2010 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 04
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
勤労の概念【前編】(part28スレ)
- 2010/03/31(Wed) -
31 :日出づる処の名無し:04/07/01 04:02 ID:WI9fPdpp
日本の文化に誇りを持つと言っても
生活に密接してないじゃないか、特に伝統文化。
何かなあ・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば日本舞踊なんておばちゃんしかやってないでしょ?
これらはもう死んだも同然では?

32 :日出づる処の名無し:04/07/01 04:17 ID:eV1QcLAw
子供の音楽の習い事の定番はピアノだしな
お琴とか三味線だったら金持ちそうだけどな

33 :日出づる処の名無し:04/07/01 05:36 ID:OIE5fDzq
胎児教育だと言って、洋楽のクラシックを一生懸命聴かせて育てたよね。
日本人なら、
民謡や童謡や祭囃子や子守歌を聴かせるのが本当だったと思う。
これで幼児から英語教室に通わせて、
日本語より英語がうまいのを自慢するようになれば……
国籍不明の漂流児の完成。
彼は何を頼りに生きていくのでしょうか。

34 :日出づる処の名無し:04/07/01 05:54 ID:qGGrMUrm
>>33
英語教室通わせたくらいじゃ英語はうまくならんよ。
時間が圧倒的少ない。
問題なし。というか効果ない。

ただ、日本語も英語もだめな馬鹿にならないよう、
本は読ませないとあかんな。

35 :日出づる処の名無し:04/07/01 06:02 ID:qGGrMUrm
ちなみに英語も日本語も大学レベルのバイリンガルはいるし、
そういう風に育てられるならバイリンガル教育も悪くない。
インドやヨーロッパも複数の言語を操るし、幼児教育を否定しないであげてほしい。

ただ、英語ペラペラの為にやらせる、
英語だけというミーハー気分の人たちが問題かも。

母国語も外国語もいくら幼児でやっても使わなければ忘れるし、
きちんと高等教育まで努力しないと使えない。
(日本語ぺらぺらでも言ってることがバカなら誰も相手にせんのと同じ)
週一回の英語教室じゃどうにもならん。

37 :日出づる処の名無し:04/07/01 09:11 ID:Wy60pQck
自分の子供にネイティブの英語を話させたいからって、
子供の舌を手術するのはいくら何でもやり過ぎ。

53 :日出づる処の名無し:04/07/01 19:01 ID:jWT7xD7b
舌の手術の話が出てるけど、
ウチの妹1才の時にその手術したよ(14年前)。
わざわざ東京まで行って。別に英語がどうこうとかじゃない。
舌の裏に縦に膜があるでしょ?
それがかなり手前まであったのさ(=舌が短い、まわらない)。
それをハサミ?でプツンと切るだけ。それだけで1万円位だったかな。
同じ手術を受ける患者さんが沢山来てて、
お医者さんが黙々とこなしていってた。
今でも見せて貰うと、切った跡が分かってちょっと血の気ひくw
日本語の発音すらヤバくなるかもしれなかったかららしい。

55 :日出づる処の名無し:04/07/01 19:48 ID:i6AuEAM3
>>53
吃音の子イイ!萌えですよ、・・・・
なんてね。

56 :日出づる処の名無し:04/07/01 21:08 ID:wLJ6xHsl
萌えねーよ。

57 :日出づる処の名無し:04/07/01 21:55 ID:jWT7xD7b
>>55
吃音(どもり)じゃなくて、舌足らずになるところだったの。
同じ血のせいか私も同じ状況で、手術しなかったから
意識して努力しなければ発音がはっきりしないんだな。
非常に疲れる。

何言いたかったんだっけ。
…あ、いや、舌の手術が大事みたいな感じに
受け取ってる人がいるかもと思って書いただけでスタ。

58 :日出づる処の名無し:04/07/01 22:18 ID:Wy60pQck
>>57
君の家はそうだったんだろうけど、
前、フジの特集で、英語の発音をよくしたいために、
それだけのために、舌を長くする手術を受けさせる親が出てたんだよ。

それ見た時ちょっと引いたんだ。
必要迫られ手術する人まで責めた訳じゃないっす。

61 :日出づる処の名無し:04/07/01 23:49 ID:R5jihI9h
>>31
日本舞踊は役者さんもやるよ~。
若い女優さんも、テレビや舞台で映える立ち振る舞いの為に。
時代劇の主役級スターも、
若いうちから身につけてきたから殺陣ができるんだよ。
ラストにお決まりの、サッサッサッと敵を交わして
刀を振って鞘に仕舞う仕草も日本舞踊の賜物。

身近な所でもあるんじゃないかな。前に出てた気がするけど、
ユニットバスがなんか苦手な日本人が多い事
(ハレの場とケの場が一緒で落ち着かない)、
言霊信仰(悪口が発達しなかった)、
雑然としているけれど清潔な街並み、
手を染める足を洗うなどの慣用句とか、穢れ思想からだよね

62 :日出づる処の名無し:04/07/02 00:06 ID:yv5LznCv
>>61
言霊信仰ってわけでもないかもしれないけれど
「美しい心は、美しい言葉(仕草)から」
これでしょう。

やっぱ悪口ばっか言って(聞いて)たら、精神的によろしくないと思う。
最初は形から入っても、繰り返すうちに魂は宿るもので。

63 :日出づる処の名無し:04/07/02 02:58 ID:1YjEANnG
>>61
たぶん日本人は「清潔」という概念を物理的なものだけでなく
「精神」にも求めてきたのではないかと思います。
大きな神社の参道を歩いていると、一歩一歩進むたびに
欲とか邪な思いが減退していくというか、心が洗われているという
すがすがしい気持ちを覚える…

「精神の清潔」という感覚は欧米人にとっても
非常にわかりやすい概念であったのではないかと思います。
この辺が実は欧米人の日本に対する共感の
根底にあるのではないでしょうか。

で、「精神の清潔」という概念がまったく理解も実感もできない
中国(現代)とか朝鮮(有史以来)という国が近所にあって
互いに理解不能になっている状態が今の東アジアかなと。
いんちきな議論ですかね?

64 :日出づる処の名無し:04/07/02 03:32 ID:zHqEzaPl
…剣道の教室では、師・弟子が身分にかかわらず床を磨き、
それはsoujiと呼ばれ、一種の精神的な修行のよう…

これは>>62がおっしゃる
>「美しい心は、美しい言葉(仕草)から」の行いや生活からと、
>>63がおっしゃる精神の清潔ですよね。

お風呂とトイレが、水回りが一緒で
合理的とは分かっていても敬遠してしまう日本人と、
台所とトイレが一緒の造りがある中国・韓国。

穢れを振りまく行為と忌み嫌われていた事から、
道端に唾吐きがイヤンな日本と、
同じく不浄なものでも、
だからこそサッサと体外に出してしまえという中国・韓国
(東南アジア、中東もそうですね)。

唾吐きや道端での脱糞は、
「不浄なものはサッサと出す」文化なので
自国でやっている分には構いません。

しかしこういう国々のなかで、
独自の姿を成す日本は、アジア圏の中のまたひとつの文化圏だと思います

65 :日出づる処の名無し:04/07/02 07:42 ID:EI8I6HRd
>>64
バス・トイレ別、これは譲れない人多いだろうな。
いや、あえて選ぶ人はいないんじゃないか。
これって結構日本独特なのかな。

67 :日出づる処の名無し:04/07/02 10:11 ID:cmJS8S3o
>>64
唾吐きに関しては、
江戸時代に庶民の間で流行ったことがあったかと。
長い爪楊枝、竹串を口にくわえて、
赤い唾を道端に吐くのが粋だったとか。
所詮、流行りものなんで、すぐに消えたんだっけ、
(この辺記憶がおぼろげなので補足よろ)

69 :日出づる処の名無し:04/07/02 12:36 ID:gGA1z+tY
おれんち田舎の一軒家だったからガキの頃ユニットバス知らなくてさー。
親戚ん家泊まりに行った時驚いたよ。
「何て構造してんだ!」って。
「体を綺麗にする所で汚物を出せる訳ねー」って気持が
子供心に強くてさ。
1週間泊まったんだがどうしてもウンコできなくて重度の便秘。
で、病院逝き。
学生になって上京してきたんだが、
さすがに風呂とバス別だと家賃が高すぎて払えない。
でも生理的にユニットは我慢できなくて
結局風呂無しトイレだけのとこにした。
風呂は銭湯で我慢。

70 :日出づる処の名無し:04/07/02 12:40 ID:KLhCMEnA
>>65
独特と言えば独特なんだろうけど、
「風呂に入る」からじゃね?

田舎は風呂は内で、トイレは臭いがキツいから家の外に作ってたよね。
つまり、水洗かどうかが問題なんでは?
戦後初期みたいに、水洗じゃないのに、家の中にトイレを作る方が
今考えればどうかしてる。

俺、一人暮らししてるけど、もう、バストイレ別は考えられない。
掃除の楽さが全然違う。
「バストイレ別じゃないと嫌」って人は金持ちか、
自分で掃除しなくて良い人か、
もしくは、一人暮らし初体験の人だと思われ。

71 :日出づる処の名無し:04/07/02 12:58 ID:2xCM7JGx
>>70
おもわれねーよw
お前ずぼらすぎんだよ

72 :日出づる処の名無し:04/07/02 12:58 ID:4ZAiJY0/
前にピーター・バラカンがCBSドキュメントって番組に出ていたときに、
日本の学校の掃除の時間と言うのは
全体主義を感じさせる、とか逝ってたな。
英国が階級社会だからかな?
もっとも米国ドラマあたりでも掃除は用務員か掃除人夫の仕事みたいだけど。

ところでにんぷってIMEで変換出来ないのね。

73 :日出づる処の名無し:04/07/02 13:10 ID:KLhCMEnA
>>71
いや、ユニットの掃除はめちゃくちゃ楽なんだって。
君、親と同居だろ?
自分以外が掃除してくれる人はいろいろ言うんだよ。
俺も一人暮らしするまでは、そう思ってたし。

例えばトイレでタバコ吸う人いるだろ。
すると、換気扇は24時間つけっぱなしじゃないから、
ヤニがユニットの天井に茶色い斑点みたいになるんだよ。
でも、ユニットだから、1週間に1度くらい、シャワーの時に流せばOK。
あれが別だったら、天井までは掃除しないだろ?

簡単だから掃除の回数が増えるし、それによって清潔に保たれる。
俺はユニットバスは凄い発明だと思ったけどな。

74 :日出づる処の名無し:04/07/02 13:13 ID:uNKXXqu8
>>72
学校のみんなで清掃はかなり良いと思うけどな
自分で掃除するから綺麗に使おうと心がける
そのわりには汚い校舎だったけどな

75 :日出づる処の名無し:04/07/02 13:20 ID:qeGlxHte
>>73
充分ずぼらです。

76 :日出づる処の名無し:04/07/02 13:22 ID:KLhCMEnA
>>74
心がけねーよ。w
自分の小学生時代を思い出してみ。

最近の小学校では
「この机は6年間、あなたのモノです」ってのをやるらしいね。
これ聞いた時、凄い良い思いつきだな、とオモタよ。
これなら自分の持ち物という感覚が生まれるし、心がけると思う。

78 :日出づる処の名無し:04/07/02 13:23 ID:KLhCMEnA
>>75
じゃ、ずぼらで良いよ。
でも、ずぼらでも清潔に保てるんだぞ。
ずぼらじゃない人なら、それこそぴかぴかじゃん。
これって凄いと思うがね。

79 :日出づる処の名無し:04/07/02 13:58 ID:TWoxW/UY
アメリカ人教育者が日本の小学校を視察して
みんなで掃除しているのを見て、絶賛。
でもその理由は
「日本人はすごい。こうして清掃員のコストを削減してるんですね」

81 :日出づる処の名無し:04/07/02 14:14 ID:EI8I6HRd
バス・トイレ一体だと掃除が楽というが、
それなら台所も寝室も同じにしたらどうだという話になる。
前にテレビで、トイレがガラス張りの家とか、リビングにある家をみたが
ちょっと信じられない感覚だったよ。ご飯食べてる横でブリブリすんだよ。

穢れかどうかはしらないが、欧米で抱きついたりキスしたりするのは
まったくそれに不潔なイメージがないからなんだろうな。

82 :日出づる処の名無し:04/07/02 14:26 ID:KLhCMEnA
>それなら台所も寝室も同じにしたらどうだ という話になる。
寝室と一緒にはならない。
ようは、水周りが一緒だと、掃除が楽だし、
部屋を作る時にも効率的って事。
台所も水周りだが、これは確かに譲れないライン。

ただ、俺も「自分が掃除しなくても良い」なら、バストイレ別の方が良いよ。
ようは、効率と自分の感性で、どこを譲るラインにするか、って事でしょ。
一人暮らしで1日1回以下しか使わない、しかもシャワーのみ。
これがトイレと同じ場所にあったところで、何とも思わない。
掃除が楽な分だけプラス。

83 :日出づる処の名無し:04/07/02 14:46 ID:yuX5n55R
>>81
>欧米で抱きついたりキスしたりするのは
これに握手も加わるが、
相手と直接触れ合う挨拶は「お互い敵ではありませんよ」の証明。
日本人の感覚では知らない人・他人は敵ではないのだが、
欧米では違うから相手と直接触れ合う挨拶ができ、
それが習慣になったと。

109 :日出づる処の名無し:04/07/02 19:31 ID:nqX1fC+p
>>81
不潔だから疫病が大流行してきたんだけどね。
おかげで現代ではもっとも疫病に強い人種だが。

84 :日出づる処の名無し:04/07/02 14:47 ID:EI0E0jOF
>>65
日本人には、トイレと風呂を一緒の場所にという発想が無かったからですよ。
長年親しんできた和式汲み取り式トイレを、風呂と一緒になんかできませんよw
トイレと風呂が一緒になっているというのは、水洗トイレでないと不可能。
それと洋式のトイレであるという絶対条件があるよね。

85 :日出づる処の名無し:04/07/02 14:50 ID:k9odhR46
>70
>田舎は風呂は内で、トイレは臭いがキツいから家の外に作ってたよね。
>つまり、水洗かどうかが問題なんでは?
>戦後初期みたいに、水洗じゃないのに、
>家の中にトイレを作る方が 今考えればどうかしてる。

この考え方はちょっと疑問。
うちは実家がそうとう田舎だけど、中にも外にもトイレはある。
中のトイレの方がりっぱだけど。
ただ単にたとえば農家だとお昼とかに家に帰ってきたとき、
わざわざ靴を脱いで、中のトイレにいかないでいいように、
外にもあるというだけなんじゃないかと思うんだけど。
実家の周りの家はほとんどそうだよ。
ちなみに昭和初期の家だ。

86 :日出づる処の名無し:04/07/02 14:52 ID:xlYHY8O4
最初はユニットバスって掃除が楽でマンセー派だったけど
風呂入ってる時に友達に隣でウンコされた時、
やっぱりこれは俺には合わないと感じた。

ウンコ我慢しろよ!と思ったが、人が居てでもしたくなる程に
切羽詰まった状態だったらしいので文句も言えん。

87 :日出づる処の名無し:04/07/02 15:22 ID:XdfPlI49
ユニットバスは狭いだろうに。
湯船からあがって体洗えないじゃん。サイアク。

88 :日出づる処の名無し:04/07/02 15:22 ID:KLhCMEnA
>>85
野良仕事の時の効率は、書こうかどうしようか迷ったんだよ。
だから「戦後初期」って書いた。

俺の実家が、建て直す以前、
いわゆる高度成長の初期頃の家だった。
で、当然トイレは家の中にあった訳。
臭いを外に飛ばす風車みたいなのが
外のタンクから出てるんだけど、
風がない日は家の中が臭いのなんの。
雨が続くと、染み込んだ雨でタンクが満タンになって、
糞する時に「ちゃぽん」と跳ね返ってくる。w

水洗じゃないのに家の中にトイレがあるのは、
ほとんど悪夢だと思う。

89 :日出づる処の名無し:04/07/02 15:35 ID:xvWMoFEG
>>88
あの時代の家は構造が悪すぎる。(w
狭い敷地に無理矢理詰め込んだ設計だもの。

ところでユニットバスというよりも
バストイレ一体式のほうがよくないか?
ユニットバスは風呂のみのものもあるし。こっちも掃除は楽だよ。(w

90 :日出づる処の名無し:04/07/02 15:36 ID:EI0E0jOF
なあ、トイレネタはもう止めにしないか?
見てるだけで匂ってくるような気がするw

92 :日出づる処の名無し:04/07/02 15:45 ID:/N9BpyMi
>>69
>さすがに風呂とバス別だと家賃が高すぎて払えない.
そりゃあ2つも風呂がありゃあ高い罠…と、揚げ足取ってみる。

93 :日出づる処の名無し:04/07/02 15:50 ID:79ruzl4L
>>87
そうそう、ユニットバス(というかバストイレ一体型)は体洗う空間がない。
そうすると結果的に湯舟の中でシャワー浴びるだろ。
そしたら、湯舟はいらないと思うんだけどね。
たまに湯舟にお湯貯めようと思ったとき、シャワーで体洗ったときに
残った石鹸カスや垢であまりきれいじゃないから
掃除大変だし(これもずぼらか?)。

で、その考えを突き詰めたら、
湯舟無しでいいからシャワーとトイレが
別々にあってくれると俺には一番都合がいいんだけど、
そういう物件はないな。
空間的な広さはバストイレ一体型とかわらないわけだし。

110 :日出づる処の名無し:04/07/02 19:34 ID:nqX1fC+p
>>93
あれは湯船じゃなくて大きな洗い桶

94 :日出づる処の名無し:04/07/02 16:20 ID:fmXDYQRC
誰だって風呂とトイレと寝室と台所が別な家に住みたいだろうに

95 :日出づる処の名無し:04/07/02 16:36 ID:TWoxW/UY
さすがに洋式より和式のほうがいいという奴はいないな

96 :日出づる処の名無し:04/07/02 16:36 ID:zvsDle41
うちの部屋もユニットバス。確かに掃除は楽だ。
便器のまわりをシャワーでダバーッと水で流せる。
しかし、
ウォシュレットを取り付ける電源がない。
無理やり付けようとしたら、
「それはやめろ」と電気屋に言われてしまった。

便器がきれいになっても、お尻がきれいにならないんじゃダメ、
ということで、ユニットバスの個人的評価は×。

99 :日出づる処の名無し:04/07/02 17:42 ID:fq91dv8b
    |             |
    |         ゴボゴポポポ・・・
    |             |
__ノ              |    _
| |                    |  ノ\__ヽ
ヽ二二 ヽ -―- 、    ∩   |   \ノ(◎)
_____/ /" ̄ヽヽ_| |.__|
   /  / _∧_∧ l / /    \
   |  |/( ;´Д`)/        \
   .\ヽ∠____/\゚ 。       \
     .\\::::::::::::::::: \\.    |\   \
       .\\::::::::::::::::: \\ /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       \\::::::::::::::::: \ | 極楽、極楽・・・
         \\_:::::::::::_)\_______
             ヽ-二二-―'


100 :日出づる処の名無し:04/07/02 17:46 ID:H7V8ywJ5
>>99
トイレ風呂…(;´Д`)
最悪…(つД`)

103 :日出づる処の名無し:04/07/02 18:27 ID:Qt7jNbXd
>>95
洋式より和式が清潔だろ。
便座と肌が触れる洋式を受け入れたことで
ユニットバス受け入れの下地ができた

104 :日出づる処の名無し:04/07/02 18:30 ID:pMA/eGei
>>96
馬鹿だな、運越した後シャワーでアナル洗えばいいじゃん

111 :日出づる処の名無し:04/07/02 19:57 ID:ON9lTI4O
学校の掃除って昔ながらの「道普請」とかが起源じゃないの?
あとトイレの掃除ってそんなに面倒なものなのか?
いまはタンクにドボン入れとけばそんなに汚れないような。
まあ、うちは未だに汲み取り式だけどな┐(´ー`)┌

112 :日出づる処の名無し:04/07/02 20:34 ID:U8kzli6L
アメリカじゃ学校の掃除は昔は黒人の仕事だったし、
今は移民の仕事なんだよね。
「ザ・シンプソンズ」でもスコットランド系移民のウィリーが、
いかにも教育無さそうな訛りの強い英語を操りながら
ボロ小屋に住みこんで働いてたりするじゃん。
要は今でも身分制社会なんだな。あっちは。
中国の文革のノンフィクションを読むと、
当時の中国のエリート学生が
掃除とか豚の世話とか貧民がやらされるような仕事をやらされて
屈辱に震えたという記述が出てくるが、
日本人にはむしろ理解しにくいんだよね。
学生が掃除をやることに「全体主義」のイメージを持ってしまう英国人は、
上流階級が下々の仕事を強要されている
共産主義という感覚で見てるんじゃ無いかな。
日本人だといくらエリートでもそういうことに屈辱感は割と無いような気もする。
確か学習院でも、生徒自身で掃除しているわけだし。
高学歴フリーターが凄く増えてるわけだけど、
良いことなのか悪いことなのかわからないが
日本ほど職業差別意識が薄い国は無いよな。

114 :日出づる処の名無し:04/07/02 21:07 ID:+gg0zom5
>>112
日本は学歴社会だって言うけど
東大卒キャリア官僚と高卒大工でも生涯賃金に
そんなに極端な違いはない、って言われてたしね。
今はジニ係数大きくなって困ったものだが。

でも、どうなんだろう?
「日本は世界で唯一成功した社会主義国」の汚名?を返上せんと、
「自由競争マンセー」の空気がみなぎってるけど、
本当に所得格差のある社会を望んでいるのだろうか?

115 :日出づる処の名無し:04/07/02 21:15 ID:zHqEzaPl
>>107
掃除どころか、労働もできるならしたくないらしい。
奴隷にやらせてた事だからね。

仕事したくないのは、当たり前っていえば当たり前だけど、
労働に楽しみを見つけ、
勤労が美徳な日本とは文化の違いがあるんだろうなぁ。

116 :日出づる処の名無し:04/07/02 21:21 ID:nqX1fC+p
>>111
>学校の掃除って昔ながらの「道普請」とかが起源じゃないの?
おお!意外な観点。

>>115
外人はマジで怠け者。
というか日本人が普通に勤勉であることが異常。

117 :日出づる処の名無し:04/07/02 21:36 ID:gBussRyQ
書道とか、武芸関係の道場では、掃除はみんなでやっってたんじゃないの?
その関係とかは?

118 :日出づる処の名無し:04/07/02 22:59 ID:oYN+vqEI
井沢元彦が「逆説の日本史」で、アメリカで空手道場を開いた人が
生徒に道場の掃除をやらせたら
「空手を習いに来たんであって掃除をしに来たんじゃない」と
苦情が来たと書いてた。
で、日本でも江戸時代までは偉い人間は身の回りのことは何もやらないのが
普通だったと。維新後遊郭に元藩主と偽って来た人が便所に行った時、
「自分で」水をくんで手を洗ったからすぐにバレた、のだそうな。

119 :日出づる処の名無し:04/07/02 23:57 ID:Lq5ca50o
何もしないといっても、ふんぞり返ってるのか
周りが世話をさせてくれと頼んでいるのか
どっちなんだろうな。

120 :日出づる処の名無し:04/07/02 23:59 ID:9jFDZMY/
>>118
でも武道の道場ではそういうこと(掃除とか)があるっていう認識は
向こうの人もあるみたいよ。
「ベスト・キッド」でも主人公が掃除させられてたし。
そんで、「なんかしらないけど習いたかったらそうするべきだ」
みたいな納得の仕方をしているように見えた。
まあそういうことも含めて精神的な鍛練であり、
礼儀やなんかの美徳の継承という側面もあるんでしょうね。
あと、神棚ある道場多いので、
穢れを嫌う、というのも掃除をする理由のひとつかと。
少なくとも弓道とかは神前である、という面での考え方が多いよ。

121 :日出づる処の名無し:04/07/03 00:27 ID:ROvTBRFe
勤勉であることはいいことだ。
働き蟻だのと言われても、ハァ?って思うよ。
何で真面目に働いている人をからかうのかわからん。

働かざるもの食うべからず、と言うけど
食うために働くんじゃなくて、働くから食えると思えば
働くことに感謝するだろ。
ここらへんにも職人気質があると思う。

122 :118:04/07/03 00:27 ID:vW/qTsUr
>まあそういうことも含めて精神的な鍛練であり、
井沢はその思想の源泉を禅に求めてたけどね。
議論として妥当かどうかは俺には分からんが。

124 :日出づる処の名無し:04/07/03 03:05 ID:bEOZoRBE
日本じゃ箸より重いものを持ったことが無いのを自慢するのは
昔から成金と決まってるからね。
旧家は昔から生き残っているだけあって子供はキチンとしつけている
今まで、交際した女性で掃除、洗濯、料理だけでない
家政全般で一番しっかりしていた娘は
初代が平安時代まで遡れたお嬢だった(藤原家の荘園管理を任されたそうだ)
翻って、何も出来ない娘は
戦後、親の代までが努力して成り上がった家の子ばかりだった。
とりあえず、家制度の是非はともかく、
これじゃこいつで没落するなというのが判るのが辛かった。
生き残る(サヴァイヴァル)の条件の一つを実地で感じたけど、
勤勉さを失わなければ日本は滅びないと思う。
中国は今、子供のわがままと我慢の無さが問題になってるみたいだし

125 :日出づる処の名無し:04/07/03 12:46 ID:Dc3vwRzX
>>115
欧米中東では、「労働」はエヴァが知恵の実を食べた罰としての苦役。
日本では「労働」は悟りを開き極楽浄土に至る唯一の仏行。

126 :日出づる処の名無し:04/07/03 15:51 ID:ixgQ/No7
自分の汗で汚した道場を、自分で綺麗に掃除するというのは、当たり前の礼儀。
それを知らずして、武道を修得する事は不可能。
ただ肉体的、技術的に強くなりたいだけなら、ボクシングやレスリングをすればいい。

127 :日出づる処の名無し:04/07/03 16:00 ID:bIeIPwww
「イチローは丁寧に自分で自分の道具の手入れをする」というのが記事になるし、
サッカーでもホペイロは選手が使うスパイクの手入れをする。
単に日本の身の律し方と外国のそれは違うってことで。

128 :日出づる処の名無し:04/07/03 16:06 ID:NAY3tOlu
武道では無いけど、「読むクスリ」に米国で茶道を教えている方の話があったね。
やっぱりお稽古の後の掃除はいやがる、
というか掃除人がするものだ、と考えている。
そこで先生が、一通りの稽古の後に
「今日はもう一段上のお稽古として、お掃除を覚えましょう」
と、掃除がより上の稽古事としたら、皆嬉々として掃除をするようになったらしい。

129 :日出づる処の名無し:04/07/03 16:47 ID:XgJt+XI2
学校の掃除の時間はけっこう楽しかったけどな。
大掃除の日なんて、すごかった。
ロッカーの中から腐ったジャガイモとか出てくるの。
外国ではこういうことってないのかな?

130 :日出づる処の名無し:04/07/03 17:17 ID:ubBUQFoa
>>129
中身が大量に詰まってるゴキブリホイホイとか
ひからびたトカゲやらメダカやらが出てきたなぁ(´ー`)

131 :日出づる処の名無し:04/07/03 17:25 ID:ivk6weeg
日本人は勤勉、というけれど、
学校の先生に勤勉であることを教わった覚えはないな。
学校の先生、少しも勤勉じゃなかったな。

188 :日出づる処の名無し:04/07/04 18:54 ID:WANmR0i6
>日本人は勤勉、というけれど、学校の先生に勤勉であること
>を教わった覚えはないな。
>学校の先生、少しも勤勉じゃなかったな。
生徒の前にいるときだけが先生の仕事じゃないだろ。
なんで世の先生と呼ばれる人たちが心身症にかかるのか
考えたことあるか。

132 :日出づる処の名無し:04/07/03 17:49 ID:bIeIPwww
就業時間だけなら学校の先生ってかなり大変だよ。
今は放課後・休日の部活時間の制限が厳しくてかなり緩和されてるみたいだが。
ゆとり教育も本当は先生の労働環境改善のほうに主眼があるとしか思えんし。

133 :日出づる処の名無し:04/07/03 17:54 ID:txdtU2UZ
日本人の勤勉さってのは大昔からなんだろうか?

それともある時期から、そういう傾向が目立ってきたのだろうか?
誰かが”勤勉は美徳なり”とか明文化したのだろうか?
と、つらつらと疑問。

134 :日出づる処の名無し:04/07/03 18:23 ID:H6oW+q/N
>>133
日本人が勤勉になったのは18世紀頃に、
鎖国状態の狭い国土に集約的に労働投下することが
効率をあげる早道と気づかれて日本人の労働観に変化が起こってから。
というのが最近の説。
ヨーロッパの産業革命(Industrial Revolution)に対して
勤勉革命(Industrious Revolution)とよばれる。
それ以前の日本人の労働観はけっこうラテンっぽいというか南方系な感じで
おおらかだったらしい。しかし怠惰なわけじゃなくて知的に楽しむって感じかな。
がむしゃらにバリバリがんばるってのではなかった。

135 :日出づる処の名無し:04/07/03 18:47 ID:l9Hg9CKO
全然詳しくないんだが、石田梅岩と関係あるんじゃなかったっけ?
スポンサーサイト
この記事のURL | ジャポニスム | CM(38) | TB(0) | ▲ top
耳障りな言語と国産バイク論議(part27スレ)
- 2010/03/28(Sun) -
666 :日出づる処の名無し:04/06/24 19:11 ID:4JXKSuye
今、北米でハングルの入れ墨を入れることにブームを起こしている。
アルファベット文字を使う彼らにとっては
ハングルの形が格好良く魅力的に見えるそうだ。
なかでも「李舜臣」や「安重根」などの
朝鮮史に登場する人物の氏名を好んで掘る傾向がある。
彼らは偉大な英雄の生涯に憧れを抱き、
自分の人生の糧にしているからだと、こぞって伝えた。
なぜ、北米でハングルが浸透したかについての経緯は、
海外で活躍する韓国企業の看板や我が国が誇る
世界で人気のアニメーションや漫画によるものだと推測する。

667 :日出づる処の名無し:04/06/24 19:15 ID:6y4/w81Q
>>>666
ゴミはゴミ箱へ「 入 れ ろ 」

668 :667:04/06/24 19:16 ID:6y4/w81Q
間違えた
ゴミを、ゴミ箱から 「 出 す な 」 だ

669 :日出づる処の名無し:04/06/24 19:18 ID:gAhB8yy6
>>666
君の新しい赴任先はハングル板コリアンジョークスレだ。

672 :日出づる処の名無し:04/06/24 20:01 ID:6ee3Lg4R
>>666
そういやこのあいだのワールドビジネスサテライトで、
アメリカで日本ブームってな特集やってたけど、
その中に出てきたタトゥーショップの店員が東洋人風で「キム」って名前だったな。
でも流行ってるのは漢字のタトゥーだって言ってたけど。

674 :日出づる処の名無し:04/06/24 20:21 ID:JgQJJAQa
>>666
このまま韓国で漢字が排斥されて
50年後ぐらいに韓国で漢字外ウが
流行ったらこんな風景が目に浮かぶ。

「大陰唇」って腕に彫ったけど、どういう意味ニダ?

682 :日出づる処の名無し:04/06/25 16:50 ID:ZEFJjxEt
>666
>アルファベット文字を使う彼らにとっては
>ハングルの形が格好良く魅力的に見えるそうだ。
>なかでも「李舜臣」や「安重根」などの
>朝鮮史に登場する人物の氏名を好んで掘る傾向がある。
「李舜臣」も「安重根」も漢字ですから!残念!

683 :日出づる処の名無し:04/06/25 16:52 ID:ZEFJjxEt
作られた韓国ブーム斬り!

684 :日出づる処の名無し:04/06/25 17:45 ID:I9FtwJgE
>>682
波田陽区さんですね?

685 :日出づる処の名無し:04/06/25 17:49 ID:Ht02/lVK
>>682
 まだ楔形文字の方が格好いいと思うけどな

686 :日出づる処の名無し:04/06/25 17:52 ID:R9K1xcdw
漏れとしてはルーン文字の方が(tbs

687 :日出づる処の名無し:04/06/25 17:55 ID:xNy8dFzy
俺のハングルの初見の印象は「気持ち悪い」だった、何故だろう?

