2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
同盟と食料自給(part21スレ)
- 2009/11/22(Sun) -
518 :日出づる処の名無し:04/02/12 22:39 ID:6KVHjNg4
劣等朝鮮人+劣等中国人でたのがスーパー劣等人種日本人・・・

519 :日出づる処の名無し:04/02/12 23:06 ID:vPwwQtUA
>>518
劣等小中国人+劣等中国人でたのがスーパー列島人種日本人・・・?

520 :日出づる処の名無し:04/02/12 23:29 ID:fjcCkrok
劣等朝鮮人や劣等中国人というのは、朝鮮や中国の不潔で品性卑しく
支配階級以外の人間がゴミ同然の“劣等社会”では生きていけなくて
そこに見切りをつけた人たちなんじゃないかな?

521 :日出づる処の名無し:04/02/13 00:23 ID:uHxQ5ipj
>>518
なのにケンカでも金儲けでもボロ負けしてるのは何でだろ。

523 :日出づる処の名無し:04/02/13 00:43 ID:LZbb0kny
白人に対する劣等感が世界一強い人種は日本人。 これは異論ないね?

524 :日出づる処の名無し:04/02/13 00:47 ID:LEA62HVH
>523
一休さん的回答
俺が検証してやるから各国民の「白人に対する劣等感」を数値化して提示しなさい。

525 :日出づる処の名無し:04/02/13 00:50 ID:kM9PfbDH
最近はそうでも無いんじゃない?
初めは憧れていても、特に実際白人社会で生活したことのある奴は
大抵、洗脳が解けるよ、、。
やっぱ社会環境・人(人柄・ルックスも含め)共に日本が最高だって目覚めるっしょ。
この先、大勢が泣きながら日本を離れ、移民になると思われ、、。
それで、何十年も前から居座っている昔からの日本人移民(日系人)に見下されながら、、
あぁ~、、、考えたくもない。

526 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:05 ID:LZbb0kny
日本は帝国主義が台頭してたとき尊敬もしてた
中国のあまりのふがいなさと朝鮮人の盲目的な事大主義に嫌気が差して
明治維新の「脱アジア論」で
白人は優越 日本人以外の近隣のアジア人は劣等ってのが刷り込まれ
従来のアジア的文化を軽視して
服装から建造物まで必死に西洋化に励んだんだ、
だけど外貌だけは西洋人になりきれない・・それが劣等感の根源で

脱アジア的精神と日本人のアジア的外貌の大きな矛盾は明治から現在に
至るまで解決されてない大きな問題w

527 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:10 ID:EzBke33x
>>526
アジアは中国と韓国だけじゃないよ。
脱亜入欧はもっと大きな視点で言ってたと思う。

528 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:12 ID:qYkJcl6s
アジアの盟主面していたシナどもがあまりにも不甲斐なかったからな。
白人コンプレックスは確かに馬鹿げてるので克服すべきだが、
だからといって今から東アジアの低脳どもを見直すようなことも同じぐらい馬鹿らしい。
まあ、日本は日本独自で行こう。(文化的には。)

530 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:21 ID:RBG7o9NQ
>>523
一回外国で暮してみろ。話はそれからだ。

と書いたが、523のような書き込みをする程度の頭では殺されるのがオチだな。
やめとけ。
めんどくさいがちゃんと説明してやるから、よく読め。

まず前提だ。劣等感と優越感は同種の感情であることを理解しろ。
その証明として、ある民族や集団が己の優越性を声高に叫ぶ事例を検証すると
必ず劣等感に苛まれている状況にあることを挙げる。
この「己の優越性」の喧伝は、劣等感を感じる相手がいないと派生しない。
またそれは謙虚さや自信とは全く違う概念である。(←ここを混同する馬鹿がよくいる)
当然だが事実の指摘を優越性の喧伝とは呼ばない。

で、先に結論だ。日本人の対外劣等感は今も昔もたいしたことない。
とてもじゃないが世界一なわけがない。
理由として、ひとつ、日本の世論として優越性の喧伝がほとんど見られない。
ふたつ、社会階級が世界一希薄な世界に住む日本人が
劣等感にしろ優越感にしろ、階級差に伴う感情において「強い」ものを持てるわけがない。

よって「白人に対する劣等感が世界一強い人種は日本人」というのは
人の感情というものをほとんど知らない童貞のような妄想に近い。
日本における「強い感情」など、世界的には感情の起伏があったと
とらえてもらえるかどうかさえ怪しいことくらい留意しとけ。

534 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:31 ID:LZbb0kny
脱亜入欧を目指し欧米の仲間になろうと頑張って、日露戦争で勝ち
西洋列強と国力が並んだけど

アメリカは日露戦争直後にアジア人の台頭は好ましくないと
日本を仮想敵国に設定して日本牽制政策に変わり
日英同盟をやめさせ、日本を封じ込め第二次世界大戦に誘導した

現在の日米同盟も英加濠に対するスタンスと日本は明らかに違い
現在のアメリカの国家戦略でまだ経済的存在感があり地政学で
見ても日本と同盟してたほうが得策っていうだけのことで
アメリカの世界戦略が変われば一方的に切られる関係だ

536 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:41 ID:RBG7o9NQ
>>534
実際、日本がハッキリ「(注、軍事に限らず)攻撃のオプション」を
相手に見える位置に置かないで
いつまでも言われるがままな状態でいると、
アメとシナが日本を人柱(人的政治的経済的犠牲)にして
甘い汁を吸いつくす可能性は十分あるわな。
それが両国の国益に叶う状況になったらすぐにでも。

戦争反対なら、その状態にならないように動かなきゃならない。
なのに護憲だ人権だいって足枷付けてまわってる連中は、
戦争への布石打ちまくりになってんだけど分かってんのかね。

537 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:42 ID:LZbb0kny
>で、先に結論だ。日本人の対外劣等感は今も昔もたいしたことない。
>とてもじゃないが世界一なわけがない。
>理由としてひとつ、日本の世論として優越性の喧伝がほとんど見られない。
>ふたつ、社会階級が世界一希薄な世界に住む日本人が
>劣等感にしろ優越感にしろ、階級差に伴う感情において「強い」ものを持てるわけがない。

いいや日本人は表にあまりださないけで白人コンプレックスと
アジア人に対する優越意識は同様に凄いと思うw

多くの2ch住人は日本人>>中国人・朝鮮人というように
ランクづけしてるはずだ

534 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:31 ID:LZbb0kny
脱亜入欧を目指し欧米の仲間になろうと頑張って、
日露戦争で勝ち西洋列強と国力が並んだけど

