2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
江戸時代のペット事情(part19スレ)
- 2009/10/08(Thu) -
507 :日出づる処の名無し:03/12/25 03:47 ID:tTH2yFSl
脈絡なく思い出したけど南極物語がディズニーにリメークされるって話、
どういう話になるんだろうな?動物虐待にはならんのかな。

大学の頃やった文化論で、日本は動物の枠内に人間がいると考え、
西洋(キリスト教)は動物を支配するものとして人間を位置づけている。
だから西洋人はペットに厳しいしつけをするし、飼えないときは責任をもって殺す。
「誰かが拾ってくれるだろう」って捨てたり、南極物語のように放置したりするのは
西洋では動物虐待だ、殺すのがしのびないという感情は
日本的なものであって理解されないのだ、って聞いた気がするんだよなぁ。

527 :日出づる処の名無し:03/12/25 21:23 ID:GG1y9vzi
>>507
「誰かが拾ってくれるだろう」って捨てたり

これだけは日本的な考えとしては納得できない
結局誰にも拾われず野良化、死亡するのも多いし
野良になってしまった犬、猫を世話してる人が責められる事があっても
里親を探す気も無く捨てた人は何の咎も受けない。
ペットに対して日本はちょっとな・・・

541 :日出づる処の名無し:03/12/26 03:33 ID:0N+L8UvW
>「誰かが拾ってくれるだろう」って捨てたり
>これだけは日本的な考えとしては納得できない

こいつって日本人的思考じゃないよね。悪い意味で欧米人。
猫は猫、犬は犬の人格があり生きるべき権利がある、
というか勝手に生きていけというのが日本人の思想。

飼えなくなったからといって殺すくらいなら、野良で生きていけと
解放するのが犬猫の人格を重んじていると思うね。
元々犬も猫も野良であるのが普通でしょ。
それともこの世が始まってからずっと人間のペットになるためだけに生きてきたとでも?
その為に作られた生き物とでも?

凄いよね、ペットをリストラされたら死ぬのが当たり前という思想が。
一体何様ですか?
野良で生きていくのが野生動物にとってそんなに生き地獄ですかね。
間違いなく、腐った女性が書いたものと認定します。

542 :日出づる処の名無し:03/12/26 03:39 ID:0N+L8UvW
うちのバカタレ雑種の犬は何処からきたのかも知れない雑種犬ですが、
餌をやったら勝手になつきやがってそのまま飼い犬になりました。
もし俺の一家がアパートにでも引っ越すことになって貰ってくれる人が居なくて
(誰がこんなボロ犬貰う?)どうするか?

そのまま野に放てばいいだけの事。元々そうやって生きていたんだから。
犬のほうでも勝手に殺すなと言うだろうよ。

それとも、今のペットの大部分は生まれつきペットだから野良の生活には耐えられない
可哀想だとでも言うか?
お前みたいな奴に飼われたペットこそ可哀想だよ。

543 :日出づる処の名無し:03/12/26 04:57 ID:TSlisucF
ワニとか虎とかヤバイのを飼ってるやつもいるし。

544 :日出づる処の名無し:03/12/26 05:00 ID:+YumrAqD
気持ちは分かるが言い方が良くない。日本人ならまったりと言いませう。

548 :日出づる処の名無し:03/12/26 15:08 ID:E/mgUetB
>>541
>猫は猫、犬は犬の人格があり生きるべき権利がある、というか勝手に生きていけ
>というのが日本人の思想。
なんでそんな風に「俺の感じ方こそ日本人的」なんて思えるのか不思議だ。
「生きる権利」なんて考え方は欧米的じゃないのか?
それに勝手に生きていく上で不都合があるから、殺す必要が出てくるんだろうが
野良犬は餌を貰えなければ、ゴミ捨て場を漁るから不衛生だし
糞尿は垂れ流しだし、勝手に自分の縄張りを作るし、
もちろん飼い主がいないからって自然にも戻らない。
野に放つ?保健所の職員に殺してもらうの間違いだろ?

最後に
>間違いなく、腐った女性が書いたものと認定します。
性別なんか関係無いだろうが…こういう議論と何の関係も無いところで
男女を意識して、それを攻撃の材料にする奴は非常に気持ち悪い。
田嶋陽子と同じ臭いを感じる。

549 :日出づる処の名無し:03/12/26 15:12 ID:E/mgUetB
後、>>507の南極物語についてだけど
当時の欧米人の主張は
「どうせ飢えて苦しみながら死ぬのに、なぜ殺してやらなかったのか」
だったと思う。
少なくとも「人間が管理できなくなったら殺すべきだ」
なんてハッチャケた主張は聞いた事が無い。

それと欧米人の主張は公開時期(80年代)から考えても
日本が憎いゆえの難癖とも思える。
もし殺してたら「日本人は自分の都合で犬を殺す冷酷な奴等だ」
ってなってた可能性も。
少なくとも動物好きにとっては、どちらも選びたくない悲劇的な選択だし

550 :日出づる処の名無し:03/12/26 15:47 ID:99yZa8pw
>「生きる権利」なんて考え方は欧米的じゃないのか?
欧米的じゃないね。欧米では動物は人間に従属する、物、だから動物に権利など無い。
人間が管理するべき物なんだから、
管理できなくなったら他人に迷惑をかけないように殺すわけさ。
日本人にとっては動物は動物であって本質的に人間と等価だから、
縁があればペットにするし、敵対するなら戦うし、縁が無くなれば又、離れるだけ。
野良犬が人間の生活のジャマになるのなら排除するだけの話で、
邪魔にならないのなら放って置くだけ。

動物は動物で勝手に生きろというのが日本人の思考だよ。
いらなくなったら保健所で殺してしまえという人間の思考は、
完全に生き物をゴミか何かだと思っている最低な奴の思考だよ。

551 :日出づる処の名無し:03/12/26 15:51 ID:99yZa8pw
>野良犬は餌を貰えなければ、ゴミ捨て場を漁るから不衛生だし
>糞尿は垂れ流しだし、勝手に自分の縄張りを作るし、
>もちろん飼い主がいないからって自然にも戻らない。
>野に放つ?保健所の職員に殺してもらうの間違いだろ?
凄いよな。動物の事を完全におもちゃかなんかと思っているよ・・・・・・・
人間のジャマになる度合いでどう対処するか決めればいいだけの話で野良になったら
必ず人間のジャマになるからというだけで殺してしまえというのもな・・・・・・

556 :448:03/12/26 19:32 ID:O7Bok35w
PHP社の「大江戸暮らし」によると
1804~29年くらいの文化文政期のころの江戸では
大名家などで飼育される猛犬や狩猟犬をのぞくと
殆どの犬は放し飼いで特定の飼い主をもたずに近隣の人になつき共存じてたらしいぞ。
路地口の木戸の隅には犬や猫が夜間に出入りできるように
「犬潜り」が設けられたそうな。
シュリーマン旅行記か、スエンソンの江戸幕末滞在記だったか
どっちに載ってたかはわすれたが
そのあたりにうろついてるような日本の犬が大人しい
(自国だか清国だったか忘れたが、他の国の犬は
すぐに吠えかかってくるという比較がのべられていた)というようなことが記述されてたので、
人になついていたというのは本当のことなんだろうね。

558 :  :03/12/26 19:57 ID:rAS2d+n4
>>556
そういうのいいなあ。柔軟な発想だよな。
むかし結婚も通い婚だったしね。
動物も男女もみんなでかわいがり合うのが一番いいよ。

565 :日出づる処の名無し:03/12/27 00:24 ID:z5V98jFJ
>>556
> そのあたりにうろるいてるような日本の犬が大人しい(自国だか清国だったか忘れたが、
> 他の国の犬はすぐに吠えかかってくるという比較がのべられていた)というような
犬にも国民性(?)ってのがありそうな気も…。
人間と一緒に暮らしてると、やっぱ犬もそういう性格になるんかね。
動物のジャポニスム。
しかし、アメリカン秋田はどう繁殖させたらあんなルックスに…。
性格も日本の秋田と違うんかしら?
柴も最近人気だが、数年経ったら秋田みたいにメリケン産は変わってくるのかな。

568 :日出づる処の名無し:03/12/27 01:44 ID:8NnTJzHZ
>565
秋田出身者として一言言わせてくれ。 
アメリカン秋田は一応「秋田犬」の系譜で日本出身だ。
ただ、戦前の秋田犬が専ら闘犬用として盛んに繁殖させられていたため、
西洋犬の血が濃くなったものがアメリカン秋田になったというだけ。
ちょうどこの関係は四国犬と土佐犬の関係に近いと言えるだろうか。
逆に言うと、純血の秋田犬を向こうで何世代飼おうと、
純血交配である限りは何処まで行っても「秋田犬」だ。