688 :日出づる処の名無し:04/06/25 18:21 ID:iwHcYLTG
ハングル文字って速読しづらそうだな
慣れたらそうでもないのかな

689 :日出づる処の名無し:04/06/25 18:28 ID:xNy8dFzy
日本語で言えば、全部カタカナで書かれてる様なものらしいが。

690 :日出づる処の名無し:04/06/25 19:10 ID:an+nmeJm
ハングル、最初は気持ち悪かったな。得体の知れない暗号みたいな感じで
今は多少慣れたからどうってことないけど
ていうかまず韓国のイメージからして気持ち悪かったしな

691 :日出づる処の名無し:04/06/25 19:20 ID:QfQ1PjQG
俺も気持ち悪いと思った
なんなんだろうな、この感覚は

692 :日出づる処の名無し:04/06/25 19:46 ID:N9ggRT8V
俺は「朝鮮」という文字からなんか汚らしい印象を受ける。

693 :日出づる処の名無し:04/06/25 20:00 ID:QfQ1PjQG
>>692
まぁそれは単なる先入観だわなw
冗談はおいといて半島語も異様なほど聞き苦しいな
アレはマジで聞いてるだけで苦痛

694 :日出づる処の名無し:04/06/25 20:07 ID:eJFb4NnA
>>693
おれは教科書問題から始まった
ここ数年の朝鮮人の嫌がらせや異常っぷりに、
キムチさえ嫌いになったよ。
昔から朝鮮語は深夜はAMラジオに乗って
聞きたい番組を潰すから嫌いだったけど。

695 :日出づる処の名無し:04/06/25 20:44 ID:yMoUUiNV
>>694
文化侵略って奴ですな。1134kHz

696 :日出づる処の名無し:04/06/25 21:20 ID:an+nmeJm
>>693
>冗談はおいといて半島語も異様なほど聞き苦しいな
それも単なる先入観
確かに北朝鮮テレビの朝鮮語は聞き苦しいが

個人的には日本語も韓国語も似たようなもんだと思ってる
以前、街中で韓国人二人組が韓国語で会話してたんだけど、
最初は普通に日本語に聞こえたよ
その後よく耳を立てて聞いてみてようやく韓国語だったことに気付いた

697 :日出づる処の名無し:04/06/25 21:48 ID:ch/0pyxe
>>696
そうかな?私はだいぶ違うと思う。
よく携帯で大声出して喋ってるの聞くよw
でも聞き苦しいのは、テレビで聞くような変に気合い入った喋り方だろうね。
日本語だと、あまり抑揚が無いからよけいにそう聞こえるだけじゃないかな。
普通に話す分には聞き苦しいとは思わない。
誰だって母国語が一番心地よく聞こえるよ。と言うかひらがなマンセー

698 :日出づる処の名無し:04/06/25 21:48 ID:QfQ1PjQG
まぁこんなカキコもある。音声ってのはある程度普遍性あると思うよ。
日本語が韓国語に聞こえたってのは目から入った錯覚じゃないのか?
仮に金髪の白人也が韓国語しゃべったとpして同じような反応出るとも思えん。

302 名前:マンセー名無しさん 投稿日:04/05/23 07:52 B1EAp6y0
哈日族 なぜ日本が好きなのか  酒井 亨著
光文社・05月14日・735円・ISBN:4334032486

台湾に関しての本だが
作者の酒井氏は韓国語にも堪能で一時期韓国にもいたことがある人物なので、
韓国ネタも少し。
台湾で日本ドラマの流行の次に
韓国ドラマブーム(韓流)が起きた状況について分析している。
韓国ドラマが流行ったのは。
1・演技・演出がしっかりしている
2・日本のドラマに似ている(おいおい)
3・脚本にリアリティがある
等々、ただ韓流は日本と同じく台湾でも30台以上の女性がメインなため、
若い世代を含めて広範囲に広がってる日本ブームとは比較にならないとのこと。
また台湾は基本的に南方系平等主義の国で、
母系社会の名残で女性の地位が高いので、
序列を重視する儒教的権威主義と
男尊女卑の強い韓国とは相容れないものがあるとのこと。

ちなみにこの作者は最初は韓国の専門家になるつもりで韓国語を覚えたが、
韓国人がピーなやつばっかりだったのでブチ切れて台湾に転向した人です。

304 名前:マンセー名無しさん 本日のレス 投稿日:04/05/24 04:42 Why6ACRc
>>302読んだ。
付け加えると大抵の日本ドラマは日本語に中国語字幕で放送されてるが、
韓国ドラマは韓国語に字幕だと、
「韓国語は耳障り、聞きたくない」という苦情が来るので
中国語に吹き替えで放送してるとか。

699 :日出づる処の名無し:04/06/25 22:00 ID:Ht02/lVK
静かに話す韓国語なんて一部のドラマくらいでしか聞いたことないけどな

703 :日出づる処の名無し:04/06/26 02:54 ID:KIvF94qy
>>696
先入観じゃないと思うよ。
発音は似てるかもしれないけど、音の響きそのものは全然違うと思う。
だって、すげー聞き苦しいんだもん、朝鮮語って。
あんな汚い響きの言語は、なかなか聞いたことがない。
台湾人の気持ちが良く分かる。

712 :日出づる処の名無し:04/06/26 09:28 ID:PgLYvLdF
>>703
うん。日本語の起源に関する本とかによく書かれてるけど
音素とかが全然違う。

対馬隔ててこれだけ近いのに、
ここまで違うってのも妙な話だ、とか書いてあったな。

713 :日出づる処の名無し:04/06/26 09:35 ID:vM05Yy90
>>712
おかしいのは朝鮮。
あいつらもっと北部からの流れもんだから。

714 :日出づる処の名無し:04/06/26 09:35 ID:XL6ur+UM
関西以西の言葉は母音が多いこと、言葉の抑揚が大きいことなどから、
聴いていてラテン系の言語に似ている、と欧米人が再三言っているよ。
関東以北の言葉は濁音が多く抑揚が乏しく平板な特徴から、
私は朝鮮語に近く思える。
揚子江あたりの人々が稲作を持って九州に移ってきて
徐々に西に広がった、という説をなんとなく信用してしまう。

あるフランス人は黒澤映画を見て、なんと野蛮な言葉か、
日本語は非文化的な言語だと思っていたが、
溝口さんの映画をみて、言語の美しいことに仰天した、
日本語の認識を改めた、と書いている。
黒澤映画はご承知のように関東言葉で怒鳴り散らす言葉使い。
溝口映画は京言葉、大阪弁の柔らかく抑揚のある言葉使いの世界。

欧米はローマの文化植民地が元だからラテン語に似た言語を、
文化度が高い、と評価するのかね。

715 :日出づる処の名無し:04/06/26 09:57 ID:8gmXBMqo
>>714
ただ単に脚本や役者のしゃべり方の問題では。
自分は子供の頃爺さんの生粋の江戸っ子のべらんめえちょうが恐かったけどね。
標準語とはまた違うけど。

716 :日出づる処の名無し:04/06/26 12:06 ID:mEzK5A6c
>>714
なんて頭の単純なフランス人なんだ
小学生じゃあるまいし

717 :日出づる処の名無し:04/06/26 12:12 ID:IHsMO7kr
まぁ標準語は明治期に作られた人工語だからね
関西の人間東京弁と勘違いして敵意燃やしてるみたいだけど

平坦なのもある意味当然なんだと思う
江戸弁は好きか嫌いかは別にしてちゃんと抑揚あるよ

それいがいにも明治期の文化運動のせいで
日本語の本来の美しさみたいなものはかなり失われたような気もする
リエゾンなんて従来の言葉除けばいまほとんどないしね

723 :日出づる処の名無し:04/06/26 14:41 ID:7NHERWQz
>>714
> 関東以北の言葉は濁音が多く抑揚が乏しく平板な特徴から、
> 私は朝鮮語に近く思える。
おまい、本当の東北弁を聞いたことがないだろ。
つうか、秋田弁とかおフランス語に音が似ているとか言われてんじゃん。
第一、地理はどうみたって東日本の方が朝鮮から明らかに遠いだろ。
東北弁の単語を字にすればわかるけど、東北弁は琉球語の次に
古い日本語が生きて残ってる場所だと思うぞ。(古代~中世あたりか?)

>>717
東京弁でも色々あるよね。
メジャーなところで下町系の江戸弁と山手語とか。

726 :日出づる処の名無し:04/06/26 18:05 ID:vbo15Dpy
>おフランス語に音が似ている
フランス語に似ていると言われて嬉しいんだろうけれど
あれはマスコミの人間が少し前からいっているだけ。
フランス語も抑揚に乏しいメリハリの少ないことば。
フランス語の歌劇やミュージカルがやり難いのはそのせいだよ。
フランス語は拗音の印象が強いけれど関東以北の濁音の強さは
半島と共通している印象があるよ。

古代に半島と列島に共通言語があったけれど
九州に江南の稲作技術を持った人たちが移住してきて
西へと拡がっていったという説があるから、
半島と真向かいの北九州よりも
日本の東から北方の土地のことばが朝鮮語に似て聞こえるという
現実の説明に当てはまるな、と思っているだけさ。
なにやら誇りを傷つける野郎だ、という反応があるようだから
失礼な書き込みだったようだね。

727 :シールド・マシーンの国際入札<2>:04/06/26 18:17 ID:sjhVgzJ6
>>726
うーん。北海道も東北も、沿岸地域のなまりは
朝鮮語に似て聞こえなくも無い。
でもそれだけではちょっと根拠としては弱いな。
言語的な共通性みたいのがもっとあったらそうかとも言えるけど、
印象だけだったらフランス語と津軽弁は似てる。
南部の方のはまた全然違うようにも聴こえる。

729 :日出づる処の名無し:04/06/26 18:22 ID:4EInMe0S
>>717
>まぁ標準語は明治期に作られた人工語だからね
>関西の人間東京弁と勘違いして敵意燃やしてるみたいだけど
逆だろ、俺は標準語じゃん(←こんな言いまわしはしないけどね)って
東京弁(江戸弁とはまた違う)を標準語と勘違いしてる香具師の方が多いだろ。
イントネーションも標準語と全然違うのに。
っていうかそもそも何をもって標準語とするのか分からんが。
(※リンク先消滅)
↑の例にある「梅雨」は上方の言葉で、
東京の言葉の例にするのはどうかと思わなくも無いが。
(江戸の言葉で梅雨入りすることを「入梅する」といっていたが、
梅雨そのものを指す言葉はなかった)

730 :日出づる処の名無し:04/06/26 18:25 ID:MxqUEafj
>古代に半島と列島に共通言語があったけれど
>九州に江南の稲作技術を持った人たちが移住してきて
>西へと拡がっていったという説があるから、
>半島と真向かいの北九州よりも
>日本の東から北方の土地のことばが朝鮮語に似て聞こえるという
>現実の説明に当てはまるな、と思っているだけさ。
>なにやら誇りを傷つける野郎だ、という反応が
>あるようだから失礼な書き込みだったようだね。

 ‥‥。

731 :日出づる処の名無し:04/06/26 18:36 ID:eYBsF7Lc
>>730
言いたいことはなんとなく分かるw。

732 :日出づる処の名無し:04/06/26 18:42 ID:6epHQR1t
日本語が外人にどう聞こえるかってのとはちょっと違うけど、
イギリスの友人が日本を訪れた時、
日本で一番ビックリした事は何?って聞いたら、
街がメッチャ静か!あんなにたくさんの人が居て、
しかもみんな喋ってるのにうるさくない!!って言ってた・・。
ロンドンってそんなにうるさいって印象なかったんで、
なんか未だに合点がいかない・・。東京ってそんなに静かか?

734 :日出づる処の名無し:04/06/26 18:54 ID:VyNlWBlq
>>732
日本人は腹から声出さないからじゃない?
日本に観光に来てる外人とかナチュラルで声でかいし
彼らからすれば静かに聞こえるのも当然
話ずれるけど、このへんが外人と日本人の歌唱力の差にも表れてる気がするよ

793 :日出づる処の名無し:04/06/27 18:33 ID:dpqJOh8y
>>714
遅レスだが、方言というものは
そこにおける固有名詞などはアイヌ語や漢語などの分化で説明できる。
しかし「~に聞こえる」といった音韻は
前・近代における''京都弁の音韻の分化''で全て説明できるらしい。
だから音韻でそういう印象を持つのは意味のないことと思われる。

***********

849 :日出づる処の名無し:04/06/28 14:40 ID:7pMnHfh2
(※リンク先消滅)
日本のビンテージ・バイクが密かなブーム
-----------------------------------------------------------

■『New York Times』5/10/04
『New York Times』は10日、
日本製のオートバイがアメリカ国内で注目を集め始め、
マニアの間で収集合戦が過熱している、と伝えた。

毎週月曜、
スポーツ欄の最終面に「Automobiles」という名のセクションが設けられる。
今回の記事の見出しには“Japan’s Bikes: Trusty Then, Coveted Now”
(日本のバイク、当時は信頼され今は熱望されている) と大きく印刷されている。
日本製のオートバイが特集記事で組まれたのだ。

『New York Times』が日本製の、しかも古いオートバイの記事を載せたのか。
興味をそそられ読んでみた。

って既出?

850 :記事の内容:04/06/28 14:41 ID:7pMnHfh2
省略でコピペ
紙面の上半分を使い、仮面ライダーが乗りそうな
日本製オートバイの写真を8枚掲載している同記事は、
まずアメリカ人の日本製オートバイコレクターを紹介。
ホンダ社のオートバイを10年間集め続けているという彼は、
今回アメリカで2年間しか販売されなかった
というシロモノを手に入れた。
この男性によると、彼が最近入手したオートバイは1989年に販売が開始されたが、
当時はホンダの知名度が低く、
このオートバイの存在を知る人はごくわずかだっという。
ところが、15年経った今、
このオートバイの価格は元値の4200ドルから5700ドルに跳ね上がった
という。実に、年季の入った中古車が35パーセントも値上がりしたことになる。

生産数が少なかった、または生産が打ち切られた製品が後に脚光を浴び、
生存数の減少に反比例して付加価値が増加する。
特定の旧型日本製オートバイはコレクターの間で「幻の一品」的な存在になり、
アメリカ国外から希少オートバイを「ハンティング」しにやってくる人もいるそうだ。

851 :記事の内容続き:04/06/28 14:41 ID:7pMnHfh2
さらに記事は、旧型日本製オートバイが芸術面でも評価され、
オートショーに引っ張りだこだと述べている。
1998年の、ニューヨークのGuggenheim Museumでの
日本製オートバイの展示会で注目を集め、
Rockefeller Centerでも、今月中旬から19日間、展示会が予定されているという。

冒頭に登場したコレクターは、
「当時はアメリカ、イギリス、ヨーロッパ製よりも日本製は信頼性が高く、
整備回数も少なくて済み、テクノロジーにも長けていた」と話す。
現在のアメリカの車市場における、日本製=高品質という公式を作ったのは
日本のオートバイだと彼は断言している。

さらに、あるブローカーが日本製オートバイの人気の秘訣を語っている。
日本製オートバイはライダーの必要性や予算、技術レベルに応え、
至れり尽くせりだという。
アメリカ人ライダーに、最初に乗ったオートバイは何かと聞くと、
ほとんどが日本製と答えると、このブローカーは話す。

記事の別枠には大手メーカーの代表的な旧型オートバイ4台を写真付きで紹介。
メーカー名と型の名前はもちろん、製造年やその機種の特徴、
現在のビンテージ価格まで事細かに書かれている。
これらのオートバイは熱狂的なコレクターにとって、
喉から手が出るほど欲しくなる機種らしい。
上げちゃった、ごぬん。

852 :日出づる処の名無し:04/06/28 14:56 ID:0+DWtiuJ
>>850
>この男性によると、彼が最近入手したオートバイは
>1989年に販売が開始されたが、
>当時はホンダの知名度が低く、
>このオートバイの存在を知る人はごくわずかだっという。
おいおい、1989年にホンダの知名度が低い分けないだろ?
世界中のオートバイ・メーカーをサーキットからストリートに至るまで
駆逐しまくっていたんだぜ。

イギリスの「クラシック・バイク誌」なんかには日本の旧車がよく掲載されてるよ。
あと、ドイツのマッハ・オーナーズ・クラブとか、
アメリカのゴールドウィング・オーナーズ・クラブとか
日本車の愛好者が世界中にいるのは嬉しいね。

853 :日出づる処の名無し:04/06/28 15:03 ID:FQWpIzLO
NR乗ってる人って今でもいるのかな?
こいつと市販車でターボ付きのヤツを持ってるなら、なかなかマニアだと思われw

854 :日出づる処の名無し:04/06/28 15:31 ID:0+DWtiuJ
リンク先の記事を読んだが、この記者の物知らずに改めて驚かされた。
もっとも、「仮面ライダーが乗るような…。」なんてことを書いてる時点で
モータースポーツやオートバイと無縁の年寄りだと分かったけどね。w
ホンダの「カブ」こそ日本車のアメリカ進出の先兵だったのに!
(ビーチ・ボーイズが「リトル・ホンダ」って曲を作ったくらい。)
ホンダはCB72やCB450で中級排気量車で少しは市場を開拓したが
大排気量車はイギリスのメーカーが支配していた。
そんなアメリカ市場に於ける「カブ」こそが蟻の一穴だったんだよ。
ホンダは「Nicest people on a HONDA !」キャンペーンを張って

当時、イメージの悪かった「ブラック・レザー」のオートバイ乗りのイメージ
(映画「乱暴者」のマーロン・ブランドがそれ。)を変えることに成功した。
そして名車「CB750」で
遂にトライアンフやBSA等のイギリス車をアメリカ市場から駆逐した。
更にカワサキのZ1が止めを刺した。
1980年代にハーレーが復活するまでアメリカのオートバイ市場は日本メーカの独占だった。

アメリカの日本製オートバイ・コレクターの記事は
たまに日本のバイク雑誌でも紹介されてる。
デイトナ・バイク・ウィークの記事の写真なんかは日本車のオンパレードだし、
結構古いバイクがピカピカにレストアされてるのを見ると
日本人として嬉しくなってくる。
(アメリカでは販売されなかったRZ(2ストロークの排ガス規制のせい)が
インター・ヤマハ・カラーにペイントされてたり)

熱く語っちまったYO
長文スマン。

855 :日出づる処の名無し:04/06/28 15:36 ID:18EbjhS5
理系の大学にバイク乗り多いのはやっぱ弄る楽しみがあるからなんだろうなぁ
バイク好きの外人は日本で若者が超高級レーサーに乗ってるのに驚くらしいね
中古情報誌とか見ると宝の山状態だという罠
さすがはバイク王国ってところか・・・地位が異常に低いのも日本らしくて苦笑

名実共に最高峰の日本バイク。
しかし最近ハーレー乗りたがるおっさんが増えてるらしい

ま た 団 塊 か

856 :日出づる処の名無し:04/06/28 15:44 ID:lhMjPWA5
世界有数のバイク大国に住んでいるにも関わらず、
アメ公のバイクに乗りたがるアホ日本人。
この欧米かぶれのダニ虫共を一匹残らず滅殺しないかぎり、
日本に未来は無い。

857 :日出づる処の名無し:04/06/28 15:48 ID:BZk9gQrE
HMMWVに乗りたい漏れは駄目ですかそうですか。

858 :日出づる処の名無し:04/06/28 16:12 ID:1N3BNmZq
ハーレーはハーレーで良いし日本の柴崎氏が「レースで勝てない」と
言われていたハーレー弄ってデイトナだったかで勝ってる。
確か数年前柴崎氏の話がコミック化されてたような…

ただ一言言わせてくれ、ハーレーに乗ってアメリカンポリス気取ってる
世の親父さん方、ちょっと痛い…
あと「ハーレーこそ世界一のバイク」と面と向かって言うのもどうかと。

859 :日出づる処の名無し:04/06/28 16:37 ID:FQWpIzLO
一応フォローしておくと、
アメリカにしかないダートトラックのレースだとハーレーの天下。
ハーレーのあの変なトルクが最大限に生かされるレースだからなんだけど。
ちょっと前はGPライダーには
ダートトラック出身者が結構多かったけど、今はどうなんだろう?

860 :日出づる処の名無し:04/06/28 16:40 ID:Yi1haLoH
バイクのことは全くの無知ですが…
未だにハーレー乗りたがるジジイって、自動車に例えると日本車よりドイツ車を
ありがたがる感覚に近いのだろうか?
確かに日本車のほうが性能はいいけど、まだトヨタとよりメルセデスのほうが
高級感はあるように感じる自分は、ハーレー命の団塊世代と同じなのかな、と。

861 :日出づる処の名無し:04/06/28 16:43 ID:7k090bbF
>>854
>熱く語っちまったYO
いや、気にスンナ。というか、まとまってて読み易かったよ。GJ。

>>855
90年代は「オタク≒バイク乗り」って構図があったのを思い出した(汗

>>856
まぁ日本じゃ、「3無い運動」(買わせない・与えない・免許を取らせない)
なんていう、アホな社会潮流があったくらいだから…。

>>858
>あと「ハーレーこそ世界一のバイク」と面と向かって言うのもどうかと。
直線&幅の広い道が多いアメリカと、アップダウンや山岳地帯&
天候が変化しやすい日本・欧州では、おのずとバイクでもクルマでも
そこに要求されるスペック・そして仕上がりが違ってくるってのにねぇ(´д` )

862 :日出づる処の名無し:04/06/28 16:43 ID:FQWpIzLO
街中で見かけるアメリカン、実はヤマハ車の方が多いような?
ヤマハのアメリカンのほうがハーレーよりもハレーっぽいんだよねw

864 :日出づる処の名無し:04/06/28 16:47 ID:7k090bbF
>>860
というか、日本には自国製のカメラがよりどりみどりあるってのに、
わざわざライカをありがたがって買うような感覚に近いかと。

865 :日出づる処の名無し:04/06/28 16:54 ID:9IBzCY/j
あのさー、原付きとセロー225にしか乗った事は無い私だが、
何か嫌な感じだぞこのスレの流れ。
近所にハーレーその他諸々日本車も含めてバイク数台所有の
爺さんがいるけど素直にカコイイ爺さんだなと思うよ。
最近全然姿が見えないので心配してるんだが。
本人が「ハーレーサイコー!」「ドイツ車サイコー!」とか
思ってたとしても、

何 に 乗 ろ う が 人 の 勝 手 だ ろ う が ?
団塊とか関係無いだろんなもんほっとけよ。

866 :日出づる処の名無し:04/06/28 16:58 ID:PTWyrbGF
>>864
ヨーロッパ人が、日本人はセイコーがあるのに
何でローレックスを欲しがるのか不思議に思ってるなんて話もあった。

867 :日出づる処の名無し:04/06/28 17:02 ID:cBvXLBKU
>>865
思ってるだけで口にしなきゃ問題ないだろ。

868 :日出づる処の名無し:04/06/28 17:07 ID:TGglFqoa
>>866
セイコーってブランドなの?
ロレックスって時計ってより貴金属に近いイメージがあるけど…

869 :日出づる処の名無し:04/06/28 17:29 ID:TfqdtIbw
セイコーの時計は海外じゃブランド品だぞ。
フランスだったか、ヨーロッパ旅行の途中でパクられたことがある。

870 :日出づる処の名無し:04/06/28 17:49 ID:l47oTyRK
バイク、カメラ、時計、車、模型、玩具、ステレオ機器、、、
なんか日本が不得手な物ってないんかな?
ネットで世界の情報聞いてると、いい加減本当かぁ~と思ってしまふ。

871 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:01 ID:Fz+suYYb
言われてみれば、物作りに関してはほとんど死角無しだ
思いつかんだけかもしれんが

872 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:04 ID:BZk9gQrE
>>870
宇宙開発と軍事関連は駄目だしょ。

873 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:05 ID:PTWyrbGF
>>872
パーツはいいんだけどね。

874 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:06 ID:ayHE8tDS
カシオの時計も取られたな、パリで。

875 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:08 ID:+urfj5jY
>>871
飛行機が弱い。日本の航空関係は…
まぁ複雑な歴史があるから一概にダメとは言いたくないが、
現時点で弱いことは間違いない。

876 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:10 ID:7pMnHfh2
日本人が何より不得意なものは、・・・・・・・・子作り?

日本のビンテージ・バイクが密かなブーム という記事で、
漏れは素直に喜んでたよ。
New York Timesの元記事が”だめぽ”なのか
記事を読んで書いた記者が”だめぽ”なのか、
どっちなんでしょう。

877 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:16 ID:sbQhZG42
>>865に同意。
>>855,>>856,>>860,>>864は偏ってるね。
元ヤマハのRZV500R海苔だけど、バイクは趣味性が強い物だから
車種の選定には乗り手の趣向が強く反映される。
何でも好きなのに乗って、自分のが世界一だと適度に主張して結構だと思うね。

878 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:31 ID:FQWpIzLO
>>870
その分野のある一部分だけダメってのは結構ある。
ピュアオーディオの中ではスピーカーだけはダメ、とか。

880 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:52 ID:8JLXjcv1
セイコーの時計は、性能抜群だけどデザインが・・・という弱点があります。
クォーツで天下を取りましたが、
部品価格の低廉化で中国製の安時計に市場を奪われ、
近年、好事家の趣味だった機械式時計がブームとなり、
あわてて技術を復活させていますが、
スイス製にデザインや複雑機構を組み込んだ高級時計に
「ブランド」と言う点で負けてしまっています。
機械式でも中高級品なら性能はいいのにねぇ。

国内メーカーでは、クォーツに特化したシチズンが
太陽光発電の電波腕時計
(原子時計の電波受信で時刻日付調整いらず、充電半永久不要)や、
Gショックのカシオなんかが
かなーり評価高いので、セイコーも頑張って欲しいですね。

881 :日出づる処の名無し:04/06/28 19:02 ID:cax88nAV
確かに人が何乗っても勝手だが
団塊にこう言う風潮があるのを指摘するのも、それを嫌うのも勝手だ

団塊にカントリーダンスが流行りつつあるらしいね
社交ダンスほど珍しくないしし気恥ずかしく無い
ウェスタンブーツにカウボーイハット、スカーフ撒いてコスプレオヤジ
まあ彼等が若い頃は日劇ウェスタンカーニバルがあこがれのイベントだったしね
あとバイクはイージーライダーか、その割り思想は反米
アメリカンカントリーミュージックの殿堂日劇ウェスタンカーニバルも
後半の数年は反米反戦歌ばっかしだったしね・・その反米歌もアメリカ輸入
アメリカで反米カントリーや学生運動が流行ってるから
反米したって言うヤシMは結構多いんだよな^ー^

882 :日出づる処の名無し:04/06/28 19:02 ID:tWn7XZVS
そういや昔はマラソンなんかによくSEIKOの文字が入った時計(黄色くてでかいアレ)
使ってたけど、今じゃほとんど見かけねーな。

884 :日出づる処の名無し:04/06/28 19:11 ID:XZfiRzal
セイコーのキネティックもかなり評価は高いですよ
個人的には太陽光発電は太陽がないと動かないので好きじゃないです

885 :日出づる処の名無し:04/06/28 19:18 ID:8JLXjcv1
>セイコーとスイス高級機械式時計メーカー
レクサスブランド確立以前のトヨタと、欧州高級車メーカーの関係に近いかなぁ?
要は海外市場での評価よりも、日本の消費者のイメージがそうだってことです。

888 :日出づる処の名無し:04/06/28 20:20 ID:gxfvwo02
自転車は弱いかな。下は中国、中は台湾、上はフランスとかイタリアが強い。
もっとも主要パーツはシマノのシェアがかなり高いけど。

891 :日出づる処の名無し:04/06/28 20:29 ID:ug+1ci7r
中国製の自転車はダメだよ。すぐパンクする。w
日本製って性能はいいけど芸術性に弱いような。
まあ、近代の工業製品の多くが欧米が発祥だから仕方ないか。
どうしても後追いだと魂が入りにくのかも。
日本が初期から開発に関わってるようなTV・VTR・CDなんかのデザインは
日本の方がカッコイイね。SONYはクオリアをなんとか成功させるべし。

892 :日出づる処の名無し:04/06/28 20:34 ID:ayHE8tDS
戦艦大和や巡洋艦妙高型、零戦なんかの軍関係のスタイルは良いと思うがなあ。

893 :日出づる処の名無し:04/06/28 20:44 ID:F91WNw22
海自のたかなみ型は世界で一番かっこいいと個人的に思います
性能も汎用駆逐艦としてはいいんじゃないんですかね

894 :日出づる処の名無し:04/06/28 21:16 ID:/zEQl2qz
日本が弱いものが身近にあったじゃないか。パソコンw

897 :日出づる処の名無し:04/06/28 21:26 ID:18EbjhS5
>>894
地球シミュレータとか家電の中の人とかは強い
国産CPU出してくれたらちょっと高くても買うぞNEC

900 :日出づる処の名無し:04/06/28 21:35 ID:qnF1koex
>>870
軍需品、パソコンのハードとソフト。
紡績→鉄鋼→造船→自動車・バイク→IC→
という日本工業力の変遷過程でパソコンは計略的に潰された。
軍需関連産業は最初から厳禁。

901 :日出づる処の名無し:04/06/28 21:40 ID:qnF1koex
>>900
家電が抜けてるな。
紡績→鉄鋼→造船→自動車・バイク→家電→オートメーション→IC→

903 :日出づる処の名無し:04/06/28 22:21 ID:Qmanq3tv
>>870
航空宇宙産業だろうね。
H2Aも頑張ってるとは思うが、これも今ひとつ生かし切れる環境にないし。
旅客機はもう市場が寡占化されてるので今更参入も難しいし。
戦闘機はF2騒動みても解るように
作れはするがやはりアメリカとの技術格差というか、
システムとして纏めきる能力の格差は凄く大きいってのが解ったしね。
日本工業界のジンクスで、
部品点数が10万点を超えると途端に信頼性が下がるってのがあるが、
この辺はNASAを通じて巨大システムのマネジメント能力を養った
アメリカとの差なんだろうな。

**********

913 :日出づる処の名無し:04/06/28 23:54 ID:18EbjhS5
ところでバイクと言えば2輪、2輪と言えば自転車ですが
何気に自転車部品メーカーSHIMANOの世界シェアが凄いことになってる罠
最高級コンポでも手頃な値段設定でカンパニョーロともうまくやってる
スポーツ用品でも結構日本製品頑張ってるね

919 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:22 ID:7+thCiu1
>>913
シマノの自転車部品躍進のきっかけが
子ども向けの「ハイテク自転車」にあるってのが
なんだか日本らしいエピソードだよな。
70年代-80年代のギア変速しまくりのやつ。
簡単にギア変えられて、しっかり動くっていうのは子ども向けに不可欠な機能。
それが自転車レースでも生かされた。

でも、国内での自転車環境は泣きたくなるほど悪い。
山奥の交通量少ない土地ならいいんだけど、ちょっと街中にくると
自転車が走る場所がない。

926 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:57 ID:JqujLqH4
>>919
> 70年代-80年代のギア変速しまくりのやつ。
あー、流行った流行った。
大体7段変則あたりが頂上だったかな?
変則ギアあり=カッコいい  みたいな。
13段のやつとかもいたけど、子供の範疇を超えて
ちょっと反則扱いされてたなぁ。

あと、似たようなセンスで「x面筆入れ」とかも流行ってた。
最初は両面筆箱が発端だったけど、アレも暴走気味に進化したなぁ。
ちょうど今隣の国の子供の間で流行ってるらしいが。

927 :日出づる処の名無し:04/06/29 01:04 ID:8QB5HzQP
>>926
懐かしい話やの~
スーパーカーライトとかいってリトラクタブルのライトの自転車がはやったり
普通の筆箱をアロンアルファでふたつくっけて2面にした記憶が…

944 :日出づる処の名無し:04/06/29 09:30 ID:rbQbJSzs
>>926
>あと、似たようなセンスで「x面筆入れ」とかも流行ってた。
流行ってたね~。俺が小学校に上がったときに勝手貰ったやつは、
蓋を金具で立て掛けてブックスタンドになるやつだった。
いくらだったんだろう?昔の文房具は結構高かった気も。

で、やたら高価な筆箱が流行った反動か、
高学年になったら缶ペンとか安いのが流行ったw
今は100¥ショップのが主流なのかな?

945 :日出づる処の名無し:04/06/29 09:33 ID:f0LP1Vwy
多面筆入れ、懐かしい。
真ん中辺りに蝶番があって無意味に変形するやつを持ってたw

976 :日出づる処の名無し:04/06/29 23:27 ID:bQiZA1ug
>>944
> やたら高価な筆箱が流行った反動か、
>高学年になったら缶ペンとか安いのが流行ったw
そうそうw いくとこまで行ったら、急に皆飽きたかのように
今度は缶ペンが流行っていった。

あの頃からシンプル嗜好になっていったよね。
缶ペンは今でも主流だから、シンプルな方が長生きするんだろうか。
無印良品とかが出てきたのって、あの辺りなのかな?

