+L8UL
マツダのCMで「zoom zoom 」これ英語の擬音語だよな

702 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:35 ID:12jANnKt
>>700
列挙して語ってくれたわけではないので、詳しいところはちょっと…。
ひとつ例で挙げられていたのはギョロリだったかな。
「翻訳が困難」「なんとなく感性(フィーリング)で感じ取れる」
ということがローマ字でそのまま使われる理由で言われていた。

漫画は、コミックとかにたまに海外版がちょっと載ってたりするね。
…どうだったかな?

「ゴゴゴ」や「ドドド」はローマ字でもいけそうな気がするけど、
かなり意味不明な造語・複合語みたいなものも多そうだね。
日本語の柔軟さや変化の激しさは、翻訳の大きな障害ではあるのかも。

703 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:38 ID:ALER9Tzd
「ゴゴゴゴ」がないジョジョとか「ざわざわ・・・」がないカイジとか考えられないもんな

704 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:44 ID:CzQSWFlW
>>705
虫の鳴き声の話は都市伝説に近い物があるかと
JOGがその話を紹介して一気に広まったよね。

705 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:49 ID:RMNH0xEW
誰もいない、もしくは音がしないときの
シーン…
は誰が考えたんだろ。そもそも擬音なのか?

716 :日出づる処の名無し:04/05/11 04:53 ID:+hPYit0E
>>705
擬態語

706 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:56 ID:JOzBVWIP
>>705
手塚治虫らしい。

708 :日出づる処の名無し:04/05/11 02:28 ID:12jANnKt
>>704
言語脳が~とかいう脳の話?
脳がどうこうはおいても、
日本人と他国人との感じ方に差がある可能性はあると思う…けど。

この前、アラーム音を無意識にスルーしていたことに気付いたとき、
「雑音として処理する」「音に気づかない」という状態が理解できた気がした。

710 :日出づる処の名無し:04/05/11 02:38 ID:ca7y3hqG
>>708
それはホワイトノイズという奴では
嘉門さんの歌で最近知ったんだけど

712 :日出づる処の名無し:04/05/11 02:58 ID:12jANnKt
>>710
知らんかった…ぐぐってみた。
ザワザワというか、ピピピピだったと思うけど、同じこと?

713 :日出づる処の名無し:04/05/11 03:28 ID:yTzPdjZ0
>>708
カクテル・パーティ効果とか?

714 :都知事:04/05/11 04:14 ID:40xbgRoq
知っているか!
日本で最初に擬音を使ったのは、小野的兵衛という平安貴族だった。
だが誰も彼の言っている意味が分からなかったので、狂人とみなされ、
隠岐へ島流しとなったまま、還らぬ人となった。
擬音語をオノマトペというのはそのためだ。
ブラックアウト!

715 :日出づる処の名無し:04/05/11 04:36 ID:sp3tid0r
ツマンネ

718 :日出づる処の名無し:04/05/11 08:36 ID:cZ24eRMI
一度擬音語、擬態語をローマ字にして、外人にどれだけ意味が通じるか
試してみたい・・・。
dokidokiwakuwaku、giku!、huwari、pika!、mattari、pisyari、toppuri、nettori
sippori、zuppori、pakopako、sukkiri。

719 :日出づる処の名無し:04/05/11 08:39 ID:qjX9UK4D
犬の鳴き声をバウバウと表す連中と一緒の耳とは思えないわな。

721 :日出づる処の名無し:04/05/11 09:35 ID:VtSS3ynZ
>>698
つまり、あかほりさとるのやってることは日本語的に正しいのか?
うーむ・・・

723 :日出づる処の名無し:04/05/11 10:01 ID:+cmfJE+o
>>721
あいつは擬音多過ぎ。
まあそこ以外にも文句つけたいところありまくりの作家だけど。

731 :日出づる処の名無し:04/05/11 11:26 ID:DFWS7g07
>698
言語ってもともと擬音、擬態からきてるんだろ。
英語なんかもかなりの部分はそうなんじゃない。