573 :日出づる処の名無し:03/12/27 03:18 ID:ua9w09Aw
小学生の頃、山で野犬の群れに囲まれたことがある。
俺と弟と友達の3人だったのだが、弟が1匹の犬に気がついた。
で、ふと周りを見渡すと、本当に10匹以上の群れに囲まれてた。
手には肥後の守しか持ってないし、本気でヤバいと思って、
3人で一斉に死ぬ気で走って山を降りた。
その時の事を思い出すと、今でも嫌な汗が出る。
逃げる途中、俺は腕を枝で5センチくらい結構深く切り裂いてしまった。
友達は草履だったから、足のつめを剥がしてしまった。

その後、大規模な山狩りが行われて、野犬は大方は駆除したらしい。
聞いた話では20匹以上だったそうだ。
イノシシなんかを食べていたのでは?という事らしい。

あの犬達が俺らに敵意を持っていたかどうかは不明だが、犬を捨てるのは良くない。
他人の迷惑を考えるべき。犬権よりも人の安全の方が大事。

577 :日出づる処の名無し:03/12/27 04:16 ID:ruUjM2Vr
渡辺京二著『逝きし世の面影』(葦書房)というとても印象的な本があります。

幕末から明治初めにかけて、欧米から多くの外国人が日本にやってきて
日本の印象を文書に書き残しているのですが、
当時の欧米人が見た日本とはどのような国であったのか。

それによると、日本の庶民には、狩猟や肉食の習慣がなかったこと、
人々は動物をいたわり大切にしていて、動物虐待などは見られないこと、
江戸(東京)は美しい庭園の街で、庶民に至るまで花や木を愛好していたこと、
おびただしい野鳥がおり、しかもまったく人を恐れないこと、
町中に野犬がいるが、それは町(地域社会)で飼われている犬だったこと、
その犬たちはまるまると肥え、道の真ん中にねそべっていたこと、
牛や馬、鶏は家族の一員で、それを殺すことは思いもよらなかったこと、
子供もたいへん可愛がられていて、子供が泣かないこと、
西洋人が牛や山羊の乳を搾るという行為に、日本人がショックを示したこと、
動物を殺して食べるという行為に、日本人が強い拒絶を示したこと、
などなどが、大きな驚きをもって書かれています。

578 :  :03/12/27 04:51 ID:tjRn+/gw
>>565
杉浦日向子さんによると、江戸では最初、野犬が人を襲うので夜の外出が危険なほどで、
犬は嫌われ者だったとか。それが綱吉の生類憐みの令で、
野犬はすべて「お犬小屋」で保護することになり、その結果町が安全になって
やっと、犬を可愛がるようになったんですと。
人間と犬の関係が変わったから、性質も変わったのかな。

582 :日出づる処の名無し:03/12/27 12:49 ID:WoY+emSA
>>578
生類哀れみの令ってマイナス面ばかり語られるけど、プラスの側面もあったんだねぇ~
にしても江戸時代って一度行ってみたい。
犬にとっても子供にとっても住みやすかったろうね。
動物虐待も児童虐待も存在しなさそう・・・・

583 :日出づる処の名無し:03/12/27 14:06 ID:iOgxuK8W
現在児童虐待とされる行為が当時は虐待じゃなかった、ってことはあるかもね。

584 :日出づる処の名無し:03/12/27 14:55 ID:BVebhdQO
プロ市民にとっては修正も制裁も躾も全て虐待なのさ。だからDQNが増えたのさ・・・

585 :こむぎやき:03/12/27 15:50 ID:5V3XyKUw
うちの会社にね、野良猫が居着いてるんですよ。
野良だから飼っているわけじゃありませんが、うちの母とかがエサやってるんです。
うちの会社は商売柄 米を大量に置いてあって、それを狙うネズミに悩まされて
いたんですが、猫が居着いてからというものネズミの姿を見なくなりました。
猫の方もうちの母がエサをやりだしてから悪さ(ゴミあさりとか…)を
しなくなりました。

野良ってエサをやるだけでは増えるものじゃないんですね。
子猫を産むんだけれど、一定の数以上には育たず その上個体の寿命が短く
世代交代が早いでつ。

591 :日出づる処の名無し:03/12/27 19:38 ID:2LAtegNI
加賀藩お雇い外国人教師第1号パーシヴァル・オーズボンに
中島町(七尾近郊)のある百姓が、何も知らず売り払った牛が、
殺されて食べられるという噂を耳にした彼は、
あわてて買い戻しに駆けつけたが、その時にはもう遅く、
彼の牛は既にオーズボン一家の食卓に載った後であった。
嘆き悲しんだ彼は、この牛を売って得た代金でこの石碑を建て、
その菩提を弔ったという。
その石碑は今も七尾市小島町の寺・妙観院に牛追善塔として残る。

「『伊藤は私の夕食用に鶏一羽を買って来た。
ところが一時間後に彼がそれを絞め殺そうとしたとき、
持ち主の女がたいへん悲しげな顔をしてお金を返しに来て、
自分がその鶏を育ててきたので、殺されるのを見るのは忍びない、
と言うのだった』 
その鶏は、卵を産むことで一家に貢献してくれた彼女の家族だったのだ」
(紙魚)

593 :日出づる処の名無し:03/12/27 20:04 ID:2LAtegNI
>>583

明治に来日し東大の教授を勤めたアメリカ人動物学者モースは
著書「日本その日その日」(平凡社・東洋文庫)に次のように書いている。

「日本は子ども天国だ。
世界中で日本ほど、子供が親切に取扱われ、
そして子供のために深い注意が払われる国はない。
ニコニコしている所から判断すると、
子供達は朝から晩まで幸福であるらしい。」

親が子どもをしかることも、手を上げたりすることも
見たことがなかったという。
日本人の母親ほど辛抱強く、子どもに尽くす母親はいないとも思った。

「小さな子供を一人家へ置いていくようなことは決して無い。
彼等は母親か、より大きな子供の背中にくくりつけられて、
とても愉快に乗り廻し、新鮮な空気を吸い、
そして行われつつあるもののすべてを見物する。」

そして、こんな結論を導いた。
「日本人は確かに児童問題を解決している。」

594 :日出づる処の名無し:03/12/27 20:06 ID:2LAtegNI
>>582
幕末に初代駐日英国公使を務めたオールコックは、
著書「大君の都」(岩波文庫)で母親ばかりか父親が赤ん坊を抱いた姿にも注目した。

「幼い子供の守り役は、母親だけとはかぎらない。
江戸の街頭や店内で、はだかのキューピッドが、
これまたはだかに近い頑丈そうな父親の腕にだかれているのを見かけるが、
これはごくありふれた光景である。
父親はこの小さな荷物をだいて、見るからになれた手つきでやさしく
器用にあやしながら、あちこちを歩きまわる」

明治初期に来日した英国人女性イザベラ・バードも
「日本奥地紀行」(平凡社・東洋文庫)で栃木県日光での風景を書いている。

「毎朝六時ごろに十二人から十四人ぐらい男が集まり、
みな一、二歳の子どもを抱いていた。
そこで語られたのは、自分の子どもの体格や知恵についてであり、
いわば子ども自慢の集まりだった。」

「これほど自分の子どもをかわいがる人々を見たことがない。
子どもを抱いたり、背負ったり、歩くときには手をとり、
子どもの遊戯をじっと見ていたり、
(中略)子どもがいないといつもつまらなそうである」

595 :日出づる処の名無し:03/12/27 20:07 ID:2LAtegNI
オランダ人のフィッセルも、親の態度を「寛大すぎるほど寛大」と見抜いて、
「日本風俗備考」(平凡社・東洋文庫)にこう書いた。

「私は子供と親の愛こそは、
日本人の特質の中に輝く二つの基本的な徳目であるといつも考えている。
このことは、日本人が、生まれてからずっと、両親が(中略)、
子供のためにささげ続ける思いやりの程を見るとはっきりわかるのである。
そのような場合、すべてがちょうど返礼であるかのように、
子供たちが親に報いるのである」