お、ジャポニスムらしい話題に近づいてきたw
無印はおフランスとかでも人気がありますね、っと。
そういや、メリケンではどうなんだろう?>MUJI

977 :日出づる処の名無し:04/06/29 23:40 ID:RF/ipQmL
ロケットペンは何処に消えたの?

982 :日出づる処の名無し:04/06/29 23:52 ID:L4pjvNqu
>>976
メリケンはわかんないけど、無印の海外店鋪のレポート発見

↓ちょっと抜粋続きはリンク先みて
海外の"MUJI"は初めてなので、ほかの"MUJI"との比較はできませんが
パリ店で驚いたことは
1.日本の製品そのまま(ラベルが日本語)
2.ポスターも日本語
3.買い物篭も同じ(無印良品と書いてあるやつ)
4.箸や茶碗も売ってる!
5.買った商品を入れる袋も無印良品と書いてある!
パリの中に日本を感じる(?)場所でした。
日本人の店員さんが一人いたのですが、
パリに留学中の方でアルバイトをしているということでした。
製品のラインナップは日本の物と同じでした。オリジナルはこれからかな?
値段は輸入の関係で、少し日本より高めでした(もちろんフランです)。
店内は結構多くのお客さんがいました。
不器用そうに、商品を一生懸命ならべている
フランス人の店員さんがとても印象的でした。
これからは、パリの中の日本であってほしいですね。

983 :日出づる処の名無し:04/06/29 23:52 ID:+S3flM9k
>>976
えーと、誰だっけ…海外バンドの女性ヴォーカルの人で
無印の服が大好きで、日本に来ると大量に買ってる人が居たよ。
数年前の雑誌で読んだから、今はどうかわからぬ…
無印やコムデギャルソンみたいなデザインって、やっぱり日本人に似合うよね。
海外ブランドだと、無理があるのがけっこうあるけど。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(27) | TB(0) | ▲ top
皇室とカメラとカキ氷(part27スレ)
- 2010/03/25(Thu) -
543 :憤慨したのでコピペしてみる。:04/06/21 00:48 ID:MHv9CLxH
スレ違いだけど見て!! 西村氏のhpなんだけど・・・。

2、大阪国体に 天 皇 陛 下 と 皇 后 陛 下が来られた際、
ロイヤルホテルで各都道府県の国体参加者が出席してパーティーが開かれた。
参加者は、ほとんどトレーニングパンツにシャツのいでたちで、
ビールやウイスキーを飲んでざわついていた。
そこに、天皇皇后両陛下が入ってこられた。
参加者の多くは、アルコールが入っていて1メートルくらいの至近距離で
両陛下をパチパチとカメラで写してお迎えしていた。
なんと無礼なことだと思ってしばらくいると、今度は場内マイクで、 
両陛下が各テーブルを回られますのでよろしくお願いしますとの放送があった。
ここにいたって私は、衆議院の委員会で、各地方を回られる天皇陛下を
酒席を回るタレント並みに扱っているこの現状に義憤を感じて
問題を 提起しようと決めたのだ。
 
 略
(※リンク先消滅)
酷い扱いだ・・・

553 :1:04/06/21 02:12 ID:Gnw9yzHT
>>543
酷いも何も、現在の天皇は神ではない。
別にそれはそれで良いんじゃない?
江戸時代以前は天皇はヒーローだったけど、
明治、昭和みたいな支配者じゃなかったよ。
天皇は一般市民の寄付を募ってちやほやされる存在だった。
だいたい、天皇を神格化する方が失礼だ。
天皇を神とするのは神道上は良いかもしれないが、
天皇は有史以来、日本のアイドルみたいな物だ。
天皇家は神武天皇以来、神扱いを希望されたことはない。
天皇家はずっと、日本国民の繁栄と、統合の象徴として働きたいと望まれた。
何が失礼か?

554 :日出づる処の名無し:04/06/21 02:17 ID:tOcbD603
つーか、畏れ多くも日本国の象徴に、
テーブルまわりをさせる事が、無礼以前の不敬。
こういうアホな事を平気でさせるのは、
物を知らない田舎物としか言い用が無い。

556 :日出づる処の名無し:04/06/21 02:32 ID:BmewCx0W
>>543
酒入ってリラックスしている場所に、
天皇であれ超有名人が現れたらそりゃそういう扱いになるわな。
酒の勢いでグラス勧めたりしたくなるよ。
主催者の問題であって、参加者のモラルとか求めるのはおかしい。

と思ったら、宮内庁批判なわけね。
「酷い扱いだ・・・ 」と書くにしても、引用するときにだれを批判しているのか
明確にしないと議論がわけわかんなくなるよ。

557 :日出づる処の名無し:04/06/21 03:29 ID:Pli4p1ZZ
>>554
ソース読んだのかな?
テーブル廻りをされたのは両陛下の意思による行為であって、
パーティの責任者や関係者が依頼したとは読めないけどね。
さらに言えば、特にこの行動自体を問題としているのでは無く、
両陛下のお人柄を表す逸話として紹介されている雰囲気だ。
本文で批判しているのは
無礼なパーティの出席者とアナウンス・宮内庁の対応だろうよ。

559 :日出づる処の名無し:04/06/21 04:03 ID:z9o3K4vg
>>553
八百万の神々とのチャンネルの総元締めを軽々しく扱うな。
日本人の原始宗教は崩壊したのか?

560 :日出づる処の名無し:04/06/21 09:25 ID:2dAm/Ddh
折れんち天皇の分家(末端)という事を初めて最近知ったが信じられない。
親父も俺も貧乏で駄目人間なのに・・

561 :日出づる処の名無し:04/06/21 09:36 ID:DLr9i0RW
>560
駄目な部分を代わりに背負ってくれたんだね。ありがとう。

564 :日出づる処の名無し:04/06/21 11:11 ID:j8ht2w5h
>>557
554じゃないけど、ソース読んでも両陛下の意思とどこに書いてあるの?
私は宮内庁何やっとるんじゃゴルァ!と思いましたが・・。

567 :日出づる処の名無し:04/06/21 13:20 ID:tOcbD603
>>557
両陛下のお人柄からすれば、自分達から回るというのも自然だろうよ。
だが、あくまで両陛下は日本国の象徴であって、
そこらのディナーショーの落ちぶれ歌手や芸人ではない。
国体選手ごときのテーブルにいちいち回るなんて絶対にさせてはならないし、
テーブル回りをして、場内マイク言う所の
「よろしくお願い」されてる両陛下の姿なんて見たくない。
国民が税金を払って「国家の象徴・皇帝」として崇め奉っている以上、
天皇・皇后は、高貴で気高く、
国民1億3000万の「誇り」である「義務」がある。
誰も、わざわざ税金払ってディナーショーの歌手や
アイドルごときを養いたくなんか無い。
選手が酒を飲む前に、
特別な場所を作って両陛下にお会いさせるべきだった。
今回は宮内庁の怠慢としか良い用が無い。

それと、天皇はアイドルだから、
問題ないといってる>>553のような輩は何なんだ?
今の日本では、「みんな平等教育」が万延しており、
本当に「高貴なもの」と、その「価値」、
そしてそれに対する「礼儀」というのを失ってしまった人が余りにも多いと思う。
だから、天皇にカメラをカシャカシャ向けても、
テーブル回りをさせても平気だし、無礼とも思わん。
あげくの果てには、国家の象徴でさえ、
「アイドルと同じ」などといって矮小化、庶民化させてしまう。
これが果たして健全か?

569 :日出づる処の名無し:04/06/21 13:31 ID:Pli4p1ZZ
>>564
たしかに元の文章には自らテーブル廻りをされたとは書いてないね。

まず前提として通常両陛下は園遊会でも被災地の視察等でも、
自ら出席者や被災者の元を訪れてお声を掛けられるスタイルであり、
座して待つという行動スタイルではない。
随行者(警察上がりの宮内庁SP?)は特に制止しなかった、
もしくは両陛下の行動を制限できる立場に無いと思い込んでいたと思われる。
アナウンスは両陛下が会場に入場されてしばらく経ってから行なわれた。
つまりパーティの責任者と担当者は事前に知らされておらず、
準備も出来ていなかったため、
機転を利かせたつもりで両陛下が出席者にお声を掛けられるのを見て
アナウンスを行なった。
西村氏が憤りを感じたのは、
出席者の無礼な態度とアナウンス内容の不適切さ及び
宮内庁の仕切りのまずさであり、両陛下がパーティに出席された事ではない。
さらにその後の宮内庁の対応は書いてある通り。

では誰が両陛下にテーブル廻りを要請したのかとなるが、
 1) 随行者のSP
 2) 宮内庁職員が事前に行動様式を設定していた
 3) パーティ関係者

1)、2)についてはありえないため却下すると、
残るは3)だがこの可能性は恐らく極めて
低いと思われる。幾ばくかの常識のある人間なら、
一市井の人間が陛下に「テーブル廻りをして下さい」等と
申し立てすること自体が考えられない。
となると両陛下ご自身の意向によるものと推察される。

というのが、私が最初に>>543の文章を読んで理解した内容だけど、
>>564は初見でどう理解したのかしら。
昼休みが終わるのでこの辺で(ry

570 :日出づる処の名無し:04/06/21 14:24 ID:okZtJkDw
>>567
後半は激しく同意。
特に「皇族は自由のない可哀想な人たち」とかほざいてるのを聞くと
「何言ってやがる」と思う。
自由がある自分の方が偉い気でいるんだからな。

571 :日出づる処の名無し:04/06/21 17:24 ID:yo79vdw8
>567
そんなに血圧上げなくても良いじゃない
今の皇室は行政のシステムの一部なんだから、
敬う事を強制するような対象ではないよ

皇室が、短パンにランニングの集いでも良いと見なせばそれで良し
紋付き袴、モーニング必須と見なせば、それに従うだけの話

外野が皇室のありように自分勝手な注釈を付けて
それを他人に強要するから、
皇室マンセーの雰囲気を煙たがる人が出るんだよ

もし、皇室に敬意を持たない連中に敬意を持たせたいなら、
今では行政の一システムでしかない
皇室という入れ物に敬意を示す事を強要するよりも、
天皇の人となりを喧伝して、人としての敬意を得る方が良いと思う

572 :日出づる処の名無し:04/06/21 18:53 ID:DLr9i0RW
短パンにランニングなんざ、皇居の周りで走ってる人にとって普通の格好だな。

573 :日出づる処の名無し:04/06/21 19:20 ID:XfEoBe2e
>>572
ボディーガードが5、6人周りにいる上に
50m 間隔でボディーガードが立っていて、
周りの公道を公安の車がぐるぐる回ってるけどな。

574 :日出づる処の名無し:04/06/21 19:33 ID:1VbvUbSs
>>553
いちおう即位した時にアマテラスとの神事がありますんで、
聖の神事の要、神との契約者の立場なんで、
あんまり俗に扱うもんでもない。

576 :日出づる処の名無し:04/06/21 19:55 ID:GjOgWGPR
でも、天皇陛下って誰に狙われてるんだ?

577 :日出づる処の名無し:04/06/21 20:19 ID:9YOMtE2u
そりゃーあれだ、頻繁に2chで殺害予告をカキコするような
基地外民族ニダよ

578 :日出づる処の名無し:04/06/21 20:21 ID:/OKe12Lj
国民の自発的な尊崇の念で成り立ってきた皇室が、
国民から物珍しさ扱いされているようでは皇室の寿命も尽きてきたのかな。
物珍しさ扱いをすることが民主的とでも思っている国民が
多数派になってしまったんだろうな。
敗戦後公教育で皇室を尊崇することを放棄してから半世紀以上だから
いい年をした小父さんが、
皇室に敬意を払わないことを自慢げに語るのが
珍しくないどころか定番だものな。

585 :日出づる処の名無し:04/06/21 22:02 ID:r9zokoHK
>>576
正月の一般参賀、昔はガラスがなかった。
そして、パチンコで狙った奴がいた。
それからガラスで囲まれた部屋になった。

586 :日出づる処の名無し:04/06/21 22:44 ID:Som3oglX
日本の皇室は閉鎖的だって言う奴がいる。
ヨーロッパの王族は気軽にレストランにも行くし、バーにも行く。
だから日本の皇室もそうあるべきだ、と。

でもさ。
仮にそんな自由行動を取って
皇室の方々が万が一にでも傷ついたらどうするつもりだろうな。
まじで警備責任者一同切腹ものなわけだが・・・

警備を過剰にしなければいけない理由っていうのもあるんだよな。

587 :日出づる処の名無し:04/06/21 22:51 ID:Som3oglX
>>585
それって、「ゆきゆきて神軍」の奥崎の事?
「ヤマザキ、天皇を撃て!」と叫んだという・・・・
ちなみにネットで拾ってきた奴の犯歴。
奥崎謙三事件歴
1956年  不動産業者を傷害致死罪で懲役10年。
1966年  大阪刑務所を満期出所。
1969年1月2日  新年皇居参賀で「ヤマザキ天皇を撃て」とパチンコ玉を撃つ。
      暴行罪懲役1年6か月。
1976年  天皇ポルノ写真事件。 懲役1年2か月
1980年  参院選全国区に出馬
1983年12月15日 衆議院兵庫一区から立候補中、
      大竹市で旧軍隊時代の上官の長男に発砲。
1983年12月17日 殺人未遂容疑で、神戸市で逮捕
1987年12月17日 殺人未遂で懲役12年の判決
1998年8月20日  府中刑務所出所
サヨがこやつを持ち上げる理由が今一分からん。
こういうのは人間のクズっていうんじゃないのか?

588 :日出づる処の名無し:04/06/21 23:34 ID:XfEoBe2e
>>587
>暴行罪
すげえ、パチンコ玉で暴行罪が適用されるのか……
>旧軍隊時代の上官の長男に発砲
これも凄いな、ヤクザ顔負け……

590 :日出づる処の名無し:04/06/22 00:14 ID:kvDyMkUw
>>588
パチンコ玉痛いよ…カエルとかに撃っちゃだめだよ…

591 :日出づる処の名無し:04/06/22 00:17 ID:RvySctJR
奥崎謙三については「ゆきゆきて神軍」を観てから判断して欲しいな。
クレイジーっちゃクレイジーなんだが100年に一人の傑物です。

595 :日出づる処の名無し:04/06/22 01:08 ID:31mkg1zU
>>587
おいおいパチンコ玉って当たり所が悪けりゃ大怪我するよ。
ちなみに傷害の未遂のときも暴行罪になるんよ。

597 :日出づる処の名無し:04/06/22 07:18 ID:LbIoL0hC
ちなみに今のパチンコは、缶に穴が開くほどの威力があります。
もちろん当時、それほどの出力は当然無いだろうが
目に当たったら失明の可能性も十分あるからな。

598 :日出づる処の名無し:04/06/22 09:37 ID:8xCq/FtI
>>591
人肉がどうのこうのっていうドキュメンタリー映画だよね?
詳しい話は知らないが、どういうないようなの?

599 :日出づる処の名無し:04/06/22 22:37 ID:vEtXAFjZ
何だっけっか。
戦時中に上官が部下を殺して食った(?)とか言うのを、
その関係者に会いに言って無理くりに語らせるって内容だったかな?
奥崎三等兵の電波を浴びる為だけの映画です。>ゆきゆきて神軍

**********

610 :日出づる処の名無し:04/06/23 00:45 ID:qb+m1gSV
今日のプロX見た人いる?デジカメだったらしいけど、見たかった…
写真集とか好きで、よくみるんだけど
ほとんどのカメラマンが「ニコン」「キヤノン」を使ってるんだよね。それとフジフィルム。
ほかにペンタックス、ライカ、オリンパス、ハッセルブラッド…
上記二つは圧倒的なシェアだけども、日本人はなんでこんなにカメラ好きなんだろう?
携帯にカメラも最初は、無駄な機能としか思わなかったのに…

611 :日出づる処の名無し:04/06/23 01:03 ID:hY8AtO7R
カメラが好きというより
あたらし物好きなんじゃないかな。
カメラって機械的でかっこいいしさ。

昔は日本人はカメラをよくとってるって外人に言われてたけど
最近は日本人は良く携帯をいじってるって言われてるらしいね。
カメラと携帯のコンボでさらに言われるかもなw

612 :日出づる処の名無し:04/06/23 01:07 ID:c7WF/3s6
日本人は昔から良くできた細工物とか道具が好きなんじゃないかな。
モースの見た日本っていう本で、
昔の日本の子供のおもちゃ用の工芸品がいっぱい紹介されていたけど、
どれも見事なできばえで、
庶民の子供が毎日こんなんで遊んでたっていうだけで
なんとなく民度の高い国民性を想像できたよ。

613 :日出づる処の名無し:04/06/23 01:10 ID:ZVFykqtG
西欧諸国の人々は日本人のカメラ好きの姿を見て常に思っているのですよ。
「そんなに醜い容姿を写して何が楽しいのだろう」と

614 :日出づる処の名無し:04/06/23 01:21 ID:46+by2uH
>>613
それで何が言いたいの、貴方は。

615 :日出づる処の名無し:04/06/23 01:33 ID:J78w3AkZ
>>614
しっ、相手にしてはいけませんよ、こういう類の人間は…

617 :日出づる処の名無し:04/06/23 01:57 ID:b3glrEFK
古いカメラを一度分解してみるのをお勧めする。壊れた奴を。
すごいよ。
まあ、露出関係を知ってないとわからないけど、
よくこんな構造を考えて、しかも実現したのだと驚嘆する。
あんなもの作れるのは、
世界にドイツ人と日本人しかいないって、断言できる。

620 :日出づる処の名無し:04/06/23 02:43 ID:18ZHjEeM
ニコンFシリーズの解説本とか見ると凄いね、部品点数が

638 :日出づる処の名無し:04/06/23 13:14 ID:x329+b8F
日本人が精巧なものを好むってのは分かるな。
最近友達が買った超合金ロボットはスゴイ精巧さで変形合体するし。
つーかこういうオモチャが
高額で大人向けに出てるって事自体がどうかと思ったりするが(w

639 :日出づる処の名無し:04/06/23 14:47 ID:2S6PPXS+
自分の周りを見渡してみると、
工作好きの男ってのがいかに多いかに驚くよな。自分も含めて。
部品が巧妙に組み合わされてるのを見ると、なんか血が燃えるっつーか。

640 :日出づる処の名無し:04/06/23 15:06 ID:WN5wpNr2
>>638
>>612の本だったか別のだったか忘れたが、昔の日本に滞在した外人。
子供用玩具にしては余りにも精巧、芸術的な理由が後で分かった、
大人も一緒に夢中で遊んでるのだ・・・!ってオチに笑った覚えが。
(だから大人の鑑賞に堪えるものを作らねばならない)
批判的な視点じゃなく、子供のように無邪気に遊べる大人と
大人の振る舞いを身に着けた子供、つくづくユニークな民族ネ。って感じで。

642 :日出づる処の名無し:04/06/23 15:29 ID:7sPOe5yC
近所のプラモ屋は2件ともつぶれてしまったが

643 :日出づる処の名無し:04/06/23 15:37 ID:zrrW9F7D
そういえば、ビートたけしのテレビで有名なブリキ職人の話がやってたね。
「戦争には負けたが、おもちゃでは奴らに負けん!」
と言ってた爺さんの話は面白かった。

648 :日出づる処の名無し:04/06/23 23:46 ID:c2/fyp/Y
>>643
見た見た。声出すアヒルだろ?
今見てもスタイリッシュというか味のあるデザインセンスもイイ。
後継者がいないなら俺がなりたいと思った。

649 :日出づる処の名無し:04/06/24 01:22 ID:2lo7Q9e0
>>648
あの人はなんでも鑑定団にも出てたよ。
後継者のおっさん(ティントイマニア)が通いで仕込まれてるみたい。

650 :日出づる処の名無し:04/06/24 01:43 ID:fIC0gH1y
>>648
にわとりだったかと。

652 :日出づる処の名無し:04/06/24 05:08 ID:w5gNzO83
>>639
困ったことに工作好きっつーか、工芸好きなのは女もなんだよね。
うちのオカンもなんだが、こっちの世界も奥深いw

656 :日出づる処の名無し:04/06/24 14:27 ID:1BYVUCM0
>>652
オカンアート、ハゲワラ
そう、私の実家にも山ほどある。
縄文土器の複製オカンアート
密かに形見に欲しい。

665 :日出づる処の名無し:04/06/24 18:47 ID:sXPlAIxc
>>613
一昔前までは欧米人が日本のカメラ好きを馬鹿にして
日本のキャラといえば、出っ歯に眼鏡にカメラぶら下げて
どこでもパシパシ撮ってるっていうのが定番だったじゃん。
だから日本に来た欧米人(観光客)は
どれだけスマートに写真撮ってるんだろうって思ったのよ。

でも、結局同じなんだよね。
みんなツアーか何かの集団で、カメラ片手にパシパシ写真撮ってるの。
日本人とどこが違うのかって可笑しかったな。

670 :日出づる処の名無し:04/06/24 19:28 ID:heIjeMty
>>665
日本人の、首からカメラぶら下げてバスで集団観光…は
当初はバカにされたものですが、今では旅行のスタンダードになりましたな。

671 :日出づる処の名無し:04/06/24 19:32 ID:7CkwucWd
日本のカメラは世界一ぃ~

718 :日出づる処の名無し:04/06/26 12:30 ID:H2vz9Cqc
>>671
マジレスだけど、日本にどれだけのカメラメーカーがあるか知ってる?
ニコン・キヤノン・コニカミノルタ・ペンタックス・オリンパス・
コシナ・シグマ・マミヤオーピー(ブローニー判)は専業だし、
半専業メーカーでは富士フイルム・リコー・チノンがある。
これにデジカメのメーカー(パナ・ソニー・三洋・カシオ・東芝など)を加えると、
壮大な数になる。

719 :日出づる処の名無し:04/06/26 12:47 ID:1mCwFnXC
>>718
一眼レフへの進化も凄いけどデジカメへの進化も凄まじいね
つーか日本人はなんでこんなにカメラ好きなんだろう・・・
携帯にカメラが付くのも必然だった気がする

720 :日出づる処の名無し:04/06/26 12:57 ID:EcOe0ONy
>>719
一時期、携帯ゲーム機や、ノートPCにも付いてたね。
廃れたけど。

721 :日出づる処の名無し:04/06/26 13:18 ID:VDSaGZnw
カメラなんて、昔は魂を盗られるとか言ってたのにねぇ…
一眼レフデジカメまで作ったし。
新しい物大好きで精巧な物大好き、国民もなんだかんだ言っても
ちょっとお金貯めれば良いカメラ買えるし。
プリクラの大ブームってのもあったよな。

722 :日出づる処の名無し:04/06/26 14:01 ID:xeuRntgu
>>718
京セラ(京セラ、コンタックス、ヤシカ)も。
フィルムカメラ、デジタルカメラ両方やってる。

723 :日出づる処の名無し:04/06/26 14:41 ID:7NHERWQz
>>718
精密機器好きってのもあるんじゃないかな?
あと、カメラメーカー多いのってレンズの研磨技術が
結構良いからってのもあるのかな?
水晶球を綺麗にまん丸く磨くのって日本が一番だと聞いたことがあるけど。

724 :日出づる処の名無し:04/06/26 16:22 ID:y5DPB+nj
>>720
携帯にあれだけのものがついちゃってるから、
他のもにつける必要がなくなっちゃたね。
あれ以上のものが欲しかったら単体のカメラを買うだろうし。

725 :日出づる処の名無し:04/06/26 17:01 ID:whA7enQQ
>>718
カメラメーカーとレンズ専業メーカーを分けてくれないか。

783 :日出づる処の名無し:04/06/27 16:33 ID:MPKnMrNw
>>725
トキナー(ケンコー)・タムロン・シグマは互換レンズメーカーだけど
シグマは一眼レフも一眼デジカメも作ってます。
コシナは「フォクトレンダー」ブランドのレンジファインダーカメラも製作。

**********

772 :日出づる処の名無し:04/06/27 12:09 ID:cB2dztY9
フィリピンのハロハロ(カキ氷の上にナタデココやフルーツをトッピングして頂く、
“ごちゃまぜ”という意味のフィリピンのデザート)
はもともと明治時代、日本からマニラ麻栽培のためフィリピンに渡った
日系移民によって紹介されたとも言われてるそう。
日本の氷あずきがフィリピン風にアレンジされた感じかな。
また日本でも逆輸入の形でハロハロがはやりつつあるから、
こういうのっておもしろいよね。
でも戦後の日本の着色料たっぷりのカキ氷も捨てがたい。

773 :日出づる処の名無し:04/06/27 12:12 ID:cB2dztY9
この文章だとちょっと誤解まねきそうだから、付け足すと、
日系人がカキ氷を紹介して、
それでフィリピン人がフィリピン風にアレンジした感じね。

774 :日出づる処の名無し:04/06/27 12:23 ID:XhpXSJL8
カキ氷が他の国に無いってほうが不思議、氷砕くだけなのに。

775 :日出づる処の名無し:04/06/27 12:48 ID:c3ISibaT
そりゃ南国じゃ氷は出来ないし、北国じゃ体温冷えるから別に空必要も無いだろうね。
日本じゃ氷が出来る洞窟があったんだっけか?

776 :日出づる処の名無し:04/06/27 13:14 ID:X+F76XlF
というか、水が普通に飲める国だったからでは?

777 :日出づる処の名無し:04/06/27 13:51 ID:cB2dztY9
枕草子より
「削(けづ)り氷(ひ)にあまづら入れて、あたらしき金鋺(かなまり)に入れたる」
とあるから貴族だけだとしても平安時代からあるんだよね。ある意味すごい。

冷やす方法は存在しないわけだから、
運べる距離にある氷、人が氷をほしがる暑さ、
という他の国じゃありえない環境が生み出したんだろうねぇ。

778 :日出づる処の名無し:04/06/27 14:07 ID:c5gN9HqT
洞窟や人工の氷室(ひむろ)に冬から氷を保存してたんだよ

779 :日出づる処の名無し:04/06/27 14:17 ID:lPrBoU1X
平安時代からかき氷あったんでしょ?
冬は氷張るくらい寒いのに
夏は茹だるような暑さの寒暖の差があってこそ生まれる食べ物。
素材はシンプルだけど、奥が深い食べ物かも。

780 :日出づる処の名無し:04/06/27 14:18 ID:lPrBoU1X
>>777-778
思いっきり被ってる、スマソ。

781 :日出づる処の名無し:04/06/27 15:15 ID:CJKJMvCv
一休さんでも酷暑の日に将軍さまが
氷室から氷の塊を取り寄せて頬張るシーンがあったな。

782 :日出づる処の名無し:04/06/27 16:01 ID:k3yjseMY
富士山辺りの洞窟から藁で包んで江戸まで持っていくんだっけ?
米俵程の大きさが、握りこぶし位になってしまうという。

795 :日出づる処の名無し:04/06/27 18:38 ID:oWRjpN70
カキ氷の話はなるほどと思った。
夏暑くて冬寒い国ならではの文化だな。

でも欧州にもシャーベットの文化があるよな。
あれは暖房がしっかりしているのと
汚い水を使わず果汁のみを凍らせる方法でできた文化だと考えると納得。
あ、自己完結してもうた。

796 :日出づる処の名無し:04/06/27 18:56 ID:c5gN9HqT
ギリシャ時代、氷は肉体を元気づけるものとされていて、
戦いの前にアレキサンダー大王は兵士たちに
氷菓子を与えて彼らの士気を高めたのだそうです。
また、≪千夜一夜物語≫の中では
「シャルバート」という氷のお菓子が紹介されていますが、
これはシャーベットのことだと考えられています。
アラビアへの遠征から戻った十字軍がその製法をヨーロッパに伝え、
イタリアのシチリア島で
果物やナッツを使ったシャーベットが作られるようになりました。
http://www.gyb.co.jp/essey/kinokuniya/007.html

日本の氷菓についても書かれてるね、 検索って便利
この記事のURL | ジャポニスム | CM(11) | TB(0) | ▲ top
ユニフォームデザインと家紋(part27スレ)
- 2010/03/22(Mon) -
351 :日出づる処の名無し:04/06/10 05:10 ID:ESMiDLDz
2000シドニー 
2002長野 
そして伝説へ・・・
2004アテネ
(※リンク先消滅のため参考リンク

抗議メール頼んます、これは国辱物

352 :日出づる処の名無し:04/06/10 05:18 ID:eYjfPPmS
>>351
(;´д`) ア、アロハァ~

353 :日出づる処の名無し:04/06/10 05:49 ID:mVIjMusb
>351
寝間着かよ

354 :日出づる処の名無し:04/06/10 08:48 ID:tEadd7sd
>>351
いーじゃん、毎回ヘンな服を着てくる国、ニッポンってことで(w

355 :日出づる処の名無し:04/06/10 10:01 ID:1OofAVCv
>>351
ワケわからなさすぎて、抗議するにも
なんと言えばいいのか・・・言葉が出ないw

356 :日出づる処の名無し:04/06/10 10:07 ID:isn/Bjbq
>>354
うん。w
前回の「七色のマント」はハズしまくってるとは思ったが
あれはあれで突拍子もなくて、ある意味評価できた。
(白のズボンに真っ赤なブレザーよりゃよっぽどマシ)

そういった意味では今回のは”絶対値”が小さいと思う。
うちわ採用はイイと思うぞ。

参考 http://happygrain.exblog.jp/7381826/

357 :日出づる処の名無し:04/06/10 10:11 ID:jApI2K1W
デザイナーってセンスないの?
それともケンゾーがセンスないのか?ホントにデザイナー?