アメリカは日露戦争直後にアジア人の台頭は好ましくないと
日本を仮想敵国に設定して日本牽制政策に変わり
日英同盟をやめさせ、日本を封じ込め第二次世界大戦に誘導した

現在の日米同盟も英加濠に対するスタンスと日本は明らかに違い
現在のアメリカの国家戦略でまだ経済的存在感があり地政学で
見ても日本と同盟してたほうが得策っていうだけのことで
アメリカの世界戦略が変われば一方的に切られる関係だ

536 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:41 ID:RBG7o9NQ
>>534
実際、日本がハッキリ「(注、軍事に限らず)攻撃のオプション」を
相手に見える位置に置かないで
いつまでも言われるがままな状態でいると、
アメとシナが日本を人柱(人的政治的経済的犠牲)にして
甘い汁を吸いつくす可能性は十分あるわな。
それが両国の国益に叶う状況になったらすぐにでも。

戦争反対なら、その状態にならないように動かなきゃならない。
なのに護憲だ人権だいって足枷付けてまわってる連中は、
戦争への布石打ちまくりになってんだけど分かってんのかね。

537 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:42 ID:LZbb0kny
>で、先に結論だ。日本人の対外劣等感は今も昔もたいしたことない。
>とてもじゃないが世界一なわけがない。
>理由としてひとつ、日本の世論として優越性の喧伝がほとんど見られない。
>ふたつ、社会階級が世界一希薄な世界に住む日本人が
>劣等感にしろ優越感にしろ、階級差に伴う感情において「強い」ものを持てるわけがない。

いいや日本人は表にあまりださないけで白人コンプレックスと
アジア人に対する優越意識は同様に凄いと思うw

多くの2ch住人は日本人>>中国人・朝鮮人というように
ランクづけしてるはずだ

538 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:44 ID:Rm4vQ/JD
>>534
まあ、アメ公の方が有利だと思うけど、利用しあってるのはお互い様だよ。
日本もかなり上手く利用してるよ。
経済だけじゃなくて文化的にも対抗できる影響力持ち始めたわけだし。
(一時的じゃなく続いて欲しいね)
アメリカ以外の国と比べたら、かなり成功してるかと思う。

539 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:45 ID:Rm4vQ/JD
>>536
軍事、外交的にも対抗できるようにしたいねぇ

541 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:52 ID:wi0uic0l
>>523
日本人に対する劣等感が世界一強い人種は中国人と韓国人。 これは異論ないね?

542 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:59 ID:qLrdjUj4
>>541
中国人は微妙だが韓国人は間違いないな。
どっちも劣等感と同時に昔の華夷秩序から来る優越感も持ってるね。
韓国人は黒人やアジア人への差別が飛び抜けて酷いと聞く。

543 :日出づる処の名無し:04/02/13 01:59 ID:8lLoVJH+
>>537
俺はそういう風にランクづけしてるよ
別に右翼ではないけど
日本に生まれた時点で世界的には勝ち組
少しずれると北朝鮮だったかと思うと(((((((( ;゜Д゜)))))))ガクガクブルブル
日本はアジア全体で見ても
日本>>>>>>>その他>>>>越えられない壁>>>>>>>>>北朝鮮
日本人は優れた部類に入る民族だと自負してもいいと思うが

544 :日出づる処の名無し:04/02/13 02:00 ID:LZbb0kny
>>536
アメリカの外交政策は100年前から一環してて凄く単純で恐ろしい
アングロサクソン人種主導の世界戦略で、
米英濠加は絶対的な機軸の同盟でそれ以外の同盟国は
その時々の戦略で選んでいき、
アングロ以外の同盟国に対しては利用価値がある限りは支援し育てる、
けど予定外に強くなったり利用価値がなくなれば
一転して封じ込め破壊して軍需産業を潤す、
その繰り返しでいたって単純だ。

アングロ人種国でも白人国でもないのに
日本は強くなりすぎ邪魔になったので潰され、
アフガン、アルカイダ、イラク、イランと・・すべて一時期アメリカが支援してきたけど
冷戦が終わって利用価値がなくなったのでイラクは潰され、
イランも潰したいと思っている。

つぎの本音は中国だったんだろうけど、軍事的包囲網に関わらず
中国は経済発展を足がかりに急速に力をつけすぎ
すでにアメリカでさえ簡単に手のつけれない存在になってしまい
誤算だと思う。

545 :日出づる処の名無し:04/02/13 02:11 ID:LZbb0kny
日本はすでにアメリカに潰され忠実な子分としてふるまってるから
しばらくの間、アメリカに裏切られるようなことはないとおもうけど

いままでのアメリカのとってきた行動から見ても
遠い将来必ずアメリカは日本を裏切るときが来るから
アメリカとの関係がぎくしゃくしだしても
以前の太平洋戦争みたいに誘導されないためにも
アメリカ以外の準同盟的国存在の国が日本にとって必要だと思う。
北方領土問題が解決して平和条約結べたら・・ロシアが準同盟国として最適かな?

546 :日出づる処の名無し:04/02/13 02:13 ID:z3vTOOf9
ロシアは平気で裏切りそうだから怖い

547 :日出づる処の名無し:04/02/13 02:15 ID:qLrdjUj4
アメリカを軸にして海洋国家繋がりでイギリス、オーストラリアとの関係を深める。
インドもいい。
中露朝は論外。

548 :日出づる処の名無し:04/02/13 02:26 ID:LZbb0kny
アメリカと将来にわたって友好関係気づきたかったら
イギリス、オーストラリアとの友好関係は大事で
アングロ系移民を受け入れたり帰化者を増やしたり
混血なぞ国策でアングロサクソン系日本人を増やすしかないでしょ

でもアメリカ内でヒスパニック系の力が増してくれば
アングロ主導の外交政策も変わってくるかもしれん

549 :日出づる処の名無し:04/02/13 02:45 ID:EYqL1PEm
>>545
バブル崩壊してなかったら潰してたと思うよ。
潰しにかかってたようなもんじゃない?
もう1年バブルが持ってたらどうなってたか

550 :日出づる処の名無し:04/02/13 03:08 ID:yRB5ok9X
組む相手がいるとしたら第一にインドだろうな。
アングロサクソンの強さとおそろしさを一番理解しているのはインド人ではなかろうか。
と、イギリスの植民地政策を見て思う。インドのエリートは英語で教育されるし。
日印は手を携えて、
アングロサクソンと手を組みつつも特定の局面では共闘していこう。