熊本市在住の学者・渡辺京二さんは
「しつけが良く、親の言うことをよく聞くのは、
お母さんの背中を独占して育っているためだと外国人はみています」
と指摘する。

「西洋人は子どもにきちんと罰を与え、厳しく育てるのに対して、
著しい違いを発見するわけです。
歌舞伎などにも必ず子どもを連れて行き、おんぶされて、
小さな時から大人の世界を全部見ていると外国人は観察しています」

「しからないで愛情を注ぐ親、自由でのびのびした子ども。
幕府の長崎海軍伝習所の教官だったカッテンディーケには、
それがルソー風の自由教育に見えたし、
明治初期に馬で東北地方を旅した米国人女性イザベラ・バードは、
まるで『子ども崇拝』の域に達しているともみています。
どんなに貧しい家の子でも、『ありがとう』とお礼を言うのに
感心した外国人もいました。
江戸時代の人は、子どもを本当に大事にしました」

597 :日出づる処の名無し:03/12/27 20:18 ID:Mwljx5We
>>591
後半はイザベラ・バードの「日本奥地紀行」のアイヌの女性の話ですな。

「日本奥地紀行」は思わず_| ̄|○になる記述も多いけど、
同女氏の「朝鮮紀行」と読み比べると、今の半島両国と日本の発展の違いは、
それぞれの民にしみついた人間性の違いによるものが大きい、というのが良くわかる。

100年やそこらでは、人間性って変わらないんだねえ。

601 :日出づる処の名無し:03/12/27 20:49 ID:fIb9Rcyr
「いまや私がいとしさを覚えている国よ。
この進歩はほんとうにお前のための文明なのか。

この国の質朴な習俗とともに、その飾り気なさを私は賛美する。
この国土のゆたかさを見、いたるところに満ちている子供たちの愉しい笑声を聞き、
そしてどこにも悲惨なものを見いだすことができなかった私は、

おお、神よ、この幸福な情景がいまや終りを迎えようとしており、
西洋の人々が彼らの重大な悪徳をもちこもうとしているように思われてならない」

 ヒュースケン (タウンゼント・ハリス米国総領事通訳)
「ヒュースケン日本日記」(岩波文庫)

ヒュースケンは後に、
攘夷派の薩摩藩士伊牟田尚平・樋渡八兵衛らに襲われ殺された。

604 :日出づる処の名無し:03/12/27 21:00 ID:A2IYpOfA
自分、「ニッポンの犬」って写真集持ってるんだけど、
その冒頭にこんな記述がある。

日本人と日本犬は日本列島で約1万年を暮らしてきたと言われています。
(略)
日本列島では、縄文時代の遺跡から、ヒトとイヌの暮らしがしのばれます。
狩猟採集民族の縄文人は猟犬として、イヌをたいそうかわいがったようです。
縄文時代後期になると、ひとつの棺に抱き合うようにして、
ヒトとイヌとが埋葬されたりしています。


どのくらいの年月を経れば品種として固定されるのかわかんないけど、
日本犬ってやっぱり日本のものだよなぁヽ(´ー`)ノ
和犬ラヴ。

611 :日出づる処の名無し:03/12/27 23:11 ID:WoY+emSA
>>593-595
凄いな・・・昔の男って一切子育てに協力しないってイメージがあったんだけど、
今の男よりも子供に関わってる気がするな。
まぁ、今と昔では仕事内容が違うから子供にかかりきりになれない哀しさはあるが・・・

にしても何が違うんだろ?
今も子供を自由に殴らずに育てようとしている親がいるがその子供は大抵DQNだ。
でも昔の子供は自由奔放に暮らしながらも、礼儀正しく親のいいつけを守り、
子供なのに精神年齢は高く見えたらしい。
何が違うんだ。今と昔。
社会?家庭環境か?やっぱり親の背中?

618 :日出づる処の名無し:03/12/28 00:05 ID:8Rf10XPB
>611
子育てをやらないというより、家事をやらないといったほうが正しいのでは。
料理洗濯掃除裁縫というのは女の仕事で、
男が手を出すべきではないとされていたんじゃないかと。
勿論家に女手がおらず、女中を雇うような余裕もない場合は
料理洗濯掃除ぐらいはしたようだけど。
で、子供の遊び相手などはそういう範疇に含まれないので
父親でも母親でも暇な方が面倒見てたりと。
近所の人も積極的に面倒見てくれるという面もあったんだろうし。
殴って躾けるというより、周囲の人の行動と叱る内容が一致しているから
子供もそれを真似するということのような気がする。
今は親に怒られたって「そんなのウチだけだ、理不尽だ」って
子供が思っちゃうような所が大きいし。
漏れも恥ずかしながら人の親だったりするけど、
子供って思ってる以上に親のやってることよく見て真似するよ、ホント。

627 :日出づる処の名無し:03/12/28 01:27 ID:h6l99/xT
ポーランド孤児や神戸に来たユダヤ人も、
日本人から頭をなでられたり、お菓子をもらったんでしょう。
戦後間もない頃、NYタイムズ東京支局長を任せられた
リチャード・ハロラン氏は、「ヤンキー、ゴーホーム!」と
デモをやっている横を通ろうとすると、
氏が連れていた娘さんを見た日本人が頭をなでた後、お菓子をくれたそうです。
昔と違い、近頃は子供を拉致する馬鹿国家もあるんですから、
「子供の人権」とやらは益々脅かされてますね。

635 :日出づる処の名無し:03/12/28 08:22 ID:161HSRT+
DQN親が増えた一因に、
母親が赤ん坊を背負いながら生活することがほとんどなくなったのがあると思う。
いくら母性本能があるとはいえ、背負って生活するより、
ベビーベッドなどに入れたまま生活すればその本能が希薄になるのは確か。
身近にいるからこそ、命や愛がはぐくまれすくすくと成長するのだと思いますがどうでしょうか。

641 :日出づる処の名無し:03/12/28 12:54 ID:wCnwgfMm
>>635
「おんぶひも」も再評価されてきたよね

644 :日出づる処の名無し:03/12/28 13:34 ID:lptWBPyg
>641
昔の欧米の育児は、親子の距離を置いて
別々に寝起きするというのが主流だったが、
最近は肌のふれあいが赤ちゃんの精神を安定させるという
研究結果が発表されて、スキンシップが重視されるようになった。
ちなみに、スキンシップは和製英語だけど、
育児研究家の間では評判がよく、たまに使われる。

651 :Niur ◆jjkdNiurZE :03/12/28 16:02 ID:t+BDQyWI
>>611
社会階層と時代によっていろいろ変化があったみたいです>男女の子育て・家事

子育てに専念する専業主婦なる者が登場したのは
意外と日が浅く、工業化社会において顕著です。

敗戦後の日本人があこがれたアメリカの1950年代ライフスタイルでも
専業主婦が目だって、女性ビジネスマンはマレだったと
いう説を聞いたことがあります。

それ以前の時代、例えば室町期や江戸期においては
商売人はじめ、働く女は珍しくなかったかと。

さらに、家事の中でも料理について言えば
男子厨房に入らず(「君子は庖厨を遠ざく」-孟子)という思想は儒家の物であり
日本では、なじみがあったのは主に武士階級でしょう。
もっとも「『孟子』の書を積んで日本に来る船は沈没する」という
俗説があったと司馬遼太郎氏が書いてたので、あんまり
日本では重視される考え方でも無かったかもしれません。

武士階級においても、細川幽斎なんかは料理上手でも名声を得ていたとの事です。

659 :日出づる処の名無し:03/12/28 19:57 ID:4Wh/JczQ
歩き出した子供に、ハーネス着せてリード付けるのって流行ってるのかね?
犬みたいでなんだか見ていて欝になるんだが。
スレから外れるが、おんぶ紐で思い出したので・・・。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(86) | TB(0) | ▲ top
<<日本の絶頂期は、いつなのか?(part19スレ) | メイン | 中国妄想論(part19スレ)>>
コメント
-  -
捨て台詞吐いてる暇があったら、説得力のある文章を推敲すればいいのに。
別に結論そのものは否定していないんだけどな。

おかしな事を言って「それはおかしい」って言われたら
「分からないお前がおかしい!」
って強弁するだけなの?
2009/10/19 23:11  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>5057
詭弁のガイドラインでも読んで来い。


↑のようなのを、木を見て森を見ずって言うんだよ!
ッタク!

2009/10/18 20:41  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>コメント番号5039

誰しも無益な殺生はしたくありませんから、野良犬も自由に生きられるなら、それに越した事はありません。


2009/10/18 20:35  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>5054
屁理屈はどっちだよ。詭弁のガイドラインでも読んで来い。

大体、単純に「酷い飼い主」を「いい飼い主」にしてみて、自分が納得できるか?