358 :日出づる処の名無し:04/06/10 10:32 ID:xpZ+hlb8
まぁカンサイに頼むより幾分か・・・
良くないよな、やっぱ

359 :日出づる処の名無し:04/06/10 11:28 ID:e3JRXlh1
テレビで見たとき、バラの花かと思ったけど、朝顔かな?
朝顔で、服をユカタみたいな感じにすれば日本的なのに

360 :日出づる処の名無し:04/06/10 11:35 ID:tpHt5q81
>>359
牡丹と薔薇だそうでつw

361 :日出づる処の名無し:04/06/10 11:36 ID:1gwbXNAm
男は着流し、女は浴衣。いいね。
といってもトップアスリートに着なれないもの着せるのは良くないよなあ

362 :日出づる処の名無し:04/06/10 12:10 ID:+jyuEe0U
>361
二部式浴衣というのもあります。
ざっとぐぐったところ、帯がいらない仕立てになってるのしか
見当たりませんでしたが、
二部仕立てできちんと帯を締めるようにすれば着慣れない人でも
洋服感覚で着られ、着崩れもしにくいのでは?
こんなアロハまがいよりいいと思うがなー。

363 :日出づる処の名無し:04/06/10 13:16 ID:yAPtkB1h
ボイコットして、普段着で開会式出る奴が出そうだな…

364 :日出づる処の名無し:04/06/10 15:43 ID:w2YmGi8p
幼稚な恰好だな・・・
お遊戯でもしに行くのかよ。
浴衣をモデルにするなら、もっとしっかりしたもの作れよ

365 :日出づる処の名無し:04/06/10 15:52 ID:2SiQlFqc
いっそのこと本当に浴衣にすれば良いのに

366 :日出づる処の名無し:04/06/10 17:12 ID:W4FYbMdx
あっけにとられてしまった_| ̄|○

浴衣をモデルってもっといいもの作ってよ~
最近の日本選手団の服って微妙なのが多いですよね。
ホントに微妙なのが・・・

369 :日出づる処の名無し:04/06/10 17:47 ID:e3JRXlh1
>>360
やっぱバラなんですか
バラだと日本よりバタ臭いイメージが強いんだよな

370 :日出づる処の名無し:04/06/10 17:53 ID:Kd8/gabd
芍薬ともきいたけど。

371 :360:04/06/10 18:30 ID:qPKSCKBv
>>369
ボタンとシャクヤクが正解。
もっと早く突っ込んでくれなきゃイヤン。
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」
からきてるんでしょ。男に着せてどうするって感じ。

372 :日出づる処の名無し:04/06/10 18:32 ID:ItnNjKOx
俺は芍薬がどんな花か知らない。

373 :日出づる処の名無し:04/06/10 18:39 ID:y/Op+onp
芍薬エキス配合の~
なんかのCMで聞いたことある

386 :日出づる処の名無し:04/06/10 23:37 ID:YtLB4z59
>>373
あれは生薬(しょうやく)エキス配合だったかと

374 :日出づる処の名無し:04/06/10 18:47 ID:e3JRXlh1
>>371
ども、立てばパチンコ~の元ネタを初めて知りました

375 :360:04/06/10 18:52 ID:qPKSCKBv
>>374
パチンコのほうを教えてほしい。

376 :日出づる処の名無し:04/06/10 18:57 ID:DW554SYV
>>351
何か、むかつく衣装だな…

377 :日出づる処の名無し:04/06/10 19:16 ID:4/jQu18x
ラストサムライよろしく騎馬&鎧兜で登場して欲しい。

378 :日出づる処の名無し:04/06/10 19:22 ID:TQNaMITi
普通に品よく上質の紺のブレザーでいいよ。(中は自由とか。)
経費は選手育成とか別に回せといいたい。
実力もないのに目立たないで欲しい。

384 :日出づる処の名無し:04/06/10 21:57 ID:mVIjMusb
>378
たしか、ユニクロが無償提供してたと思う

382 : ◆I8NA0FaViA :04/06/10 20:21 ID:82DMw1Vk
>>371
「立てばゼットン 座ればピグモン 歩く姿はビオランテ」
ってのを不意に思い出した…
(詳細は間違ってたかもしれん。スマソ)

383 :日出づる処の名無し:04/06/10 20:58 ID:Wp2N1C5g
>>375
え~と、
「立てばパチンコ座れば麻雀歩く姿は馬券買い」
だっけ。

385 :日出づる処の名無し:04/06/10 22:18 ID:LoISiKbT
「立てばビア樽、座ればタライ、歩く姿はドラえもん」ってのもあったなあ。

389 :日出づる処の名無し:04/06/11 00:25 ID:cBKj7i/8
立てば赤鬼、座れば閻魔、歩く姿は仁王様
ってのも

390 :日出づる処の名無し:04/06/11 00:36 ID:1HSABa3n
立てば上向き、座れば横向き、歩く時はブラブラ

396 :日出づる処の名無し:04/06/11 07:14 ID:DD36QQJx
「立てばガンダム、座ればジオング、歩く姿はガンキャノン」
というのもあったな。

397 :日出づる処の名無し:04/06/11 07:20 ID:VYeIT7B3
>>356
あー、あの七色マントですけどね…。
あれ、七色ってゲイの人たちのテーマカラーらしいんですよ。
だから、その事を知っている人たちは大笑いだったそうです。
世界中で。

398 :日出づる処の名無し:04/06/11 09:24 ID:oM2OGsgJ
>>397
別にええやん。とも思うが。
んなこといちいち気にしとったら、やってられまへん。

399 :日出づる処の名無し:04/06/11 19:10 ID:H4PEBXId
>>397
さすがTVにゲイが出まくる国だなw

**********

528 :日出づる処の名無し:04/06/20 20:53 ID:yyyK+5Wq
>鉄砲撃ったりするのが大好きだったが、
>在日韓国人だから自衛隊には入れない。
>というか政治的には日本も当時の韓国の軍事政権も北朝鮮も大嫌いなのだ

なんて言っている方が下記のようなことをおっしゃっております。

>江戸時代の日本人の8割は百姓だったのに、
>明治維新後に家系図を買ったりして、
>今では誰もが「オレは侍だ」とか言ってるんだから。

529 :日出づる処の名無し:04/06/20 21:29 ID:t6Hsf7OI
>>528
「おれは侍の子孫である」事を自慢している人を
生まれてこのかた見た事が無いんですが、
別の地球の日本の話なんですかね?

530 :日出づる処の名無し:04/06/20 21:46 ID:WMjSS01X
>>528
ツッコミ1
「江戸時代の日本人の8割は百姓」だったからといって
現代の日本人で百姓しか先祖にいない者が8割だとは限らない。

江戸時代に侍から百姓になることもあったし、
明治になってからずいぶんと混じった。
だいたい、日本の身分制度は比較的ゆるくて
侍は奉公人、百姓は国民のような意味合いであって、
朝鮮のような絶対的貴族と恒久的奴隷に二分化された身分制度ではなかった。

ツッコミ2
>>529に同じ。
要するに、日本人の多くは先祖をたどれば1人ぐらい侍がいるが
それは別に大したことではないからわざわざ調べたり誇ったりしない。

ところが韓国では先祖を調べると1人ぐらいは必ず奴隷がおり、
現代韓国ではそれは命取りになるため家系を捏造する必要性がある。

つまり、朝鮮の悪習と現代朝鮮の欺瞞がそのまま現代日本にあてはまる
と思っているこの在日朝鮮人は、
「口を開けば悪口で、しかもそれは自分のことだったりする」という
朝鮮人の血を見事に引き継いでいるだけなのだ。。

531 :(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :04/06/20 23:13 ID:UBbvRPS7
>>528
ツッコミ1への補足。
江戸時代の初期、関ヶ原の合戦で、多くの武士が録を失い、農民になりました。
もちろん、戦国時代にも武士から農民になった一族は多数います。

坂本竜馬は町民から武士になった一族ですが、
もとは近江坂本の武士だったそうです。

533 :日出づる処の名無し:04/06/20 23:20 ID:vOujCuts
大体、朝鮮人にゆかりの深いw豊臣秀吉だって、親は百姓なのだが。

552 :1:04/06/21 02:07 ID:Gnw9yzHT
秀吉の親は土豪ですよ。
農民の支配者みたいな身分です。
当時は農民も武士みたいに武装していました。

534 :日出づる処の名無し:04/06/20 23:27 ID:ePDJjVuM
家紋が複雑で立体的だと公家だった可能性が有るらしい。

535 :日出づる処の名無し:04/06/20 23:41 ID:4Y3oWBnb
元公家でもあるのは家屋敷のみという人も多いしねえ。

536 :日出づる処の名無し:04/06/20 23:41 ID:ZXa87+AK
>534
日本人はつまるところ、源平藤橘になるんでそ?

537 :日出づる処の名無し:04/06/20 23:45 ID:haPoFBvn
武士じゃないけど、先祖が江戸時代に医者のような事を
していたという子がいて(何かの記録に出ている人らしい)、
誰も訊かないのにいつもその話ばかりしていて
まわりがしらけていたなぁ。

本人は楽しいのかもしれないけど、
他人はそんなの聞かされてもねぇ。知らない人物だし。

538 :日出づる処の名無し:04/06/20 23:51 ID:vOujCuts
>>534
家紋はシンプルな方が由緒正しい家が多いと聞きましたが。
家紋と言えば弟がアメリカに留学に行くとき、
おじいちゃんが、でかい家紋入りのボストンバックを
知り合いの業者に造ってもらってプレゼントした。
弟はなんか恥ずかしい、といやがったけど、
おじいちゃんにしてみればアメリカに留学なんて大変な事だ、
という思いがあってプレゼントしてくれたんだから、と俺が無理矢理もたせた。
後日、弟がアメリカでも日本人のブランド志向が有名で、
バックのエンブレムは今日本ではやってるメーカーのものか?と
向こうでできた友人に聞かれ、いやこれは
ファミリーエンブレムだ、と答えたところ、なんか異常に感心されたらしい。
ああいうのは日本とヨーロッパにしかないんだよな。

539 :日出づる処の名無し:04/06/21 00:03 ID:0V+GINoW
>家紋はシンプルな方が由緒正しい家
mkII,Z,ZZ~とゴテゴテと進化していくガンダムみたいなもんかな。

540 :日出づる処の名無し:04/06/21 00:11 ID:MyjwF7jx
古い武家の家紋は基本的にはシンプルらしいぞ、
戦闘時の旗印だし印象に残さんといけないから。

541 :日出づる処の名無し:04/06/21 00:41 ID:VNEW4EIQ
そういえば西洋の紋章学は日本の家紋に刺激されて
近代になって活発化したと聞いた覚えが。
「野蛮人が数多の紋章を持つなんて信じられん」と意気込んで
日本の家紋研究にのめり込み
見事返り討ちに遭ったとか何とか。あのデザインの数々は独特だからねぇ

562 :日出づる処の名無し:04/06/21 09:46 ID:yzIWdlFK
>>538
>家紋と言えば弟がアメリカに留学に行くとき、おじいちゃんが、
>でかい家紋入りの
>ボストンバックを知り合いの業者に造ってもらってプレゼントした。
すごいお爺ちゃんだね。孫可愛さゆえの行動だったのだろうけど、
漏れがその弟さんだったらやっぱり嫌がるかも。

>>541
>「野蛮人が数多の紋章を持つなんて信じられん」と意気込んで
ここらへんはちょっとムッとしたが、
>日本の家紋研究にのめり込み見事返り討ちに遭ったとか何とか。
ワラタ。研究者でよかったよ、この人が。
真摯に対象を研究するスタイルの人は、ちゃんと結果が出れば
その対象に敬意を表するものだから。

545 :日出づる処の名無し:04/06/21 01:01 ID:qQZNbTGt
俺の先祖を遡っていくと原始人に辿り着くらしい。

549 :1:04/06/21 01:59 ID:Gnw9yzHT
侍の子孫だと言うことを、ねつ造してまで自慢している人を聞いたことはない。
日本人の常識なら、下っ端の侍より、農民の方がえらい。
日本人には位の高い侍以外は、農民より哀れな生活だったという
イメージがあるはずだが。

551 :1:04/06/21 02:03 ID:Gnw9yzHT
江戸時代って、
人類の歴史上、もっとも農民などの労働者階級が豊かで、
支配層の侍が貧乏だった世界じゃないの?
農民は贅沢をしたけど、
侍、将軍ですら、質素倹約で農民より貧しい物を食べていた時代。
その精神は現在につながっている。
日本は世界で一番財産の多い国だが、国家は破綻状態。
が、からくりがある。
国家が破綻しても、日本国民が世界でもっとも豊かだから、
税金を徴収すればあっという間に国家が豊かになる。

563 :日出づる処の名無し:04/06/21 10:13 ID:xeDwKjAw
>>551
永田町や霞ヶ関に巣くっている連中のありさまを見て
質素倹約の精神が現代につながっているなんて思えん。

565 :日出づる処の名無し:04/06/21 12:36 ID:9YOMtE2u
>>563
あの連中は豪商、豪農の末って感じだが

566 :日出づる処の名無し:04/06/21 12:51 ID:MyjwF7jx
アーネストサトウだったか忘れたが、
明治維新後に偉くなった元豪商、豪農系の政治家は
礼節も知らん下衆って書いてた気がする。

658 :日出づる処の名無し:04/06/24 17:06 ID:3DPwMKv5
この間、初めて自分の家紋を知った。
あれ面白いね。
墓参りに行くと必ず他の家紋もチェックしちゃうよ。
うちのと似てるのがあるとちょっと嬉しい。

家紋って、お墓に彫ったり、葬式の提灯に入れる他には
どんな使い方があるの?
ひょっとして紋付き袴の紋って家紋?

659 :日出づる処の名無し:04/06/24 17:09 ID:E2/JeJje
>>658
そーだよ

660 :日出づる処の名無し:04/06/24 17:16 ID:Nz3z5otC
>>658
 だから紋付と言うんだけどw
あとは馬印とか旗印とか印籠とか

664 :日出づる処の名無し:04/06/24 18:29 ID:EojgjCAy
>658
>ひょっとして紋付き袴の紋って家紋?
ワロタ、わざわざ紋付っていってんのに。

679 :日出づる処の名無し:04/06/25 10:50 ID:VP6Wxk8Y
>>673
家紋については以下のサイトが面白い。
自分と同じ家紋を使ってる戦国大名とか興味がでてくるんじゃない。
また、先日、掛川城に行ったら自分の家と同じ家紋があって
親近感がわいてきた。太田道灌の子孫が城主だったそうな。

673 :658:04/06/24 20:10 ID:3DPwMKv5
>659-660
ありがとう。やっぱりそうなんだ。

>664
うん。
だけど自分の中で紋と家紋が結びついていなかったんだ。
検索してみても五つ紋がどうとかでよくわからなかったし。
無知って恥ずかしいな。
ちゃんと日本のことを知りたいと思うよ。
このスレはすごく勉強になるね。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(19) | TB(0) | ▲ top
有効的抗議法とニューズウィーク日本版(part27スレ)
- 2010/03/19(Fri) -
404 :日出づる処の名無し:04/06/13 00:11 ID:PEti6hdE
今日のスマステ、歌舞伎特集だったね。
歌舞伎役者っておもしろいが人多いよね。

405 :日出づる処の名無し:04/06/13 06:52 ID:ZOYhar3C
スマステ少ししか見てなかった。
ホテルヴィーナスが出てきてウゼー・・・と思いつつ寝た。

406 :日出づる処の名無し:04/06/13 11:22 ID:eDx1zF1i
スマステはさ、後ろのねーちゃん達がちょっとうざい・・・

407 :日出づる処の名無し:04/06/13 14:07 ID:WsxJNR0H
いや、すべてが何もかもが不自然でウザイ

408 :日出づる処の名無し:04/06/13 14:11 ID:1DFb8L0K
抗議メールだしとけ。

409 :日出づる処の名無し:04/06/13 15:21 ID:OSlwv4c0
俺は香取慎吾が好きじゃないのであんま見ない。

410 :日出づる処の名無し:04/06/13 15:26 ID:wZJ57Mfq
「スマップとかジャニーズ出しときゃ反日でも親朝でも視聴率取れるだろ」って
感じがするんで見ない。つーか見たくない

411 :日出づる処の名無し:04/06/13 15:32 ID:z+CtAUnc
香取慎吾って日本のよふけもやってたし
マスコミ的には重宝するキャラなんだろうね
ハングル垂れ流してる仲間よりゃマシ程度

412 :日出づる処の名無し:04/06/13 15:41 ID:WsxJNR0H
smapって、演技出来ないトーク出来ない顔も汚いで
何もいい所ないじゃん
なんで需要あんの?

413 :日出づる処の名無し:04/06/13 16:03 ID:+DCfkUh1
スマステはアメリカのメディアがよく使う手をマネしてるだけ。

日本を評価する記事と、扱き下ろす記事を両方扱う。
ただし前者は非政治的、後者は政治的。
両方に同じだけの信頼性を感じると罠にはまるという寸法。
普通は芸能とか若い反体制アーティストを褒めて、政治家を叩く。

小泉総理がペを褒めてたときは
「お?日本の政治もアメ並になったか?」と思ったんだが
ペ自体が反日マスコミ総出でヨイショの政治的存在なんだよなぁ。。。
いい加減マスコミを何とかしないと。

414 :日出づる処の名無し:04/06/13 16:05 ID:diMnosQo
>412
やっぱブランドかなあ。日本人は一度確立したブランドに弱いから。
それと、SMAPは歌手でもなく俳優でもなく、
芸人でもなくおそらくアイドルの典型なんですよ。
アイドルは何かが「できるから」アイドルになれるわけではないんです。
むしろなにもできないアイドルの卵や雛が
芸能界で揉まれながら何かしらの生きる場所を見つけていく、
その過程そのものを見せるのがアイドル、
そこに萌えるのがアイドルヲタです。
SMAPが飛びぬけてるのは、
全員もういい年になって普通ならもう飽きられきってもおかしくないのに、
いまだにヲタの思い入れを吸収できる、という部分だと思います。

415 :日出づる処の名無し:04/06/13 16:36 ID:3atcxmKX
スマステの日本マンセーの仕方は確かに気持ち悪い。
こう言ってはなんだが、
一般人とは離れてる番組制作者の内なる欲求が、
こうすれば視聴率が上がるだろうという発想を通じて
鏡像のように番組に反映されてるのでは。
外人のオネエちゃんを後ろに並べてるとことかさ。

416 :日出づる処の名無し:04/06/13 16:45 ID:DyVC6rly
スマステは最早日本をマンセーするという行為自体が気持ち悪い物、
と思わせ様としてるんじゃないか
とか思えてくる。
日本人が韓国人を見た時に感じる感情のように・・・

417 :日出づる処の名無し:04/06/13 17:03 ID:ZJZwDOnK
せめて後ろの外国人排除してくれたら
素直に見れるんだけどね。
歌舞伎なんて普段説明してくれる番組とか無いし
適度に興味深かったから特にそう思う。

418 :日出づる処の名無し:04/06/13 17:05 ID:ZJZwDOnK
・・・と書き込んだものの
文化面では外人いてもOKかな。
日本文化勉強してもらう点では。
ただスポーツとか芸能人とかのマンセーは
ちょっとウザイだろうな・・・と申し訳なく思ってしまう。

419 :日出づる処の名無し:04/06/13 17:32 ID:LR5u+NqA
まあTVの絵的に面白いから続いてるんだろうけど、
内容に合った外人を2・3人だけ呼べばいいよ。
WA風と同じく、一通りのネタを消化したらなくなるから
それまでの辛抱。

420 :日出づる処の名無し:04/06/13 20:05 ID:MKbs3VEZ
>>416
そうかね?ベラベラステーションの『影の声』・小林克也も
「まず、文法を覚えるより、言いたいことが自分の中にあるか」
って事を、自分の著書の中で繰り返し言ってたくらいだし。
そういう意味では、自国の文化くらいは把握しておくってのは
いつの時代でも必要なこと。
漏れは外人とチャットした経験はさすがに未だ無いけど、
そういう場で自国の伝統文化とかについて聞かれて、
何も答えられないほうが、カッコ悪いしダサいよ。

422 :日出づる処の名無し:04/06/13 21:03 ID:H+uDEBUq
マスコミの流す日本マンセー情報なんて欧米に限定されている。
東南アジアあたりは数十年前から
日本の軍歌+軍服でやる行事とかあるのに
それらの深く結びついている親日の情報は一切流さない。

WA風もこの辺の深い所での親日ネタをやっていればよかったろうに。
「今、日本文化が海外で受けてますよ!」だけじゃネタは続かないし飽きる。
トルコのエルトゥールル号遭難事件とか取り上げるのもいいだろう。
そんなに反日圧力団体が怖いか、マスコミよ。

434 :日出づる処の名無し:04/06/14 21:20 ID:y5/AP469
>トルコのエルトゥール号遭難事件とか取り上げるのもいいだろう。
>そんなに反日圧力団体が怖いか、マスコミよ。
どっかの番組でもうそのネタ使ってたよ。

437 :日出づる処の名無し:04/06/15 01:02 ID:R+B0l9HA
(※リンク先消滅)
あるいみジャポニスム

444 :日出づる処の名無し:04/06/15 15:20 ID:eq0yGK5I
>>437
結局この手の日教組なんかと同類の人間は、
じゃあこの国を如何したいんだろうね。

日の丸やめて真っ赤っかの旗にでもする?
君が代やめて義勇軍行進曲でも歌わせる?
自衛隊潰してホントの平和ボケ国家にでもする?
日本の伝統(皇室等含む)をすべて破壊して、
中国の属国にでも成り果てる?
今のこの国を取り巻く状況を一切無視して、
アメとの同盟を放棄して日本を孤立させる?

・・・書いてて嫌になって来た。
そりゃ俺だって今の政府の不甲斐無い処は嫌だし、
アメとの同盟だけじゃなくて
中東やアジアに対してもっと上手く立ち回れないものかとは思う。
けどコイツが言ってるのは所詮中狂の戯言の垂れ流し。
コイツの頭の中には、さぞや綺麗なお花畑が広がってるんだろうね

446 :日出づる処の名無し:04/06/15 18:03 ID:Cti1xwAZ
少し前までは左翼=インテリのイメージだったけど、
化けの皮がはがれて切羽詰ったせいか、
最近はなぁ、、下品のが多すぎる。
ヒステリーの塊って感じ。
相手にするのは時間の無駄としか言いようがない。

447 :日出づる処の名無し:04/06/15 18:44 ID:zl31yrht
日の丸やめても菊の紋になるだけだと思うけどな、
まぁそれも反対するんだろうが。
そういえば、「教科書に載ってるから正しい」って理屈は、
何処かの国の人がよく言ってる事だな。

448 :日出づる処の名無し:04/06/15 18:59 ID:xFqL7N2K
>>447
英語の教科書で「こんな英語表現は使わない
(willとbe going toがごっちゃになってたりもするらしい)」と
ネイティブから指摘されてたりするんだけどなあ。
っていうよりも「自分たちにとって都合の良い書き方をされてる」だろうになあ。

449 :metas ◆GMisn2QZLU :04/06/15 19:46 ID:qozySAVi
>>444
日章旗やめて日像旛にでもしましょう。
(試合前には)君が代やめて海行かばでも歌わせましょう。
自衛隊潰してホントの正規軍でも造りましょう。
日本の皇室を中国の皇帝にもしましょう。

450 :日出づる処の名無し:04/06/15 20:35 ID:Cti1xwAZ
最後のは絶対イヤッwww

456 :日出づる処の名無し:04/06/17 20:15 ID:3alYXe2o
今発売中のニューズウィークに「世界が見た日本」特集がある。

457 :日出づる処の名無し:04/06/17 20:41 ID:Prkm2n63
>>456
にゅーずうぃーくかぁーーーーー。
期待できないが、ちょっと内容知りたい気も。

458 :日出づる処の名無し:04/06/17 22:26 ID:mh3gblfF
>456
デンパが大いに期待できそうですね。
おそらく取材した地域の大多数の人間は、まったくわからないような
極めて狭い限られた地域の世界が見た日本なんでしょうねえ。
ホント楽しみだ(w

459 :日出づる処の名無し:04/06/17 22:45 ID:FOIFrIKB
>>456
2001年の「韓国を羨む日本」という記事にはワロタよ。

「…日本の若者の間では『コリア・エンビー・シンドローム』
 という言葉が流行っている」

なんて捏造記事を書くぐらいだから、
どんな電波が見られるか、今から楽しみ。w

460 :日出づる処の名無し:04/06/17 22:52 ID:O/O3AeE5
>>459
はやってねーよw

461 :日出づる処の名無し:04/06/17 23:19 ID:1nkF0kxa
朝鮮・塩化ビニール・症候群?

462 :日出づる処の名無し:04/06/17 23:23 ID:VfS25NwL
正解、すぐに火がつくしその上有害物質を撒き散らします

464 :456:04/06/18 00:12 ID:FLEkwX24
>>459
同じ号の英語版が
「小泉は抵抗勢力を倒し、強力な安定政権を築きそうだ」で、
日本語版が「世界が菅直人首相を望むワケ」だった事もある。
日本語版はチョンが関わっているらしいが。

465 :日出づる処の名無し:04/06/18 00:15 ID:49u5mpfV
>>459
読もうと思ったが、
手は飯島酋長ネタが載ってた軍事研究を取ってしまっていた・・・
図書館で読んでみるか>NW

466 :日出づる処の名無し:04/06/18 00:30 ID:4cxoClTY
今度から、ニューズウィークが電波なこと書いたら、
まめに抗議の投書することにする。
長く出版にかかわってきてわかったけど、
出版社に一番効果あるのは読者の声だから。
みんなも抗議のハガキ出せ。
ただし、電話は迷惑になるからやめれ。

467 :日出づる処の名無し:04/06/18 00:32 ID:D7LsohwJ
>>466
確かに電話は迷惑。
だからこそ圧力団体はやるんだろうけどな。

468 :日出づる処の名無し:04/06/18 01:30 ID:Dti+sTya
広告企業にお手紙も。。

469 :日出づる処の名無し:04/06/18 02:34 ID:R6XDgpid
抗議電話は応対した電話番が処理してしまい、
現場に伝わるのは「抗議が○件ありました」程度だから、
本当に言いたいことがあるなら、
手紙のほうがスタッフに直接読んでもらえると書いてあった。

ただ、書いていたのはテレビのディレクターだから
単に抗議電話をやめさせたくて書いていたのかも。
(手紙じゃ抗議も応援もいっしょになっちゃうが、
電話は「抗議○件」とさらに上層部に届くしね)

470 :日出づる処の名無し:04/06/18 02:57 ID:oJa1U5Pd
うちでも、形に残るメールとかの方が効果あるな。
電話だと、要約した内容でしか伝わらないしね。

まあ、抗議電話が多数かかってきたという事実だけで、
それなりの騒ぎにはなるんだけどさ。

476 :日出づる処の名無し:04/06/18 16:34 ID:EU75zFi4
ニューズウィークはバイリンガルを雇用する方針なので
日本版の編集にはどうしても在日が入り込んでしまうらしいが。

477 :日出づる処の名無し:04/06/18 17:07 ID:EPteJz9e
ニューズウィーク日本版の編集長は朝鮮系だよ

482 :日出づる処の名無し:04/06/18 20:32 ID:CFtLpQsA
俺は結構、大型書店によく寄るが
最近、ニューズウィーク日本版見かけんわ。
嘘を平気で書くクオリティの低さが知られてきてんじゃないか?

483 :日出づる処の名無し:04/06/18 21:30 ID:6wANUF/a
脈絡無く「ところで韓国では~」と続く
ニューズウィークの記事には正直呆れる。

484 :日出づる処の名無し:04/06/18 22:43 ID:XL3Ur0W0
>>482-483
抗議だけじゃなく、そういう普通の冷たい感想も
編集方針に効果あると思われ。
漏れもがんがるので皆もメール&手紙よろ。

485 :日出づる処の名無し:04/06/18 23:20 ID:tYSDyzwv
ようは、そんな逝かれポンチな物買わなきゃいいんだけどね。
でも知らん人は買っちゃうんだろうな・・・

486 :日出づる処の名無し:04/06/18 23:39 ID:GJ1TbDsz
>>485
大学の生協あたりででさかんに宣伝してたりして
女子学生とかが読んだりしててねぇ・・・( ´Д⊂ヽ
おまえらそれは向こうのニューズウィークの和訳版とちゃうぞと。

内容の不自然さに気がついたりしないのかな。

487 :日出づる処の名無し:04/06/18 23:45 ID:AYaaKYtf
ニューズウィークってタブロイド雑誌じゃなかったの?

488 :日出づる処の名無し:04/06/18 23:59 ID:CnjZOkyr
ニューズウィークの編集長はそんなに電波ってほどでもなさそうな
(40代くらいの日本人男性にありがちな)普通の左の人
ってかんじだけどな。記者が電波っぽいんだよな。
編集長のコラムを
(※リンク先消滅)
で読んだけど、まあ彼は左で意見は違うけど電波ってほどでは無い。
中国韓国による干渉には不快に思ってるみたいだし。
だから、御意見メールや手紙は説得力あれば効果あると思う。

489 :日出づる処の名無し:04/06/19 00:13 ID:rE8cnxmj
意見するなら手紙が一番良いって聞いたな。
わざわざ切手を貼って送ってくるから、相手の受け取り方が違うらしい。
メールや電話に比べて手間も金もかかるからね。

490 :日出づる処の名無し:04/06/19 00:34 ID:Y/TxkziB
>>489
絡むわけじゃないがあまり違わないと思うぞ。
連中が「真摯に受け止める」なんてことをするとは思わん。
そのままゴミ箱にポイが関の山。

491 :日出づる処の名無し:04/06/19 00:49 ID:oHslktkc
>>490
いや、わざわざ、封書に切手張って送ってきた封書に
抗議文が入っていたら、本気で凹む。

それが、丁寧に書かれた手書きの文章ならなおさら。

よっぽど頻繁で麻痺しているのでもない限り、
何度受け取っても、一応は目を通すだろうよ。

悪口がかかれているとわかっているものを
無視できるほど、人は賢くないもんですよ。

492 :日出づる処の名無し:04/06/19 01:56 ID:swIyQfyk
>>490
真摯かどうかはおいてといて、>>491で言うように
わざわざ切手を貼って(金)、手書きで(手間)
ということをするくらいだから、意見としては極めて真面目だろうし
文に起こすくらいだから推敲もしているような、しっかりとしたものだと思う。
電話口でのヒスや、無料メールでの意見とは違うと受け止めるはず。
ただ、受け止めた後が問題なだけで…対応するかどうかも別の話で…

手紙を書くってのは、自分を落ち着かせる役割もあるしね。
なんとなく日本人に向いてる手法だと思う。書くのが難しいから苦手だけど。

493 :日出づる処の名無し:04/06/19 02:10 ID:/6Cm9fak
ニューズウィークは
「日本人は世界の評価を気にする」=それでコントロールできる
と考えてる低能だからな。
「世界が見た日本」の特集回数多すぎw

494 :日出づる処の名無し:04/06/19 02:54 ID:UvRRzGk3
まぁ、気にするのは事実だが
さすがに得体の知れない外人の一発言ごときで
右に行ったり左に行ったりするほど馬鹿じゃない
外人の無責任な日本評が面白いから見てるだけ

495 :日出づる処の名無し:04/06/19 03:57 ID:BTm0FQAz
今回の特集どうだったの?
誰か読んだ人は?

496 :490:04/06/19 08:38 ID:LIf2HHEh
>>491-492
皮肉を言うつもりはないが
相手はマスゴミだぞ?

497 :日出づる処の名無し:04/06/19 09:02 ID:RPcyzbu1
>>496
491,492ではないが、それでもさ。
効果のあると思った方法をとってきゃいいんじゃないかなぁ。
>>494
外人の日本論ってのは昔っから人気があるよねえ・・・。

498 :日出づる処の名無し:04/06/19 09:13 ID:dkCqIaDx
一応客商売だしな。
そもそも在日に甘いのは在日がうるさいからだろ。
日本人は鬱陶しいやつらには「はいはい」いって流すから今の状態になってる。
なんだかんだいって日本人の数は圧倒的に多いんだから、変わるだろ。

499 :日出づる処の名無し:04/06/19 11:33 ID:L9qAUsQL
変わってねぇし

500 :日出づる処の名無し:04/06/19 13:17 ID:PrxCQFlW
>>497
だからこそ、このスレも賑うわけで。

501 :日出づる処の名無し:04/06/19 14:10 ID:Jkqha/K3
ニューズウィークについて他スレに書いたけど、人少なかったようなので転載。
マルチポストすまん。
231 :日出づる処の名無し :04/06/19 04:13 ID:Jkqha/K3
ニューズウィーク、世界の中の日本観特集していた。
NWらしいなと思ったのがカンボジア関連。
記事は日本の無償援助でできた橋のおかげで
プノンペン周辺の経済発展に大きく貢献した。
日本はPKO以来カンボジアへの援助に積極的だし、
アメリカのように人権問題にうるさくないので好感を持たれている、と書いている。

で・・・、日本を持ち上げた後で、
「ポルポトの影響で第二次世界大戦の日本軍の記憶は薄れている」と
さも日本軍がカンボジアで大暴れしたかのような文章をつなげている。

カンボジアの20世紀史を時系列で書くと
フランス→カンボジアを植民地化。
日本→カンボジアのフランス軍を武装解除
カンボジア→独立宣言
日本→敗戦
フランス→カンボジアを再植民地化
カンボジア→独立闘争のすえ再独立
フランス→ベトナム戦争を起こす。カンボジアにも飛び火
カンボジア→シアヌーク亡命
カンボジア→ポルポト政権(アジア的やさしさ)。大虐殺
日本→国連の平和維持活動を支援

というわけで、独立の助けをした日本と散々かき回したフランスやポルポト政権、
どっちが好印象持たれるか、負の記憶として記憶に残るかなんて自明。
まさに火のないところに火をつけようとしている。

502 :日出づる処の名無し:04/06/19 14:17 ID:uZBu8eCy
結局のところ、
ニューズウィーク日本版(日本語版でないのがミソ)は読む価値無し。
英語版なら読む価値はまだあるだろうけどね。

503 :日出づる処の名無し:04/06/19 14:23 ID:/6Cm9fak
>外人の日本論ってのは昔っから人気があるよねえ・・・。
日本人が知りたいのは強大な力を持ったヨーロッパ列強のパワーゲームでの
アンリトンルール。
メジャーリーグで言えばこんなやつ↓

(1)チームが5点以上、勝っているときは相手投手のボールカウント
0-3からの球をスイングしてはならない  
速球がど真ん中に来る状況で、一発を狙い、
相手に追い打ちをかけるのは、見えっ張りで、情け容赦のない行為と取られる。
ただし、マイルハイ(標高1600メートル)のクアーズフィールドのように、
11対8とか13対9という試合がざらにある球場では話は別。
メッツの新庄剛志は、8点差の試合(マーリンズ戦)でこれをやり、
翌日報復の死球を受けた。
さらに新庄を驚かせたのは、チームメートが相手投手をなじり、
あわやベンチが空っぽになりそうだったことだろう。

ニューズウィークはアホだから、
その外国人に朝鮮人とか入れてるからバカにされる。
ごまめの歯ぎしり聞いて何の意味があるんだ?