551 :日出づる処の名無し:04/02/13 03:09 ID:QXX1tkU2
日本以外の亜細亜で、同盟に値する国がどれだけ有るのかね。

552 :日出づる処の名無し:04/02/13 03:18 ID:LZbb0kny
>>549
最近経済同盟といえるFTAを各国が交渉していってるけど
アメリカはオーストラリアとはFTA交渉してつい最近合意したけど

日本とはFTAを組もうとは言わない・・・

あくまでも日本は競争相手であり80年台みたくまた経済が強くなりすぎれば
あのてこのてで潰しにかかってくるということだね

中国の存在は台湾問題などでうざいけど面白いね
すでに12年間ほど連続で中国から見れば日本は最大の貿易国で
中国の発展は日本の影響が大きい、近年では日本にとっても
アメリカに匹敵する貿易国にまでなり実質的に
経済の相互依存関係はアメリカ以上だ。

アメリカも中国に投資してるけどいずれは80年台の日本にしたように
ズドンと崩壊させ潰したいはずだけどうまくいくとは思えん
武力で破壊するのもすでにリスクが大き過ぎるし
結局中国の台頭をゆるして利用して儲けるしか手がないと思う

アメリカは情けないことに最近台湾への態度が冷たく
中国に気を使い出してる・・・
アメリカは民主主義よりアメリカの超大国の維持と覇権優先だから
中国の超大国化が防ぎようないと見れば今までの対決姿勢やめて
2極体制で覇権を維持しようと台湾を見捨てて
中国にすりよる可能性は十分あると思う・・

日本は超大国化しそうな中国との関係が大変だ
日本を潰せば中国経済が崩壊するぐらいに
経済影響力を握っておくことが大事だと思う

554 :日出づる処の名無し:04/02/13 03:47 ID:Ys7RPwq+
>>543
あえて言うけどそれは傲慢だろう。
確かに遺伝的なもの(理解力、物覚え、器用さ、体格とか)で
ある程度優劣ついてしまう事もあるだろうけど
しかし、人の能力のほとんどはやはり親と周辺の習慣から来るものだよ。
鼻っから日本人は優れていて
他の亜細亜諸国の人間は比べれば劣っているという観念は(・A・)イクナイ!!

ただ、日本人>>中国人・朝鮮人ばかりはあってると思う。

555 :日出づる処の名無し:04/02/13 05:18 ID:1ianBiAN
アジアには日本くらい豊かな先進国がまだ・・・
韓国は庶民の生活水準高いほうだから話も合う場合が多いと思うが今後は?
中国なんて一部の人間以外はひどいもんでとても対等に話ができるとは思えん。
両国とも反日DQNだし(涙

556 :日出づる処の名無し:04/02/13 05:27 ID:O1Vu0nqU
知り合いのドイツ人から聞いたが、
役所行ったとき相手が白人(自分)だと窓口の人は敬意をもって接していたのに
フィリピン人の友人の時は少し尊大に対応していたらしい。
うちが田舎だからかもしれないけど、こういう人多いとのこと。

557 :日出づる処の名無し:04/02/13 07:30 ID:om7fw9zs
ばかにされてもしかたのない国ってあるよな。表立っては言わないけど。

558 :日出づる処の名無し:04/02/13 08:03 ID:sM6zjU02
欧州諸国でも貧乏国出身は軽く見られやすいぞ。

559 :日出づる処の名無し:04/02/13 08:05 ID:I40DbZOG
>>556
まあ、あれだ。明治維新の折の西洋ショックはけっこう尾を引きずってる、
って気はするな。

561 :日出づる処の名無し:04/02/13 09:26 ID:DFSj/rs+
>>556
フィリピンも不法滞在だのなんだので元々の印象悪い国だろ

562 :日出づる処の名無し:04/02/13 09:45 ID:6UW5KUk9
インドと組め・中国と組め、なんて意見はどうかな。
現在のアメリカの国力と比べたら比較対象にもならんよ。
更に最近アメリカの日本への理解ってすごく進んだと思う。今ぐらいの理解が
戦前あったら戦争にはならなかったかも。今アメリカにとって日本の重要度は
イギリス並らしい。少なくとも「今は」だが。
少なくともアメリカは「自由と民主主義」の為に戦争してきた。民主主義国家
以外とは戦争してないんじゃないかな。全面的にアメリカが正しいというつも
りはないけど、中国やインドよりはるかにましだと思うげとね

563 :日出づる処の名無し:04/02/13 10:17 ID:6eQBIUSO
人口問題さえ解決できれば、鎖国でもいいんじゃない?
最近、マジでそう思うよ。
科学発展、経済発展の先に、明るい未来が待っていると思えないもの。

564 :日出づる処の名無し:04/02/13 11:02 ID:vL65YqUp
同盟組むならインドとドイツとタイかな。

565 :日出づる処の名無し:04/02/13 11:36 ID:qYkJcl6s
...いわゆる軍事同盟なら、選択肢はそんなに多くないぞ。
それに、実際に仮想敵国を想定してそれに効果的であろう国と同盟結ばなきゃ。
...つうか、どう転んでも一番重要なのはアメリカだろう。
鎖国は俺もいいと思うが、これだけ経済規模がデカイと、
もう世界が日本をほっておかない。
...結局、アメリカとの関係の”質”をいかにこれから向上させていくか?
に尽きると思う。
警戒感をもたれないように、いかに干渉を少なくできるか...。

566 :日出づる処の名無し:04/02/13 12:24 ID:x9ZOy6ej
>>563
80年代前半が延々と続く世界ってのがあれば良いな・・・と思ったが、
さんざんアニメでやってるネタだな・・・

567 :長門 ◆fHUDY9dFJs :04/02/13 12:50 ID:37cf0OCh
同盟するとしたら
日米安保を拡大する形で、
日本・アメリカ。オーストラリア・ニュージーランド・フィリビンの5カ国同盟
続いて、日本・インドネシア・マレーシアの3国同盟
さらに日印同盟
この3つの同盟があれば、シーレーンは確保される
もちろん憲法9条の廃止が前提

568 :日出づる処の名無し:04/02/13 13:01 ID:h1OGKZES
鎖国するとなると食料自給の点で大問題だな。
今の日本の食料自給率は40パーセント。人口が多すぎ。
あとはエネルギーの問題かな。

571 :日出づる処の名無し:04/02/13 13:50 ID:JstTjKEu
食料自給率上がったんだ、知らなかった。
おれが石原慎太郎の本を読んだときは27%って書いてあった。

572 :日出づる処の名無し:04/02/13 13:53 ID:1ianBiAN
日本人の日常の食生活にに必須の大豆が国産4%ってのが痛いな。
大豆がないと味噌汁も醤油も豆腐も・・・