「近所の人が酷い飼い主でした。犬の飼い主は嫌われ者が意外と多いです。」
「近所の人がいい飼い主でした。犬の飼い主は普通の人が意外と多いです。」

どちらも等しく戯言だと思う。
そして、私は別に酷い飼い主の存在は否定していない。
「意外と多い」がたとえ本当でも、その根拠が「近所に一人いた」じゃダメだろう、としか言ってない。
「迷惑な飼い主は少ないよ!」とも言ってない。
多い少ないは、私には分からないからだ。先に言った通り。
2009/10/17 08:36  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>コメント番号5033

まあ、今はそういう風に呑気に屁理屈を捏ねていても、自分に可愛い娘が出来て、その子が犬に襲われて、初めて虚しい反論をしてたと気付くだろうな。
2009/10/16 18:24  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
どっちが正しい、っていうのはともかく、理屈としてタチの悪い飼い主に飼われた「飼い犬」が理由で「野良犬」を駆除すべき、っていうのはおかしくないですか?
2009/10/15 01:03  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>5029
あれ?
いつの間に個々の事件の深刻さの話になってるわけ?
「意外と多い」って言う根拠の話だったよね?
「意外と多い」っていうのが事実であっても「近所に一人いた!だからいっぱいいる!」じゃ
妄想って言われてもしょうがないよね、っていう話だったよね?

程度の悪い飼い主を一番憎むのって、被害者を除けば他のまっとうな愛犬家だと思うんだ。
そいつのせいで、自分まで悪く思われるかも知れないからね。

君も同じように、犬が嫌いな人に嫌われかねないよ。
犬が嫌いな人だって、自分たちが馬鹿だと思われたくないだろうから。
野良犬や馬鹿な飼い主に迷惑蒙った上に、馬鹿呼ばわりされたらたまらないよね。

私って実は>4970なんだ。
盲目的に犬や飼い主を用語する気は無いよ。ちゃんと飼えないのに飼う奴は嫌だし、野良犬も
人が怪我するなら屠殺も止むを得ないと思ってる。

でもやっぱり>5009の話は説得力無いと思う。
例え正しい事でも、説明の過程がおかしいと分かってもらえないよ。
2009/10/14 18:24  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>コメント番号5023

まあ、何でも擁護派はそういう屁理屈を捏ねて、悲惨な現実を無視する。
「イヌに襲われ母親と19か月の幼児が死亡」「犬にかまれ4歳死亡 大型2匹放し飼い」
2009/10/13 23:16  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>5019
それ、別に多い少ないについては何も言ってないんだけどね。
ただ「その言い方じゃ納得させられないよね」って言っただけで。

私だって挙げられた例みたいなダメ飼い主が他にもいるだろう程度は「推測」するよ。
でもその数が「多い」とか「少ない」とか言えないよ、だって根拠が無いもの。
「統計」を持ち出すなら、全国の飼い主をランダムに5000人は選んで調査しなきゃいけないと思うんだけど、そんな時間も労力も無いし。

ていうかさ、「想像力」と「統計」を同列に並べてるのが、自分でおかしいと思わないかな?

少なくとも
「近所に酷い飼い主が一人いた!だから犬飼ってるのは酷い奴が多い!」
っていうのは、ちょっと「統計」を持ち出せるような言い分じゃないよね。
「想像」っていうより「妄想」って言われてもしょうがないんじゃないかな。
2009/10/13 12:14  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
先日も、飼い犬が遊びに来た4歳?の孫を殺してしまった事件とかあったよねー。。。
犬は好きだし責任持って飼ってる分には全く個人の自由だけど、何かの拍子にスイッチ入っちゃうと恐い、という意識は持ってしまう。
まして野良はなぁ。。。 その犬の面倒を見るのは地域全体でできても、いざ暴走してしまった時の責任を誰が負うの?って問題が未解決の気がする。
親や家族くらいしか子供を見守る目がなくなってしまった現代都会において、特に平日昼間なんかは母親一人しかいないような場合も多いのに、人を殺せるスペックの動物が野放しというのは難しい状況じゃあるまいか。
2009/10/13 09:36  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>コメント番号5014

想像力が無さ過ぎ。
事件化する事例の陰には未然にものが数十件あるというのは、統計の基本でしょうが。

愛犬家という種族には、どうしてこうもオカラ頭が多いのか、それも不安だ。
2009/10/13 03:32  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
犬が襲ってくる条件、もう一つ。
犬の前で走ると追いかけてきます。
転ぶと襲い掛かってきます。

これは狩猟生物としての本能なので、可愛がられてるとか可愛がられてないとかは関係ないです。

そして狂犬病を発症した犬は、それらの条件を満たさなくとも襲ってきます;;
2009/10/12 20:04  | URL | VIPPERな名無しさん #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
「意外と多い」と言いながら出す例がご近所の一例ってあたり、「多い」っていう数が

小学生がものをねだる時に言う「みんな持ってる」の「みんな」並みに少ないんじゃないかって私には思えた。

少なくとも自分の近所の一人だけっていう例は「意外と多い」を納得させるには全然足りないんじゃないかね。
2009/10/12 16:13  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>コメント番号4997

愛犬家には地域で嫌われ者が以外と多いんです。
即、愛犬家=社会不適応者というつもりはありませんが、犬を使って嫌がらせするような処があります。

或る庭付きマンション1階に住んでた時、隣戸が庭で2匹の犬を飼ってたんですが、隣の家人が留守で犬だけが居ると、猛烈に吠えるので私の家では庭に出られませんでした。糞は臭いし毛は洗濯物に飛ぶし全く迷惑な存在。

子供も怯えて庭で遊べないし、窓を開けただけでも吠えるんです。隣人が帰宅すると全く吠えません。多分隣の方は留守の時の飼い犬の習性を知らないと思われます。
中途半端に伝えて隣人関係が険悪になるのも嫌なので、引越しするまで我慢してました。
2009/10/12 12:38  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>4992、4997
確かにコウモリとかの小さい動物につけられた傷からなら気付かないうちに感染してることもあるかもですね。
それだとコウモリから直接人間に感染ということもあるわけですが…
口を舐めあっての感染も、粘膜からの感染があるということは、大型犬がじゃれついてきて押し倒されて顔を舐められて感染、という可能性もあるということですね。

攻撃してくる条件については、吼えられたときに近づいたり犬や犬の身内を攻撃したりしなければ大丈夫、ということでしょうか。
普通に接してたら大丈夫な感じもしますが……でも子供とかだと分かりませんね。

地域で面倒見てる動物に地域でワクチン……、って明確な飼い主がいなくても打ってもらえるもんなんでしょうか。
それなら打ってもらうべきだとは思いますが。

ペットは完全登録制にして野良は一匹残らず駆除、というのはやはり抵抗があるのですが、でも狂犬病などの感染は恐いです。
なんだか色々難しいですね。
2009/10/12 11:51  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>4989
一部の例外を指して、残り全部が同じというのは、論としては成り立たない。
しかも、『けしかける主人が居る』(すなわち、けしかける訓練をしている犬である)という限定された条件では、反証にもならん。


>>4983
>>か、そもそも近所の人に可愛がられてお腹一杯餌もらえてる犬が人に噛み付くって、よっぽどのことされたたせいじゃ?