789 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:29 ID:Y0ZUm+Qc
>>705
本当に静かな場所では実際にそう聞こえるらしい

790 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:32 ID:NJ4weVR/
>>789
聞こえるよ。
キーンとかシーンとかいう音。

791 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:36 ID:Y0ZUm+Qc
>>710
ホワイトノイズとは全ての周波数の音が等しく入った
FMの局間ノイズの様なザーと言う音だよ

793 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:45 ID:X9MiDssr
>>705>>789
<しーん>は、手塚治虫が最初です。
有名な話なので、ぐぐったらどっかで出てくると思います。
音の無いところにもなにかそれを表現する音があるはずだと考えて
作ったとか本人がテレビでコメントしていたのを覚えています。

795 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:07 ID:tpBacRVE
[しんと静まり返る]からきてるんだよね

817 :日出づる処の名無し:04/05/12 01:25 ID:vXv8fXcg
擬態語だけど、藤子・F・不二雄もけっこううまい。
壊れそうなロケットやら車が「ポンコツ ポンコツ」と音をたててたり。
「ジーンマイク」っていう、セリフをしゃべると聞いた人が「ジーン」と
感動するマイクとか。
こんなの訳せないよなw
この記事のURL | ジャポニスム | CM(13) | TB(0) | ▲ top
<<日本語論文の弱点(part25スレ) | メイン | 日本刀の強さを知る(part25スレ)>>
コメント
-  -
>491 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:38 ID:mXQ7zL1g
>サマワにはためく鯉のぼり
>「子供の健やかな成長願う」
>(※リンク先消滅)

のリンク先はここだと思います。

ttp://www.itikawa.co.jp/Yasumichi/8no22.html

■8.ユーフラテス河の鯉のぼり■

5月5日のこどもの日にユーフラテス川に鯉のぼりをかけて泳がせ、戦禍のなかでたくましく生きるサマーワの子供たちに見せてやりたいのです。子供さんが成長されて、タンスのなかで眠っている鯉のぼりがあったらご提供いただけないでしょうか?

番匠一佐がイラクに来る前に駐屯地司令官をしていた北海道・名寄市の市民にこう呼びかけると、200本以上の鯉のぼりが集まった。

4月29日には宿営地そばに迫撃砲弾が撃ち込まれて、鯉のぼりプロジェクトの中止も検討されたが、この局面だからこそで、敢えてこのプロジェクトを遂行しようと決定を下した。幅100メートルのユーフラテス川に多くの鯉のぼりをかけ、同時に番匠一佐から次のようなメッセージが発せられた。

日本では宗教に一切関係なく、父親母親が成長を祈って、こどもの日に鯉のぼりを掲げます。下流から上流に向かって流れに逆らい勢いよく上がっていく鯉は成長や健康の象徴です。子供はその国の将来そのものであり、イラクの子供が明るい未来を築いてくれることを祈念します。 [3,p179]

サマーワ市民百人規模の「日本の自衛隊を守ろう」という前代未聞のデモ行進が行われたのは、この翌日のことであった。
2010/10/15 10:10  | URL | #X.Av9vec[ 編集] |  ▲ top

-  -
>もう少し詳しくいうと「森が静まり返っている様子」のことで、
>漢字でも「森(シン」と書きます。

この表現が初めて使われたのは夏目漱石の坊っちゃんだったかと。
「シーン」ではなくて「森(シン)」の方ですが。
赴任して最初の宿直の夜の場面で、
『~(省略)もう足音も人声も静まり返って、森(しん)としている。』と使われてます。
2010/06/28 03:55  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
藤田漫画の「く゜き」とかって翻訳出来るのかな…?
2010/02/27 08:38  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
SF作品の中で世界を救う日本人科学者。
これってモデルは絶対、平田昭彦(様)だな。
なにしろゴジラとゼットンを倒した
宇宙最強の科学者だからな。
2010/02/20 12:02  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ヒーローは、敵がいなくなったら迫害されるからじゃないだろうか。
韓信的な意味で。
2010/02/14 03:17  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
調べたところ、探偵小説十戒は今では厳密には守らなくてもよいことになっているそうです。
それを守るよりも、奇想天外なアイデアでもいいから読者を楽しませる事を重視する。
十戒を守ってもつまらない推理小説よりは、そのほうが評価されますわな。