575 :日出づる処の名無し:04/02/13 14:03 ID:x10YJ4Zo
インドはあくまで中国封じの為と思ってた方がいいと思うな。
いつまでもカーストの悪癖を引きずっているような国は
中朝韓と五十歩百歩だよ。中流階級が国民の大半を占める国以外は
願い下げなのが本音だわ

577 :長門 ◆fHUDY9dFJs :04/02/13 14:23 ID:37cf0OCh
>>575
インドの意義は中国封じではなく、シーレーン確保
空母機動艦隊を持てるのであれば、インドなんぞいらん
ようするに、インドに海軍基地と空軍基地を確保するってことね

585 :日出づる処の名無し:04/02/13 15:38 ID:a51jax+B
>>577
>インドの意義は中国封じではなく、シーレーン確保
兼ねてるんじゃない?
中国はしきりとインド洋にでるルート確保しようとしてる。
マレー半島のインド洋側の島を借上げたりしてなかったっけ?
日本にとっちゃ、中国を太平洋側だけ封じてればいいという状況でもない。
東南アジアはもちろん、インドとも協力しないと
中国の極東を完全制御下に置こうとする動き封じられ無いよ

576 :日出づる処の名無し:04/02/13 14:12 ID:h1OGKZES
現在の日本人の一日の摂取カロリーは2700ほど。
とは言っても、実際には捨てている食料が多く、(2割ほど)
それを考慮すると日本人の一日の摂取カロリーは2200ほど。

ちなみに第二次大戦当時のドイツ人は1800ぐらいに設定されたらしい。
で、縄文時代の人間は800。
鎖国していた江戸時代はどのくらいだったのかな?おそらく1500以下だと思うけど。

578 :日出づる処の名無し:04/02/13 14:45 ID:jrAcXMdp
>>572
食用に限るなら自給率はかなり高い筈。
大豆のもう一つの利用法、飼料がほぼ輸入頼り。
よって肉を諦め、工場生産に切り替えるだけで日常生活分はなんとか思われ。

579 :日出づる処の名無し:04/02/13 15:06 ID:VB6FMqGs
>>568 >>576
それじゃ、カロリーを2000に抑えて残飯出さずに
食料生産量もう少しあげれば自給率100%も夢じゃない?

581 :日出づる処の名無し:04/02/13 15:10 ID:OXatDI2F
二耗作にすれば何とかなるんでない?

582 :日出づる処の名無し:04/02/13 15:17 ID:nBWkFcrE
>>579
残飯を出さないと、古事記が大量死するかもしれませんw

583 :::04/02/13 15:31 ID:KpHNUPBr
米の備蓄が1年あれば十分じゃないの?
その間になんか植えれば。

584 :日出づる処の名無し:04/02/13 15:34 ID:h1OGKZES
>>579
俺が思うに日本の潜在的な生産可能量は現在よりもっとある。
事実、海外からの安い食料の輸入によって日本の耕作地は減ってしまった。
それらのもともと耕作地だった土地を再び耕作地として活用し、
また新たに耕作地となり得る土地もまだまだあると思われるのでそれも農作地とする。
そうすれば現在の無駄かつ大量消費な状況においても
食料自給率は60パーセント程にはなると思う。
また、玄米はビタミン、たんぱく質ともに非常に優れているので、
白米でなく玄米のまま食すれば栄養面でも有効である。
つまり野菜を作るための耕作地の負担を減らすことができる。

586 :日出づる処の名無し:04/02/13 15:40 ID:h1OGKZES
そして現代は江戸時代よりはるかに農業技術が進歩している。
戦後直後~1950年代と比べても段違い。
ちなみに1960年ごろは食料自給率80~85パーセントぐらいだったと思う。
当時は人口が今より少なかったけどね。

587 :日出づる処の名無し:04/02/13 15:43 ID:h1OGKZES
まあ何にせよ食料という生活最必需品で
首根っこを海外に掴まれているのはかなり苦しいよな。
何かあったらまず食料が第一で、工業製品なんか2の次3の次。
というわけで日本の製品が海外に売れなくなったら大変だわな。

588 :日出づる処の名無し:04/02/13 15:51 ID:h1OGKZES
食料自給と鯨と穀物メジャーの関係は知っているよな?

589 :日出づる処の名無し:04/02/13 15:58 ID:nBWkFcrE
>>583-584
藻前らは農業をやったことないだろ?
簡単に増産できると思ってるようだが・・・。
増産を開始したとしても、その成果が表われるのは3~5年くらいはかかるぞ。

590 :日出づる処の名無し:04/02/13 16:13 ID:h1OGKZES
>>589
俺は農業の経験は無いよ。
まあ成果が表れるのに時間がかかるのは分かってるけどね。
ただ現代ではトラクター、人工肥料などがあるし、
昔の手作業、堆肥撒きでの地ならしよりは時間がかからないんじゃないかな。
よく知らんけど。

まあ何にせよ今は作っても国産は高くて売れないし、
海外から安い作物を買うのを半ば強制されているというのが実状だから、
耕作地を増やしたくても増やせないんだよね。

591 :日出づる処の名無し:04/02/13 16:20 ID:h1OGKZES
やっぱり鎖国するとなったら大変なんだろうな。

592 :日出づる処の名無し:04/02/13 16:51 ID:JpquVA6k
アスファルトなど舗装された土地は農業用に転換するのは難しいと聞くが。
砂利が混ざるのがアウトらしい。

593 :日出づる処の名無し:04/02/13 16:57 ID:QXX1tkU2
共産軍みたいに山を畑にしろ。

594 :日出づる処の名無し:04/02/13 17:02 ID:kGnF3JPu
高層ビルの全ての階を農業地にできたりしないの?
最近では技術の進歩で土がなくても野菜育てたりできる聞くのだが。
詳しい事教えてエロイ人。

595 :日出づる処の名無し:04/02/13 17:05 ID:nBWkFcrE
>>594
そんなことをしたら、コストがかかりまくりで高くつきすぎるゾw

596 :日出づる処の名無し:04/02/13 17:43 ID:tPiothgy
日本が食料自給率を上げると海外からものスゲェ圧力かけられるんじゃないの?