残念ながら、犬の習性上、条件を満たすと攻撃してきます。

犬が敵意をむき出す場合に置いての条件は、簡単に分けると3つぐらい。

一つは自分のテリトリーを犯されたとき。
初対面の客が来たときに犬が吠え続けるのはこの辺りの理由。
実体験としては、兄弟が撫でようと門の隙間から手を入れたとき、噛み付かれたと言うこともありました。

もう一つは、自分の群れに危害が及ぶとき。
家族が襲われたときに、犬が暴漢に向かっていく場合の事。
よく、『家族を守った犬』とかで取り上げられるパターンです。

最後の一つは、自分の身に危害が及んだ場合。
一番良く『犬嫌いは犬にかまれたのが原因』のシュチに使われるものです。
これは、何もしていない犬に石を投げたり、木の棒で殴りに行ったりした場合。
犬にしてみれば、自分に攻撃してくる相手から身を守るための攻撃です。

それから、人を押し倒すほどの凶暴な犬ではなくても、大型犬はその体躯の大きさと勢いだけで、簡単に人を押し倒せます。

また、狂犬病の感染は『唾液による感染』で、多くは『咬まれる』という事で感染しますが、キャリア(感染しているか、発症していない)犬によって『粘膜部分』や『傷口』をなめられることでの感染もあります。
逆に言えば、飼っている犬が他の犬に咬まれたことがないと言っても、互いの口などを舐め合うことで、狂犬病が感染するという場合もある、と言うことになります。
2009/10/11 22:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
※4983
狂犬病は犬だけが媒介する病気じゃないんですわ。
確かコウモリなども病原体を媒介する可能性があったはず。
スティーヴン・キングの『クジョー』って話で、犬がコウモリに引っかかれて感染発症した描写があったと記憶してます。
日本のコウモリにキャリアがいるかどうかはちょっと勉強不足で不明なんですが。
ともかくも、ワクチンが義務付けられるくらい狂犬病が恐れられた時代というのがかつてあったわけで。現在はワクチン接種の徹底で狂犬病患者の発生が国内では見られなくなったとはいえ、完全に病原体が列島から駆逐されたと宣言が出されてないからには予断は許されないかと思います。
飼われている犬ならばかかりつけの獣医もあるだろうし、怪我などの異変にも気付き易いでしょうが、野良の場合はそうした細かなケアが難しい。
だから、せめてワクチン打つまでの責任は持てと。地域で面倒見るなら、その地域でね。
狂犬病に罹ると犬自身も非常に苦しむわけですし、巻き添えの被害も大きくなります。
あと、犬の足の速さと力強さをナメてはいけませんよ。視界に入る距離まで近づいて逃げ切れると考えるのは甘いのでは。
2009/10/11 20:17  | URL | VIPPERな名無しさん #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
>4990
どうズレているかの説明もせずに、反論したつもりでいるみたいだが。

とりあえず「小型犬見てバター犬を思い出す感性」は否定しないわけね。

そこだけでも、小型犬飼ってる人のが上等だと思うわ、俺。
ていうか小型犬飼って可愛がってて悪い事なんて無いと思うし。ペット禁のマンションでもなければ。
2009/10/11 19:51  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
>コメント番号4987

バター犬の者です。

>「ふむ、料理で包丁を使ってる人が、包丁で殺人をする奴を思い出すから嫌いと。」


例えが下手で意味がずれ過ぎ。


2009/10/11 19:12  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>そもそも近所の人に可愛がられてお腹一杯餌もらえてる犬が人に噛み付くって、よっぽどのことされたたせいじゃ?
とか思ったのですがどうでしょう


全く甘い認識ですね。
近隣で親子で散歩してた幼児にすれ違い様襲い掛かり、重傷を負わせた犬の事件もあります。
この犬は老人が飼って居る犬ですが、普段から他人に犬をけしかける不良ジジイです。
傷害罪で逮捕されたが、執行猶予付きの甘い判決で許し難いです。
2009/10/11 19:07  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>4979
ふむ、料理で包丁を使ってる人が、包丁で殺人をする奴を思い出すから嫌い、と。

俺はどっちかって言うと、小型犬をかわいがってる人を見てバター犬思い出す奴の方がよっぽど嫌だけどね。
2009/10/11 18:54  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
>4980 狂犬病について
そういう問題もあった、というのは正直うっかり忘れてました。
それで、ウィキで調べてみたところ
①日本では今のところ感染が確認されてないらしい
②感染してる動物に噛まれたり粘膜や傷口を舐められたりしないと感染しない
③感染したら2週間~2年くらいで発症(人の場合?)
④発症後の死亡率は100%だが潜伏期間中ならワクチンがある(噛まれた場所によっては間に合わないこともある)

ってことで2年以上噛まれて怪我してない犬とかは安全なんじゃ?
とか、そもそも近所の人に可愛がられてお腹一杯餌もらえてる犬が人に噛み付くって、よっぽどのことされたたせいじゃ?
とか思ったのですがどうでしょう。
まぁ自分から犬虐めにいって噛まれて騒ぐ人もいるでしょうが。

既に発症してる動物なら様子がおかしくなってるでしょうから、噛まれる前に保健所の出番になるでしょうし、潜伏期間中でも噛まれて怪我したらワクチン摂取とかするんじゃないでしょうか。
脳に近い部分を噛まれた場合ワクチンが間に合わないこともあるそうですが、普通噛まれるとしたら腕や足じゃないかと。
人を押し倒して首や顔に噛み付くような凶暴な犬に近づく人ってあまりいないと思いますし。

そういいうわけで、そこまで危険が大きいわけでもなさそうな気がするのですが……
ただ絶対に安全というわけでもないですし、あくまで素人ですので理解が間違っているところもないとは言い切れませんが。


それと
>一方で、野良犬や野良猫との共存が難しい地域も~
共存できないなら駆除、というのは当然だと思います。
共存できる範囲では共存すればいいですし。
2009/10/11 17:25  | URL | 4969 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
猫も、狂犬病(恐水病)には感染しますよ。
キャリアにもなります。
2009/10/11 12:19  | URL | Sky. #KnHW2vQ.[ 編集] |  ▲ top

-  -
※4969
餌だけじゃなくてワクチンの面倒も忘れてもらっちゃ困るぜ。犬には「狂犬病」っていう発症したら100%死に至る病気があるんだから。
地域でそこまで面倒見るってのなら、駆除する必要はないだろうさ。

野良猫も、彼らの生活圏の地域社会と共存関係が築けているなら、野良でいてもいいだろう。

ただ、一方で、野良犬や野良猫との共存が難しい地域も、この日本には少なからず存在するということは、念頭に置いておいて欲しい。
2009/10/11 11:57  | URL | VIPPERな名無しさん #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
>4978

言い方が舌足らずだったな。
小型愛玩犬を嬉しそうに飼ってるのを見るのが嫌いだ。

それから「憎い」と「嫌い」は次元が違うくらい意味が異なる。
2009/10/11 08:40  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>4977
…小型犬を作った奴と、そういう用途に使う奴が悪いって話じゃないか。

人殺しよりも、そいつが使った包丁が憎いとは、変な奴だ。
2009/10/11 07:07  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
関係ないけど小さい愛玩犬が嫌いだ。
昔、或る有名な野球選手の奥方が産婦人科を訪ねた。
診察した所、大事な場所に痒みがあるような。調べると人間には居ない犬の雑菌が繁殖。
恥ずかしそうに告白した奥方の話では、ご主人が遠征で留守勝ちの寂しさからバター犬で慰めてたとの事。
小型愛玩犬は元々そうした需要から生まれたと聞いた事がある。
2009/10/11 06:46  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>コメント番号4975

田舎の河川敷、里山に普通に居る。朝靄に中で群れで居る事もある。群れで居る犬の方が軍隊式の統制が取れていて、むやみの人を襲わない。(但し、人間がパニクラず犬を無視してればの話)
2009/10/11 00:07  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
現在の日本で、猫はまだしも野良犬が生きていける確率ってどの程度なんだろう・・・
ほぼ100%保健所に連れて行かれるように思うんだが
2009/10/10 23:54  | URL | 総力上げる名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
いい加減ペットを飼うのは許可制にして許可貰ってから登録は絶対する様にしよう。そして首輪でも何でもいいからタグをつける。ペットを飼う奴は死ぬまで面倒みる覚悟が必要だって事を忘れてるスイーツが多すぎる・・・。
2009/10/10 21:47  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ペットを飼う人は、谷口ジローの犬を飼うを読んでから飼うべき
2009/10/10 19:37  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>俺ら人間なんだから、人間が一番大事に決まってるだろう。

その簡単な理屈が理解出来ないオカラ頭が多すぎ。これも愚劣な日教組教育の弊害。

全く馬鹿げた話だが、野猿被害に苦しむ農家は見捨てておいて、猿を駆除するのは可哀想とか言う馬鹿は、(例えだが)鎌倉の自然を破壊して出来た新興住宅地族だったりする。
今のTVメディアが情緒的事大を助長してるから、尚更、世間が基地外になってる。
2009/10/10 13:44  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
いろいろな考え方があって良いと思うけど、自分の考えを日本的考えと訴え正当化するのは、単なる詭弁でしかないな。
2009/10/10 13:22  | URL | #eMgdJkBk[ 編集] |  ▲ top

-  -
ていうか、そもそも

世話できないのに飼う

ってのがダメなわけで。
殺処分も放逐も善後策の話だよな?