510 :496:04/06/19 16:32 ID:LIf2HHEh
>>497
ああ、すまん。別に誰かの行動を止めようと
思っての発言じゃないんだよ。
それぞれが「効果がある方法をとるべき」という
ことには大賛成。ただ、俺はマスゴミに絶望しているから、
連中の自浄作用だとか良心なんざこれっぽっちも
信用していないから、「買わない」とか場合によっては、
マスゴミよりもスポンサーに対する抗議の方を取るようにしています。

511 :日出づる処の名無し:04/06/19 18:12 ID:2TGsOHrw
>>510
マスコミに関係する仕事をしていたものとして言わせていただくと、
失望するにはおよばない。
声を出さない、異論を述べない日本人が多いからこうなったのだと思う。
やはりまめに理論的に反論していくべしと思う。
マスコミといえどもいろいろな考え方の人間がいるわけで
ひとつの意識の元に統一されているわけではない。
編集長が変わっただけでがらっと編集方針が変わることもあるし、
会社組織なので、お客さん(読者)のクレームが多いというときには
やはり編集会議などでなんらかの対応を考えざるおえなくなる。
日本人より在日の方がなにかとうるさいので
在日にばかり気を使った内容の記事が多くなるけど、
それに対して偏向だ、と思うならどしどし投書すべし。
内部に同じような反論の編集者がいたばあい、
漏れらの声がその編集者の「根拠」となって、
他の編集者や上司を説得する材料にもできる。
又、現在出版界はマーケティング重視であるので、
多数の読者の声というのは無視できないものである。
それとスポンサーに圧力かけるのもいいと思うが、
そのスポンサーが面倒を恐れてスポンサーを降りた場合、
変わりにパチ屋やサラ金屋やひゅんだいがスポンサーになったら
かえって面倒なことになる。
圧力をかけるなら、不買運動ではなく、
ここでもやはり「御意見御要望」という形が有効ではないかと思う。

521 :日出づる処の名無し:04/06/20 15:06 ID:CgrrfrMV
>51 名前:名無しさんはウリナラマンセーニダ [2002/05/08(水) 19:24 ID:JiixCSUc]
>NewsWeekって、なんであんなに韓国史観をそのまま報じてるのでしょうか。
>これからは韓国の時代と言わんばかりの内容で、
>韓国の「日本文化の全てはウリナラ起源」
>「日本は差別的閉鎖的な国でウリナラは大変に迷惑してる」
>という主張もそのまま垂れ流しています。

>アメリカの有名雑誌に対して何らかの運動や働きかけを強力に
>行ってる組織が存在するのでしょうか??

>54 名前:名無しさんはウリナラマンセーニダ [2002/05/09(木) 01:51 ID:CMjbhVfY]
>>>51
>あれはNewsweekじゃなくてTBSブリタニカといってみたりする
>ちなみに、英語版のNewsweekは日本記事が少なく韓国記事も少ない
>でも韓国は英語版でもけっこう注目されてるけどね

>55 名前:サンガリアコーヒー ◆aWZ8IbTY [2002/05/09(木) 02:28 ID:Yhu1WQmk]
>Newsweekの副編集長が韓国系だったと思う

>57 名前:名無しさんはウリナラマンセーニダ [2002/05/09(木) 12:52 ID:cMwK1LY.]
>>>51
>英語版、と言うかアメリカ国内版のNewsWeek読んだ
>ことありますか?
>>>54さんが「あれはTBSブリタニカ」と冗談で言ってるけど
>冗談じゃなく、日本版の記事の半分以上はTBSブリタニカの
>NewsWeek班が書いてるんですよ(本当)。
>だからあそこまで韓国マンセーで、なおかつ「日本はもう
>ダメだ、破滅だ」ってどこよりもヒドイ煽り記事を書くんですよ。
>TBSブリタニカの社員は・・・ここから先を書くとハン板と同じ
>になるので止めておきます。

522 :日出づる処の名無し:04/06/20 15:10 ID:CgrrfrMV
>842 名前:  投稿日:2001/08/09(木) 01:07 ID:VrAITY6k
>ニューズウィークで「日本の韓国羨望」という特集記事があったでしょ?
>今井、高山記者が書いた記事です。
>あの記事は結構インパクトがあったようです。
>アジアの新聞が日韓関係の悪化を憂慮する社説なんかを掲載する時には、
>かなりの頻度でこの記事を元ネタにしたような文章が散見されます。
>例えば、タイの「バンコクポスト」の社説は
>「日本の若者が韓国の歌手の歌を 口ずさみながら東京を歩いたりして、
>韓国の大衆文化に夢中になっているのに、
>現在の日韓の軋轢は残念だ」と述べていました。
>その他の国の新聞、雑誌も 似たような記事が数多く載ってます。
>で、韓国側もドラマや歌手などをアジア諸国に
>売り込む時に、ニューズウィークの記事なんかを上手く利用してるようです。
>つまり、「今現在、アジアで大きな比重を占めてる日本の大衆文化ですが、
>その日本では韓国大衆文化が大人気ですよ。」ということです。
>現実に、日本で「韓国ブーム」があるのかは判断しかねますが、
>韓国やアジア諸国では 「日本人は韓国大衆文化に夢中」という事は
>定説になっています。

>899 名前:(´皿`)ノ 投稿日:2001/08/09(木) 01:30 ID:5J.TTqCA
>>>842
>にゅーずうぃーくは反日週刊誌ですからねぇ・・・
>ハワイ沖の潜水艦衝突事故の記事で、
>日本人遺族が遺体引き上げを求めているのを
>宗教上の理由としていたからなぁ・・・
>ロシアの事故の時は、
>遺族が遺体引き上げを求めているのには同情的だったのに

>922 名前:  投稿日:2001/08/09(木) 01:38 ID:UsfLgpmc
>ニューズウィークは昔、日本の女子高生の大半は売春をやっていると
>報道した。それに怒った女子高生が英語を教師に監督してもらい
>ニューズウィークに抗議文を送った。それは後に掲載された。

>レイプ・オブ・ナンキンがベストセラーになった頃ではないでしょうか。
>ちょうどそのころトム・クランシー「日米開戦」が発売になりました(?
>日本人を「性欲亡者」の如く表現しています。

523 :日出づる処の名無し:04/06/20 15:16 ID:CgrrfrMV
>72 名前:   投稿日:02/03/11 04:58 ID:k08ZGqOQ
>ニューズウィークの日本版って、朝日新聞なんかと同じ系列
>の人間を入れてるんじゃないの?
>ちなみに、高山って奴、前、外国人参政権に賛成してたよね。

>109 名前:  投稿日:02/03/11 05:34 ID:OOcplTrZ
>この記事を書いた高山秀子という奴は、何が何でも日本を貶めたいらしい。
>(※リンク先消滅)
>ウワシンの岡留を「ある意味では最も尊敬されている編集者」
>と持ち上げている ところに、
>高山のジャーナリズムに対する姿勢の本質があるように思われる。
http://www.uwashin.com/2001/masu/masu06.html

>243 名前:  投稿日:02/03/11 08:03 ID:IRj9jMAE
>高山って、雅子さんが皇太子妃になることが決まった時、
>米国人の編集長と共に 「押し切られてプリンセス」という記事を書いたんだ。
>あの後、けっこうやばい
>ことになって、警視庁が編集長に身辺注意の通告をしたんだ。
>高山は北鮮の難民問題を取材して、号泣した(本人談)という経歴の持ち主。
>「韓国に憧れる日本人」というオナニー記事を書いたこともそうだが、
>報道姿勢といい、「高山」という名といい、出生の秘密を暗示しているな。

524 :日出づる処の名無し:04/06/20 16:08 ID:83O20iVB
前々から噂は聞いていたが、こう読んでみると胸くそ悪くなるどころじゃないな。

525 :日出づる処の名無し:04/06/20 18:10 ID:WMjSS01X
これをスパイ活動といわずしてなんといおう。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(18) | TB(0) | ▲ top
武道を習得する理由(part27スレ)
- 2010/03/16(Tue) -
223 :Niur ◆jjkdNiurZE :04/06/05 04:02 ID:x7fIFQlc
既出のネタだったと思うけど
サンケイ新聞ソースは無かった気がするので再掲。

オタクな空間 日本の独自文化、世界へ発信 伊の国際的建築展テーマに
(※リンク先消滅)
(前略)
コミッショナーを務めるのは、
著書「趣都の誕生 萌(も)える都市アキハバラ」で
注目を集めた若手建築学者、森川嘉一郎氏。
森川氏は家族がショッピングを楽しむ家電街が、
九〇年代末からアニメやゲームの巨大広告の躍るオタク街へと
変貌(へんぼう)した現象に注目してきた。

「行政や鉄道会社が計画的に、
秋葉原へオタクを誘致したわけではありません。
オタク的人格の集中が街を変えました」。
森川氏は、これまではサブカルチャーとして
扱われてきたオタクをテーマに据えた理由をこう説明。
個人的な趣味が街の景観を変化させるという、
日本の特殊な建築状況を伝えたいという。
(以下略)

この人って何回か出てきてた気がするけど
>オタク的人格の集中
>個人的な趣味が街の景観を変化
このへんワロタ

224 :日出づる処の名無し:04/06/05 07:59 ID:ItyvXBV5
古本屋街や骨董街とかと同じだろ。

225 :日出づる処の名無し:04/06/05 09:27 ID:JYxwe1Ry
>>224
東京は江戸時代からの蓄積もあるのだろうけど
地区ごとに「住み分け」が出来てるな、という印象がある。
新宿・銀座・渋谷・六本木・原宿・赤坂・巣鴨・・・というように。

230 :日出づる処の名無し:04/06/05 14:33 ID:l2XnuMJo
>>223-224
かっぱ橋とかもそうだね
同業者が集まって客を引きつけることで街も発展する
商業の基本の一つじゃなかろうか

231 :日出づる処の名無し:04/06/05 15:04 ID:oAvGK05B
>>223
> 「行政や鉄道会社が計画的に、
>秋葉原へオタクを誘致したわけではありません。
そんなの計画的に誘致されたら怖すぎる。
>>230
神保町はバブルの頃、スポーツ用品店が鬼のように侵略してきて
一時はどうなることかと思ったけど、やっぱり神保町は神保町で安心した。
あと御茶ノ水はなぜか楽器店が多いような気がする。なんでだろ?
バンドメンな大学生が多いからとか?

> 同業者が集まって客を引きつけることで街も発展する
中世からある「座」みたいなものなのかな。

**********

241 :日出づる処の名無し:04/06/05 21:26 ID:BechFbZ3
不思議発見で、100年前のパリで活躍した日本人のことやってるよ。

242 :日出づる処の名無し:04/06/05 21:39 ID:tgHCd3Qk
>>241
今TVみれないから、詳細キボンヌ

243 :日出づる処の名無し:04/06/05 21:55 ID:NLatcPDF
>>242
名前忘れたが、講道館5段の人。
今の感覚で言うとアントニオ猪木みたいな感じの人かな。
山師的な雰囲気のある人だが、フランス柔道の礎を築いたっぽい。
オペラ座に初めて出演した。
しかも、柔道の演舞で!w 拍手喝采だったらしい。

244 :日出づる処の名無し:04/06/05 21:55 ID:BechFbZ3
>>241
柔道家 石黒敬七と、当時パリではピカソより有名だった画家 藤田嗣治が
オペラ座の銀橋上で柔道した。
石黒はでかい格闘家を次々に投げ飛ばし、パリでモテモテ。
休日には蚤の市に出かけ、江戸時代の日本の写真を買いあさって、
戦争前にごっそり持ち帰り、
石黒コレクションとして貴重な歴史的資料となっている。
とか。まとめるの下手でゴメソ。(´・ω・`)

245 :日出づる処の名無し:04/06/05 22:07 ID:giu6M/rj
柔道の話面白かったね。フランスは世界一柔道人口が多いらしい。
俺なんか柔道を体育の授業でちらっとやっただけだからなあ。

248 :日出づる処の名無し:04/06/05 22:29 ID:25e5tm+5
フランスでは柔道は教育に良いとかでさかんだって聞いたことある。
でもドゥイエとかみてるとどうなんだろうな。

252 :日出づる処の名無し:04/06/05 22:55 ID:hSelATdo
>>248
ジダンも子供の頃柔道やってたそうだけど。
教育というより礼儀を学ぶために。

253 :日出づる処の名無し:04/06/05 23:23 ID:pMf9CI+Q
武術も剣術も、芸であって、「道」ではない。
荻生徂徠大先生が300年も前から言ってること。

254 :日出づる処の名無し:04/06/05 23:30 ID:/6603kDb
柔道初段持ってるけどなぁ…
最近忙しくてやってないんだよなぁ…

255 :日出づる処の名無し:04/06/05 23:58 ID:WfBPxcAK
フランス人が柔道が精神の発育にも良いとよくいうのは、
赤ワインにポリフェノールが含まれて健康に良いといってるようなもので、
人気がある本当の理由ではないと思う。

256 :日出づる処の名無し:04/06/06 00:14 ID:t13IwGOy
フランス人を祖母に持つホームズが柔道やってた、
って設定だったからじゃないのか?
ジュウドウ→ブジュツ→バリツ

257 :日出づる処の名無し:04/06/06 00:21 ID:p5E53ufE
バレンシアのGKカニサレス(スペイン代表)も子供の時に柔道をやってた。
もちろん礼儀を学ぶため…ではなくて、親父が柔道の先生だったから。

258 :日出づる処の名無し:04/06/06 04:17 ID:C1faSlzm
>>255
日本よりも柔道人口が多いってのは本当だろうか?

264 :日出づる処の名無し:04/06/06 13:09 ID:KT9hhZzI
>>258
既に日本の柔道人口の3倍。

268 :日出づる処の名無し:04/06/06 15:24 ID:/uULwQK4
ケンカが強くなる為や護身以外の理由で武道を始めた人を信用できない。

270 :日出づる処の名無し:04/06/06 17:03 ID:/uULwQK4
>>269
ケンカと護身以外の理由ってあるの?
基本的にこの2つだと思うけど。

考えうる他の理由としては、
・物心つく前の子供の頃から町道場に通ってる。
・喘息などの病気克服の為に通ってる。
・友達が通ってるから通ってる。

こんなもんだろ。
他にもあると思うが、今はちょっと思いつかない。
どれも子供が塾に通うような感覚。
一般の大人は健康維持の為にスポーツジムに通うような感覚だと思うが、
ケンカと護身の理由も含んでると思うよ。

271 :日出づる処の名無し:04/06/06 17:11 ID:TxjjW2J+
精神修養のためってのもあるんじゃないの。
どっかの禅寺でやってたような。

272 :日出づる処の名無し:04/06/06 17:14 ID:agV0ruex
>>270の理由を全てケンカと護身の意味に持ってくのがおかしい。
で百歩譲ってこれらがケンカと護身となるなら、
>>268の「それ以外の理由」なんてないに等しくないか?
ないものを信用できないというのもおかしな話だ。

でも270の言ってることは間違ってない。(268の定義がおかしいだけ。)
体を鍛えるとか、スポーツ感覚が多いと思うよ。
ついでに実際に使うかどうかは別として護身にもなると思ってる人も多い。

273 :日出づる処の名無し:04/06/06 17:40 ID:kFH14Cjd
スポーツ感覚って・・・。
素直にスポーツするだろ、普通。

274 :日出づる処の名無し:04/06/06 17:40 ID:/uULwQK4
>>272
>「それ以外の理由」なんてないに等しくないか?
精神修養、文化継承など抹香臭い理由を否定したかっただけでつ。
ジャポスレではその手の抹香臭い精神性の方向に話が進みがちなんで。
武道は「強くなりたい!」という気持ちがスタートのような気がするから。

何か前スレ後半で見たような方向にレスが進む前に終わりにします。
失礼した。

275 :日出づる処の名無し:04/06/06 17:46 ID:C1faSlzm
>>274
否定って・・・
抹香臭かろうがなんだろうが、
本人がそういうつもりならしょうがないだろうに。
一体、自分を何様だと勘違いしているれば
そんな俺様発言ができるのやら(呆
だいたい「信用できない」って何をどう信用できないんだろう?

276 :日出づる処の名無し:04/06/06 17:48 ID:/uULwQK4
>>275
信用できないと言ったのは間違いです。
信用できます。
頑張ってください。

279 :日出づる処の名無し:04/06/06 18:37 ID:C1faSlzm
>>276
俺様のお許しが出たところで恐縮だが、
俺は別に武道はやってないしなぁ。

278 :日出づる処の名無し:04/06/06 18:34 ID:lDu6MOxq
>>270
親に無理やり習わさせられてそのまま惰性で・・・

280 :日出づる処の名無し:04/06/06 18:54 ID:0MggzOpw
ただ強くなりたい人
健康のためやる人
有酸素運動と考える人
無酸素運動と考える人
見るのが好きな人
護身術として評価する人
凶器として考える人
技の多さに魅了される人
東洋っぽい神秘性に惹かれた人
精神に感銘を受けた人

柔道にスポーツとしての魅力があっただけでしょ
その魅力に歴史や精神が含まれてるのは事実だけど、それが全てじゃないし
まあバランスの問題だよね
試合後に敵に礼するって概念が柔道とJUDOの境界線だと思う

281 :日出づる処の名無し:04/06/06 19:00 ID:mNMgDpW7
そういえば、かのアルセーヌ・ルパンも柔道の名手だったな。
若いとき、あまりに義賊すぎで金に困ってしまい
空腹のあまり思い余って通り過がりの日本人を襲ったら、
逆に見事な一本背負いで倒されてしまい、ちょっと気絶して、
目が覚めたら腹の上に財布と一枚の紙がおいてあった。

「これをあげるから二度と同じことはしないように」

感動したルパンは柔道をならい名手になりましたとさ。
ついでに飢えもなんとかしのぎ、一番苦しい時期を乗り越えましたとさ。

俺、小学生時強くて優しくてかっこいいルパンは俺のヒーローだったから、
ここ読んだときは感動したね。

282 :日出づる処の名無し:04/06/06 19:17 ID:KoSzrzz/
>>281
すみませんがその通りすがりの日本人のエピソードって
原書にもあるのかな?
ちょっと検索してもひっかからないんで、教えてください

284 :281:04/06/06 19:53 ID:mNMgDpW7
小学生のときに読んだ本に載ってたから
原書にもあるのではないでしょうか。
タイトルは忘れましたが、ルパンシリーズのわりと早めだとは思いますが・・・
参考にならなくてすみません。

296 :日出づる処の名無し:04/06/06 22:28 ID:iR9ddOpy
>281
ルパンの原作者モーリス・ルブラン(1864~1941)が、
ルパンシリーズを書き始めたのが1905年(アルセーヌ・ルパンの逮捕)。

ちょうどその頃、講道館の前田光世(コンデ・コマ)が、
柔道を世に広めるため、欧米を武者修行していた。

(1904年渡米、T・ルーズベルト大統領の前で柔道を披露し、
1908年イギリスの世界レスリング大会に出場。
スペイン、キューバ、メキシコと足を伸ばし、
最後に前田はブラジルに渡り、柔道を広め、グレイシー柔術の基となった)

原作者ルブランが前田の評判を聞き、
ストーリーに取りいれてもおかしくはない・・・・・。

283 :日出づる処の名無し:04/06/06 19:27 ID:ouZVEv8C
一番かっこいい武道は合気道

285 :日出づる処の名無し:04/06/06 19:53 ID:WoFR385e
>283
きちんと練習して実践に使える実力が付いた人は
かっこいいけどね。
そうでなければ単なる健康体操だよ。

286 :日出づる処の名無し:04/06/06 20:07 ID:ouZVEv8C
まぁね
柔道や空手と違って本当に上達しないと護身にも役立たない代物だしね

287 :日出づる処の名無し:04/06/06 20:26 ID:Mywba66d
んなこたーない。
達人にはならなくても女子の護身ぐらいにはなる。

288 :日出づる処の名無し:04/06/06 20:30 ID:2I0qpyST
注)相手が達人だった時のことは考えないようにしましょう。
  性根が腐ったまま達人になる確率は極めて低いです。

289 :日出づる処の名無し:04/06/06 20:41 ID:pLQ3m5fE
合気道はスローで観ると凄さが判る、普通の人には無理。
って言うか合気道の極意は「戦わない事」じゃないのか?

290 :日出づる処の名無し:04/06/06 20:51 ID:agV0ruex
>>287
でも実際に多勢に囲まれたり、相手が武器持ってるなら逃げるが勝ちだよ。

昔のならそういう多勢の対処とかあると思うけど、
今スポーツでやってるのはあくまでもフェアな戦いだから。

291 :日出づる処の名無し:04/06/06 20:52 ID:tWPP09JY
>>289

柔道だったか、剣道だったか。
強い方が言ってました。

自らを鍛え、高めることにより、敵を作らない。
よって戦わずにすむ。
そっれが「道」、とか言っていたような気がします。
妙に納得させられました。

292 :日出づる処の名無し:04/06/06 21:06 ID:xbvBbrYT
>>291
平たくいえば、ビビッて手を出さなくなるということ?
ようするに、舐められないようにする
という極意なら少しがっかりなんだけど。

293 :日出づる処の名無し:04/06/06 21:12 ID:Uq35hSVX
単に個人戦闘力を高めたいなら軍隊に入って軍隊式格闘術に習熟せよとか
特殊部隊に配属されて経験を積むとか考えられるが
俺がそういった相手を敵に回したなら
「爆殺」とか「毒殺」とかの手段を考えるけど

相手が得意なもので決着つけてどうするかと

294 :日出づる処の名無し:04/06/06 21:25 ID:ZUpFvz04
>>292
まあ自分がそう解釈するなら、がっかりしてたらいいんじゃない。

295 :日出づる処の名無し:04/06/06 21:26 ID:agV0ruex
>>292
逆だろ。
力を誇示して、横暴に振舞ってたらどんな人間も敵意を抱く。
そうじゃなくてただ強いだけじゃなく「人徳」をもちなさいということだろ。
もちろん戦略的にも敵を作らないのが最大の防御ということでもあるけど。

肉体を鍛錬するばかりでなく、「心」の部分を大事にしなさいってことだ。
心/技/体だ。

297 :日出づる処の名無し:04/06/06 22:41 ID:xbvBbrYT
>>295
武道を鍛錬しておけば心に耐性のようなものが生まれ、
それによって人の挑発に乗ったりして
むやみに動じることが少なくなり、
争いごとに発展することが少なくなる効果がある。
そういう解釈でOKかな。

301 :日出づる処の名無し:04/06/07 00:49 ID:YCaMx+pk
なんか「拳神」て漫画あったよな。
愚連隊のケンカに割り込んで次々に殴り倒しておいて
「ボクシングをやりなさいっ!」ての

302 :日出づる処の名無し:04/06/07 00:50 ID:YCaMx+pk
日本拳闘倶楽部 渡辺雄次郎ですな

303 :日出づる処の名無し:04/06/07 05:09 ID:7ysRWqhh
最初の動機はそんなもんだろうね。
そして、開眼して道を究めていく幾人かが
心の高みへと歩を進めることになると思うよ。
万人が目の前に拡がる道に気付く事は無いけどね。

A man may lead a horse to the water,
but he cannnot make it drink.
ちと違うか。w

308 :日出づる処の名無し:04/06/07 15:31 ID:4C/TzSgt
>>274
武道は強くなりたいという気持ち

↑自分は武道はじめたときは全くそんな気持ちではなかったよ。
武道の基本は伝統と規律と精神と自己鍛練なんじゃないの。
はじめる動機がそんな高尚じゃなくてもいいけど、
もちろん強くなりたい、とか、かっこいいとか、そんなんでもいいけど、
強いとか強くなるとか、そういうことを目的としていないのだよ。
それだけでいいんなら、「道」では無く、「武」だけだ。

309 :日出づる処の名無し:04/06/07 16:19 ID:LngM7nrg
おいらが中学の時柔道部へ入ったのは、
仲の良かった友達が一緒に入ろうってさそってくれたのと
入部届出すまで先輩がすごくやさしかったから。

310 :日出づる処の名無し:04/06/07 16:57 ID:DXf9PlEX
>入部届け出すまで先輩がすごくやさしかったから。

・.・゚つд`)゚・.・

311 :日出づる処の名無し:04/06/07 17:10 ID:UxRsYw2Q
同じく。

・.・゚つд`)゚・.・

312 :日出づる処の名無し:04/06/07 18:16 ID:vL9GedK1
つーと入部二日目にセッキョーがあったわけでつな。

313 :日出づる処の名無し:04/06/07 19:50 ID:M/lqYSLF
輪姦されたんでは。

314 :日出づる処の名無し:04/06/07 20:07 ID:VPQX/adH
忍法畳反しをされたんでは
この記事のURL | ジャポニスム | CM(8) | TB(0) | ▲ top
人を殺す職務は咎められるべきなのか(part27スレ)
- 2010/03/13(Sat) -
47 :日出づる処の名無し:04/06/01 23:30 ID:92Uq0Ri6
265 名前:日出づる処の名無し 投稿日:04/06/01 20:09 ID:3XhUonRR
泣けるのか、笑えるのか判断しづらい話ですが
保守ageをかねて・・・・

南方に従軍していた祖父から中学生の頃聞いた話です。
祖父たちは戦後何度も遺骨収集のために
元戦地に出かける申請を出していましたが
治安状況が悪いという事で、許可が出ず
(この辺の詳細は失念しました)昭和50年代に入り、
やっと戦友会の仲間と遺骨収集に向かったところ
戦争中、多くの兵士が果てた場所からは全く遺骨が収集できず
全て土に還ったか、場所が違うのかと頭を悩ませていると
日本人が来た事を聞きつけた村の人達が押しかけてきて
「何某さんは無事か?」「何某大尉はどうした」と
日本語で質問攻めにあったそうです。

戦友会で用意してきた戦没者名簿で、
質問された名前を調べ安否情報を伝えると、
戦死者や故人には涙を流してくれ、
生存者には安堵し喜んでくれるという状態になったそうです。

その際、祖父たちがその村に遺骨収集に来たが、
遺骨が全く収集できないと伝えたところ、
村の人は「日本軍がいなくなってから何度も部族紛争が起きたが
神様がこの村を守ってくれた。
神様は日本兵士の魂に違いない。」と一箇所に集め祀られていたそうです。

祖父たちは日本にご遺骨を持ち帰るべきか悩んだそうですが、
その事を村の人に告げると
「神様がいなくなるのは困る。日本軍は来てくれるのか?」と逆に問われ、
悩んだ挙句「ここまで大事にされているなら
日本に連れ帰るより良いのではないか」と考え、帰国の途についたのですが、
その後は度々その島を訪ね、その度に
「連れ帰りたい」「それは困る、なら日本軍は(ry」の押し問答で
「神様になっちゃうと厄介だ」と愚痴をこぼしていました。

その後自分も実家を離れ生活を始めたため
この件の顛末は聞かずじまいのうちに祖父も鬼籍に移ってしまいましたので、
消化不良ではありますが・・・・・・・・

48 :日出づる処の名無し:04/06/01 23:48 ID:YEcWWf3j
靖国に 逝けず戦地で 神になる

49 :日出づる処の名無し:04/06/02 00:16 ID:LxKa4d6x
旧日本軍を美化する人がいる見たいだけど、
中国侵略まで美化しちゃ駄目だと思う。
歴史を鏡として平和を追求しないと。

50 :日出づる処の名無し:04/06/02 00:19 ID:HEp+vxhu
>>49
中国に戦争に行ったこと、美化してる人なんかいるっけ?
中国であったいろんなことを、事実としてとらえようというのは
あったけど、美化ってのは読んだことないよ。

51 :日出づる処の名無し:04/06/02 00:48 ID:uHDOLF/S
>>50
満州国のことを言ってるんじゃないの?
ただアレでも、崩壊した後で「引き揚げ」で日本に戻った人は、
ソ連兵だとか中国人にレイプされたとか
身包み剥がれて「ほうほうの体」だった、なんて聞くけど。

52 :日出づる処の名無し:04/06/02 00:56 ID:9DWZ1h8J
だいたい滿洲は中国じゃないしな、元々。
現在は滿洲を中国が侵略している状態であるわけだし。

53 : :04/06/02 00:59 ID:Ul/QI0f1
>49
中国侵略って何?
侵略なんてしたっけ?
周辺地域安定の為の活動はしたけど、
今で言えばPKFじゃないの
其れなのに国民東軍を名乗る馬賊が
満州の国境侵犯してきたから戦闘行為に及んだだけでしょ。

54 :日出づる処の名無し:04/06/02 01:21 ID:GvJTn/3x
ちなみに旧満州国は中国では一般に偽満州国と呼ばれている。

55 :日出づる処の名無し:04/06/02 01:26 ID:bOtyEsHH
日中戦争のことじゃないの?
関東軍が自作自演のロコウキョウ事件おこしたんじゃない。

56 :日出づる処の名無し:04/06/02 01:28 ID:/0+uakqD
>>54
満州国が偽なら、今の満州地域は中国の植民地じゃん。

57 :日出づる処の名無しさん:04/06/02 01:39 ID:mzI8TVsw
>49 
× 歴史を鏡として
○ 歴史を鑑として
この間違い2ちゃんでよく見かけていつも悩むんだが、
ワザとなのか学力低下なのか非日本人なのか。
教えてエロイひと。

58 :日出づる処の名無し:04/06/02 01:59 ID:nxTf0wwH
>>57
もともとは和語の "かんがみる" に漢語の"鑑"をあてたものだから
ややこしくなってると思われ。よく知らんけど。
大鏡とか水鏡とかの歴史書もあるし、癒着語て難しいね。

59 :日出づる処の名無し:04/06/02 02:42 ID:HEp+vxhu
>>55
それはどうだろう?自作自演かどうかは、
その場にいないんでわからんよ。
戦後の中国の言い分ならそうだけど。

60 :日出づる処の名無し:04/06/02 02:45 ID:NFM/Cw37
>>49
そもそも「中国」なんか無いだろあの頃は。
どうでもいいがレス番が不吉ですよアナタ

62 :日出づる処の名無し:04/06/02 08:12 ID:c4eXuu0T
>>59
満州事変は関東軍の工作(まっ謀略のたぐいだわな)だけど、
蘆溝橋事件は日本軍と国民党軍を対立させるために
共産党が工作したものだろ。
たしか中共も「上手いことやったぜ」みたいなカンジで
さりげなく認めてた気がしたが…。

あの江沢民がトップになってから、
だいぶ中国も歴史というか事実の書き換えが激しくなったからなぁ。

63 :日出づる処の名無し:04/06/02 09:39 ID:NEhaqJCT
>>60
というかあの頃の中原はソ連がバック、アメリカがバック、日本がバックの
政権が入り乱れてただけでしょ。

64 :日出づる処の名無し:04/06/02 09:41 ID:/u/LsT/F
>>62
そうだね。
あの東京裁判でさえ、この盧溝橋事件は不問にされてるしね。

65 :日出づる処の名無し:04/06/02 11:38 ID:8X5/ZZqT
直接中国人留学生に聞いた話だが、中国人?の精神的国境は長城だった。
んで、孫文が大中華主義を持ち出して、
漢民族も満州族も一緒くたに「中華民族」とした。
それに従うと、琉球も朝鮮も日本も台湾も全て中国って話になり、
何のことはない。ただの領土的野心って事になる。

66 :日出づる処の名無し:04/06/02 11:47 ID:tPz54lKp
中国じゃ日本軍は「日本鬼子」と言われているが、
最初に華北に侵入した日本軍は悪さはしなかったらしい(当然だ)。
その後にやってきた台湾・朝鮮の日本軍は「二鬼子」と呼ばれ
それなりに悪さをしたらしい。
ただ戦争が進むにつれ、共産党や国民党が農民を扇動し、
ゲリラ戦を仕掛けてきたって背景もある。なんか今のイラクと同じなんだよな。

67 :日出づる処の名無し:04/06/02 12:19 ID:fnTT9EBe
うちの祖父は満州(別のとこかも)行ったとき捕虜を殺したって言ってた。
祖父大好きだったからかなりショックだった。

71 : :04/06/02 13:54 ID:Ul/QI0f1
>67
其れは祖父ちゃんの「お仕事」だっただけだろ。
仕事以外でやったんなら其れこそ「戦争犯罪」だが、
そうでないなら単なる職務遂行だ。

70 :日出づる処の名無し:04/06/02 13:41 ID:MZfnol3O
俺の爺ちゃんも、戦争中は憲兵で、結構無茶苦茶やってたらしいが、
別になんとも思ってなかったな。
学校で日本軍の虐殺とかも教えられて、
それをまるっと信じ込んでた時もあったけど、
別に爺ちゃんを責めようとも思わなかったし、
爺ちゃんと日本軍を関連付けて考えた事も無かった。
単に何にも考えて無かっただけだと思うけど、それが結果として幸いしたw
爺ちゃん自身は、孫に優しい、普通の好々爺でしたよ。

72 :日出づる処の名無し:04/06/02 14:19 ID:bOtyEsHH
イラクの捕虜虐待した兵士も上官命令でやったなら罪はないわけだ。
上官が裁かれれば済むわけで。
もし、上官命令にしたがって虐待した兵士が軍事裁判に掛けられたら
「わたしは貝になりたい」というのだろう。

73 :67:04/06/02 14:50 ID:fnTT9EBe
「仕事だ」言われてもショックなものはしょうがないじゃんよ。。
まー祖父は今でも尊敬できるし大好きだけどね。

74 :日出づる処の名無し:04/06/02 14:52 ID:HZnT2dyS
>>73
そりゃそうだ。
いくら戦時中とはいえ人を殺した、という話は気持ちいいもんじゃないよね。

75 :日出づる処の名無し:04/06/02 16:11 ID:Ul/QI0f1
>74
ただ軍人の仕事ってのはそう言うものだろ。
普通の人間が政府に預託してある「敵と戦い、殺す権利」
の代行執行者、其れが軍人なんだから。
だからこそ、軍人の仕事は特別に神聖なものと見なさないといけないし、
その職務執行に伴う死(=戦死)は特別に大切なものとして扱い、
その名誉を守らなくてはいけない。
そしてその職務執行には特別な法律が必要、、、、
な筈なんだがな。

今のまんまで自衛隊員に「戦死」して欲しくないな。
本当に。

77 :やれやれ:04/06/02 18:37 ID:Jy827xPt
>>67
普通の感覚した爺さんが孫にそんな話するのかね?
私の感覚では職務上といえど、自分がかつて人を殺した話など
決して他人にしゃべれないのだが・・・

78 :日出づる処の名無し:04/06/02 19:02 ID:Vjwvee16
うちの祖父は従軍中の笑い話は語ってくれても、生き死にの話はしないな。
シベリアに連行されたらしいから、確実に人が死ぬのを見てるはずだが。

79 :67:04/06/02 19:18 ID:fnTT9EBe
>>74
うん。
>>77
てめえの感覚なんてしらねえよ氏ねムカつくな。
何がやれやれだキモイんだよボケ
>>78
それは人の性格によるんじゃないの?
生き死にを語りたくない人もいるし、あえてそういう話をする人もいると思う。

80 :こまったもんだ:04/06/02 20:12 ID:gQYAzJ/c
最近多いねえ、>>67みたいな自分の意を汲んでくれる人には従順だけど、
自分を否定する者にはヒステリーを起こす厨房が、、、

>てめえの感覚なんてしらねえよ氏ねムカつくな。
と他人の感覚を否定しておきながら、その後すぐに
>それは人の性格によるんじゃないの?
と人の感受性は多様であることを述べている。

自己矛盾に気が付かない>>67は
実生活でも周りの人間から理解不能とされ
仲間に入れてもらえない、引きこもりだろう。

81 :日出づる処の名無し:04/06/02 20:16 ID:DHCw/MeC
まあ、冷静になって読み返せば >>67 が一番アホだと言うのは理解出来る。

83 :日出づる処の名無し:04/06/02 20:23 ID:4sx9e4mt
>>80 >>81
まぁまぁ、朝鮮人はみんなそうなんですから、
生あったかく見守りましょうよ。
自分のことは棚にあげて他人のことを批判するとゆう情けない行動は、
朝鮮人の遺伝子に組み込まれてるから仕方ないんです。
今頃モニターの前でファビョってで泡吹いて
倒れてしまってるんででしょうから、追い討ちはかわいそうですよ。

85 :67:04/06/02 20:29 ID:fnTT9EBe
>>80
自分を否定されたから切れてるわけじゃない。
77の一行目が余計だと思わないの?
たった二行の文章で人の祖父を「普通の感覚じゃない」みたいに言う奴に
切れてどこが悪いんだよ?