597 :日出づる処の名無し:04/02/13 17:47 ID:BcxYhP8h
>>596
ありそうだねー。日本の輸入で持ってる国としては死活問題だろうし。
ってか、以前米がまだ100%の自給率を誇っていた時も、
外国からの圧力が物凄かった記憶がある。

598 :日出づる処の名無し:04/02/13 17:50 ID:nBWkFcrE
>>596
それはない。
今後は、人類の人口爆発の為食料が足りなくなる地域が出てくるはずだ。
その時、逆に自給率の低さを糾弾されよう・・・。

600 :日出づる処の名無し:04/02/13 18:01 ID:V0twMKr0
>>598
それは絶対無い。今すでに世界の半数以上が飢えてるっつーの
富める者と飢える者は現時点ではっきりしているけど、
糾弾されたなんてこたぁない。
つか、今すでにアメの食料産業からの圧力あるじゃん。

601 :日出づる処の名無し:04/02/13 18:03 ID:QXX1tkU2
「食え~、食え~」って周りから言われてるうちが華ですよ。

602 :日出づる処の名無し:04/02/13 18:10 ID:nBWkFcrE
>>600
漏れは、その飢える者が今よりももっと極端な状況になってくると
思っているので、過去は兎も角未来は・・・?と悲観している。

603 :日出づる処の名無し:04/02/13 18:13 ID:NPSkhjxK
>>574
結局そうなるのかな。
現代の農業っていってもトラクター動かすのにも
生産物を消費者に届けるのにも石油がいる。
化学肥料もそう。
いくら食料自給率をあげようとエネルギー止められたら終わり。
全体として考えないと。

ソ連崩壊時、農業地帯では農作物を作ってるのに
それを運ぶ列車を動かす燃料が不足して
大量の農作物が貨車に積まれたまま腐っていった。
そして都市部では食糧不足で価格が暴騰した。

604 :日出づる処の名無し:04/02/13 18:20 ID:QXX1tkU2
石油が切れたら人間は中世の生活に戻るしかないのか。
代替エネルギーの開発は必須だ。

605 :日出づる処の名無し:04/02/13 18:23 ID:AgEZhvCW
食料禁輸は、人道上、国際的に非難を受ける。
みしろ石油禁輸の方があり得る。

606 :日出づる処の名無し:04/02/13 18:30 ID:V0twMKr0
>>602
人口増えてるのは途上国だけだろ。先進国はどこも少子化。
飢える者は、学を持ちえず強い影響力を持てない。
大抵の場合、途上国は食料を先進国に売っているんだから
自給なんてされたら、たまったもんじゃあないだろう。
どんな極端な人口爆発でも、途上国で地獄が展開されるだけだ。
俺たちゃ運がいい。日本に生まれた時点で宝くじにあたったようなもんだ。

607 :日出づる処の名無し:04/02/13 18:36 ID:uqJc07g+
かつてドイツが空中窒素固定法を発明した時、
世界中が驚いて「ドイツは空気からパンを作った!」って驚いたんだよ。

窒素は肥料になるからね。
後、石炭から人工石油を作ったりして、
大戦中はこの人工石油のプラントが空爆されるまでは
ドイツは燃料不足にならなかったというしね・・・
まあ、科学力があるという事はいい事だよ。

というわけで、日本も見習って空気からいろいろ作らないか?海水からでもいいよ。
海水なら無限にあるし・・・・つーかね、
領海内に石油也ガスなりメチャクチャありそうなんだからさ、
それを開発すればライフラインなんて一発解決。
わざわざアラブまでタンカー回さなくていいじゃん。
というか売れよ、イギリスの北海油田みたいに。

中国なんて全然怖くない、金も資源も日本の領海内は宝の山。

608 :日出づる処の名無し:04/02/13 18:40 ID:uqJc07g+
あれだよ、日本がその気になれば、田んぼなんて無くても海で巨大養殖場を作って
食糧難解決なんでねーの?野菜無くても海草の類を大量養殖すればいいしさ。

魚も遺伝子改造バンバンやって3ヶ月くらいで大きくなるようにしちゃうの。
日本人を飢えさせるのは至難の業だよな。
科学技術さえあれば鎖国したって平気だよな。

618 :日出づる処の名無し:04/02/13 19:40 ID:h1OGKZES
>>599
穀物メジャーとは、アメリカや一部の欧州の大農場から生産される小麦を始めとした
パン、麺、米などの主食となる作物を全て管理し、
それを世界各国に売る超大企業のことである。

ところで、人の生活には主食(穀物)が欠かせない。
主食は人のカロリー摂取量の3分の1~2分の1を占める。
また、家畜を育成するためにおいても穀物は必要である。
この食に欠かせない穀物を全て一部の企業に支配されたら大変なことである。
で、穀物メジャーの究極の目的は、世界の食料を管理することにある。

しかし、この穀物メジャーでも管理できないものがある。
それは土地をから生産されるものではなく、海から生産されるものである。
つまり魚介類である。

ご存知の通り、日本は魚文化の国であり、魚が食を支えている。
またかつては鯨も食べていた。しかし、戦後は鯨をとることを禁じられた。
そこで、鯨を捕獲してはいけなくなるとどうなるのか?ということである。
鯨を食べられなくなるということはもちろんだが、問題はそこだけではない。
鯨は多くの魚と魚の餌となるプランクトンを食べる。
そして捕鯨をしなくなったことにより鯨はその数を大きく増やした。
現在では魚の捕れる量が以前よりどんどん減っているのに鯨の数は増えているのである。
このままでは海には鯨が多くて魚が少なくなるという状況になるだろう。
本来は魚の数を保つためには鯨の数も管理しないとならないのである。

で、この捕鯨を禁止している団体を支援しているのが穀物メジャーなんだそうだ。
鯨を知的生物だから捕ってはいけないというスローガンを掲げ、海の生産量を減らし、
土地による生産物の依存度を高めさせようという目的である。

619 :日出づる処の名無し:04/02/13 19:51 ID:abDqIapE
失業者やフリーターを国が雇って農業させたらどうかねえ。
んで自給率の低い大豆とか作る人には援助金だしたりとか。

622 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:00 ID:h1OGKZES
ていうかロシアは石油がなくなったらどうすんの?寒くてたまらんぞ。
木材という木材を暖炉に放り込むのか?シベリアが荒野になるぞ。
それともやっぱり南下政策をとるのか?

623 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:04 ID:pyvX1jkw
>>622
京都議定書に批准しない

624 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:07 ID:Ee/or5IX
>>618
人間がクジラ食い始める前の生態系に戻るだけとは考えられんか?

625 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:13 ID:h1OGKZES
>>624
え?なんで?

626 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:17 ID:vL65YqUp
そのためのウォッカ

627 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:20 ID:L01YH9Xc
>>624
人間が獲る量が爆発的に増えた事を計算に入れろ。

628 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:23 ID:n4a4hwTh
この前TVでロシアの特集やってたんだけど、画面に出てるロシア人、
どうみても東洋人のような顔してたんだけど、どうゆう事?