マンガの「シーン」は手塚治虫の発明で、
スレで言われているように「しんと静まりかえる」と同じ言葉ですが、
もう少し詳しくいうと「森が静まり返っている様子」のことで、
漢字でも「森(シン」と書きます。

自分がなんでこれらのことを調べたのかというと、
当時このスレに居て興味を持ったからw
ホームズの「バリツ」=「バーリトゥード」ではないかという書き込みをしたのは私です

6年越しで自分の書き込みと再会したぜw
2010/02/13 18:31  | URL | yree #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
擬音擬態語は絵本作家の五味太郎さんが本出してるよね。
あの絵と日本語・英語で解説してるやつ。
まえがきにあったけど、
他の国に比べて日本は擬音擬態語が多いから
聞かれる機会が増えて作ろうと思ったみたい。
2010/02/13 01:35  | URL | #MQk5VSMM[ 編集] |  ▲ top

-  -
太平洋戦争中の日系人強制収容が物語の重要な鍵になるのはリューインのどの作品だったかあ?
まだ強制収容の話が全然話題にならないような頃に書かれた奴。最後は泣ける。
2010/02/12 23:58  | URL | #BkKZLurA[ 編集] |  ▲ top

-  -
最近の海外SF作家で日本人好き?なら、デイヴィッド・ウェーバーですね、以下彼の作品とその中での日本の扱い

・オナーハリントン→ロストプラネットの文明系で黒澤映画を参考にした最強の武術が登場(三船敏郎?)

・反逆者の月→非人道的な宇宙人類に協力するアジア圏、ただし日本は除く(w
敵対する組織に協力するテロ組織、その組織にいっせいに攻撃を開始する、人類を守護する各国の軍隊・・・もちろん自衛隊も参加。後に巨大宇宙船に乗り込む自衛隊(w。

・オペレーションアーク
権力者に都合のよい宗教をつくり歪められた社会で、その状況を正そうとする、遥か過去より蘇った義体の主人公。
その主人公が中世レベルの社会で、剣士として大活躍!
ただし、武器は日本刀レプリカで技術は剣道!
2010/02/12 22:48  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
完全な無音だと自分の血流が聞こえるんだっけ
2010/02/12 07:48  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>(2)探偵方法に超自然力を用いてはならない。
やっちゃいけないのは、『最後に犯人が誰かと指摘する時、超常現象を特定した理由に使うな』って事では?
サイコメトラーEIJIは、証拠を探して自分が見たモノを裏付けてるから良いんじゃないかと。

>>正義の味方の正体を隠すわけ
そりゃ、正体ばれていたら、家族や友人が悪の組織に人質にされますから。
顔丸出しの正義の味方系は、逆光やパニックで顔が見えない覚えていられないとか言う設定だそうです。

>>翼もないのに……
竜は、雲や風に乗って飛ぶと聞いたような。
もっとも、事象を操る生き物に、翼が無いのになんで飛べるのと言う疑問が起きることに、首を捻る自分がいる。
『こいのぼり』は、『鯉が滝を上れたら竜になる』事から立身出世の縁起物です。『登竜門』という言葉は、ここから来ています。
ちなみに、実際の鯉は傷に弱いとかで滝を上れないらしい……
2010/02/12 00:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
バロムワン主題歌の歌詞を見たら外国人はどう思うやらw
2010/02/11 18:20  | URL |    #lqS5Ux.6[ 編集] |  ▲ top

-  -
「SFと日本人」なら、書きたいネタがあったんだが、スレ>>566で既出だったorz
ちなみにそのネタは、アーサー・C・クラークの短編。大御所だって使っちゃうんだよ。
2010/02/11 17:15  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/147-fa3f2737
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。