87 :80:04/06/02 20:39 ID:gQYAzJ/c
>>85
漏れも普通の日本人の感覚じゃないと思うから。。。
ま、漏れの感覚だけどね。。。

89 :67:04/06/02 20:53 ID:fnTT9EBe
>>87
馬鹿にしてるんですか?

90 :日出づる処の名無し:04/06/02 21:00 ID:MZfnol3O
確かに、>>67の態度も少し過剰だったから、
言われた当人の>>80の反論はともかく、
>>81、>>83みたいな変な追い討ち君が、
すぐワラワラ沸いてくるのが何だか気色悪い。
まあ、これは2ちゃん全体に言えることだけど、
こういう輩が一番低劣に見えるよ。

92 :日出づる処の名無し:04/06/02 21:03 ID:gQYAzJ/c
>>89
つーか、例えば67が子供の頃、
誰かを傷つけて、人を傷つけることが如何に愚かな行為か反省を促す意味で、
爺さんが自分の人を殺した経験を話すことはあっても、
何の脈絡のなく自分が人を殺した過去を子供に聞かせる日本人は極めて異例。

67の言動を見る限り、67の爺さんが何かの教訓として
67に殺人話を聞かせたわけではないのは、明らかな訳だが、、、

馬鹿にされたくなかったら、どうゆう経緯でそのような話になったのか、
また、人を殺したことについて爺さんがどのような感想を持っていたか
詳しくここの住人に説明するべきだろう。

93 :日出づる処の名無し:04/06/02 21:05 ID:DXBPSgWU
>>87
私は、普通の感覚だと思うよ。
敵をやっつけるのはかっこいいと思っている人もいて当然。
殺したことを隠さない人だっていて当然。
押し黙る老人は多いと思うけど、そういう人ばかりじゃないと思う。
そういう時代の人だし、戦争してたんだし。
左翼運動があんまり盛んじゃなかった地域の人なら、
ありえると思う。
小林よしのりの思い出話でも、戦争中の武勇伝語る老人の話でてきたじゃん。

95 :日出づる処の名無し:04/06/02 21:24 ID:VQ2EyLua
それじゃぁ、現在死刑囚に死刑執行してる人たちは
例えそれが職務だとしても将来、もの凄い犯罪者として
罵られる可能性がある訳か・・・

96 :日出づる処の名無し:04/06/02 21:31 ID:IkZuUOZ7
>>93
大方同意だけど、
左翼運動は関係なくて、平和な時代ということだと思う。
先進国は長い(?)平和の中で教育でそういう道徳観を学んだわけだ。

あの頃は生きるか死ぬかの戦いであって、
領土を拡大するか、いかに国を守るかの戦いだし、
敵をどれだけ倒せたかというのが武勲であり、国への貢献だったわけだ。
戦国時代だってそう。
全てを今の基準に合わせちゃかわいそうだ。

ただ、やっぱり戦争しなくてすむならしてはいけないし、
人を殺すという経験はしないですむならしたくないと
今の人はほとんどそう思うと思う。
そういうのは左翼とか関係なくて、平和なんだと思う。
たった2~3世代で考え方とか大分違うよね。

>>95
そうかもね。でもどちらかというと「国」の責任になるかと思われる。
ただこのまま人類が平和に進んでいけるかは分からない・・・。

97 :日出づる処の名無し:04/06/02 21:38 ID:DHCw/MeC
>>90
勘違いしている人がいるなら、
共感する意見に同意する事で教えてあげるべきだろう?
痛みもなく夢心地で語り合いたいのなら、もっと相応しい場所があるだろ。

98 :日出づる処の名無し:04/06/02 21:40 ID:Ou6Sq4ZJ
兵士として戦場に行ったのなら敵兵は殺すだろうし、
国に家族や愛する人を残してるのなら、
生きて帰る為になんだってするだろう。

時が過ぎ、孫が出来てその経験を語ったら軽く軽蔑される…。
いたたまれないね。

99 :日出づる処の名無し:04/06/02 21:45 ID:Xh7C9NKY
>>96
もちろん、平和っていうのもあったと思う。
でも、本当に自由な社会なら、なにかにつけ話題になるはずなんだけど
戦争中の事に関しては、タブーって感じがけっこうあったと思うよ。
左翼運動は、GHQが去ったあたりでものすごかったんだよ。
うかつな発言すると、戦争犯罪者として糾弾されるような雰囲気があったので、
うっかり変なこと言わないようになっていった人多かったと思う。
私の友達のお母さんが言ってた。
あと、戦後GHQが占領統治してた後半の方でも、
大日本帝国を肯定するような発言したりGHQ批判したりしてると、
ある日何人かの男が静かにやってきて、こっそり呼び出される。
で、そのまま政治犯として収容されて二度と帰ってこない、
でも誰も話題にしないし、新聞にも載らない。
なんてことがけっこうあったみたいだよ。
黒塗りの教科書の話、きいたことあるでしょ。
思想統制はけっこうすごかったんだ。

103 :日出づる処の名無し:04/06/02 22:04 ID:IkZuUOZ7
>>99
知らなかった。かなりすごかったんだね。
うちの爺さん達もGHQがいなくなった後だからこそ、
戦争体験も普通に喋っていたのかもしれない。
でも都心に近い某基地近くの住民なんだが。

**********

158 :日出づる処の名無し:04/06/04 01:23 ID:wREb83vN
こんな事書いてもいいですか?
ちっちゃいネタだけどハワイでは日系移民の影響で
盆踊りの日が制定されていてカレンダーにも書かれてるそうだよ
日本人・ハワイアン・白人さんが着物着て踊り明かしていたよ
TVでやってた。

160 :日出づる処の名無し:04/06/04 01:33 ID:7zsEY55m
>>158
日本もだけど、アメリカも記念日って言ったもん勝ちみたいな部分があるからな。
そういう人たちもいる、くらいの解釈がいいんじゃないかと。

161 :日出づる処の名無し:04/06/04 01:40 ID:hCL5BcF5
チューブの日があるくらいだからな

162 :日出づる処の名無し:04/06/04 01:59 ID:7MVIuWlq
ワシントンかどっかの桜並木がある公園で花見の日があって、
他の日は飲酒は厳禁だけど、この日だけは酒のんで
どんちゃん騒ぎしてもokなんだってニュースでやってた。

163 :日出づる処の名無し:04/06/04 02:04 ID:U7qTgcfq
>162
ただ悔しいことに、アメリカ人はワシントンの桜が兄貴で、
日本の桜は弟分だ、みたいなことを書いた文章を昔読んだことがある。
かなり大昔で何に書いてあったのか覚えてないんだけど。
ワシントンの桜は日本から贈られたものだってはっきりした歴史があるのに、
なんで↑みたいな認識なのか激しく驚いたのを覚えてる。
でもアメリカ人のことだからほんとにこのこと知らないのかも・・・と一抹の不安

164 :日出づる処の名無し:04/06/04 02:06 ID:wREb83vN
けどオレはハワイの盆踊りの話を聞いて嬉しかった
アロハシャツは日本の着物の柄が原点だし、
ハワイの日系移民は現地でうまく溶け込んでて
カレンダーにも盆踊りの日と書かれるくらいだから、
たぶん祝日扱いだと思う。

165 :日出づる処の名無し:04/06/04 02:13 ID:JJZ+K5Su
>>163
韓国系アメリカ人のせいじゃないの?
文化や国に兄弟なんて序列つけるの欧米らしくないぞ。

167 :日出づる処の名無し:04/06/04 02:38 ID:N3HPY0nY
>>163
うわ、在米朝鮮人くせぇ(笑   (その文章がね)

ポトマック河畔では桜の開花にあわせて
日本にちなんだ各種イベントも開かれるよ。
和太鼓叩いたり、琴弾いたり、寿司配ったり、花火上げたり。
当然それが日本から送られたことを、みんな承知してるからだよ。

168 :日出づる処の名無し:04/06/04 02:45 ID:2go9jb0O
今年のワシントンでの花見、例年より人出多かったらしい。パーフェクト。

>ところが反米機運と米国サイドの“嫌韓ムード”の中で、
韓国は日米の 親密さが気になる。
マスコミは米国としっかり手を握った日本の“意気揚揚”ぶりや、
日本の影響力拡大あるいは “軍事大国化”を
やっかみ半分、心配半分で論じている。
たとえば「在韓米軍の削減は東北アジア情勢の大変化だ。
米国は日本を東北アジ アの戦略的中心にしようとしている。
この変化を心おきなく楽しめるのが日本だ」
(中央日報五月二十七日付コラム「同盟の妙味を知る日本」から)。
また米国映画「ラスト・サムライ」まで引用し、
日米関係に比べ韓米関係の底の浅さを自己批判する駐米特派員の論評もある
(朝鮮日報五月二十六日付)。

170 :日出づる処の名無し:04/06/04 02:52 ID:U7qTgcfq
>165、167
そうか、一般のアメリカ人は
ポトッマクの桜が日本からのものだってちゃんと認識してるんですね
安心しますた(w
アメリカ人はアメリカ人でも中・朝系のアメリカ人の場合は要注意ですね

171 :日出づる処の名無し:04/06/04 02:53 ID:Xoa3n+DM
>>168
>米国は日本を東北アジアの戦略的中心にしようとしている。
いやもともとキーストーンじゃなかったっけ>在日米軍
半島は出先の現場というだけで本部は在日米軍だと
思っていたんだが違ったかな?

177 :日出づる処の名無し:04/06/04 06:20 ID:Oz+MypRx
>>171
でも※、中共と準同盟を結べば極東の辺境の小石。

「共」がつく限りありえんが、このまま※の赤字がすすんで、
中国の思い描く経済発展ができるなら
なりふりかまってらんないんだろうね。

とりあえず日本は子を産んで子孫を残せと言いたいものだ。
(生まなきゃ可能性は0)
ついでに子に背負わすような今の制度全て止めろと。
後は若者が常に最先端技術、経営を勉強し、
産業を支えるもしくは作る気概をもってくれなきゃこの国は終わり。

178 :日出づる処の名無し:04/06/04 07:24 ID:ecgfaSqd
府中の総隊指令部も横田に移動するみたいだし、
座間には米陸軍第一軍団が…。
なんか、戦争でもおっぱじめるんかね?w

179 :日出づる処の名無し:04/06/04 09:10 ID:Qi9eqe4K
>>178
米軍の近くに行って連携しやすくするんだっけか。
コンピュータ介して侵入されなきゃいいけど。

180 :日出づる処の名無し:04/06/04 10:01 ID:Z4tO+LFU
在韓米軍は陸軍中心だから機動力から言えば半島にしか対応できない。
在日米軍は海軍中心で日本はおろか中東までカバーする。
その意味では位置付けが違うよ。
しかし韓国もそんなに米軍にいてほしいのなら、
なんで反対運動なんてやるのかねぇ。
地位協定見直し論議ならわからなくもないが。

184 :日出づる処の名無し:04/06/04 16:13 ID:IFwKjm6M
>>180
日本にも沖縄で人間の鎖とかやってる、
脳天気(+一部確信犯)な連中がいますが。

185 :日出づる処の名無し:04/06/04 17:03 ID:FfU+aPiQ
>>184
その人間の鎖で平和になったと言う歴史的実績が無いよね。

186 :日出づる処の名無し:04/06/04 17:06 ID:V9fgTyr+
人間の鎖はすぐ仲間割れするからな。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(13) | TB(0) | ▲ top
犯罪の増加と暴力団の趨勢(part26スレ)
- 2010/03/10(Wed) -
842 :日出づる処の名無し:04/05/30 11:23 ID:tP/FDIiU
今朝たまたまMXテレビをみた(都内在住者限定でスマソ)
JETROが提供の番組だったが、メキシコの日本食ブームというのをやってた。
市場で売られている梨、柿、豆腐は普通に根付いているようだ。
市内に日本食レストランが200軒以上で
日本資本のは中の上以上の階層や日本企業関係者ご用達で
あるレストランの客層は日:墨が55:45、別なことは5:95だといっていう。
メキシコ資本の日本食レストランチェーン‘sushi itto’では
ほとんどがメキシコ人で人気メニューはスシ、
鉄板焼き、焼き鳥、てんぷらと定番が並ぶ。
何故日本食なのかと問うと、
ヘルシーだからとダイエット効果を狙っているからと答える人多し。
日本食はまだ高いというイメージがあり中流以上がターゲット層である。

前にこのスレで見たような話、番組の造りでディレクターはここの住人かと思うたよ。

843 :日出づる処の名無し:04/05/30 11:34 ID:tP/FDIiU
今米国では低炭水化物ダイエットがブームで、
低炭水化物のパンや食品も炭水化物何%カットと表示しているのが売れせんらしいが、
スシなんて炭水化物と小量のたんぱく質だしヤキソバとか
向こうの7-11で売り出したというおにぎりも苦戦するのか。
まあ、米国人はいつも何かしらのダイエットブームだから
また次の方法に変わるだろうと思ってるが、
しばらく逆風なのかな。

844 :日出づる処の名無し:04/05/30 11:41 ID:3JDU7ON+
>843
白米じゃなく玄米なら繊維質が多いから
パンよりも栄養の吸収効率が低くなるんだが
欧米人に食わせるのは難しいだろうな。

845 :日出づる処の名無し:04/05/30 12:23 ID:VotX5Gcz
肉食うときってぁ食事中に茶を飲むようにしろ<アメ
それだけで結構痩せる奴は増えるはずだ

847 :日出づる処の名無し:04/05/30 13:59 ID:kDLOcGN5
とりあえず、コーラがぶ飲みと朝からステーキをやめれば
たとえ、炭水化物漬けでもダイエットにはなるだろう

849 :日出づる処の名無し:04/05/30 14:21 ID:2qpy4nho
アメリカ人のダイエットへの過剰な熱意を見るたびに
「じゃあ、むやみにジャンク食うなよ…」と思ってしまう。

てか日本でもそうだけど、ダイエットダイエット口に出す人に限って
健康的な生活をしていないような気がするんだが…。

852 :日出づる処の名無し:04/05/30 14:33 ID:raatGk2y
>>849
ダイエットじたいを楽しんでるの。
なんていいうか日常生活の中の小さな目標みたいなものよ。
食べ物の栄養やカロリーの知識も得られるし。
趣味だよ、趣味。おれもなんで太ってないのにダイエットしてるの?
と聞かれるけど、趣味なんだよ    

              本当は脅迫観念なんだけど

854 :日出づる処の名無し:04/05/30 14:40 ID:dQmsJk7x
>>850
>そもそもコーラ飲むな!
無茶を言うな、アメリカ人の体に流れているのはコーラなんだぞ!

860 :日出づる処の名無し:04/05/30 15:02 ID:P6ZTofW5
西海岸の日本食レストランでバイトしていた友人の10年くらい前の話だが、
ダイエットコークのオーダーをうけたが、
その店は置いてなくその旨を伝えるとOh、no!と
この世の終わりと言わんばかりの悲痛な声をあげたそうだ。
それじゃとノンカロリーだからと緑茶を
ポットでサービスしたらにっこり笑ってそれに砂糖を何杯もぶち込みだした。
それから大盛りのアイスクリームをデザートとしてオーダー。
ちなみの普通のコーラはあった。
…やつらなんでダイエットコークなんだと言ってた。

861 :日出づる処の名無し:04/05/30 15:03 ID:SVkIfdbQ
これからはダイエットではなく、断食療法、粗食療法が注目されると思うね。日本でも。
>>860
ちょっと日本語の文法おかしいぞ。

862 :日出づる処の名無し:04/05/30 15:05 ID:B1chQDJP
やせたければご飯を減らせばいい。
茶碗一杯を三分の一にすればそれだけでやせる。
オレはこれで3ヶ月で5キロ落ちたし、ちゃんと食べているから不満も無い。
後は清涼飲料水を飲まないことと酒を飲まないこと。

問題は、ウンコの回数が減るんだよなあ。
一日一回の快便だったのが三日に一回くらいになってしまった。
野菜や海草などは相当量食べているのだが、
米を食うのに比べると全然足りないようだ。

863 :日出づる処の名無し:04/05/30 15:09 ID:B1chQDJP
もうひとつ、
どうしてもジュースが飲みたいよう、という人は、
浄水器の水をペットボトルに入れ、冷蔵庫でキンキンに冷やして飲むと良い。
喉が渇いているだけなのに糖分を摂取するのは愚かである。

865 :日出づる処の名無し:04/05/30 15:55 ID:1YYTfkPk
>>862
いくらなんでも三日に一回は不味いんじゃないか?
どこかしら栄養のバランスが偏ってると思われ。

866 :862:04/05/30 16:09 ID:B1chQDJP
>865
栄養のバランスは取れているはずです。
私が住んでいるのは賄い付きの社員寮なので。
完全な肉食にするとウンコが一週間に一回になるといいますし、
これくらいなら大丈夫じゃないかとおもうのですけどね。

867 :日出づる処の名無し:04/05/30 16:33 ID:raatGk2y
>>866
食物繊維不足だろう。三日に1度はヤバイよ

868 :日出づる処の名無し:04/05/30 16:47 ID:aJMcGLu9
外人って何日に一回の割合でうんこするんだろう。

869 :日出づる処の名無し:04/05/30 16:51 ID:PEcortuY
>>860
「”ダイエット”コーク」と言っても、コーラ自体糖分が高いから、
ダイエットには向いてないんだけどね。
燃焼系などの、スポーツ飲料水も、摂りすぎると太るし。
っていうか、ダイエットするならむしろ飲まない方がいいぐらいだしな。

870 :日出づる処の名無し:04/05/30 17:09 ID:wkwhsOpm
日にちはわからないけど、
外国人の排泄物は日本人に比べると非常に少ないらしい。
肉食だからだったかな。

**********

876 :日出づる処の名無し:04/05/30 18:01 ID:Yj5UyB/u
先日、NHKで源氏物語絵巻の修復模写してる番組見てて、
物語自体をよく知らないことに気付き、
読んでみようとアマゾンで検索したら、最初に出てきたのが江川達也の漫画だった。
原作に忠実で判りやすいんだったら、漫画でも良いかなーと思うんですが、
読んだ方がおられましたら感想聞かせてください。

878 :日出づる処の名無し:04/05/30 18:17 ID:AwYTM2MD
>>876
無駄にエロイです。一巻だけ買って続刊は買ってませんが。
原文と訳がわかりやすく対応して載ってます。一応忠実に訳されてます。

879 :日出づる処の名無し:04/05/30 18:22 ID:u6LYjlWi
>>876
878に同意。無駄にエロイ。
『あさきゆめみし』あたりから入ればどうだろう?

880 :日出づる処の名無し:04/05/30 18:30 ID:SVkIfdbQ
源氏物語そのものがエロい話だからなぁ。

881 :日出づる処の名無し:04/05/30 18:58 ID:UmlaLkdJ
>>878-879
ありが㌧。原文が読めるのは魅力だけど、無駄なエロさ・・。うーん。
与謝野晶子、谷崎潤一郎、円地文子や瀬戸内寂聴の訳本もぐぐってみたけど
どれも一長一短あるみたいですね。
いっそ原文で!って思い切れるほどの長さでもないし、悩むなぁ。

883 :日出づる処の名無し:04/05/30 20:13 ID:qy0N8DnB
無料の青空文庫、与謝野 晶子訳を
少し読んでみたら、どうだろ?

887 :日出づる処の名無し:04/05/30 21:03 ID:TRmoPeMZ
>>881
いま自分も読んでる途中なんだけど、角川のビギナーズクラシックス
などはどうでしょう。
各章ごとに、あらすじ、現代語訳、原文、そして著者による数行のコメント。
と、こんな感じで進んでいきます。
訳文、原文ともに全てルビがふってあるのですごく読みやすく、
著者のコメントも短いながら場面を理解するのに役立つ。
あと章の始まりに主要人物の年齢が書いてあるので、複雑な人間関係も
把握しやすくなってます。

源氏の前は平家物語も読んだけど、
このシリーズはかなり秀逸なレイアウトだと思う。
まあ文庫本一冊なので大部分が削られてるんだけど、
気軽に全体を把握するのには便利な本だと思います。

うはっなんか宣伝してるみたいだな。(´Д`;)

**********

933 :日出づる処の名無し:04/05/31 02:23 ID:alFJ5kKQ
さっきNHKでやってたけど、先進国では日本が犯罪増加率トップだそうだ。
ただし都市部よりも地方の方が激しくのびてるらしい。
平和すぎて市民の安全管理意識なんて極度に低いしなぁ。

939 :日出づる処の名無し:04/05/31 04:36 ID:loaFKdk6
>>935
でも地方都市は別だが、田舎は人口減ってきてるんだろ?
底辺の民度が落ちてきているのは事実。

940 :日出づる処の名無し:04/05/31 05:35 ID:wk4XaD1D
田舎のほうが中国人窃盗団大活躍なの知ってるかい?
都会じゃ鍵かけるのが当たり前だけど、田舎は鍵かけずに出て行ったりするからねぇ

941 :日出づる処の名無し:04/05/31 06:26 ID:Q52kiocP
住んでるところから離れてる方が足がつきづらいしね。

945 :日出づる処の名無し:04/05/31 07:49 ID:R3/tOZD+
ただ警察も結構一生懸命捕まえてはいるんだよね>中国人窃盗団

問題は捕まえた奴を厳罰にできないこと。
それと刑務所内で新たなネットワークを築いてしまい、
出てきたらより大規模な犯罪をする。
死刑にもできないし、中国に送り返してもまた密入国してくる…。
ホントにやっかいな連中だ。

しかし…最初中国人犯罪者を利用した奴ら…日本の893どもが諸悪の根源だ。
もっともいまや「自立した」中国人犯罪者に手も足も出なくなって
しまった。歌舞伎町もそのうち乗っ取られるかもな。
今の任侠の連中には国を守るなんて気持ちはこれっぽちもないだろうしな。

946 :日出づる処の名無し:04/05/31 07:59 ID:w/e8+dKB
「任侠」なんてとっくに絶滅した。
今居るのは、単なる「暴力団」。

947 :日出づる処の名無し:04/05/31 08:08 ID:R3/tOZD+
>>946
…うん。そのとおりなんだけどサ。やっぱりどこの世界でも、
戦後生まれがはばきかしてくるとダメだねぇ。

こいつらが不良債権にしがみついてるから、処理の進みが亀だしなぁ。

948 :日出づる処の名無し:04/05/31 09:31 ID:CEGXw0Vi
>>947
戦後生まれもなにも彼らは外人ですよ。

949 :日出づる処の名無し:04/05/31 09:40 ID:PfJqorM6
任侠団体を潰しまくった結果、
従来それによって抑えられてた外国人犯罪者が増加してしまった、
ってとこか。

950 :日出づる処の名無し:04/05/31 10:14 ID:Z2AEsAtt
>>939
何それ?
なんでそこで民度がでてくるんだ。
日本て国は戦国時代でも田舎は戸締まりせずに寝ていた国だぞ。(w
単に田舎はこれまで都会よりずっと犯罪が少なかったのが
ちょこっと増えたら率にしたらでかくなった、というだけだろ。
何のかんのいっても日本は未だに世界一安全な国だし。

951 :日出づる処の名無し:04/05/31 10:31 ID:elQIV8i5
たしか「増加率で言えば」世界一の伸び率だったような>日本
かな~り「うるおぼえ」なんだけど・・・

954 :日出づる処の名無し:04/05/31 11:58 ID:aVWtjRWC
>>951
増加率は世界一位の 55%だけど、
犯罪発生率は先進国内で最下位だよ。

955 :日出づる処の名無し:04/05/31 12:08 ID:GbSEFHBa
>>939
田舎では
幹線道路に集中して犯罪が多発してんだよ

957 :日出づる処の名無し:04/05/31 13:06 ID:h5mhA80c
>>949
それ、警察の人が言ってたねぇ。
暴力団などを徹底的に取り締りを行った事があるらしいが、
その結果、裏世界のバランスが崩れちゃったんだってさ。

でも終戦直後は、ほとんど機能しなくなった警察の代わりに、
朝鮮人らと対峙してくれていた事もあるらしいがね。

964 :日出づる処の名無し:04/05/31 13:23 ID:R3/tOZD+
>>957
とはいえ、暴力団(日本人の)を取り締まらなければ良かった…
なんて事もなかろう?
必要悪などと簡単に割り切れるものじゃない。
もちろんやくざ者を根絶するのは無理でも、
そういう連中が経済や政治にのさばってる社会はろくなもんじゃない。
だいたいバブルの時政治家や銀行とつるんで、
いったいどれだけの暴利をむさぼったと思う?
その祭りのツケを国民の税金で精算しなきゃならないんだぜ。

毒をもって毒を征する的な発想はやめた方がいい。
健全で強力な警察機構を整備するべきだろう…それがもっとも確実で正しい手段だ。

965 :日出づる処の名無し:04/05/31 13:44 ID:/kVHXXBS

青いね…

966 :日出づる処の名無し:04/05/31 13:45 ID:cugDAUag
同意。

967 :日出づる処の名無し:04/05/31 13:50 ID:R3/tOZD+
>>965
対論なき嘲笑か。カッコイイネ。

968 :日出づる処の名無し:04/05/31 13:55 ID:G3BVlWtX
暴力団が北朝鮮の大麻のお得意さんで、
北朝鮮にせっせと円を流しているから、暴力団を根絶するわけにはいかんだろ。

969 :日出づる処の名無し:04/05/31 14:35 ID:h5mhA80c
>>964
まぁ確かにそうなんだけど、でもごり押しで暴力団を取り締まっても
治安は回復しないっていう事実は確かなんだからさ。
現に外国人犯罪が増加したのも、
日本の任侠の力が弱くなったためだとも言われてるからな。
これからはただ暴力団を取り締まるだけじゃしょうがないってことだよ。
あなたの言う通り、警察機構の整備は急務なのはその通り。
これからはとりあえず暴力団以上に、海外マフィアをどうにかしないとしょうがない。

971 :日出づる処の名無し:04/05/31 14:45 ID:u8zHsslz
挑戦早練とか草加とかヤクザまがいが政界に関与してるんだもの_| ̄|○
小泉の訪朝だって結局野中の利権貰っただけでしょ。

972 :日出づる処の名無し:04/05/31 14:47 ID:TStLv8kD
バイ菌も殺しすぎるのはよくないってこと。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(14) | TB(0) | ▲ top
武道の達人の強さはどう計るのか【後編】(part26スレ)
- 2010/03/07(Sun) -
625 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:48 ID:G/Qj7HWm
武道の神髄は、勝負に勝つことではなく、
自分に勝つことなんじゃなかったっけ?
だからオリンピック種目になることによって武道がスポーツ化するのは、
勝負に勝つとか的に当てるとか、
そういう即物的なことが目的とすりかわってしまうことにつながる可能性が高いので、
反対。武道はあくまでも武道でやるべき。
柔道のオリンピック種目によって、どんなていたらくになったか見よ。
オリンピックの柔道の試合に、武道の心が生かされているか?
けっきょく勝ち負けの勝負のみの世界になっちゃってる。
勝ち負けは大切だけど、それは最終目的では無いんだと思う。

629 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:56 ID:FBxHZMu9
やっぱり達人, 2004/02/16
レビュアー: jimmy-king (プロフィールを見る)   北海道

武道ファンなら故塩田剛三師に関してあれこれ回りくどい説明をする必要もないだろう。
格闘技マンガにも
明らかにこのお方をモデルにしたと思しき達人が登場するくらいの有名人。
つくづく「こんな強いじいさん見たことなーい」と叫びたくなる。
ところで、我が家でのちょっとしたエピソード。
今年、七十になる少し病弱な母にこのDVDの見せたところ、
急に張り切って元気になってしまった。今や塩田先生は母のアイドルである。

奥義, 2003/07/15
レビュアー: カスタマー   神奈川県川崎市
何度も繰り返し見ていると、その技が決してまやかしではないことが分かります。
理論的に教えることができない「気」というものを
この映像の中から感じることができます。

神技は圧巻, 2003/04/04
レビュアー: かむい   愛知県春日井市
見ているだけで、ため息が出るような見事な技に感動しちゃいます。
素人目に見ると、嘘っぽい。
少し合気道を囓るとそれはまさに神技・・・。
二教の神髄が見えてくる。
どうして片手であれほど見事に技が決まるのか・・。
DVDだからこそ探求心が湧くと言うものじゃないですか!
静止画・巻き戻しを繰り返して練習するぞぉぉ。

そんな感じのDVDですよ。お勧め。

合気道を知らない方にもお薦め!, 2002/06/09
レビュアー: prg01   北海道江別市
1962~1990年の全記録を収めていて若き塩田剛三の姿を見ることが出来ます。
DVD特典として、師・植芝盛平のエピソードもあり、お得になっています。

656 :日出づる処の名無し:04/05/29 21:27 ID:0KNOzDrn
武道板ですかここはw

塩田さんVTR見たことあるが、普通に凄いと思ったけどなぁ。
こんなお爺さんのどこがこんなに凄いのかって不思議だ。
剣道の師範(八段)のことも、聞いたことあるけど
現役バリバリの人が、これでもかって掛かっていったのに
みんな「はい、はい」でかわされてしまった。

嘘か本当かわからないのだけど、剣道の達人になると
割り箸一本持つだけで強い(間合いがどうとからしいいが)
って聞いたんだけど、本当?教えてエロイ人。

658 :日出づる処の名無し:04/05/29 21:38 ID:jG1v3OYG
亀仙人て実在してたんだな

660 :日出づる処の名無し:04/05/29 21:59 ID:eMS1n0GN
>>656
捌くだけなら出来るんじゃない?
つか、打ち込みの練習つけてやってるだけだろ。

何度も言ってるが、練習してる時に先生だからと言って、
試合で現役バリバリの4段、5段の全日本クラスに、
爺さんが勝てる訳ねーじゃん。
だったら、世界選手権には爺さん出せ、と言いたい。

661 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:02 ID:/fHbpTyc
今、塩田氏のビデオ見てみたけど、たしかに凄そうな感じではあるような。
中には、自分から倒れてるんじゃないの、と見えるのもあるけど、
やってみないと分からないしね。
また、中には、演技とは思えないのもある。

それから、ケネディーのボディーガードを押さえつけたシーンもみたけど、
満座の中でのシーンだし、相手がSPだから、ウソじゃないだろう。

662 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:09 ID:gYG3HLPf
>>660
でも、かかり稽古で体ごと突進してるんだよ?
そんな現役を捌くだけでも凄いと思うけど。
捌かれた人は現役バリバリ30代の五段。
その人自ら「あの人は凄い」と認めてるんだから
やっぱり凄い人なんじゃないのかなぁ…

664 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:13 ID:eMS1n0GN
>>661
嘘はついてないと思うし、演技でもないと思うよ。
と言うより、立ち間接極められて、倒れるのが自然な状態にされてるだけでしょ。

塩田が凄いのは皆認めてる。
じゃ、どれだけ凄いんだ?って話をしてる。
素人や弟子の腕を取った状態から立ち関節極めるのが、
それ程凄いとは思えない、と言ってるだけ。

ヒョードルとかノゲイラみたいな、関節技の体系を理解している人間から
立ち関節取れるんなら神。
しかし、今や誰もそれを証明できないからオカルトだけが一人歩きしてる状態。

666 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:16 ID:eMS1n0GN
>>662
だからその爺さんも若い頃は現役バリバリの5段と同じくらいの実力だったのさ。
そりゃ、凄いのは間違いないよ。w
剣道の大会でも爺さん達が前座で型をやるけど、ビシッと決まってて、カッコ良い。
ただ、今、闘えば爺さんよりも現役5段の方が強い、って話。

667 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:28 ID:/fHbpTyc
>>664
だけど、中には他の弟子の後にくっついて行ってるだけなのに、
一緒に転んでる奴もいるんだよね。
訳若芽。演武ってやつ?