629 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:26 ID:iSWSfvAI
>>628
モンゴル寄りだったんだろ

630 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:28 ID:WUgepLMS
>>622
ロシアのエネルギー消費の大半は天然ガスで石油依存は2割ほどしかないので
石油が枯渇しても無問題です。

633 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:47 ID:Y8kv+07M
鯨が減ったのって、幕末当たりの時代とかの船に必要で、
油とりのためにアメリカの船が乱獲したためだって話もあるよ。
そっちの乱獲の方が数が多かったんだってさ。

636 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:53 ID:H9QZlA9k
>>633
船に必要なんじゃなくて、灯りとか用の油のためね。
蒸気船の薪や捕鯨船の水と食料のために日本に開国をせまったのと
ごっちゃになってない?

637 :日出づる処の名無し:04/02/13 20:56 ID:4ngsfeZ/
>>633
鯨油のためだけに鯨を捕ったアメリカ
スカート膨らませるためだけに鯨を捕ったヨーロッパ
身は喰わずに捨てたってんだからなぁ

638 :日出づる処の名無し:04/02/13 21:02 ID:h1OGKZES
日本は鯨の骨まで使ったのにな。

641 :日出づる処の名無し:04/02/14 00:11 ID:TgDP5uW2
>637
当時は冷凍保存の技術が無く、遠洋で捕った鯨を運べなかったという理由もある。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(39) | TB(0) | ▲ top
<<韓国に追い抜かれる日(part21スレ) | メイン | 日本人のルーツ(part21スレ)>>
コメント
-  -
>跡継ぎ問題
ほう。そういう所もあるんだね。
うちは親の兄弟にも土地を分けてて、だから今の私の兄弟にも、という話らしい。
相続権の話・・・なるほど、確かに。他の農家の後継ぎ問題の話なんて聞かないから、ためになります。
私も女ですが、兄弟にあまりする気が無いのと私が農業好きという事もあって、婿を取って継ぐか弟が継ぐかが焦点ですね。
うちの場合の優先順位最下位は長男だ。

日本農家は大変だけど、頑張れる限り頑張ろうと思いますよ。なんだかんだ言って祖先が守って続いてきた農家ですからね。たとえ赤字でもorz
弟が継いだとして、継いでもいないのに口出しするのはさすがにお節介だからやっぱり自分が農家をやっていきたいな・・。女で継ぐのは珍しいから、って父は渋ってますけどね・・。
2009/11/25 18:41  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
田舎に行くと荒れた農地が結構ある
土地を有効活用出来てないと思う

それと脱亜入欧について、イメージで語ってない?
福沢諭吉の著作を読めば何故中国人(=亜細亜)を軽蔑するのかはっきり書いてあるし
欧米コンプも的外れな指摘だと思うけどなぁ
2009/11/25 00:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>跡継ぎ問題
それは農家の決まりじゃなく、相続権の問題じゃないの?
現行法では、親の財産は基本的に子供に等分相続される。でも、それだと農家を何代にも渡って継ぐことは不可能だし、だからと言って全ての土地を1人の跡継ぎに継がせるのは法律もあってトラブルの元になるから、等分ではなく一部を分割して譲ることで和解させ、それ以上の土地を渡さず、少しでも多くの土地を家を継ぐ子供に残すための知恵だったんじゃないかと。

私は米農家で弟が二人いるけど、学生の時に兄弟間で話し合って、地元に残って親と同居し、家(農業)を継ぐ人が全ての財産を受け継ぐことになってる。
誰も家を継げない場合は、親の面倒を引き受けた人に全ての財産を譲る(ただし実子がいること)とか。
兄弟間で最年長の私は大学の農学部を卒業して実家から通える就職先を見つけたけど、女だから家は継げないだろうということで、優先順位は最下位。

ウチの跡継ぎ問題はそんな感じ。
2009/11/24 23:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
スレと同じように日本人じゃないのがまた湧いてきたなw
2009/11/24 21:00  | URL | #O3NYc0SA[ 編集] |  ▲ top

-  -
問題は中国人の面倒を見る日本人のコストだな
少人数じゃ割に合わん、大人数じゃ日本人が潰れる可能性がある

新人教育やり直しレベルだからなぁ~
2009/11/24 10:47  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本人なんてそのうち中国人の奴隷だろうな。
民主党なんて選んだ時点でこの国の国民はいかに馬鹿かわかったよ。
まあせいぜい頑張れよ小日本。
2009/11/24 10:31  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「偽装農家」の問題もあるからなぁ…
2009/11/24 05:19  | URL | #Ock1GnUU[ 編集] |  ▲ top

-  -
所謂、タワケ(田分け)者だね。

司馬が嘆いたとおり、結局、土地税制の不備のまま高度成長に突入し、農地が金脈に化け農家を金の亡者に走らせ日本中が狂ってしまった。

そんな金塗れの環境で、農地の保全が出来るわけが無い。
角栄といい、一国の宰相が率先して法の不備をついて資産を築いたような国柄だもん。
今の農地荒廃は完全に政治の不在が原因だ。

西部池袋線大泉駅整備で、農地を手放した地主は700億円で売却。その費用は最終的にマンションを買った住民が支払う訳だが、どう考えてもおかしいだろ。


2009/11/24 02:58  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
自給率ねぇ・・・。
農家生まれの私が言うが、今の農家が少なくなってるのは跡継ぎとかの問題だけじゃないと思う。最近になって家族内でその話題(跡継ぎ問題)が出てふと思ったんだが。
いわく、「男の兄弟が家(農家)を出る場合は土地を一部譲る事」
これ、基本的な農家の決まりらしいんだよ。ちなみにうちには、私以外に兄と弟がいるんだが、もし私が後を取る事になった場合、兄と弟二人に今ある田んぼの土地を一部譲らないといけないんだ。兄は農業する気が無いので田んぼをおそらく潰して売るだろう。弟も多分せず、売るようにするはずだ。
で、ふと思って親に聞いてみた。
「こうやって、兄弟にどんどん土地分けていったらいつかは消滅するんじゃないのか?」とだ。
実際うちだってそんなに大きい土地を持ってるわけでもない。それを切り売りして兄弟が持っていくと、すごく小さくなる。昔は田んぼを一部貰っていった兄弟も、その田んぼを存続させてたと思うけど、今は後を継がないのに残す人間なんてほとんどいないんじゃないかと思う。
これでもし私に男の子供が4人出来たとする。跡取り以外に土地を分けたら、もう残ってる田んぼなんてなくなると思う。農家の消滅だよ。
今現代の一農家の現状はこんなものですが、これに対して何か対策が欲しいところです。私は農家好きなので、折角の農家が途切れてしまうのは非常に忍びない・・。
私は頭が良いわけでも無いので単純に気になった今の農家の問題。もしくは少し先にある農家の問題かな。
2009/11/24 01:42  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
やり方次第………一番手っ取り早いのはやっぱりサツマイモかな。ジャガイモより痩せてる土地でも育つし、ぶっちゃけ学校の放棄花壇でも堆肥と石灰をちょいと混ぜれば売れるくらい立派なのが育つ。
もともと農地だった耕作放棄地なら、4~5年放置されてようが全然平気だし。