個人的には殺処分もしょうがないって思う。
生類哀れみの令もそうだけど、動物がかわいそうって人ってさ、その動物に

な ん で 人 間 を 入 れ な い か な 。

俺ら人間なんだから、人間が一番大事に決まってるだろう。
2009/10/10 12:52  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
どちらかが100パーセント正しい、って話でもないよね。

街に野良犬が溢れかえって住民が怖くて歩けないほどなのに「殺すのは可哀想」って言うのもおかしいし。
飼い主がはっきりしなくても色んな人から餌貰って可愛がられてて、その地域で受け入れられてる犬まで野良という理由で処分するのもおかしい。

友愛に投票した有権者が「可哀想派」なら、「野良は一匹残らず駆除派」はなんだろうね。
自分たちを正義と称して他国の事情にまで首を突っ込む某国のようだとも思ってしまう。

日本人としては極端に走らずに、多少迷惑でもある程度までは許容し被害が大きいようならその都度対処、って感じがあってるのかな?
まぁその「ある程度」の匙加減が難しいことも分かってはいるのだけれど。
2009/10/10 11:38  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
米4965のレスでギリシャ・ローマ神話の魚座の神話を思い出した。
魚座の二匹の魚って、親子神なんだよね。
尻尾の付け根が布で繋がっているのは、逃げるときにはぐれないようにって、繋いだからだって。
2009/10/10 11:27  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
今までの議論で「可哀想だから飼えなくなったら放すべき」って言ってる人っているのかな?

「動物にとっては放されたほうが良い、でも人間にとっては迷惑だから殺すべき」
「可哀想だけど仕方ない。だけど動物のためだとか言い訳はするべきでない」って主張はあるけど。
2009/10/10 11:14  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
言って分からない3歳弱までならともかく
会話が出来るならリードよりしつけで対処したいもんだね。
2009/10/10 10:10  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
子供にハーネスやらリードは必要だろ。
そんなの子育てしたことのない俺にだってわかる。
ほんともーチョロチョロチョロチョロ走り回って危なっかしいたらあーりゃしない。

ただ見てくれは悪いな。お互いを腰でつなげれば…やっぱり悪いな。
どうにかしたいがどうにもならない。
2009/10/10 10:04  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本在住の西洋人が不在になるからって飼い犬をご近所さんに預けたら
すっかり甘やかされて腑抜けて帰ってきたとかいう話があるよな

昔から日本人は犬の牙を抜くのが得意なのかもしれないw
2009/10/10 09:49  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
話は飛ぶが、今回の選挙で友愛に投票した有権者は「可哀想派」的、思考回路の奴だろう。
 
その結果、半島鬼畜が怒涛の如く日本に増えて小学生女児がレイプされようが、自分には無関係。
めぐみさんが13歳で拉致されて子供まで産まされる猟奇的事件が起きようが、「友愛だ」と寝言をヌカス奴等だろうと、思う。
2009/10/10 07:07  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
「可哀想だから」を免罪符にして、飼い主としての責任を放棄するのはだめだと思う。
「可哀想だから注射はしない」と言って、自分の犬を狂犬病に感染させたあげく、薬殺処分を保健所に依頼し、自分の子供には「うちの犬は保健所に殺された。」と教えた人間が近所にいる。
犬を放すなんてもってのほか。
歩いて登下校している子供が大多数の国で、野犬は危険すぎる。
都市部に住んでいる人間には分からないのかもしれないが、今でも山間部では、野犬の群れに一軒家が襲われて、飼っている家畜が食われるなんて事件がある。(それでも、人間が襲われるよりはマシと、救助が来るまで雨戸を閉め切ってやり過ごす。)
2009/10/10 02:50  | URL | #UwJ9cKX2[ 編集] |  ▲ top

-  -
>自分が動物だったとしたら殺されるより捨てられるほうが良いな。
>殺されるペットにしてみれば責任なんぞ持ってほしくないかもしれない。

これらのように動物側からの視点になって解決策を出そうとすることが、すごく日本人的な考えかも、と思った。自分だけかもしれないけど。

逆に、こういう考え方をするのは日本人だけなのか?「相手の立場になって考える」などと言われているが、その相手の対象は人間だけでなく動物や植物までもが含まれている。いろんな立場から解決策を考える=全ての人(動植物含む)が納得する答えを出そうとする。

この場合は動物が納得するまで解決策を出そうとするんじゃないかな?動物はウンとは言ってくれないと分かってはいるけれども。

なんかスレ違いになった気がするが、まあともかく、このように考えること自体がある意味
>「動物のため」っていうのは物凄く傲慢で偽善的に感じる
と自分も思った。
2009/10/10 02:31  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
結局、飼えなくなったら放す派は、個人的情緒に一番の価値観を置き、社会への迷惑という公の視点がすっぽり抜けている。
つまり幼児性だね。

己の幼児性を動物の生きる権利とか屁理屈をこねて正当化する物言いが、嫌い派には堪らなく嫌らしく感じるね。

まあ、こういう事に結論は出ず平行線だろうな。小学校時代を思い出しても、「ああ、こいつとは絶対同調出来ないな」という、産まれ付き持った気質的な事かも。
2009/10/10 01:59  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
殺されるペットにしてみれば責任なんぞ持ってほしくないかもしれない。
少なくとも自分だったら明日保健所で殺されるより、飢えてゴミや残飯漁りながらでも一ヵ月後に交通事故で死ぬほうが良い。

捨て猫や捨て犬拾って飼う人だっていないわけじゃないし、飼い主が僅かな可能性にだってかけたいっていうのは当たり前の気持ちだと思う。
それが正しいか正しくないかは別にして。
殺せって言うのはその僅かな生き残る可能性すら奪えってことでしょ?

それにペットに対して一生の責任を、とか、無責任に捨てるひとに飼い主の資格がない、っていうけど、ペットにしちゃ餌くれるからそこにいるだけで、餌やって寝場所やって守ってやれなくなったならその時点で飼い主としての失格じゃないかと。
飼い主としての資格がないなら首輪つける資格もないし「放す」っていうも理屈としちゃ間違っちゃいないと思う。
病気が怖いとか不衛生だとかで人様に対する責任として、「人間」にとって迷惑な「野良」を殺せっていうなら分からなくもないけど。

まぁ何が言いたいかっていうと、殺すのに「動物のため」っていうのは物凄く傲慢で偽善的に感じる、と。
それだけなんだけどね
2009/10/10 01:19  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
イエネコはもう何千年も、
人と共に暮らしている種族だよ。
野良になったとしても、人の生活圏からは絶対でないしな。
2009/10/10 00:18  | URL |    #SFo5/nok[ 編集] |  ▲ top

-  -
飼えなくなったら野生に返すべきとか言ってる人は捨てられたペットの現状とか知らないんだろうなと思う。現在どれだけの犬猫が殺傷処分になっていることか。それ以外にも交通事故死も多いし。現代社会は人間本位の世界なんだから飼われてた犬猫が自由に生きれる環境じゃない。捨てるということは間接的に殺すことと同義だよ。
自分はむしろ捨てる位なら飼い主に殺させるべきだと思ってる。生き物を飼うということは、その生き物の一生に責任を持つものだということをきちんと自覚して貰いたいから。無責任に捨てるような奴がまた次のペットを飼ったりするようじゃ動物にとって不幸が繰り返されるだけ。
もちろん自分は動物を殺すことを推奨なんてしてない。自分も猫と暮らしてるし。でもだからこそ、気楽に捨てる飼い主が許せない。自分で殺したくないなら、新しい家族をペットの為に見つけるか、引き続き飼える道を探すかなどの措置をとって動物の一生に責任をもって欲しい。そんな事も出来ない人間には飼って欲しくないよ。

長文ごめんm(__)m
2009/10/09 22:48  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
飼えなくなったペットが在来種だったら山野海川に放すのもいいかもしれないが、外来種だったら外国に返還してほしい。天敵のいない世界で育ってるほかの動植物が迷惑するから。
2009/10/09 17:58  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
人間としては殺すほうが正しいと思う。
でないと人間にとって不都合なことが多いから。

もし動物だったら、と考えると殺されるより無責任に捨ててくれるほうがまだマシだと思う。

「可哀想だから」で殺さずに捨てる人にとっては、見ず知らずの保健所の人よりもその動物のほうが価値が高いだけじゃないかと思う。
2009/10/09 16:47  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>肥後の守しか
待て待て
2009/10/09 16:45  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>コメント番号4938
>>コメント番号4931
>>>コメント番号4948

>だからこそポストが必要だってコトなんじゃね?