668 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:41 ID:fCCVAq1p
>>666
考えが浅いな。
たとえおまえのいうとおりそういうものがただの伝説だったとして
なぜそういう達人伝説が生まれたのか考えたことがないのか?

それは戦後の一時期に生まれるべくして生まれた現象をもとにした伝説だよ。
戦前の剣道界とは、現在でいうあらゆるスポーツ界を志すものばかりか、
生活の堅実さをとって最初から高学歴を目指すものにいたるまでが嗜む、
つまりすべての国民が集い競っていた世界だった。
しかも、江戸時代の諸流派剣術の伝承の流れをくみながら、
かつルールも実戦を強く意識したものだった。
そんな戦前剣道界の生き残りと
戦後のスポーツとして生き残った剣道ではレベルも質も違う。
だから戦後の剣道界の現役最高峰は
戦前派の老いた達人に軽くひねられていた事実があった。

過去には達人伝説ではなく達人現象が事実としてあったんだよ。
それも知らずに「達人伝説は事実無根」で片づけるおまえは浅はかものだ。

669 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:43 ID:Yh+gHlw9
>>656
>剣道の師範(八段)のことも、聞いたことあるけど
>現役バリバリの人が、これでもかって掛かっていったのに
>みんな「はい、はい」でかわされてしまった。
・・・・普通に疑問にならないか?
何故その爺さんが世界大会に出ないのかと?
スタミナ?「はい、はい」でかわすならスタミナいらないじゃん。
なんつーか、良く聞くタイプな話だけど現実味が無いんだよね。

670 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:45 ID:a2WqJ5Xh
>>669
信じないのは勝手だけど。
味気ない意見ですね。

671 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:50 ID:/fHbpTyc
世界大会での勝利が至上の価値であると信じてるところが、
武道の精神とずれてるのかな。

672 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:51 ID:Yh+gHlw9
>>670
味気ないっつーか、現実味の無い話をマンセーするのは朝鮮人と同じだと
思っているよ。

現実的に考えれば、その八段にかかっていった、おっさん達が
とてつもなくレベルが低いというだけの話で、
全日本レベルの選手がかかっていったら
単にボコボコに爺が叩きのめされるというだけの話だろ。
その程度のことを伝説なんて言われても傍から見れば単なる贔屓の引き倒し。

673 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:51 ID:WRzrs0LN
>>669
後進が育たないからじゃねえの?
普通ある程度の年になったら第一線退くだろ?

674 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:52 ID:/3J66Fc5
>>672
段級審査の厳しさを知っている自分としては、賛同しかねる意見だ。

675 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:52 ID:Yh+gHlw9
>>671
武道の精神という言葉を使えば、一切の証明は不要というのなら、
何をかいわんやだけどね。

676 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:54 ID:/fHbpTyc
>>675
本来の武道に、「大会での優勝」なんて概念が無かったのは自明だと思うが。

677 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:54 ID:Yh+gHlw9
>>673
理由にならないよな。剣道の全国大会で40代すら珍しいのに、
そんなに早く後進に道を譲るのか?
普通に体力の限界だろ。
そもそもインタビューでそう答える選手も多いし。

678 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:56 ID:eMS1n0GN
>>668
だ~か~ら~、達人が凄くないとか一度も言ってないだろ。w

その達人だって、昔は現役バリバリの連中と同じように強かったの。
で、達人は剣の腕とは別の意味で強いのさ。
政治力とか、精神力とか、人間力とかいろんな言葉はあるだろうけどね。
現役5段だって、自分がいる道と同じ道を辿った先人だからこそ、尊敬するんだよ。
そういう意味で強いと言うならともかく、純粋に剣の腕で現役に勝てる訳ねーだろ。

お前は単に剣術に得体の知れない幻想を抱いてるオカルト信者だよ。
あらゆる競技で何で古武道にだけ、そういうオカルトが残ってるんだ?
俺はそっちの方が謎だ。

679 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:56 ID:Yh+gHlw9
>>676
本来がどうでも、今はあるよな。
それに大会というのを作った人達も、その本来~が無かった人達だよな。
大会を作った剣道人達には一切達人はいなかったのかい?

680 :日出づる処の名無し:04/05/29 22:56 ID:gYG3HLPf
>>672
剣道の試合で消耗するのはスタミナだけじゃないけどね。
信じなくてもいいけど、実際に捌かれた人が手も足も出なかったと
そう言ってるから私は信じているよ。経験したのは私の先生でしたが。
しかし、五段の人に対してとてつもなくレベルが低いというのは失礼すぎる…
レベル低い人がそんなに簡単にとれないよ…

690 :日出づる処の名無し:04/05/29 23:04 ID:eMS1n0GN
なんつーか、オカルト信者には何を言っても無駄だ。

まぁ、オカルト信者の言うのが正しければ、
日本にはこの前の世界選手権で大活躍した栄花タンより
強い爺さんがいくらでもいるらしいから、
ある意味安心だな。w
栄花タンもあと20年もしたら更に強くなるだろう。
俺としてはただただ「剣道」がオカルト武道に成り下がらない事を祈るのみ。

692 :日出づる処の名無し:04/05/29 23:05 ID:/fHbpTyc
合気道について言えば、
確かにビデオのシーンはびっくりだな。確かに「達人」なんだろう。
ケネディーのSPが確かに押さえられてた。
このスレ見てすぐ、p2p(ry

693 :日出づる処の名無し:04/05/29 23:06 ID:Yh+gHlw9
達人、達人って、達人を過大視しすぎるバカって
何言ってやっても馬耳東風なんだろうな。
右から左に、風のように言葉が吹き抜ける。

60や70になっても青年並みの動きが出来たりするから驚かれるというレベルの話を
実践でも最高の実力を保っていると妄想するから話がおかしくなる。

たったそれだけの事なのに、どうにも漫画の世界みたいなヨタ話を宗教みたいに
信じ込んでやがる。疲れるよホント。

698 :日出づる処の名無し:04/05/29 23:09 ID:l9Kmser8
現役五段位のやつが達人とか言われるレベルの人をボコってる映像とかあるの?
あれば見てみたいのだが

701 :日出づる処の名無し:04/05/29 23:10 ID:5WSUv98L
剣道の達人の強さについては、2,3ヶ月前に剣道世界大会のドキュメントを
NHKが放送した際にもジャポニズムスレで語れていた。

それによると、7段、8段という段位を持つじーさま達の中には、
一瞬の技のキレでは全日本選手権で優勝する選手よりも上の方が実際にいるらしい。

もっとも、体力的な問題で試合時間中ずっと全力でやるのは無理なんで、
体力と技術がバランスする壮年期の剣道家が最も結果を残すことになるんだそうだが。

737 :日出づる処の名無し:04/05/29 23:56 ID:ETtEiFNX
試合に「勝つ」というのは技はもちろんだが体力も非常に重要になるから、
大会で勝つ人は技と体力のバランスの取れた年代になるだろう。

だが、技だけなら達人じーさんのほうが上だろう。
んでもって、その技が「神技」なもんだから伝説になると。
体力が強いだけの人は、いくら体力が強くてもそれは人間の想像範囲内。
しかし、「神技」は人間の想像を飛び越えるものだから、伝説になると。

その辺のことを理解せずに、
「なんで達人はオリンピックに出ないの?」みたいに、
勝ち負けでしか判断しない人が喚き散らすから話がおかしくなっていく・・・・・・。

740 :日出づる処の名無し:04/05/30 00:02 ID:X55cmUFK
JUDOと柔道に違いがあるという感覚がなくなってるんだろう。
物理的なルールによるのが西欧的なやりかただからな。
そうでなければ信用できないってもの間違いとも言えないし。
囲碁将棋でも、江戸まではいまのようなトーナメントもリーグ戦も無かったわけで。
でも名人はいたんだよね。

744 :日出づる処の名無し:04/05/30 00:09 ID:OKTEeTOM
>>740
名人は家元制だった。
で、昭和に入ってから、実力名人位になった。(リーグ戦)
今でこそ伝統のあるタイトルの一つ、って事になってるが、
そこはやはり、微妙に違ってる。
というのも、「名人位」だけはA級棋士(10人)の選ばれた者のみで
行われるリーグ戦だから。
トーナメントとはやっぱ違う。

746 :日出づる処の名無し:04/05/30 00:11 ID:X55cmUFK
>>744
いや家元と言っても、実力は必要だったんだよね。力の無いものは家を継げなかった。
名人位は4家で回してたと思うけど、養子が多かったんじゃないかな。

748 :日出づる処の名無し:04/05/30 00:16 ID:OKTEeTOM
>>746
>力の無いものは家を継げなかった。
まぁ、そりゃそうだけど、実力伯仲した中には涙を流した者もいたと思うよ。
確かに養子(弟子)が多かったね。
その弟子制度は今も受け継がれてるよ。
確か、師匠がいて推薦されないと奨励会には入れなかったと思う。

752 :日出づる処の名無し:04/05/30 00:29 ID:FdKGptyM
「武道の達人なら大会に出るはず、出ろ」
の馬鹿の一つ覚え。どうしてそれが「すべて」になるんだか。
武道の経験もろくにないくせに、
根拠なく、ひたすら技術の否定してるヤツは
朝鮮人扱いされてもしょうがないだろ。

761 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:03 ID:9qDK/Mtm
達人と言われる爺さんの技の切れは凄いと思って良いと思いますよ。
長年の経験の蓄積もあり
相手が撃って来る瞬間を見極める能力は凄いものがあるでしょ。
単発の撃ち込みに対しては最高レベルの受け流しが出来ると思う。
ただし年齢的な体力の低下もあって自分から撃っていくのは向いてない。
って位でいいんじゃないの?

762 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:04 ID:X55cmUFK
テニスの達人がいたとしても、ウインブルドンは優勝できないってこともありうるだろう。

763 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:05 ID:OKTEeTOM
>>760
そりゃ、達人が勝ってもおかしくないよ。
負けてもおかしくないけど。
俺は負けると思ってるだけ。たとえワンマッチだろうが。
で、何でそれが技の否定で、達人が負ける、と思うとアホなの?w

何で「達人が負ける=筋力が強い者が勝つ」って事になるの?
若い現役バリバリは筋力だけで、技は素人なの?

764 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:06 ID:bVwc3Xc3
いやでも俺はこの目で見てみたいな。それまでは100%は信じられない。
映画の「ダイ・ハード」みたいなタフなケンカを死にものぐるいで成人男性が
仕掛けてきたらどうだか分らんのじゃないか。
引っ掻いて噛み付いて眼かに指突っ込んで・・
そんな野獣の喧嘩にどこまで対応できるのかな、と。
なんか上品な爺さん想像してしまうんでね。

766 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:09 ID:FdKGptyM
>>763
オカルトだと言ったくせに。
オカルトだと断言してるから、アホなんだよ(ワラ
つーか老人だって、筋力が全くないわけじゃありませんよ?

769 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:31 ID:OKTEeTOM
>>766
で、君はそのワンマッチでも良いから、達人が勝ったのを見たことあるの?
他の競技じゃ話にならないから、「剣道」に限った話でも良いからさ。w

何か、君、幽霊を見た事ないのに、幽霊がいると言ってる人みたいだぞ。
実は俺は幽霊と同じで「達人」の存在は興味あるんだよ。
「いて欲しい」とすら思ってる。
本当は全日本クラスが達人にボコられてるのを見てみたいんだよ。
演舞や稽古つけてるシーンじゃなく、ガチの試合でさ。

若い力を絶対に認めない達人ておらんの?w

770 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:32 ID:UxC04PZk
なんというか、これまでの流れを見ていると、
達人擁護の人達は達人の価値を過大評価しているとしか思えないものがある。

否定派

達人がいる事は否定しないが、
そのレベルは神業とか現役より強いというものではなく
あくまでも年齢に比べれば素晴らしいものだという事。

擁護派

達人は現役バリバリの実力者と戦っても子ども扱いするほど強い。

======================

こういうとこだから馬鹿にされているような気がする。
しかも、達人と呼ばれる人達はほとんど仙人に近い貴重な存在というのではなく、
自分が見た、とか、自分の先生が見た、とか
やたらと身近で見れるほど沢山いるかのような発言が見られるところである。
そういうところが胡散臭いのではなかろうか?

771 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:38 ID:FdKGptyM
年季の入ってる技を持つ老人が、現役バリバリの有段者に勝つ。
「そういうこともありうる」と考える事が オカルトだと断言したアホは
明らかに技術否定してるだろう。

772 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:39 ID:y8IDA08B
無茶苦茶強い爺さんも居るけど、それより強い現役も多く居る。
両者が試合した事は無いが、もししたといしたら、体力のある現役が有利だろう。
ただし、一瞬の技の切れで達人が勝っちゃう可能性も無きにしも非ず。
くらいで結論でいいだろ。

773 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:43 ID:bVwc3Xc3
いつも思うが塩田にしても所詮武術家の強さって測れないよなあ。
道場破りに「いつやる」て聞いて「今この場で」と言った瞬間「喉刺し」とか。
それこそ実戦はヨーイドンで始まるもんじゃ無いけどヨーイドンで始めないと
純粋に比較できんての。
もう「前田光世方式」で決めればいい。寝込みを襲えば最強。

774 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:44 ID:8YSnqqLJ
>>764
私から言わせると、達人の表の面のイメージにだまされてますなw
武道とは本来そういう、えげつないもんなんですよ。

例を挙げると、塩田氏は、フルコン系の空手家が道場破りに来たとき、
終始、ボケじいさんのふりして、応対。それでも立ち合いを諦めない空手家が
「本日、この場で立ち会っていただきたい」と
言うやいなや、いきなり人差し指を相手でのど元を突き、空手家を倒したという
話があります。
卑怯ととられるかもしれませんが、実戦においては卑怯もくそもありませんからね。
えげつないでしょ。

あと、格闘漫画バキの作者の板垣恵介氏が塩田氏本人から聞いた話として
本に書いていましたが、
「(戦争中)拳闘家も空手家も一撃で人は殺せなかった。
その点、私は地面を利用できたから(笑)
(←つまり、投げ技で地面に叩きつけて殺したって事ですね)」

その昔達人と呼ばれていた人は、
大なり小なりこんな暗黒面も持ち合わせていたわけです。

776 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:47 ID:UxC04PZk
>>774
正直に言うならば、その話を聞いて、
「ああ、まともに戦えば負けるから卑怯な手段を使うしかない
レベルのおっさんだな」としか思えないんですが。
違うというのならば、
まともに戦って倒したという逸話も是非とも聞かせてもらいたいものです。

779 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:49 ID:X55cmUFK
>>776
「まとも」という概念が存在素するのかどうかと言う問題もあるな。
武蔵だって、そんなある意味「卑怯な」戦術をとってたわけだし。

780 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:51 ID:dxWTNiiD
うーん、達人てけっこう身近にいるんじゃない?
柔道剣道なんて、昔から競技人口が多いわけだし。
たぶん身近に全日本優勝者とか近い人がいるからだと思うけど。
一定レベル越えてる人は強すぎて強さがわからん感じ。
ああ、この人達は素手で人殺せるんだなーくらいにしか思えない。

781 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:52 ID:UxC04PZk
>>779
そもそも、何でもありというなら、それは武術なのでは?
そういうものと一線を画すから武道っていう呼び名があると思うのですが、
何でもあり騙しでも寝込み襲うのでも
何でも実践性という事で良しにしてしまうなら・・・

自分の内面と向き合う、とか、試合に出ないのは
云々とかとえらく矛盾する考え方だと思いますけどね。

783 :日出づる処の名無し:04/05/30 01:54 ID:UxC04PZk
>>780
パンダくらいの希少価値ではなく、日本猿程度にどこにでもいるなら、
それこそ全日本大会で活躍されるかたが
一人くらいいてもおかしくありませんが、とんと聞いた事はありませんよ?
達人に見えると言う事と、達人であるという事には恐ろしく違いが有ると思いますが。

788 :日出づる処の名無し:04/05/30 02:02 ID:dxWTNiiD
>>783
じゃあ、私の身近にそう言った人が多かっただけの話かもしれないです。
思えば全日本優勝者の出身の地域だったからかも。
自分の出身校も全国とか行ってたみたいだし。
生徒が強い→先生も強い→先生の先生も強い、みたいな。
空手か何かやってる人たちがどっかの事務所に乗り込んで
潰したなんて話も聞いたことがある。
よくある話では無いとは思ってたけど。

791 :日出づる処の名無し:04/05/30 02:06 ID:bVwc3Xc3
> 正直に言うならば、その話を聞いて、
「ああ、まともに戦えば負けるから卑怯な手段を使うしかない
レベルのおっさんだな」としか思えないんですが。

難しいよねー。この程度なら人間力、武術家としての「差」で済むかも。
この手の話を拡大解釈していくと
手紙なり電話で事前に立ち会いを申し込むのがベストか。
そんでノコノコ行ったら複数人で「よもや卑怯などとは言うまいね!」なんてw

792 :日出づる処の名無し:04/05/30 02:06 ID:3RH4qs2s
剣道だと、老人とは言わないが上にも出てる山崎正平って人が
45歳で全日本剣道選手権大会優勝してるんだよな。

794 :日出づる処の名無し:04/05/30 02:10 ID:lD6CrvoF
で、この話題は永遠とループでしょうか。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(28) | TB(0) | ▲ top
武道の達人の強さはどう計るのか【前編】(part26スレ)
- 2010/03/04(Thu) -
534 :日出づる処の名無し:04/05/28 23:14 ID:zfkkye+e
NHKにんげんドキュメント 今日は弓についてだそーで
イギリス人の弓道家が日本の弓についても修行して、
狭き門の試験を受けるみたいっすよ。
肥後三郎の弓・・・美しい ( ´∀`)

535 :日出づる処の名無し:04/05/28 23:44 ID:772TC/Bk
肥後三郎か
信者の多い弓だからな

536 :日出づる処の名無し:04/05/29 00:14 ID:IXUf2bdU
8段160人以上受けて、合格者0人
なめてるのか

539 :日出づる処の名無し:04/05/29 00:20 ID:MrBNOrFu
>>534
弓ってあんな風に作るんだね。接着剤に鹿の皮って、
アロンアルファじゃだめなんだろうなw
作業一つ一つに礼を尽くしていて、弓っていうか、全てが美しかった。
「道」のつくものに縁の無い自分は、きっと親日ガイジンの視線と変わらんと思うが
ああいうの見るとホント、メロメロっとなるわw

540 :日出づる処の名無し:04/05/29 00:28 ID:eC4wT0SP
オブライエンって人、幾つくらいなの?
つうか、弓の八段って割と普通に受けられるもんなのか。
剣道の場合、八段取る人ってキャリア40年とかのもの凄いベテランばっかりだぞ。

541 :日出づる処の名無し:04/05/29 00:34 ID:KE8GIoMN
http://www.net24.ne.jp/~lv1uni/ken/w_swords2.html

542 :日出づる処の名無し:04/05/29 00:49 ID:EzvKcLk4
>>540
>剣道の場合、八段取る人ってキャリア40年とかのもの凄いベテランばっかりだぞ。
受けれても取れてないわけだが。

543 :日出づる処の名無し:04/05/29 01:02 ID:eC4wT0SP
いや、剣道の場合、八段受ける資格があるのは
46歳以上で31年以上のキャリア。
柔道の場合、確か43歳以上じゃなかったかな。
そういう規定は無いのかな、と思って。

544 :日出づる処の名無し:04/05/29 01:12 ID:kEfspZqB
>>543
ないよ

545 :日出づる処の名無し:04/05/29 01:16 ID:6Q1fJdCx
剣道5段の人が剣道8段の人(お爺さん)を化け物扱いしていた。
どんなにかかっていっても軽く流され、相手の息が乱れていない。
5段の人も弱いわけじゃないんだけど、一本もとれなかったと言ってた。
なんかもう世界が違う。

546 :日出づる処の名無し:04/05/29 01:27 ID:MrBNOrFu
全日本弓道連盟 中央審査

(略)
七段 射型・射術・体配自ら備わり、射品高く錬達の域に達した者
八段 技能円熟、射品高雅、射芸の妙を体得した者
九段 弓道の真体に達した者
十段

空白の十段位は神ってことですか?

547 :日出づる処の名無し:04/05/29 01:38 ID:amFslP7h
ググッてみますた
(※リンク先消滅)
弓道で十段は「弓道の神髄に達した者をはるかに超える者」とされ、
大沢さんを含め全国にわずか4人。

548 :日出づる処の名無し:04/05/29 01:56 ID:eC4wT0SP
ぐぐってみたら剣道はもう九段以上取れなくなったのか。
今後の最高位は範士八段になる訳か。

高校の授業で山崎正平って範士八段の人が教えに来てた。
二人がかりとかで向かっていって簡単にいなされたの覚えてるわ。
卒業後、割と伝説の人なんだって聞いて驚いたなぁ。

549 :日出づる処の名無し:04/05/29 02:01 ID:MrBNOrFu
>>547
「弓道の神髄に達した者をはるかに超える者」
もはや意味がよくわからんがとにかくすごいレベル・・・w
ラストサムライに出演した弓道の師匠で何段なんだろう?
DVDでえらい絶賛されてたけど。

550 :日出づる処の名無し:04/05/29 02:03 ID:tVfv1UrT
>548
高校の夏合宿で6段のおじいちゃんたちに軽くあしらわれてましたが、なにか?
いくら打ち込んでもかわされ、
腰が入ってないと蹴りいれられ最期は面外されて投げられました。
古武道じゃねーの、くやしくて涙でたよ。

552 :日出づる処の名無し:04/05/29 03:18 ID:IMkdMqH4
>>550
おっかねー。剣道以外の武道も達人じゃないの。

554 :日出づる処の名無し:04/05/29 07:20 ID:utYfQodQ
>>546
将棋、囲碁もそれくらい厳密にし直してほしい。
将棋の方がまだましだが・・・。

555 :日出づる処の名無し:04/05/29 09:06 ID:CN6FsXOy
囲碁将棋はもはや芸能エンタテインメント

556 :日出づる処の名無し:04/05/29 09:14 ID:NvhkpfdL
>>552
確かにこわいけど、なんかわくわくするね。

557 :日出づる処の名無し:04/05/29 10:10 ID:Umv14Ue5
>>550>>552
外人の中にはブラックベルト、即ち段位を取ってる人は
拳銃の弾でも避けられるなんて
とんでもない勘違いをしている奴がいるそうだが、
流石に初段では無理だけど六段くらいあれば不可能じゃない気がしてきたよ・・・

559 :日出づる処の名無し:04/05/29 12:16 ID:2BNv+IQt
>557
上位の空手有段者や世界ランカークラスのプロボクサーなら、
素人が拳銃持っていても、
相手が自分の何処を狙っているか見切ってしまえば、
「当たらなければどうという事は無い」で防げそう

但し、撃った本人も弾が何処に行くか分からないトカレフだと
本当に運次第なので死ぬかも知れない

561 :日出づる処の名無し:04/05/29 13:23 ID:Mz1X0OPE
>>554
何言ってんの?
将棋ほど厳密で実力主義の世界も珍しいよ。
適当な事言うのはやめよう。
将棋は完全実力制で抽象的な要素は全く入らない。

562 :561:04/05/29 13:26 ID:Mz1X0OPE
あ、正確には年齢制限があるから、
完全実力制とは言えんかもね。

563 :日出づる処の名無し:04/05/29 13:37 ID:+zOX6c1a
>>561
引退勧告とかないから
昇段はある程度の実力と年月さえあれば可能ってことじゃない?
「今年の成績悪いから昇段見送り!」みたいなことないし

564 :日出づる処の名無し:04/05/29 13:55 ID:Mz1X0OPE
>>563
古武道の世界はオカルトの要素が強すぎて、それが自身の首を絞めてると思う。
ちょっと権威主義的だし。(権威主義自体は悪くないんだけど)

外野からしたらオカルトチックな世界は想像力を掻き立てられて面白いけど、
やってる連中からしたら、たまらんと思うよ。

俺は枯れた爺さん達の権威取りの昇段なんかよりも、
将棋の奨励会における少年達の、
年齢と敵と自分との戦いの方がドラマチックに感じる。
永世十段の中原が、プロ(4段)になって2~3年の20歳そこそこの5段に負ける。
そういう世界こそ、厳密でドラマチックな世界だと思うけどね。

565 :日出づる処の名無し:04/05/29 14:36 ID:+zOX6c1a
>>564
枯れた爺さんって言うけどそいつらが本当に凄いんだからしょうがない(笑
将棋だって上座とか師匠制度とか結構権威主義残ってると思うよ
「名人に香車を引いて勝つ」とかのエピソードなんか超萌えるでしょ?w

相撲の四股、武道の残心、駅伝の襷、競輪のライン
俺はどれも好きだ

多くの文化・スポーツにはそれぞれ独特の儀礼があってそれらは全て尊いと思う

566 :日出づる処の名無し:04/05/29 14:36 ID:amFslP7h
>>564 うう、言いにくいこと、ズバリ言っちゃいましたねw

俺も武道の段位とかみてて心配になるのは、
どんなに到達するのが困難なレベルの高い領域というものもあっていいのだけど、
それが果たして審査する人間、時代、出身、年齢、、
そういったものに本当に左右されない普遍的な基準としてちゃんと存在しているのか、
という疑問なんだな。将棋など勝負して勝ったほうが上、という世界なら順位付けは
完全にフェアなのだけど。

568 :日出づる処の名無し:04/05/29 15:35 ID:Slh7YnZ8
そういう意味では相撲界はフェアなのかな。
勝ち続ければ、齢20いくつで頂点に立てるわけだし。
・・・横綱審議委員会とやらの基準があった。渡辺オーナー斬り。
「普遍的な基準」か。必要だけど、それだけになるのも違う気がするし難しい問題だ。

569 :日出づる処の名無し:04/05/29 15:41 ID:Mz1X0OPE
>>565
>枯れた爺さんって言うけどそいつらが本当に凄いんだからしょうがない(笑
おいおい、警察勤務の5段くらいの現役バリバリの全日本クラスに、
どーやって7段8段の爺さんが勝てるんだよ。w

例えば、「剣道は人間形成の一部であり、達人の凄さは剣の腕のみではない」
という前提なら、それは「人間的に立派」という事で納得できるが、
剣そのものの腕で勝てないヤツが一番「強い」って事になってるのなら、
それは権威主義的の極地だよ。

将棋の伝統や儀礼なんて、可愛いもんさ。
50過ぎの米長邦雄が、若手の研究会に頭を下げて通うような世界だぞ。
それがもとで、米長は名人になった凄まじい男なんだけどね。

575 :日出づる処の名無し:04/05/29 17:54 ID:i+/Pg1BJ
>>569
合気道の塩田氏は年取っててもマジすごかったらしい。
年寄りの名人vs現役バリバリを見てみたい気がする。

576 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:02 ID:i+/Pg1BJ
終戦直後にGHQが撮った塩田氏のフィルムを見たことがあるが、
お弟子さんのこめかみの辺りを軽く突いて気絶させていたな。

577 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:11 ID:yimdOMqp
>>576
((;゚д゚))スゲェ!!

578 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:13 ID:IMkdMqH4
銃の弾をよけたって言うのは塩田氏の師匠植芝氏。

579 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:16 ID:D2KCKmWW
それよりも俺としては、日本の弓が竹で出来ていたということにショックを受けた。
何か弱そう。

ちょっと前に世界丸見えだかで、
イギリスの弓名人が投げられたコインを弓で打ち抜いたり
壁を使って反射させて目標を射抜いたり、早撃ちしたりしていたのがあったけど、
使っている弓はおんぼろそうで貧乏なロビンフッドみたいだった。

でもなあ、日本のかっこつけの弓道家の爺さんよりよっぽど戦ったら強いと思う。

580 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:19 ID:IXUf2bdU
塩田剛三って、ケネディ大統領のSP
子供みたいに扱った人かな
模範試合で、小さな老人がさわっただけで
大男を投げ飛ばすのをみて、ケネディがSPにお前行け
といって、そいつがなすすべも無くやられたのを
みてポカーンとしてた

581 :569:04/05/29 18:21 ID:eMS1n0GN
植芝とか塩田とかの合気道の「達人」こそが
オカルトのそもそもの原因のような気がする…。
合気道は試合がない(と思う)から、よりオカルトの入り込む余地が多いのでは?
塩田は柔道木村とか空手大山とかと同世代だと思うが、
伝説化されすぎてると思う。
現役バリバリ当時に闘ってれば、「木村≧大山>>塩田」だったと思う。
>>576
植芝盛平の間違いでは?