あと下肥に関してだけど、寄生虫とかが心配になってくるのは、きちんと発酵させてない不完全な堆肥。何回も切り返しをして作れば、70℃以上の高温に断続的に、しかも長期に渡って晒されるわけだから、病院や中毒の恐れがある菌や寄生虫はほぼ死滅してしまう。残ったとしても、知らずに免疫がつく位だよ。
あとは人糞だけでなく、野菜くずや稲藁・麦藁、それこそ杉の落ち葉なんかを混ぜてやれば、下肥と言えど安全でいい堆肥はできる。

昔は切り返しが不十分で十分に好気発酵をさせていない下肥を使っていたから、寄生虫や病院の心配があっただけ。
2009/11/24 00:32  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
共産党独裁が続く限り、中国との同盟は無理だわ。

オレはアングロサクソン国家と組むのは良いと思うけどね。微妙に欧州とも距離を取れるし。
2009/11/24 00:24  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>5477
鳥類はまた違う法律があるんだ。
鶏や七面鳥、鴨なんかはダメだよ。

ただ、これはどんな家畜にも言えることだけど、自分で殺して自分で食べる分には問題ない。違反にもならない。条例とかで保護されてなければね。
でも、それを食用として供給するのがダメなだけ。猪肉によるE型肝炎の被害例なんかもあるから、危ない。
また、鶏やウサギくらいならまだしも、牛を解体するにはそれなりの施設、そしてその他の動物でもある程度の知識が無いと解体は難しい。いやマジで。大学で豚や鶏を解体したことがあるけど、ある程度知識がないと肉に血をぶちまけたり、消化器官内容物をぶちまけたりしてしまう。
2009/11/23 23:58  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
※5478
>>逆に理屈と雇用の圧力さえあれば日本人の半分よりはよほど役に立つ。

中国スパイを甘く見ちゃいかんぞ。
2009/11/23 23:50  | URL | #O3NYc0SA[ 編集] |  ▲ top

-  -
つか現在の日本農業のシステムは一切自給率を高めるベクトルに向かってないんだよな
自給率をあげる(あげやすい)作物じゃ儲からないし
2009/11/23 20:18  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
米5480

人糞を原料にする下肥の場合は寄生虫やら病気やらなにやらでいろいろ問題がありますです。時に野菜を生食することが普通になった現代ではマズイ。
もともと腐葉土などを原料にする堆肥の不足でやむなく使ってたようなものですので、下肥に頼る前提なのはぞっとしません。

そして本来の肥料である堆肥を使おうとした場合、明治期よりも現代のほうがより厳しい状況です。壊滅的といってもいいかも。理由はアレですね。広葉樹林を杉に植え替えたて杉山ばっかりになっちゃったから。

とはいえ、リン鉱石がなくなっても産業廃棄物から回収したり、海産物からリン分を回収したりなどまったく手が無いわけではないのですが、問題はコストなんですよね。
2009/11/23 20:10  | URL | #efS36VHA[ 編集] |  ▲ top

-  -
そう言えば、今でも日本って、中国に金渡してるんだよな。OGAったか何かで、かなりの大金。
それ、もう辞めても良いんじゃないかと思うんだけどねぇ。
中国は、自前でロケット飛ばせるんだから、援助の必要ないんじゃないかと考える。


……もちろん、皮肉ですよ?
2009/11/23 20:03  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
米5478

その中国人を駆逐できるのがインド人だ。
2009/11/23 18:40  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 食糧自給率については明治初期の人口が約7500万人だったと思うから
耕作面積が増えてるし、やり方次第でかなりの自給率に持って行く事は可能じゃないかな?
*肥料には昔懐かしの「人糞」ってのがw
 ブラックバスやライギョ、ブルーギルと言った食用目的で入って来て野放しになってるのもあるし

 贅沢をしたまま自給率を上げるのは難しいけど、悲観するほどの事も無いと思う
2009/11/23 18:20  | URL | ちんちろりん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんだか、今回のコメ欄は
知識が凝縮されてる気がする!

頭のイイ奴、俺の分まで頑張ってくれ!
2009/11/23 17:06  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
IT業界だと日本人より中国人のほうが重宝されている部分があるけどな。
ぶっちゃけ日本に仕事に来る中国人のほうが頭がいいやつが多い。
あの文化の中で育った性格は非常に厄介だが。
逆に理屈と雇用の圧力さえあれば日本人の半分よりはよほど役に立つ。
2009/11/23 15:35  | URL |   #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>5476
鶏や鳩、食用蛙なんかはOK?
あくまで興味本位だが。

みんなのコメ読んでると、技術的には頑張れば鎖国ってそんなに無理な話じゃないような気がしてくるなぁ。
あとは他国の圧力とかそういった問題か……
2009/11/23 12:58  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>5470
「と畜場法(↓)」によると、現行法では牛・豚・馬・羊・山羊はダメだけど、その他の獣については記述がない。
ttp://www.houko.com/00/01/S28/114.HTM
食品衛生法なんかの制約で売るのはダメだけど、「と畜場法」で定義されていない動物(鹿や猪、兎など)は、食肉として供給する際の疾病確認や、解体時における衛生対策などの法定基準は設けられていないから、解体方法を知っていれば自分で屠殺も可能だよ。
まあ、野生のを一般住民が捕獲するのには、自治体の許可が必要だったりと手続きがややこしいけど。

もう一回言っておく。
鹿や猪、兎は自分で屠殺可能だけど、売るのはダメだからね。
食品営業許可証が必要だから。
2009/11/23 10:58  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
食料自給率の話題。
土地と人さえあれば増産できると思ってる人がけっこういるが、土地は工業で言えばあくまで工場にあたるもので、工場の中で組み立てるための原料について知らない人が多すぎる。