勝手なことを言ってすまんが、たぶん4938も4931も4948も言いたいことは一緒だと思うぞ 現状の赤ちゃんポストの問題点と利点は十分に理解してて、赤ちゃんをまず捨てるのが一番いけないことっていうのは分かってるんだろう?ただ説明する言葉が足りなかったような気がするが まあ、ちがったらすまん
ともかく俺達の子供が赤ちゃんを捨てないような時代になるよう、俺達が頑張らんとなあ……とかっこつけてみる
2009/10/09 16:41  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
飼えなくなったら殺すより放す方がマシだと言ってる人は本気で考えたのかな?
飼い主が手を下さなかった分、保健所の職員が辛い仕事を引き受けてるんだよ。
他人に嫌な仕事を任せて見ないふりをするのが日本人的なのか?
仕事だから何も感じていないと思っているのか?
動物が好きだからあえてその仕事をやり遂げるという覚悟の人もいるんだよ。
苦しんで死んでいく姿を看取る気持ちを想像してみてくれ。
捨てようが殺そうがどっちも罪は同じ。知り合いでも近所でも頭を下げて廻って次の飼い主を探すべき。
2009/10/09 16:34  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
モース博士も日本の犬が大人しいことに言及していたっけ。
アメリカの野犬と違って、悪餓鬼どもに石を投げられることがないから人間を警戒しないのでは、とか書いていた。
日本の子供達は大人しいという記述もあるから、そのあたりの関連か。
2009/10/09 15:00  | URL | #lqS5Ux.6[ 編集] |  ▲ top

-  -
『南極物語』はそもそも犬を見捨てる話じゃないんだが……最初の話題からして誤解が……。
あれは、ちゃんと犬も連れて戻る予定だったのだけど天候の予想外の急激な悪化の為、迎えに戻る時間が無くなってしまったという事情があったんだよ。基地に戻る時間すら無かったんだよ。
確か、「せめて鎖を解きに戻らせてくれ」と隊員が懇願してたセリフがあったはず。
それと、妊娠してた犬は優先的に最初に連れて戻られたので助かっていたと記憶しています。

野良犬については、『狂犬病』が輸入されてしまった現代では、放置はできないだろうね。人畜の命を脅かす危険がある。
野良猫の間にも結構流行病とかあって野良の寿命は短いんだけど、今後、猫から人に伝染する命に関わるような病気などが発生したなら、ワクチン接種を受けてない猫は同様に駆除対象となるでしょう。
こういう話題になると感情的な発言が出やすいんだけど、人間にとって一番大切なのは人間が安全に生活できる社会だよ。

あと、犬も猫も家畜化された種なので、「野生動物」ではありません。
2009/10/09 14:33  | URL | VIPPERな名無しさん #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
子供にハーネスは必要だと思う
ちょっと目を離したすきに、子供ってどこ行くかわかんない。
昔は自動車がなかったからいいけど
今は、命綱とかシートベルト的な役割でハーネスつけるべき。
2009/10/09 14:12  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>コメント番号4938

>>コメント番号4931

>>ロッカーベビーや産み捨てられる赤ちゃん
>これ自体が駄目という考えは無いのか。


だからこそポストが必要だってコトなんじゃね?
ロッカーに捨てられるくらいなら、ポストに持ってきてくれた方が
まだ助かる余地は大きいだろ?
確かにポストなんて作るのは良くはないコトだけど、
でも、無いともっと良くないことになる。

おまいさんのソレは九条教のヒトが自衛隊なんかいらないって言ってるのと同じ理屈だぞ?
2009/10/09 12:27  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
うちの妹はそのハーネスのおかげで事故死せずに
すんだよ。お年寄りが孫の面倒をみるときは
特に使ったほうがいいと思う…足が子供に追いつかないから危険
2009/10/09 11:59  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
野生に帰す、っていったら責任持って遺伝子レベルで犬をオオカミに換えて自然で生きていけるように訓練し、その野生狼に人間が襲われるのも自然の摂理だからやむなしと容認するくらい頑張らないといけないんじゃないのー?無理だろうけど。
まあ犬を野生化したせいで他の生態系が崩れるかもしれないということで↑もなしってことになりますが。
結局のところ飼えないなら飼うな、で終わる話。
2009/10/09 11:05  | URL | #1lW41W2g[ 編集] |  ▲ top

-  -
本来、生き物を飼うということはその死まできちんと面倒をみることが前提の行為。途中でそれができなくなるかもしれないなら、最初から飼ったりしてはいけない。
この基本が守られなくなってしまったのが一番問題と思うんだがなぁ。

あと現代は、都市と山間部の境が遠くなってしまったのも問題をややこしくしてるような。
街中で捨てたら、街中でうろつきながら生活するようになる。そうすると生ゴミ漁ったりして生き延びようとするのは当然の話だが、その状態をして『野生に返す』とは言えんと思うのよ。
2009/10/09 09:51  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
昔は犬や猫は放飼いが基本でしたからねぇ
 猫なんか飼い主が気に入らないと帰って来ないし
ペットと飼い主は対等に近かった

 人もいらない嬰児はすぐ〆たり、集落の集団生活を阻害する人は神隠しで消えていったり…人は表立って捨てれないから”神様が消してくれる”

 人と動物でそれほど扱いに差が無かったと思うよ
2009/10/09 09:01  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
スレ>>541の
>それともこの世が始まってからずっと人間のペットになるためだけに生きてきたとでも?

だが、残念ながら犬猫については、その通りだ。
犬は数万年前に狼を家畜化したもの。だから狼と混血の「オオカミ犬」なんてのも産まれる。
猫は数千年前にエジプトでヤマネコを家畜化したもの。十二支に猫が居ないのは、十二支を決めた頃の中国にはまだ猫が居なかったため。(虎は居るけど)

動物の命を大切にする事には賛成だが、根拠は「家畜じゃないから」ではない。
例え食べるために育てた豚や牛であっても、その命に感謝を忘れない人間でありたい。それがスレ内にもある、日本人的感性だと思う。
2009/10/09 08:30  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
江戸時代は命に対する感覚が現代とは違ってるんだと思うよ。
子供は7歳までは神様のもの。
いつ些細なことで神様のもとへ返されてしまうかわからない。
そもそも出産の際に母子ともに命落とすことも
現代とは比べものにならないくらい多かった。
だから大事にする。

一方で、育てられそうになければ生まれた瞬間に
さっくりと神様のもとへ返しちゃう。
際限なく増やせば、いずれ自分たちが飢えるか
他者の土地を害して分捕るしかないと分かっているから。
どこの家の嫁が生んだとか情報が共有されてない
江戸のような大都市では、生んで捨てるのもありだった。
捨て子は自治会長みたいな役目の人が面倒みることになっていた。

また、養子や里子も今より一般的に行われてたし
庶民の間では共同体全体が今のイエみたいな感覚だったんじゃないかと思う。
「よそのうち」と「自分ち」の境界線が、現代よりだいぶ外側にあったというか。
2009/10/09 08:06  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
541みたいな考えの奴が『自分こそ日本人的だ』なんて思ってるのをみると虫唾が走るね。どういうのが日本人的かは置いといて。
単に責任とってないだけだろ。
自分たちは所詮人間に過ぎないってのを理解してないんだ。
2009/10/09 07:28  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
野良犬は狂犬病が怖いからなぁ

育てられなくなった場合でも
次の飼い主or保健所が責任の取り方かと
2009/10/09 05:18  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>コメント番号4931