582 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:22 ID:O9BnMT+d
そのSPは「朝飯を食べていなかったから」
と言い訳したのも有名な話

583 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:24 ID:IXUf2bdU
ケネディ大統領じゃなかった
弟のロバートのSPだったか

584 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:25 ID:O9BnMT+d
>>569
大山、沢井が塩田との闘いを避けてたのは知る人ぞ知る話。

585 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:28 ID:mqqeCK6K
>575
たしか、飛び掛ってくる大男数人に指一本触れさせなかったり
ケネディ大統領のボディガードの動きを一瞬で封じたりした人ですね。

586 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:30 ID:eMS1n0GN
>>584
おいおい、どうやって合気道のヤツが空手家と闘えるんだよ。
合気道て、試合で強さを証明するような武道じゃないし。
塩田が大山に「我が合気道の方が強いから試合しましょう」とでも?w
そういう「知る人ぞ知る話」みたいなのが、オカルトチックって言うんだよ。

587 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:30 ID:D2KCKmWW
>終戦直後にGHQが撮った塩田氏のフィルムを見たことがあるが、
>お弟子さんのこめかみの辺りを軽く突いて気絶させていたな。
塩田のビデオは普通にレンタルされているから、その気なら見れるよ。
俺は見たけど、何かおっかけっこをしているみたいで何が凄いのか
さっぱり伝わってこなかった。
伝説扱いする人は、基本的に人聞きであるのが特徴で、
実際にビデオなりがあるのに
それを見ないで論評するのが欠点だと思う。

牛殺しにしても熊殺しにしても、塩田殺しにしてもビデオがちゃんと残っているのだから
見てから判断すればいいのに。

俺は見たから言うよ。
伝説は見ないで作られるって。

588 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:35 ID:IMkdMqH4
>>587
塩田氏に大山の弟子が軽くひねられている。

589 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:38 ID:O9BnMT+d
>>586
それは逆。空手のほうが塩田さんのところに行くの。
いわゆる道場破り。大山が塩田のところに出入りしてたのは事実。
そのあとに何故か空手家がやってくる。大山が弟子にやらせてたらしいけど。
武道の世界にオカルトは多いけど塩田の世代はガチのやつが何人かはいるよ

590 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:42 ID:eMS1n0GN
>>587
同意。
SPの話も小柄な男に大男が気を使ってゆっくり掴もうとしたら、
逆間接決められてゴロリって感じ。
大体、「お前行け」って言われて、殺意バリバリで攻撃できる訳がない。
とはいえ、ちゃんと立ち間接極めるのは凄い事だとは思うけどね。
実際、試合形式でやっても、SP程度なら合気の達人の方が強いだろうし。

つか、演舞を見て強いとか弱いとか判断できるかっつーの。w

591 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:44 ID:jVtSGmjS
今は亡き、アメリカ合衆国司法長官ロバート・ケネディは、
著書「世界訪問旅行」の中に次のような文を載せている。
「私が朝6時に合気道道場を訪問した際、
私のボディーガードがその小柄な先生に立ち向かっていったところ、
まるで蜘蛛がピンで張り付けられたように、苦もなく取り押さえられた。
その後でボディーガードは
"今朝は食事をしてこなかったものですから"と言ってはいたが、
食事をしてきたら勝てたとは言ってなかった」

592 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:44 ID:O9BnMT+d
塩田と兄弟弟子の阿部正なんかはフランスで、レスラー、ボクサー
サンボ、フェンシング、投げナイフなどかたっぱしから
やっつけてフランス外人部隊にまで教えていた人。

593 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:51 ID:JoB+9A0v
ちゃんとした評価のされてる合気道の道場行って
「道場破りっす」
ってやってみりゃいいじゃん
そうすりゃ強いか弱いかわかるべ

弱いって言い張ってる奴も見ただけで強さがわかるなんて思ってないで
自分の考えを試してみたら?

595 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:53 ID:eMS1n0GN
>>592
オカルトチックだなぁ…。

「片っ端からやっつけて」て、試合じゃないだろうに。
合気は素手で相手の動きを抑えるのに有効だから、
その技を「教えてくれ」と言われただけじゃねーの?
当時、合気道の達人クラスが、木村や大山や力道山みたいな、
看板背負ったヤツと闘って勝った、つーなら信用するが。

つか、俺は合気の達人が、ヒョードルをKOする姿を見ない限り、信用できん。w

596 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:54 ID:/kSxo6XE
>>587
それはそれで極端だと思うが・・・
単に''伝説''の個体数は少ないからお目にかかる確率も少ないってかんじでは?
ああいうのって対峙してみんと分からん所があるし。
俺もK3(懐かしい...)ファイターと友達だったけど
普段は全然普通の奴だったなあ・・・

597 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:59 ID:IMkdMqH4
>>595
だから大山はびびって教えを受けていたんだよ。

598 :日出づる処の名無し:04/05/29 18:59 ID:O9BnMT+d
力道山は阿部に指導されたほうだよ。
>>「片っ端からやっつけて」て、試合じゃないだろうに
じゃぁ前田光世も否定するのかな?阿部がやったことはそれと
同じことなんだけど。

601 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:02 ID:R1HPVHKe
達人の達人たる所以は技にこそあるわけだけど、
その技が凄いかどうかは素人が理解するには実際に受けてみるしかないでしょ?
見ただけでわかるのならそいつも一流だよ、間違いなく。
だって完成された技と未完成の技、素人が見たって違いがわかるわけがない。
特に打撃系は試し割とか出来るけど
関節系は人相手にしかかけられないから余計傍目にはわかりにくい。

で、例え塩田が伝説ほど強くなかったとしても一流の合気道家だったのは間違いない。
そうではないと言い張るなら塩田は伝説を残せるほどの超一流のペテン師だw
その人を動きを見てさっぱり凄さが伝わってこなかったという>>587は
少なくとも合気道に関しては間違いなく素人だな。

602 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:05 ID:eMS1n0GN
>>598
>力道山は阿部に指導されたほうだよ。
だ~か~ら~、指導を受けてたら「力道山<阿部」になるのか?w
剣道の世界でも5段の全日本クラスが7段の先生に指導を受けるよな。
だからと言って、試合をしたら7段の爺さんが勝つと考えるヤツはおらんだろ?

何で合気道やら柔術の世界でだけはそうならないんだ?

603 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:08 ID:RisdZLPh
>>601
まず、ビデオ見ろ。3本くらいは出てるから。
それを見てよく考えろ。
大抵の人間は憑き物が落ちるから。

604 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:09 ID:jVtSGmjS
フランスのプロレスラーを投げ飛ばした事もある阿部は、
そのプロレスラーの紹介でフランス陸軍の教官達に稽古をつけることになりました。
といっても当初は教官達は稽古をする気は無かったようで、
阿部に対してファイティングポーズを取りケンカを仕掛けてきました。
(フン、何をいまさら・・・・)
阿部は別段あわてる様子もなく、
相手の教官をジリジリと体育館の壁に追いつめていきます。
相手は気合いと共に、唸るように速い右ストレートを放ってきました。
阿部は体を半歩だけ後方にさばくと、
左の手刀で相手のパンチをスゥっと受けました。
次の瞬間、相手は阿部が左手首に打ち込んだ手刀を軸に、
大きく弧を描いて吹っ飛んでいきました。
一種の呼吸投げでしたが、受け身を知らないボクサーには一瞬でカタがつきました。

阿部はその後、ボクサー・レスラー・サンボ、
変わったところではフェンシングの使い手と立ち会い、
ことごとくうち負かしたといいます。その阿部の実力もあり、
合気道は急速にヨーロッパに浸透していったのでした。

605 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:11 ID:RisdZLPh
柔道でも剣道でも・・・・・
オリンピックや世界大会に、ヨボヨボの名人とやらは出ないでしょう?
それが現実。

勝手な伝説を作ったところで、冷静に突っ込まれれば、それだけの事だよ。
師匠の爺さんに打ち込んでも一本も取れないというなら、その人が世界大会に出れば
いいじゃないか、と誰でも考えるよ。

607 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:14 ID:/kSxo6XE
>>602,604
ちっと強さについての概念が偏ってるんではないか?
例えば、高橋尚子だって42kくらい逃げて走った後なら
ヒョードルに勝てるかもしれん。
そんで、そういうのが実はほんとの意味での路上の戦いだったりするだろ?

プライドとかも限定条件下での戦いなんだから
あれを強さの基準にしてもしょうがない。
強さにも多様な基準があると考えてみては?

611 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:23 ID:eMS1n0GN
>>607
いや、もともと俺もあまり意味のない話だとは思うよ。

つか、俺は>>554に対して、「んなわけねーだろ!」とレスをつけた。
つまり、将棋の世界は「達人」の生きる余地のない世界だから。
かつて名人位を獲った事ある爺さんが20に満たない駆け出しプロに
当たり前のように負ける世界だからね。
俺はあらゆる分野で将棋の世界が一番過酷で厳粛な世界だと思ってる。

その際、古武道のオカルト面を指摘したのがマズかった。
むしゃくしゃしていた。
今では反省している。

614 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:31 ID:R1HPVHKe
>>603
素人が見てもわかるわけがない、というレスに対して
「まず見ろ」とレスするのはナンセンスでは?
あ、ちなみに俺は>>587と同じく素人なので見ただけではわからないよ。

でももしもそのビデオが誰が見てもしょぼくてしょうがないとしたら
素人が見ても面白くなくて、
玄人が見ても全然凄さが伝わらないビデオがわざわざ製作されて
未だにレンタルされているとしたら不思議でしょうがないとは思うけど。
それ自体が伝説のせいなのかねぇ?「見れば幻想が終わる」のに?

616 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:34 ID:RisdZLPh
達人がね、オリンピック出ればいいんですよ。
そうすればね、日本は金メダル取り放題。世界一のスポーツ大国ですよ。
何しろ二本には達人がゴロゴロしていますから、余裕ですよ。
銃弾よける達人とか、矢を二本射ると前の矢を真っ二つにするとか、
一撃も打ち込ませないで
相手を子ども扱いする達人とか・・・・・

そんなに凄ければ簡単ジャン。
あーめんどくせー。

617 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:35 ID:RisdZLPh
>>614
素人が見ても分からない凄さ、っていうのは何か意味があるんだろうか?

626 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:48 ID:R1HPVHKe
>>617
あなたは囲碁出来ますか?将棋出来ますか?
麻雀でもMTG(ちょっとマニアックかな?)でもどんなゲームでもルールさえ理解すれば
一流のプレイヤーの凄さが全部理解できますか?
俺は残念ながらルールを覚えた、程度じゃ全然伝わってきません。

618 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:35 ID:jVtSGmjS
合気道にオリンピックあったか?
剣道にオリンピックあったか?
弓道にオリンピックあったか?という話だな。
アホ臭・・・。

620 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:36 ID:/fHbpTyc
>>616
合気道も、和弓も種目にないしね。

621 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:41 ID:IZsY2zDG
武道を出来もしないド素人が偉そうに吼えてるのはこのスレですか?
老人が達人って呼ばれてるのがそんなに悔しいのかねぇ。
ファビョってる様にしか見えん。

622 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:42 ID:RisdZLPh
>>618
剣道には世界大会があるし、弓道にはアーチェリーがあるし、
合気道の達人なら柔道やったって直ぐにマスターするでしょ?

何しろ達人だから。

623 :日出づる処の名無し:04/05/29 19:44 ID:RisdZLPh
銃弾をよけれるレベルの人間なら、
他の種目をやったところでたちどころにマスターするでしょうけどね。
基本能力が常人とは格段に違うわけですから。

便利だよな。
達人と言えば何でも済んじゃうから。w

この記事のURL | ジャポニスム | CM(31) | TB(0) | ▲ top
ロシアと侮辱(part26スレ)
- 2010/03/01(Mon) -
424 :日出づる処の名無し:04/05/27 08:03 ID:hHuvuWAA
今、NHKで「ロシアで日本ブーム」やってるよ

426 :日出づる処の名無し:04/05/27 08:18 ID:j+ZTS38W
>>424
詳細キボンヌ

427 :日出づる処の名無し:04/05/27 08:24 ID:hHuvuWAA
>>426
ロシアつぅかモスクワだったけど
・日本食が最も良く知られている外国料理
・文芸も翻訳されて出版されている
・ニュース番組で日本特集(この辺よく見ていなかった)
・マンションを和風に改装した家庭
#もうちょっとあったかも知れん

その理由として
・冷戦崩壊による対立構造の解消
・「神秘の国ニッポン」と言う点からの興味

428 :日出づる処の名無し:04/05/27 09:44 ID:wvsZY7cd
NHK見たよ。本屋でロシア人のおっちゃんが、
日本の小説(村上春樹?)を読んでると、酒飲みの怠け者が出てきて、
あー日本もロシアと同じなんだーと親近感がわいたって言うのでワラタ。
違うって。まいいけど。

429 :日出づる処の名無し:04/05/27 10:29 ID:LOO3ZZy+
日本から見たロシアのイメージが、
北方領土、シベリア抑留、あと一個なんだろ?
マフィアかチェチェンかチェルノブイリか
いずれにしても、マイナス面ばかりだって知ったらどう思うんだろう?

430 :日出づる処の名無し:04/05/27 10:31 ID:/euKoyQ9
>429
それは、お前だけだろ

431 :日出づる処の名無し:04/05/27 10:38 ID:SzwDDHZM
>>429
マトリョーシカとかボルシチとかキャビアとかスプートニクとか、
もう少し、なんかない?

432 :日出づる処の名無し:04/05/27 10:40 ID:8RIhJsXs
ロシアといったら冷戦だろ。

433 :日出づる処の名無し:04/05/27 10:42 ID:mOVhkoUv
たまねぎの乗っかったような宮殿。ミグ。ペレストロイカ、小熊のミーシャ。

434 :日出づる処の名無し:04/05/27 10:45 ID:LOO3ZZy+
>>430
俺だけかな?一般的な感覚だと思ってたんだけど
>>431
検索したらなるほどと思ったけど、マトリョーシカとスプートニクは知らなかった
ガガーリンならすぐ分かったんだけど
キャビアってきくと、干上がったカスピ海のイメージが(見たこと無いけど)

435 :日出づる処の名無し:04/05/27 10:53 ID:HSlq7mE3
コサックダンス、ザンギエフ

436 :日出づる処の名無し:04/05/27 10:54 ID:BDupwTXP
昼間からウォッカ飲みっぱなしの赤鼻おじさん、
ぶっといおばちゃん、カニの乱獲、原潜廃棄、
自分もあんまりいいイメージはないなあ

437 :日出づる処の名無し:04/05/27 11:02 ID:wvsZY7cd
俺はロシア文学好きなんでイメージ良い。
おもろくてアフォで可愛いげあるヤシラって感じ。

438 :日出づる処の名無し:04/05/27 11:02 ID:3/1eGSZT
ロシアと言ったらイクラだろ。あれは露語。

439 :日出づる処の名無し:04/05/27 11:18 ID:3PrsU429
格闘技ファンにはいい選手を輩出する国としてそこそこ好印象かも。

440 :日出づる処の名無し:04/05/27 11:19 ID:iz2a1IzY
ロシアにいるロシア人には良い人が多い。
面倒見もよく、困っている人は助ける。親日家も驚く程多い。

が、外国に出たロシア人には変なのが多い。
銭湯で暴れたり、酔っぱらって暴れたりなど前科がいくらでもある。

そのロシア人達が作る社会は録でもない。
マフィア、賄賂、契約不履行の3語がないと会話が成立しないほど。

そして国家としてのロシアは悲惨残虐極まりない。
領土意識の非常識さ、軍事力行使方法の非常識さは常軌を逸している。
ロシアはそんな国。

441 :日出づる処の名無し:04/05/27 11:23 ID:iz2a1IzY
外ゥーなど記憶の彼方に消え去っているオマエラ、良い感じだ。

442 :日出づる処の名無し:04/05/27 11:39 ID:fSC4x3+M
>>439
強いだけじゃなくて礼儀正しい人が多いのも好印象。
それも含めて「いい選手」ってことだろうけど。

443 :日出づる処の名無し:04/05/27 13:07 ID:tz5XlZ7n
>>437
ロシア文学の作家達は凄いですね。
長編なんか読むのにエネルギーと決意が
必要なもの書きやがるし(w

444 :日出づる処の名無し:04/05/27 13:19 ID:fujBn+8u
ロシア=ウオトカ

445 :日出づる処の名無し:04/05/27 13:27 ID:8shkvIsE
なんでロシア美人が出てこないのか?
ロリータとかさ。

446 :日出づる処の名無し:04/05/27 13:57 ID:D6DXOIdH
ロシアのロリコンってしょうがない気がするんだな、
あちらの人太りだすの早いから。

最近の日本のロリブーム(?)みたいのがよくわからない、
日本人の15歳未満てあんまりかわいくないように思えるから。
タレントや女子アナの中高時代の写真よくみかけるけど、
昔の方が好かったと思えることあまりない。

447 :日出づる処の名無し:04/05/27 14:01 ID:aZPM3Gdh
ロシアっていうと、PCゲームのせいで寒そうな軍事基地でAKライフル抱えて
火に当たっているイメージしかないんだよな。

448 :日出づる処の名無し:04/05/27 14:04 ID:HSlq7mE3
>>446
確かに、日本人のロリはかわいいの滅多にいない。
故に二次元ロリなのかもなー。

451 :日出づる処の名無し:04/05/27 14:34 ID:17EB6IhA
ロシアって言うと、フィギュアスケートかな…
ロシア人てからだが大きくてごっついスポーツ向きな顔だと思ってたけど。
外ゥの黒髪の方は妊娠したんだよね、たしか。
北方領土とか抜かせば、国民が敵対するところはそんなにないな。意外。

452 :日出づる処の名無し:04/05/27 14:45 ID:wvsZY7cd
>>443
そう、アメリカ人とはまた違う壮大なエネルギー感じるよね。
そのエネルギーを途轍もなくまっすぐか、どうしようもなくひねくれるか、
飲んだくれるかで消費する感じwあいつらほんと面白い。見てる分には。

453 :日出づる処の名無し:04/05/27 14:45 ID:bgBw2TN+
>>446
日本人は太り出す代わりにバカっぽくなる・・・(´д`)

454 :ゆみ:04/05/27 16:13 ID:H+kDSRei
ロシアは中国や韓国のマネして歴史問題持ち出してたかろうとしないね。
そのへんは好感もてる

455 :日出づる処の名無し:04/05/27 16:18 ID:DG/s1SP8
>454
へたにいろいろ言うと、
シベリア抑留の話になるから。
でもロシアとは歴史問題なんかなかろうが。

456 :日出づる処の名無し:04/05/27 16:19 ID:DgiXhYpY
日ソ不可侵条約を(r

457 :日出づる処の名無し:04/05/27 16:22 ID:9dVzxNy0
>>451
女子フィギュアは日本も凄いよん。
旧ソ連時代はバレエが良かった

458 :日出づる処の名無し:04/05/27 16:23 ID:0wPbpnbZ
北方領土返せー

459 :日出づる処の名無し:04/05/27 16:41 ID:kBRhTJlm
ロシア峰不二子

460 :日出づる処の名無し:04/05/27 16:47 ID:y/HJmSaR
>>434
まあ、確かにロシアに日本ブームが起こったとしても
日本にロシアブームが起きることはなさそう。
(昔の社会主義にかぶれた人たちは
ロシア文学を読み、ロシア民謡を歌っていたらしいが)

昔、テレビでロシアの一般人と日本の一般人を衛星中継で結んで
対話をするとかいうのをやっていた。
その中でロシア人のおっさんが
「ロシアでは日本の歌がはやってます」
と言って、八代亜紀の唄を歌ってみせた。
日本側も拍手してなごやかムード、
ところが「日本のみなさんはロシアの歌を何か知ってますか?」
日本側は、シーン・・・・
と、いきなり気まずくなり、アナウンサーが
「ロシアの歌といえば」となんかごちゃごちゃ言ってフォローして
なかなかおもろかった

461 :日出づる処の名無し:04/05/27 16:52 ID:Lt37DJFq
>>460
トロイカとか…他にもあるだろう、思いつかないけど。

462 :日出づる処の名無し:04/05/27 16:59 ID:mOVhkoUv
りーんごーの花ほころび、川面になんとか、って歌があったじゃない。
あれはロシア民謡じゃない?
ポーリュシカポーレってのもあった。
……年寄りしか知らないかorz

463 :日出づる処の名無し:04/05/27 16:59 ID:wvsZY7cd
カリンカとか・・・

464 :日出づる処の名無し:04/05/27 17:03 ID:1yOwJkjj
>>461
昭和30年代から40年代にはやった歌声喫茶は
ロシア民謡がメインだったような気がする。
民謡の最上川舟歌はヴォルガの舟歌の影響を多大に受けてるし。
カチューシャ、黒い瞳、ポルシュカポーレ、赤いサラファン等々。

465 :日出づる処の名無し:04/05/27 17:13 ID:0wPbpnbZ
>>460
ある意味、今断末魔の叫びを上げてる共産主義左翼が
最後のロシアブーム?w

466 :日出づる処の名無し:04/05/27 17:16 ID:ICpp60EY
ロシアと言えば落ちゲーの本家本元・・・って誰も覚えてないか。

467 :日出づる処の名無し:04/05/27 17:20 ID:wvsZY7cd
>>460
>>465
んでもドストエフスキーなんかは(最初はともかく)反共だから、
「悪霊」なぞ読むと、まるで日本の糞サヨみたいな連中の事を
ボロクソ言っててスカっとするよw
ソ連時代は焚書されてたんだっけ?

470 :日出づる処の名無し:04/05/27 17:50 ID:g8x7d3Pb
>>462
ポーリュシュカポーレは数年前の日本のドラマで使われたよね。
堂本剛が出てたやつじゃなかったかと。
日本でもそれなりに売れたはず。
>>466
テトリスって、何かの能力開発のために使われてるってなかったっけ?
自分が小学校の頃、テトリンがすごく流行ってた。
外国に住んでる親戚が安かったら買おうかと思ってたけど
ちょっと高かったから買わずに帰った。

471 :日出づる処の名無し:04/05/27 18:11 ID:HSlq7mE3
漏れ、ポーリュシカ・ポーレ好きだな。
ボニージャックスが歌ってるやつ最高。

472 :日出づる処の名無し:04/05/27 18:13 ID:zfDassTp
>>460
あの時、共産主義の本質を改めて垣間見た気がした罠。
日本じゃ国会の前で総理のバカヤローって叫んでも、頭おかしい奴がいるって
思われるだけだが、あんたがたの国でそんな事いったら逮捕だろって言ったら、
オバハンが、当時の主席が誰だったか忘れたけど、国のトップが決めた事は
国民の総意だから、そんな事言うなんて事がありえないじゃないですかだと。
日本側が、いろんな考え持った人がいるのが正常な姿なんじゃないのか?
っつっても、理解出来ないようだったね。
その頃と比べると、ずいぶん変わったなぁ。
ん?当時はソ連だったね。

473 :日出づる処の名無し:04/05/27 18:22 ID:cYJ4I4+3
>>472
ロシアジョークでは
「そんなことはない。クレムリンの前で小泉のバカヤローと
叫んでも誰も問題にしないよ」
と返ってくるはずだ(w

474 :日出づる処の名無し:04/05/27 18:24 ID:DgiXhYpY
フルチショフ「フルチショフは大馬鹿だとさけんだ者がいたが
そいつは25年の禁固刑になった」
ケネディ「25年は長すぎる」
フルシチョフ「国家元首を馬鹿にした罪は3年、残りの22年は
国家機密を暴露した罪だ」

475 :日出づる処の名無し:04/05/27 18:39 ID:5lqdmSKB
ロ・ロ・ロ・ロシアン・ルーレット

476 :日出づる処の名無し:04/05/27 18:40 ID:/euKoyQ9
>460
昔、電波少年で2人組の歌手が
ロシア横断した時に、日本の歌で
なんとか切り抜けてたような
なんという歌だったかな

477 :日出づる処の名無し:04/05/27 18:51 ID:SGAy2MwY
コサックダンスの歌はなんていったっけ?

478 :日出づる処の名無し:04/05/27 19:28 ID:X3o3gN3n
ロシアといったら、ペーペーシャーとかドラグノフとかいろいろあるよね。

479 :日出づる処の名無し:04/05/27 19:44 ID:JIbYNS4B
>>473
アネクドートだね。
なんだかんだいってアメリカの相手して世界を二分しただけはあるよ。
それなりに文化がありジョークも文学もある。
バレエとフィギュア萌えの自分にはある意味憧れすらあった。
現在は酔っ払いおっさんのイメージが強いが。
(エルツィンのイメージがいまだに・・・・)

480 :日出づる処の名無し:04/05/27 19:44 ID:2hoNL+xM
ロシアンルーレットの本場はベトナム

482 :日出づる処の名無し:04/05/27 20:07 ID:MV+HdF7m
>>472
そのおばさんにも一理あると思うぞ。
現にフランスでは元首侮辱罪があるし、
国家の代表には威厳が無いといけないから
簡単に侮辱していいものではないはず。

大体、自由に考えを主張していい、と言う事と、
自由に人を侮辱していい、と言う事は全く別物。
本来、日本の首相にだって馬鹿者と言う権利は無い。
名誉毀損で訴えられれば確実に敗訴。

訴えないで我慢しているだけじゃん。皆。

お前は天皇陛下が新年の挨拶に出てきたときも、
「このバカ野郎!」と叫ぶのが自由の証明だとでもいうのか?

483 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:07 ID:PL81QdYv
「天皇陛下の馬鹿野郎」って言う奴は嫌いだが、
「天皇陛下の馬鹿野郎」って言えない世界よりは、はるかにまし。

485 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:20 ID:SnkJ5Bn1
言えてしまう社会はもっと最悪だ。

486 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:30 ID:Guyo44/k
自由に考えを主張する自由と、自由に人を侮辱する自由は違う。
自分の考えを主張するのに、人を侮辱しなければ出来ない人間は無能だし、
自分の好き嫌いだけで人を侮辱する自由が欲しいという奴は尚無能だ。

それならば、人を殺す自由が無い世界もきっと不自由だと言うのだろう。
人をレイプする自由が無い世界も不自由なのだろう。

487 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:30 ID:qAJ9b7K8
>482
国民が選挙で選んだ議員の総意が総理大臣であるなら、
それを侮辱し、敬意を示さないのは他の国民に対して罪かも知れない
国民の総意に威厳を持たせないのは、国民全体を貶める行為だからね

しかし、総理大臣とは異なり皇室は公的な存在でありながら、
その存在に主権者である国民が判断を下すシステムが無い

今のところ、国民は皇室の言動や振る舞いや存在に対して、
それが敬意を払うに値するか否かを、個人が自分の判断で行い、
それに基づいて敬意を示しているに過ぎない

皇室の存在に対して明確なプロセスによる国民の総意が定まってなく、
それがネガティブかも知れない可能性も否定できない以上、
皇室に国民は一意の敬意を持つべきというのは無理がある

それ故、皇室に対してポジティブな人が、「万歳!」と叫ぶ事を認められている様に、
ネガティブな人が、「このバカ野郎!」と叫ぶ事も認めないといけないと思う

「皇室は象徴だから、盲目的に敬え」では思考停止の左翼と同じだよ

489 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:39 ID:PERaFS0z
「馬鹿野郎」じゃなく「陛下の考えには賛同できません」みたいな風に言えばいい。

490 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:39 ID:Guyo44/k
>>487
それは全くの考え違い。

人は己の内面ではどんな考えを持つことも保証されているから、
君が天皇制についてどんな考えを持っても不満に思っても良い。

しかしながら、それを行動に移す自由は認められていないはずだ。
侮辱という行為も当然ながら名誉毀損という法律が存在する以上は犯罪の一つだよ。

万歳が許されるのは、それが犯罪に当たらないから。
バカヤローが許されないのはそれは人を傷つける犯罪だから。

491 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:40 ID:03Gf1GjS
>>487
時と場所と行動を考えてやればな。

自由行動は自己責任を伴う。
行事やシステムを破壊や妨害したんなら、その行動について責任を負うのは当然。

493 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:44 ID:Guyo44/k
皇室を敬わないのは別に自由。
この場合は万歳を唱えないという行為がそれにあたる。

だが、皇室を侮辱する自由は存在しない。
この場合は馬鹿野郎と言う行為。

皇室に限らず他人に対して侮辱行為を働く自由は日本では認められていない。
それどころか、まともな国家でそのような自由を認めているとこなど存在しない。

495 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:51 ID:PL81QdYv
「チンハタラフククッテイル
ナンジジンミンウエテシネ」
このプラカードを掲げられる自由がある方が無いよりまし。

496 :日出づる処の名無し:04/05/27 21:54 ID:qAJ9b7K8
>491
それは当然です
しかし、皇室に対して国民が直接意思表示が出来ないのも事実
それがネガティブな物であれば尚更

信任された総理大臣が公務の最中に人だかりから
ヤジを飛ばされる事が公然とまかり通っていて、
皇室にのみ許されないというのは、やはりおかしいと思う

国民から不可侵にして禁忌な存在にしてしまうのは良くない
天皇に文句も言うが、必要ならばその存在に堂々と後ろ盾を与えるのも
国民の義務だと思う

497 :日出づる処の名無し:04/05/27 22:01 ID:y4YDxpRt
何か勘違いしてる香具師がいるようだが、
天皇制反対を唱えるのは完全に自由だろ。
天皇制廃止が持論だった辻元清美元議員が逮捕されたのは
あくまでも金銭的な汚職が理由であり、思想は全く関係無いようにね。

498 :日出づる処の名無し:04/05/27 22:02 ID:Guyo44/k
人の悪口を言うのが当然の自由という人間は、文明社会の人間なのかねえ?
総理大臣にヤジを言うのも
別に権利でも何でもないっていうのが何で分からないんだろう。

499 :日出づる処の名無し:04/05/27 22:04 ID:Guyo44/k
>>497
コンコン。脳みそ入ってますかー?

500 :日出づる処の名無し:04/05/27 23:04 ID:M04NJn/1
侮辱行為と肯定否定は別モノだわな。

504 :日出づる処の名無し:04/05/27 23:49 ID:Vp9ZVWcr
>>487
日本の根幹のシステムを認められないのならば
素直に日本から出て行きたまへ。
日本に居直りながら日本そのものを愚弄する態度は許されん。

516 :日出づる処の名無し:04/05/28 07:57 ID:U2etyEVw
天皇制の馬鹿野郎というのはok
しかし、天皇陛下馬鹿野郎と言うのは
天皇陛下に原因があるのではないから良くない。

517 :日出づる処の名無し:04/05/28 09:44 ID:WMSTzJVZ
人を侮辱する自由が存在するなんて考えてる人間が
ほんとにいるとは思わなかった・・・。
日本はどうなっちゃうんだろう・・・?

520 :日出づる処の名無し:04/05/28 11:01 ID:1eZ3Bxtx
>>517
いや、自由だ。
もれなく袋だたきがついてくるだけで。

戦前だったら天誅と言いながらヤッパ振り回してる連中と一緒。
戦後だったら学生運動でアジってる連中と一緒。
日本というか人間なんて残念ながらその程度のものさ。
あまり期待してると疲れるぞ。

521 :日出づる処の名無し:04/05/28 11:13 ID:JVgS9CvH
公人が批判されるというのはまあ分からなくもない。
政治家とかは特に行なった政策が叩かれる原因にもなろう。
それによって不利益をこうむるならなおさらだ。それは理解できる。
ただ、天皇陛下が存在することによって不利益をこうむる状況ってのが
想像できないんだよなあ。だから天皇制叩きは理解できない。

524 :日出づる処の名無し:04/05/28 12:01 ID:cpwYwCTr
2chには侮辱する自由も持つ奴の方が多いよね。

526 :日出づる処の名無し:04/05/28 12:42 ID:BTOzuUM/
>>524
2chはよく読めば、しかるべき理由無しに侮辱ということはほとんど無い、
ということに気付くはず。その殆どはカラカイとかオチョクリの類だ。

また、極東板やハン板の上位にいつも上げられる意味のない侮辱系スレは、
誰かさん達のわざとらしい工作であることも了承しておくべき。

侮辱する自由の痛い実例を見たければ、Naverなど訪れてみることをお勧めする。
例えば、皇太子妃の顔写真を糞便垂れ流す女性の写真に合成したものなど
削除もされず得意げに披露されてるから。
自由じゃ済まされない犯罪的侮辱というものも存在することがわかるよ。

527 :日出づる処の名無し:04/05/28 12:45 ID:lTKd0X1+
>516
WCの時、金大中に物凄い非礼を受けた事があった
その時に日本の象徴として抗議しなかった事をなじるのはOK?
象徴の後継者でありながら、国民の前で内輪の暴露をした事を
公務から外れた下世話な事となじるのはOK?

528 :日出づる処の名無し:04/05/28 15:30 ID:/x6zrP9z
ID:lTKd0X1+
……

530 :日出づる処の名無し:04/05/28 19:19 ID:eNU+P5hJ
>>526
俺も一時期naver見てたが、あそこはひどいな
あの無職ヒッキーどもは自由と無法を履き違えてる
あまりの腐った空気に吐き気がして二度と行かなくなったよ

531 :日出づる処の名無し:04/05/28 20:16 ID:YGSOPU7R
政治的発言は考えられないほど制限されてる
家族の権利を主張しただけでマスコミで騒がれる始末

天皇ってのは人じゃなくてシステムなんだからさ
個人を批判する正当性はないでしょ
天皇制に対する批判は全面的に自由だし

532 :日出づる処の名無し:04/05/28 22:27 ID:jAqpJGc3
>>526
>例えば、皇太子妃の顔写真を糞便垂れ流す女性の写真に
>合成したものなど削除もされず得意げに披露されてるから。
その合成写真、半島の人がつくったの?

533 :日出づる処の名無し:04/05/28 22:29 ID:6TI5C7ja
そんな下衆な事考えるのも実行するのも半島の人しかいない。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(24) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。