今は人工肥料(化学肥料)があるから江戸期に比べて農業は進歩してるとか、おめでたいにもほどがあります。
その化学肥料を作るための原料であるリン鉱石の産出が日本はゼロなので、これを輸入できなくなるともうどうにもならない。そしてリン鉱石の埋蔵量はあと20年くらいしかもたない。
植物は窒素・リン・カリウムが無いと育たない。
化学肥料の発明によって、リン鉱石という本来自然循環してなかった「リンの貯金」を使うことで世界人口はものすごく増えた。(化学肥料発明年からの人口増加率を見ればわかる)今の世界人口は、いわば、湖にリン分を多量に含む汚水が流れ込んだときに藻が大量発生するのと同じような現象がおきているだけ。
リン鉱石が尽きればかつての自然循環の状態に戻るのだが、その場合では江戸期より今のほうが失われた農法、社会環境も多く、循環率は低くならざるを得ない。

正直なところ、今後日本で今の人口をキープしようとすると相当がんばらないといけない。
2009/11/23 10:33  | URL | #efS36VHA[ 編集] |  ▲ top

-  -
カタコトですぐバレるってのも

国民性だね
2009/11/23 01:06  | URL |     #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
単に日本憎し答えてる奴なんていたか?
現実みたらこんなもんだろ。
2009/11/23 00:54  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
あえて言おう、鎖国厨と!

…しかし自給率はなぁ…地産地消も頑張ってるんだろうが
2009/11/23 00:50  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
肉の自給は穀物飼育を止め、ヤギ、羊、ウサギなど雑草でも飼える家畜に変え、尚且つ、ヤギくらいまでは自宅で屠殺許可可能なようにすれば相当な所まで行くよ。
事実、沖縄諸島などでは今でもヤギは自宅で屠殺してるんだから。
そんな状況になれば、捕鯨禁止など糞喰らえでドンドン捕獲し、蛋白源には全く困らない。
2009/11/23 00:26  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
鎖国して自ら背水の陣を敷くことで日本人は本気でやる気を出して自給率upになる・・・と思う。多分。きっと。
エネルギー問題だって必要に迫られたら本気でやる気になるって。

それはともかく、地産地消が良いと思う。
輸送にかかるCO2削減なるし、何より地元に愛着沸くし。
ただ都市部はそれだとどうなるんだろ?
地産地消なんて出来そうにないイメージあるけど。
2009/11/23 00:19  | URL | #Z6q2o9MI[ 編集] |  ▲ top

-  -
江戸時代の長崎みたいに必要最小限の貿易して、鎖国できないもんかなあ。
と、少し前まで思ってたけど、外国人排斥したところで内なるキチガイはどうしようもないんだよね。
しかも、けっこうな数いるし。
2009/11/23 00:19  | URL | #X.Av9vec[ 編集] |  ▲ top

-  -
>564同盟組むならインドとドイツとタイかな。

タイを勘違いしてるね。
タイの支配層はタクシンを見ても判るように反日華僑。だから天皇が訪タイした時に、天皇への不敬な振る舞いなどが起こる。
その華僑は宗主国の白人国家に擦寄り、白人の僕として現地人を搾取して支配層にのし上がった。
だから大東亜戦でも華僑が欧米国家のスパイ・ゲリラとして暗躍し、日本軍を苦しめ、戦後は現地人から赤狩りの対象として虐殺され、シンガポール等が華僑国家として独立した。
2009/11/23 00:18  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
続き

●柔らかくはなくなるけど濃厚飼料(トウモロコシや大豆)じゃなくて粗飼料(稲藁など)や飼料米なんかを餌に作った肉を食べる
●冷凍食品は極力食べない
●国産の魚を食べる

これで一気に食料自給率は跳ね上がる。
そういや、飼料米を餌にしたコメ豚は旨かった。
2009/11/23 00:18  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
食料自給率ねぇ。
自分は農学部出身だけど、単純に肉類を食べる量を半分に減らすだけで自給率が跳ね上がるのは知ってる。

自給率がなんたらって、所詮カロリーベースなんだから、単純に食べる量と比較すると、肉類や乳製品の割合が高くなるのは明白。
その高い割合を占める肉の自給率が低い。
と言っても、日本で食用とされている肉の半数以上(乳製品は100%近く)は日本産なんだけど、問題は飼料の自給率。
てか、日本は食料輸入国だからどうの……と言ってる人がやたら多いけど、その大部分が飼料用なのは意外と知ってる人が少ないのな。

日本の自給率は肉類(乳製品)の自給率に飼料の自給率を乗じて算出している。
例えば、肉類の自給率が70%で、飼料の自給率が30%だとすると、肉類の食料自給率は0.7×0.3=0.21 つまり21%になる。
現実の肉類の食料自給率はは5%くらい。


簡単に言うと、今とそこまで変わらない食生活をして自給率をあげるには、
●野菜や果物は国産を選び
●肉類を2~3割減らして
●肉を減らした分、芋類を多めに食べ
●肉を食べるなら飼料を大量に消費する牛じゃなくて鶏中心にし
●柔らかくはなくなるけど、濃厚飼料(トウモロコシや大豆)じゃなくて
2009/11/23 00:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>537多くの2ch住人は日本人>>中国人・朝鮮人というように
ランクづけしてるはずだ


否定はしないけど、そのランク付けは中韓自身がしてるわ。
本音が出るのは売春街の女の値段。
数十年前、香港での女の値段は日本女>白人>中国人>他のアジア人という序列だ。
2009/11/22 23:58  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
鎖国いいなぁ鎖国。
誰か本気でATフィールド開発してくれないかな。
それか飛行石開発して日本ラピュタ化してくれないかな。
2009/11/22 23:52  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
優越意識と事実明確な差を理解できない土人の妄想でしたw


とりあえず、隣の国は優位な相手に対して見倣おうなんて感情は湧きもせず
寄生して引きずり落とすことしかしてきてないんだよね、歴史的に、事実として

日本はこんなん相手に別段優越感なんて持たずエンガチョの線引きをしているだけであります
2009/11/22 22:43  | URL |     #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ああ~真面目に鎖国してぇなあ
2009/11/22 22:12  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
白人を基準に日本人を計られてもな
2009/11/22 21:48  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
人種の話のときはみんなスルーで数人しか書き込んでないなw
食べ物の話題になったとたん沸いてくる。

日本人が中国人、朝鮮人を嫌う理由は共産主義的に、政府を無くせ!伝統を無くせ!武器を持っていないものは叩いてよいと、思っているから、実際そうゆう行動をしてきているしね。人種の問題ではなく後天的、社会的なもの。
2009/11/22 20:26  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
単に日本憎しで答えてる奴がスレに湧くと話が進まん。

日本の近くに世界一うざい国家があるように、せめて日本人もスタイルぐらいは白人より劣ってないと完璧な人種になってしまうからな。神様がそう決めたんだよ
2009/11/22 19:49  | URL |              #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/120-b6e1f911
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。