>ロッカーベビーや産み捨てられる赤ちゃん
これ自体が駄目という考えは無いのか。
2009/10/09 04:49  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ハーネスじゃなくてなんだっけ、呼び名あるよ。
うちは年子で子供いて、上の子はじっとしていられない子だったからたまに使ってたよ。
プーさんのリュックに紐がついてたな。
2009/10/09 04:38  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
江戸時代が以前言われていたよりもずっと庶民にとって良い時代だったというのは同意だが、当時は嬰児殺しが当たり前の時代でもあるぞ。
2009/10/09 02:27  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
東京都とイギリスを比較すると行政機関によって一年間に殺処分される犬の頭数は人口比率で判断すると東京都のほうが少ない。
イギリスには日本のように飼い主から犬猫を引き取ることはないが、野良犬や捨て犬や迷い犬は行政機関が捕獲し飼い主が見つからない犬は殺処分されている。
人口6.100万人のイギリスで一年間に行政機関の手で殺処分されている野良犬・捨て犬・迷い犬の頭数は1万~1万3千頭で、人口1.300万人の東京都で一年間に行政機関の手で殺処分されている野良犬・捨て犬・迷い犬・飼い主が持ち込んだ犬は千頭前後である。
2009/10/09 02:17  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦国時代後期から江戸時代中期にかけて使われていたゴミ捨て場からは、調理痕がある犬の骨と犬に咬まれて死亡したと思われる人間の骨が多数出土している。
また、生類憐れみの令で作られた野良犬保護施設跡からは同時期に埋められたと思われる大量の犬の骨が見つかっている。
このことから野良犬保護施設とは建前で、庶民を襲っていた野犬を収容し殺していた施設だった可能性も指摘されている。
2009/10/09 02:07  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
議論とイデオロギー主張の区別がつけられない奴って多いのかなぁ?
時間の無駄だ
2009/10/09 01:55  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
> 赤ちゃんポスト
これを設置した病院の気持が理解できない人が居るとは、吃驚。
そして、そこに預けざるを得ない人の気持ちが分からない人が居るのも吃驚。
ロッカーベビーや産み捨てられる赤ちゃんを、少しでも助けるために設置したって言うのにねぇ。

>>4923・4924
ベビースリングと言います。
なんで自分シェリングなんて書いたんだろ?
2009/10/08 23:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
まるで付けてれば「子供から目を離していません」って、
免罪符になると言わんばかりの親をテレビで映すんだよなあ。>ハーネス

例えば子供自身に何らかの障害があって、
注意力に欠けてしまう場合なんかは有用性はあるかも、とは思う。
でもテレビで映されてんのは紐持ってるだけで視線は明後日の方向、
「障害がある子には良いかもしれない」なんて言ったら、
「うちの子が障害があるなんて思われたくない」とあっさりやめそうな人。
「突発的な事故を防ぐため」という大義を使うわりには、
本当に必要かもしれない人にはどえらい差別的に出そうに見えるんだよなあ。
(仕込みの劇団員かよ、と思うくらい)

ハーネスを使う親としてこういう輩だけを取り上げてれば、
どんな大義名分出しても「躾も出来ない親」という主張の人とは絶対折り合いが付かない。
もしその勢いのまま社会問題ネタにでもされたら、
有効に使えそうな人だけが白い目で見られるという不憫な事になりかねないんじゃないか、と
いらん心配をしてしまう。
最近の自己中心的な親だけをテレビが取り上げる所を見てると、
本当にそうなりそうでちと怖いんですが…杞憂ですかね?
2009/10/08 22:37  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
527に禿同!
>結局誰にも拾われず野良化、死亡するのも多いし
野良になってしまった犬、猫を世話してる人が責められる事があっても
里親を探す気も無く捨てた人は何の咎も受けない


全くその通り!

昔は犬を飼うのは贅沢とされた。つまりは、それには金と責任が伴い生活に負担が掛かる行為だからだ。
それを自覚しない馬鹿が無責任に飼い、飽きたら薬殺は可哀想と野に放す。全く下劣な考えで馬鹿の極みだ。そんな奴にペットを飼う資格は微塵もない。

ペットを飼って悦に浸ってる奴を見ると、こいつも自覚はないだろうと虫唾が走る。



2009/10/08 22:37  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>541こいつって日本人的思考じゃないよね。悪い意味で欧米人。

こういう人が居るから民度が落ちる。
基本的にペットは、飼い続ける経済力が無ければ、飼うべきじゃないだけだ。
飽きたり、処々の事情で放棄して野犬や野良猫を増やす馬鹿。こういう奴等は殺すのは可哀想と言い自分を庇いながら、命をオモチャ&粗末にしてる一番下劣な輩。

2009/10/08 22:26  | URL | #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
>赤ちゃんポスト
それは装飾品扱いとは問題が少し違うかと……
2009/10/08 21:59  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
自分が動物だったとしたら殺されるより捨てられるほうが良いな。
「誰か拾ってください」じゃなくて「保健所のひところしてください」な気持ちで捨てられたとしても、確実に殺されるよりよっぽどましだと思う。
お腹空かせた野良だったら、ほんの少しの間でも撫でてもらったり優しくされたら嬉しいだろうし、一度きりでも餌もらえたら感謝すると思う。
その一食で生き延びてまた別な人に餌もらえたり、良い人に拾われたりする可能性だってあるんだし。
まぁもちろん自分だったらの話で、「中途半端に優しくされるより一思いに」という人もいるんだろうけど。

あ、ちなみに性別的には腐った女性、になります。
2009/10/08 21:53  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>4923
多分スリング。

ちなみにダヴィデがゴリアテをぬっころした武器でもある。
2009/10/08 21:06  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
>子供にハーネスにリード
今では無事に二十歳を迎えた弟ですが、小さい頃はつけてましたよ。
活発な子供なんかを祭りに連れて行ったらすぐ迷子ですからね。
どこかで事故に巻き込まれでもしたら、と必死に探し回る親を見てるんであれは必要なものだと思いますがね。ハーネスやらリードやらで防げる悲劇があるのならそれに越したことはないでしょうよ。

おんぶ紐に関しては、最近じゃ幅広の布を使って子供を抱えてるお母さんを頻繁に見かけますね。
背中・お腹・腰(側体?)にと、抱え方も自由が効くんで便利だそうで。
子供も容易く落ちることはないし、母子どちらの体にも
紐に比べて負担が少なそうでいいですよね。
あれなんて名前なんでしょう?第一印象はサリーっぽいな、でしたが。
2009/10/08 21:04  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ペット関係はマスゴミのせいで日本だけ飛びぬけて酷いと思ってる奴がいるみたいだが、どこも結局似たようなもんだぞ。

イギリスですらこんなのがいる。
ttp://labaq.com/archives/51142414.html

そもそも、珍しいからテレビに出るんだってのを忘れてないか?
日常茶飯事をわざわざ放送して視聴率が取れるかっての。
2009/10/08 20:50  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/08 20:42  | | #[ 編集] |  ▲ top

-  -
>ペットをモノか装飾品
最近は子供も装飾品だと思われるようになっているようです
赤ちゃんポストなるものもありますし…。
2009/10/08 20:33  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>子供にハーネスにリード?え?

子供を守るためでしょ。
米4916さんも言ってるけど、ほんの一瞬でどこかに向かって走っていく事なんてざらにある。
その向かった先が車道だったりしたら?
スカートや服の裾を掴ませてたりしても、子供にとって何か好奇心をくすぐるものがあったりしたら、掴んでいた手をはなしてそっちに行く。
そうやって迷子になったり事故にあったりすることを未然に防ぐ事を考えたら、出てきた手段なだけだと思うぞ。

> おんぶ紐
シェリングっていう抱っこ紐もあるけど、ブータンに行った毋は、そこで使れていたおんぶ紐兼抱っこ紐兼背負い紐になる布に惚れてた。
『おんぶ紐とちがって幅広い布で肩を大きく包むから肩の負担が軽くなり、シェリングのように金具を使わないからあまり痛くならない。』と言うことらしい。
国違えば使う物も変わるのだなと、おんぶ紐繋がりで思い出した。
2009/10/08 18:34  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>子供にハーネスにリード?え?
つないでひきまわすんじゃなくてどうしても両手がふさがる瞬間の際の保険だよ
荷物を持ち替えた時とかの手を離した一瞬に駆けて行ってドカン、
なんて悔やむに悔やめない責めるに責められない事故、あるでしょ
正しい使い方ならむしろ子供を大事にしてると評価するよ
2009/10/08 18:02  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
最後のが一番ショッキングだったんですが・・・子供にハーネスにリード?え?
あ、もしかして冗談ですか・・・?
だったらいいんですけど・・・ただの冗談ですよね??
2009/10/08 17:53  | URL | #Z6q2o9MI[ 編集] |  ▲ top

-  -
イマドキのペットは客の嗜好に合わせた吊るしの量産品・・・
ソレを生き物だと言い張るのはある意味残酷だべー

つか、つい先日も野犬に追っかけまわされた身としては
マジで放逐せず処分してくださいと言う他無い
今日日は薪雑棒も落ちてないから走るしかねーよ
2009/10/08 17:53  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
昔は知らないが今の日本は間違えなくペットをモノか装飾品と思ってるだろ。
未だに存在するペットショップに、気軽に捨てられるペット。
見た目を重視するあまりに近親出産を繰り返して処分される奇形。
ここら辺は改めなきゃいけない部分だろうな。
2009/10/08 17:36  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/105-df0f0894
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。